2008 年 12 月 のアーカイブ

ラスト内修行

2008 年 12 月 31 日 水曜日

今年の最後の修行は自作カレー。
ベースはチキンカレーを作ったときと一緒で、ダブルスープ自家配合スパイスを入れた。
そのチキンカレーは初めてレッグをまともに焼いてチーズを載せた。
チキンスープカレー
前にレッグを使ったときは、中がまだしっかりと焼けてない部分があり、ちょっと大変だった。
今回はしっかり焼けたと思う。
ニンジンなすアスパラパプリカ長芋などを使った。
アスパラの炒め方がちょっと難しかった。
長芋はやはりさくさく感を残した方が仏太的には好きだな。
なすの切り方は、このやり方はだいぶ慣れたので、他のやり方も勉強したい。
(慣れたといっても相変わらず太さがバラバラなんだけど。笑)
ニンジンはだいぶいい感じで煮ることができるようになった。
タマネギは千切り状で、最後にパセリをかけてみたりした。

ソーセージスープカレー
で、チキンカレーの残り物にソーセージを入れた物がこれ。残り物とはいえ、たっぷりある。
ソーセージカレーと名付けていいかな。(笑)
でも、このスープを飲みながら思った。
今年、かなりまともに料理をするようになって
(とはいってもカレーばかりなんだけど。笑)
かなり上達したな、と。
で、まだまだ料理の奥深さがあるな、ということもわかった。
その深さは全然わからないけど。
自分で美味しいと思える料理が作れるようになったのは嬉しいことだ。
でも、まだまだこれから。

今年のカレーは従来の修行自体は551回。
自分でカレーを作ったのは、自炊95回の内87回。
それにプラスカレースナックなどカレー関係を全て合わせると758回。
今年もカレーライフを満喫しちゃいました

My last shugyou was sausage soupcurry I made the soup in. The soup was the same as the curry before this. It was double soup type. I mixed the soup from chicken and another from fish. Spices were 8 kinds I blended by myself. This year I cooked better than ever. But I think I will be more better. I will try to do it.

ラスト外修行(WAMUW)

2008 年 12 月 30 日 火曜日

仏太の中では、修行というと、主に修行場(カレー屋やカレーを提供してくれるお店)で
カレーを食すことを言う。ルーカレーでもスープカレーでもカレーうどんでも・・・。
で、大晦日は仕事のために、修行ができないことはわかっているので、30日の修行が最後になる。
ちなみに、最近は自分でカレーを作って楽しんでもいるので、それも修行と言えるので、
区別すると、今まで言っていた修行は「外修行」、カレーを作って食すのを「内修行」ということができる。
って、そういう細かい定義づけは嫌いなのだけど、まあ、ある程度分類して、
整理しておくと、今後に役立つだろうから、一応そうしておく。(笑)

今回は今年最後の外修行だと思って行ったところをレポート。
(が、実は本当の最後ではなかったのだけど。)

外観
札幌から遊びに来てくれた、とても可愛いはぴまちゃんとWAMUWで待ち合わせ。
カレーはどこがいいか聞いたら、迷って最終的にWAMUWを選んでくれた。
仕事があったのと、折角だから食した後に少し飲みに行こうということになり、夕方に待ち合わせた。

内装
ちょっと先に着いたので、周りを見ながら待つ。
隣は予約席になっていた。
流石に年の瀬で、他の修行者は1組だけだった。
ただ、仏太が入るときに、2組出ていったので混む時間が過ぎたのかもしれない。

納豆温玉つくねカレー
出前で頼めない、納豆温玉つくねカレーをお願いした。スープは1000verIII
さらさらカレーで、旨味系の美味しさ。
はぴまちゃんは今まで何度か来てるけど、全てEx100だったんだそうだ。
今回は1000verIIIにしていた。「美味しい」と言ってたので、なんとなく嬉しかった。
別に仏太がスタッフというわけではないんだけどね。(笑)
はぴまちゃんにとってはラスト修行となったと。

で、以前は数人での修行だったが、今回は初めて二人きりの修行だったので、話が盛り上がるか心配だった。
すると、はぴまちゃんも気を使ってくれて、とても楽しく話をすることができた。
あざっす!あざっす!あざっす!

