‘そば’ カテゴリーのアーカイブ

おニューとど定番(玄葉、SAMA帯広本店)

2019 年 5 月 25 日 土曜日

友達とランチをしようということになった。
女子はよくランチをするイメージだ。
男子は一緒にランチをするっていう機会はそんなにはないかも。
あるかもしれないが、職場の昼休みとかそのくらいか。
オフで喋ったり食べたりするのは、夕食だったり、
飲みに出たりって感じのような気がする。
これは調べたわけではないけど、
共感する男女が多い気がする。

で、友達とランチ。
前にもご一緒していて、
その時は仏太の好みで選ばせてもらった。
19年5月12日の日記「久しぶり(SANSARA)」参照。)
だから、今回は好きなところを選んでいいよ、と伝えた。
が、仏太が選んでいいという。
仏太が選ぶとカレーになっちゃうからなあ、
と思って、そのあたりを平等にと思うのだが、
友達は遠慮してか、任せると。

じゃあ、最近行けてなかった玄葉にしようと思い、
提案してみたらOKが出た。
喜び勇んで、さっさと入ってしまい、
外観写真を撮るのを忘れた。笑

んで、大将に、
今日、カレーできるよ!
と教えてもらった。
以前、カレーそばはメニューにあったのだが、
一時(というか、しばらく)カレーがなくなっていた。

おお、遂に解禁か!と思って、即オーダー。
前々からカレーは改良したいと大将が言っていた。
遂に完成したんだ!と感慨深くなった。

カレーつけそば1
だから、まだ正式な名前がついてない(メニューに載ってない)のだが、
スープカレーつけそば(仮)としておく。笑

カレーつけそば2
鶏と豚どっちがいいですか?と聞かれた。
おお、2種類あるんだ。
仏太だから、にした。笑
(あ、でも「笑」ではなく、仏太の名前の由来は豚だ。)
とても香りがいい。
スパイスが利いている。
それでいて、出汁も主張。

カレーつけそば3
手打ちの蕎麦をカレーにつけていただくと、
その素晴らしさが更によくわかった。
そば自体の素晴らしさは以前からわかっている。
しかし、そのそばを殺さず、
カレーという素晴らしきものと共存する程よさだ。
友達にも味わってもらい、その良さを共有した。

友達との話も盛り上がり、
別れ難かったが、食後は別行動。
別れた後の友達は大変だったらしい。
が、この時は知る由もなかった。
仏太はラジオに行った。
終わった後は家に帰り、夕食となった。

外観
最近、ちょっと外食率が上がっているかも、と思ったのだが、
それはしっかり調べてなくて、気分的な問題かもしれない。笑
たまたま本日は昼も夕も外食だからかもしれない。
SAMA帯広本店で夕食をいただく。

ポークカリー1
ポークカリーにした。
今回はライスを普通にした。
最近、ちょっと体を使っているので、
お腹が空くのだ。

ポークカリー2
ポークカリーとは言っても野菜も結構ある。
これも嬉しい。
パワーもつけたいが、野菜も好きなので嬉しい。

ポークカリー3
ガッツリ、ゴロンとポーク
食しごたえあり。

ラッシー
ラッシーを飲んでクールダウン。
そして、混んでいるから早めに席を譲ろうと。
最初入った時は直ぐに座れたのだが、
どんどん混んで、食し終わった時は数組が待っている状態だった。
やはり人気なんだなあ。
マスターもとてもお急がしそうだった。
繁盛はいいことだ。

I went to Clover with my friend for lunch. I ate soupcurry tsuke-soba. It was good. So good. A master said it had taken a few years to make it up. I went to SAMA Obihiro for dinner with my wife. I ate pork curry. Of course it was good, too. Curry is good, better, best of all.www

玄葉
帯広市大通17丁目15
0155-25-9608
11:30-15:00(LO14:30), 18:00-22:00(LO21:30)
水曜定休

SAMA帯広本店
帯広市西21条南3丁目27-12
0155-34-9477
http://www.hb-sama.com/
http://blogs.yahoo.co.jp/hb1999shu
11:30-15:30(LO15:00)、17:00-21:00(LO20:30)
水曜定休
参考:乙華麗様です!第8回

参考サイト
FM WING

情緒深いところでサッといただく(丸福)