で、もうちょっと話をしましょう、とあらかじめ話していたのもあり、
南へ向かい、繁華街へと出た。
最近、楽しませてもらってるバー「Main Bar 金盛」は
12月は2回振られていた。(満席や自分の都合で、行こうと思っていて行けなかったのだ。)
はぴまちゃんは夜の帯広をあまり知らないということで、
仏太がそのバーへ連れて行くことにした。

アベラワー1
このバーはマスターイケメンで、しかも優しくウイスキーのことなどを教えてくれる。
仏太は逆にカレーの話を。(笑)
最初に教えてもらったシングルモルトはザグレンリベット
グレンリベットに「ザ」がつくエピソードをはぴまちゃんに教えてあげた。
といっても、仏太のシングルモルトに関する知識はそのくらい。(笑)
これから少しずつ覚えていこうと思っている。

アベラワー2
すると、マスターは今回は新たなシングルモルトを紹介してくれた。
産地は同じスペイサイド。
アベラワーAberlourというグレンリベットより深みがあるものをいただいた。
これも美味しかった。
さすが、マスターは好みを理解してくださってる。

カクテル
マスターはカクテルコンペティションで優勝しているくらい素晴らしい方だ。
はぴまちゃんにそのことを伝えると、「私のイメージでカクテルを作ってください!」とお願いしていた。
デコポンで作ったカクテルは綺麗だった。

アベラワー3
後半、はぴまちゃんも、私が飲んでいたのを見て、美味しそうに思ったようで、
ザグレンリベットやアベラワーを頼んでいた。
はぴまちゃん実は結構(いや、かなり)お酒強い
仏太は贅沢して、また年数の違うものを楽しませてもらった。
16年、25年、12年。(飲んだ順)
美味しいながら味が違っていて楽しめた。

干しぶどう
今回のおつまみはリンゴだったり、干しぶどうだったり。
この干しぶどうは枝がついてるでしょ。
凄いよねえ、こういうの初めて見た。
で、これって甘過ぎなくて、非常に食べやすい干しぶどうだった。
ここ金盛はおつまみもこだわっていて、とても美味しくお酒をいただける環境だ。

また、go一緒修行しようと約束して、はぴまちゃんとお別れした。
話が弾んで日にちが回ってしまった。

I went to WAMUW with Ms Hapima to eat dinner. Of course we ate soupcurries. I choiced Natto-Ontama-Tukune soupcurry with soup 1000 ver. III. After then we went to Main Bar Kanamori to enjoy drinking and talking. It was a very pleasant time.

WAMUW
帯広市西1条南5丁目17-6
0155-26-0165
http://www.aim-company.net/wamuw/
11:30-23:30LO
火曜定休(火曜日祝日の時は営業して翌日休み)

Main Bar 金盛
帯広市大通10丁目1-5名門通り北入口 BF
0155-26-0115
http://www.mainbar-kanamori.jp/
19:30-27:00
日曜定休

12月後半の自作カレーを振り返る

2008 年 12 月 29 日 月曜日

職場で朝ある部署の綺麗な女性
なんだかカレー臭いですね
と言ってた。
ああ、それ今朝私がカレーを食してきたからですよ
と答えると、
朝からカレーですか?
って返事。
夜ご飯にカレーを食して余ったら翌朝はカレーでしょ?
それと同じようなスタンスで、朝も普通にカレーでオーケー。(笑)

今年は7月から一人暮らしとなり、8月後半から自炊を本格的に始めた。
そろそろ年末なので、この時点で総括すると、
90食以上自炊して、そのうち9割以上がカレー。(笑)
まあ、レパートリーは少ない。
でも、何も知らないところから始まってるから、腕は上がったよ。(笑)
(当たり前だ、上がらないと困る。笑)

そんなカレーをセレクトして公開。

ベーコンスープカレー
ベーコンを炒めて入れてみた。
野菜は好きなので、基本沢山入れてしまう。
この時はニンジン、なす、ズッキーニ、アスパラ、ピーマンあたり。
ベーコンベジタブルと普通の修行場ならなるのかもしれないが、
仏太としてはこれはベーコンスープカレーでいい。

サブジ1
これはなすとキャベツとタマネギのサブジ
正確に言うと煮てはいないのでカレー炒めなんだろうけど。
スパイスは適当に使う。
塩胡椒プラスカルダモン、コリアンダー、ガーリック、カイエンペッパーなど。
辛いのが好きなので、カイエンペッパーは多めだと思う。