2019 年 5 月 11 日 土曜日

外観1
和な雰囲気の佇まい。
内地にありそうな光景は実は帯広

外観2
丸福という蕎麦屋だ。
創業が大正だったと思う。
帯広の中では老舗中の老舗だ。
内地のように江戸創業というのはかなりレアだ。
令和になっても、歴史は残るので、
ときには過去を振り返ることも大切。

カレーそば1
当然のようにカレーそばを頼んだのだが、
一応他のメニューも見てはいる。
他のにすることもあるのだが、
今回は最初からカレーそばに決めていた。
お盆の右側が空いているのは、伝票があったから。笑

カレーそば2
横着なので、丼をお盆の中央に移すことなく
そのままの位置でいただく。
ってか、そのあたりは気にしない。
最近、非対称の美も面白いと感じている。
といっても、美を追求しているわけでもない。笑
自然流れに逆らわないというとかっこいいが、
そのままでできるなら、そのままでいく。
粘度の高いあんかけタイプのカレーは
細い更科そばにしっかりと絡んでいい感じだ。
かしわネギもたっぷり入っている。
サッといただくのにやはりそばはいいものだ。
特にカレーそば。笑

I went to Marufuku, a soba shop in Obihiro. I ate curry soba there. It was right before a radio program Dodo Mononofu Sengen! Curry soba was good. Thank you.

丸福
帯広市東1条南10丁目19
0155-23-5717
11:00-15:00, 17:00-20:00(火曜〜木曜は昼のみの営業)
無休

疲れた体に(江戸東)

2019 年 3 月 31 日 日曜日

外観
ランチは江戸東でいただくことにした。
いつもよりは空いている感じだった。
すなわち直ぐに吸われた。

カレー南1
カレー南にした。
やはりカレーが疲れた体にいい。

カレー南2
麺が緑色ってことを忘れていた。
そばは胃に優しい印象。

カレー南3
かしわもたっぷり入っている。

カレー南4
ずずっといただく。
ネギ一味を後から追加した。
更にずずっといただく。
じんわり汗をかいて満足。

I went to Edoazuma with my wife for lunch. It was easy to sit down seats. It was not crowded. I ate curry soba. It was so good and washed my body.www

江戸東
帯広市西24条南2丁目1-8
0155-37-3450
11:00-14:30, 17:00-19:30
水曜定休(平日は昼のみの営業)

田舎でも都市伝説(一粒)

2018 年 11 月 23 日 金曜日

外観
一粒は以前から噂を聞いていた。
眼の前を何回も通っていた。
が、実際に入る機会は中々なかった。
ってことで、本日やっと初登場。

混んでる。
が、席は確保できた。
小上がりのテーブルが大きい。
6人ずつ座れる。
椅子席はテーブルとカウンターと。
広い。

かしわごぼうが人気なのだろう。
前からも後ろからも横からも聞こえた。
残念ながら、上からと下からは聞こえなかった。笑

カレーせいろ1
そんな流れに身を任せるようなことは
自分の人生では似合わないと思っている。
(大層な言い訳はいらない。笑)
ってことで、カレーせいろを頼んだ。

カレーせいろ2
カレースープ、いや、蕎麦屋だから、
カレー出汁と言うべきだし。笑
オヤジギャク、いや、このブログだから、
ダンディギャグと言うべきギャグ。(意味不明)
カレー出汁は蕎麦の出汁をカレー味にしたものだろう。
蕎麦屋のカレーは美味いというまことしやかな都市伝説があるが、
それがこのタイプでも同様か試される時が来た。
なんだか今日は余計な話が多いような気がしてきた。
(いつもだろ、と言われたら、否定できないが。笑)

カレーせいろ3
蕎麦は細麺だが、びよ〜〜んと伸びる弾力のあるタイプ。
つなぎが使われているかどうかはよくわからない。
このつけ麺タイプは麺が細い方が
麺に出汁がからみつく気がする。

カレーせいろ4
案の定そうだった。
カレーのお味をしっかり堪能しつつ、
蕎麦も楽しむ。
やはり蕎麦屋のカレーは美味いというのは都市伝説ではなかった・・・。笑
都市伝説と言うより定説という方が正しいかも。(全然違うや〜ん)笑

I ate Curry Seiro, a kind of curry soba at Ichiryu. It was good. This was the first time I visited here. It was crowded, it was a popular soba shop. I was lucky to enter and eat good curry soba.

一粒
帯広市西17条北2丁目15番地8
0155-41-3970
11:00-15:00 (麺切れ終了)
日曜定休

釧路と帯広(萄々花、江戸東)

2018 年 9 月 24 日 月曜日

釧路と帯広は同じ道東地区に区分けされるが、
全然違う性質を持っていると思う。
それはそこに住む人、出身の人の気質にも表れているだろう。
街並みとか、政治経済でも同様だろうと思う。
それが良いとか悪いとかではなく、
同じ地域と扱われても、実際は120kmも離れているので、
違って当たり前なんだよってことだ。
その違いを認めるかどうかだったり、
お互いを尊重するかどうかなのではないかな、と思う。

仏太は出身がそのどちらでもないので、
外側から道東だったり、
釧路、帯広をある程度客観的に見たりする時がある。
また、十勝に住んで10年を超えたので、
帯広を住民として見るってこともあり、
そういう目で釧路を眺めることもある。
(十勝住民としてってことね)
どんなところにも良い面、悪い面があるものだ。
それぞれの個性なので、それぞれが良い方向に伸びていき、
お互いに切磋琢磨するのが理想なんだろうなあ。

チキンカレー1
なんてことはこれを書いている時点で思っても、
実際に釧路にいる時は考えもしなかった。笑
そんな釧路最終日の朝食は昨日と同じ、
ホテルパコにある萄々花
昨日は窓際の席で、高所恐怖症の仏太にはやばいのではないかと思ったが、
意外と「下」を感じることなく、川と河岸の景色を楽しみながらの朝食だった。
本日の席は窓際ではなく、殆どど真ん中で、
景色は殆ど見ずに食に千年女王、いや、専念した。

チキンカレー2
さっきの写真を見ておわかりかと思うが、
今回もカレーがあった。
しかも昨日とは違うカレーだ。
チキンカレーだった。
たまたまよそったら、昨日より具がはっきりと分かる感じになった。
昨日と同じように玉子も入れたのだが、
写真を忘れて、玉子の崩して混ぜた後に気づいた。笑
すなわち親子カレーとしたのだった。
満足。

以前のツアーなら、更に本日も色々と回って、
状況によっては夕方に帰るってこともあるのだが、
今回は食後、少しお風呂に入り、そのまま帰路につくことになった。

高速を使って、釧路も楽になったなあ、と思いながら、
楽しかった思い出を反芻していた。
帯広に着いた時、ちょうど昼時だった。
程よくお腹も空いてきたので、江戸東に行くこととした。
系列としては釧路の東家という有名な蕎麦屋で、
釧路つながり的なところで。
中の壁には、釧路の蕎麦屋さんが列挙されたポスターが貼ってあった。

注文した蕎麦を待っている時に、トイレに行ったのだが、
他の席から声をかけられた。
うわ!知り合いだ!
嬉しいなあ。

カレー南蛮1
カレー南蛮をいただくこととした。
ああ、いい匂いがする。
満席の人達の中に、仏太とは別にカレー南蛮を頼んでいる人もいた。

カレー南蛮2
既に運ばれてきた時に見えていたが、
この緑の麺が特徴的。
一瞬、え?これ蕎麦?ってなることがなくなり、
かなり慣れたんだな、と自分で思った。
別皿のネギを入れたが、この後一味も入れた。
甘いネギと歯ごたえのあるかしわと一緒に
程よいコシで、絡んだカレーと共に楽しんだ。

これで今回の釧路ツアーは終了。
荷物整理などをして、その後休んだ。
釧路も時々行きたいものだ。
(今回は1年半以上空いてしまった。)

I ate chicken curry and so on at Totoka a same restaurant as yesterday. We took a bath after eating in a hotel. Then we went back to Obihiro on a highway. For lunch at Edoazuma I ate curry nanban, my wife Gomoku soba. It was so a good tour to Kushiro. Thanks so much.

萄々花
釧路市末広2丁目ホテルパコ釧路12F
0154-23-8585
http://www.paco.co.jp/kushiro/restaurant.html
6:30-9:30(宿泊者のみ?)
無休

江戸東
帯広市西24条南2丁目1-8
0155-37-3450
11:00-14:30, 17:00-19:30
水曜定休(平日は昼のみの営業)