サブジ2
アップにするとこんな感じ。
だいたい少なめに作ったつもりでも多くできてしまう。
野菜を切るときにあまり量がわかってないのが実情だ。(笑)

ポークステーキスープカレー
朝にカレーを食すときは新たに作るよりも前日の夕食の残りを利用することが多い。
名前はかっこつけて、ポークステーキスープカレーなどと言ってしまったが、
ヒレ肉を炒めたものだ。
パプリカ、ピーマン、アスパラ、なす、ニンジン、しめじ、舞茸、玉子などで周りを固めた。(笑)
スパイスは、最近は自家ブレンドでやってることが多い。
コリアンダー、クミン、カルダモン、シナモン、クローブ、
パプリカ、フェンネル、ターメリックなどを使った。
最近はこのあたりはある程度一定の味になりつつあるかな。

野菜スープカレー
野菜スープカレーは、元々仏太は野菜が好きなので、必然的に多くなる。
肉がなくても構わない。
が、この時のスープは正直今ひとつで、肉が欲しいと思ってしまった。
ニンジン、タマネギ、ピーマン、長芋でどれも今まで使ったことのある具材だった。
時々初めての具材を使ってみて、実験的なこともしてみる。
長芋は以前に実験的にやってみたら、美味しかったので成功した喜びがある。
長芋は帯広の川西というところが名産で、全国に出荷してるそうだ。
また、うちの職場の長Mさんによれば、音更は実は長芋一番美味しいよ、とのこと。
この時のスープの敗因は、1つはにんにくを入れなかったこと、
1つはスパイスをいつもと違うのにしたことなどが挙げられる。
スープ自体は以前と同じで出しを取ってそれにスパイスなどを入れて作る。
最近は、ダブルスープを覚えて、それが自分でも気に入ってるし、周りからの評判もいい。
鶏ガラ中心のものと、魚系中心のものを混ぜて、風味のあるものを作ってる。
ナンプラー、砂糖、塩などで調節するのは、仲のいいカレー屋のマスターから教わった。

こんな風に、いつも試行錯誤、反省を繰り返しながらやってる。
でも、凄く楽しい。
カレーパーティーとして人を呼んだり、人の家で作らせてもらったりすると
緊張するけど、腕試し的で、一生懸命作るから頑張る気持ちも出るものだ。
まだまだ作る方も修行を続けたい。

I have made soupcurries by myself. I started cooking curry in the late part of August this year. There were both cases when it would be good and not good. But cooking is a very pleasant thing. So I will keep cooking.

左利き(ぎっちょ)

2008 年 12 月 28 日 日曜日

08年〜09年・年末年始十勝カレー修行場情報(一部)
仏太が独自に調べた範囲。
間違いがあるかもしれないので、参考程度にしてね。
ふじや12月29日(月)〜1月5日(月)休み(12月28日はスープなければ営業せず)
ナマステー12月30日(火)〜1月3日(土)休み
シャンバラ天竺12月30日(火)夕〜1月2日(金)休み(12月30日は昼営業、夕方休み)
カトマンドゥ12月31日(水)〜1月5日(月)休み
カレーリーフ12月31日(水)〜1月4日(日)休み
ぎっちょ12月31日(水)〜1月2日(金)休み
WAMUW12月31日(水)〜1月2日(金)休み
タイランド12月31日(水)〜1月2日(金)休み(12月31日は予約オードブルのみ)
SAMA12月31日(水)〜1月1日(木)休み
インデアン音更店12月31日(水)夕〜1月1日(木)休み(12月31日は昼営業、夕方休み)
あんだらや年末年始休みなし(ただし営業時間注意)
スパイスガーデン年末年始休みなし
インデアン長崎屋帯広店年末年始休みなし

左利きは全人口の10%くらいと言われる。
ただし、全部左利きという人は珍しいし、逆に全部右利きという人も珍しいらしい。
仏太は基本右利きだが、脚の基礎は左利き。
腕や脚は衣類に最初に通す方が利き腕、利き足らしい。
また、ウインクするときのくせも利き目がわかるらしい。
(どっちか忘れたけど)
また、仏太は、箸はどちらでも使える。
それは訓練の賜物だ。
野球では右投げ左打ちって結構いるよね。
あれも訓練の賜物だよね。
あ、仏太も野球は右投げ左打ちだ。
トランプを切るのも左利き。
ペットボトルとか蓋を開けるのも左利きの傾向あり。
このように、一部は左利きという人は結構いるそうだ。
全体の1割しかいないということは、希少価値でもある。
英語では、leftyと特別な言葉がある。右利きは単にright handedだ。
left handedともいうらしいが、leftyともいう。
そして、左投げは特別にsouthpawという。
数が少ない=特別なのだから、その言葉ができてもおかしくない。
日本語では、右利き、左利きの他に「ぎっちょ」という言葉がある。
(これって、差別用語じゃないよね?)
やはり特別なのだ。

外観
で、その特別な「ぎっちょ」を名前にした修行場が帯広の南にある。
公園東通りをずっと南下して、弥生通りを横切って越えて、もう少し行くと左手にある。
カレーと定食の店という自称だ。
店構えや内部は確かに洋食屋といっても差し支えないだろうし、
それをベースにした定食を提供する雰囲気がある。
仏太が行ったときもちょうど男の人一人で来てる人が二人いた。
仏太は3人目だったが、その時カレーを注文したのは仏太だけだった。

ラムカツカレー1
下調べしたところ、ビーフカレーにかなり力を入れてるように思えたので、
それを注文しようと思った。
普通のビーフカレーもあれば、十勝牛を使ったスペシャルカレーもある。
お、ラムカツカレーがあるよ!!!
ルーカレーではほとんど見ることのないラムカレー。
珍しいだけでなく、仏太はラム好きなので、これは外せないと思った。
迷っているふりをして、最終的にはラムカツカレーを頼んだのだった。(笑)
カツが大きいし、厚みがある。これは勿論、肉の厚み。
そして、横についてるサラダがまた定食っぽい雰囲気を醸し出してる。

ラムカツカレー2
流石洋食系。
ラム肉のカツパターン。
サクサク衣にラム臭たっぷりの美味しいラム
これは逆にラム嫌いはほぼ間違いなく無理。
時々臭みが全然なくて、ラム嫌いでも食べれるものをみるが、
ラム嫌いの人の多くは匂いでやられるらしいので、
それを考えると、このラム好きが好む部分は、恐らくラム嫌いは無理だろう。
カレーは激辛の8番にしたが、3年前に来たときは10番にしていた。
後から調べてわかった。
8番だとまだまだ行けそうな気がした。
きめ細かいルーカレーは丁寧に調理されてる印象。

美味しかった。
次回はビーフ系を!
あ、マスターが左利きなのか聞くの忘れた。

I went to Gitcho, a restaurant of curry and set meals. I ordered a lamb cutlet curry rice with hotness super 8. It was good.

ぎっちょ
帯広市西12条南31丁目12
0155-47-3355
11:30-15:00, 18:00-21:00
無休?

カレーパーティーをトークと共に

2008 年 12 月 27 日 土曜日

人間、本気でやりたいことは、何が何でもやろうとする努力がある。
逆にやりたくないことは、なるべくなるべく避けて、本当に必要なときは言い訳を考えるものだ。
最終的にはせざるを得なければ、しぶしぶやる。
極端な話をしているが、気持ちが行動に反映されるし、表情や発言にもそういうのが出ていることは多々ある。
あまりそういうことを隠さない人もいるけど、隠してるつもりでばれてしまってる人もいる。
勿論、全く隠さない人もいるけど。

寝不足で、仕事が遅くなり、パーティーの始まりも遅かった。
って、書くと寝不足のために仕事が遅かったみたいだが、
そうじゃなくて、寝不足で早く帰りたいのに、予定の仕事があり、遅くなってしまった。
というのが、正しい文章の読み方。(笑)
カレーパーティーは是非やりたいこと。
エクストラの仕事をしなければ、もっと早く始めれたのだが、
そのエクストラの仕事は必要なこと。
仏太が是非やりたいというより、ある部署がやりたいことだった。
仏太はそのお手伝い。

帰ったらすぐに調理を開始。
スープストックは作り始めていたので、具材を調理する。
今回は、なす、パプリカ、ピーマン、ニンジン、ソーセージ、ポーク、アスパラ、玉子などなど。
今回の実験(笑)ポーク
ポークステーキを入れることにしたのだ。
余分に肉を買っておいたのだけど、お試しをする暇がなかった。
普段は新しく使う具材は大抵お試しをして、出すことにしてる。
だから、今回は本当に実験。
「味は保証しないよ。」って言ってあるからいいや。(笑)
嘘、食中毒とかにならないでね。
いや、期限切れじゃないから。(笑)

妄想しながら、調理してると、Oさん夫妻がやってきた。
新婚さんで、奥さんが同じ職場。
しかも、妊婦さんだ。
沢山のおめでたいことがある。
仏太も妊娠8ヶ月くらいとか言われる(ってか、自分で言ってる。笑)。
旦那さんはスポーツ刈りで色黒でスポーツマンっぽい感じ。
レクのバスケに参加してくれて、運動神経がいい感じ。

次に現れたのは、OOさん。
目がくりっとして可愛いので、隠れファンが結構いる。
おとなしい雰囲気でお嬢様にも見える。
実際お嬢様かもしれないが、知らない。
OOさんには、突然企画を提案して、お願いをしたら、
快く受け入れてくれた。あざっす!

料理ができる頃に現れたのは、Cさんと娘のKちゃん。
食後のデザートを作ってきてくれた。
みんなそれぞれお土産などを持ってきてくれたのだが、
本当にありがとう!!!
みんなで食べれるものは食べよう!!!

今回は時間がなかったために、1種類のカレーだけで申し訳なく思っていた。
後半にケーキを出す予定だったのだけど。
それで我慢してもらおうかな、と。
それをOOさんに頼んでいたのだった。
が、この時点では他の人達には内緒。

ポークステーキスープカレー
カレーはまあまあかな。
一応みんな美味しいと言ってくれた。
ポークも火が通って大丈夫そうだった。
野菜も程々で、仏太的には美味くできた方だと思う。
ポークステーキスープカレーと名付けたが、もっと改善の余地はあるなあ。
ただ、スープは流石に6人分はいっぺんにできなくて、
5人分を作って、その後仏太のを別に作ったから、
正直、同じ味にできたかはわからないし、できてない可能性が高い。
何せ、相変わらずの適当な量を入れるという行為を止めてないから。(笑)

手作りスイーツ
Cさんの作ってくれたスイーツは甘すぎず、とても美味しかった。
(全体像の写真を撮るのを忘れた。これは8分の1カット。)
ミルクレープ、というそうだ。
仏太は甘いものは積極的には食べないが、勧められたら食べる。
それはそれで美味しいと思うのだが、やはりカレーがいいので、そちらに行ってしまう。
ちなみに、写真撮るの忘れたが、このCさんが大のコーラファン
しかも瓶がベストということで、それを数日探し求めた。
最終的には、昨日の夜中(正確には本日朝方)に見つけて買ったのだった。
12月26日の日記参照。)
こういうレアなものを探し求めるのって、凄く充実感があるし、
実際に見つかって買うときは、達成感が強いね!
いい経験だった。

フルーツタルト
そして、OOさんが買ってきてくれたのは、Asahiyaのフルーツタルト
仏太は、可愛い女の子にプレゼントしたことはあるけど、自分では食べたことはない。
本当に、Asahiyaは仏太の周りの可愛い女の子の間で大人気だ。
高校生の時にケーキ屋でバイトをしていたというOOさんにカットしてもらった。
やっぱり上手いよ、カット。
そして、美味いよ、タルト。(この2行、ラップ調にね!笑)

で、なんでこれが企画だったかって言うと、
Oさん(夫人)がこの前誕生日で、Cさんがもう少しで誕生日ということで
サプライズで、2人でお祝いしよう、と提案したのだった。
OOさんは秋、仏太は夏だから、対象にはならない。
ケーキを出したときに、2人の誕生祝いというと、2人とも吃驚してくれた。
ワーイ、サプライズ成功
上手くいったね、OOさん。
とはいえ、ミニサプライズだけどね。
驚きすぎると、お腹の赤ちゃんに悪いだろうし。(笑)

沢山話をした
一緒の職場じゃないOさん(旦那)はわからないこともあっただろうが、
登場人物は、奥さんから聞いて知ってる人もいる。
今回はOOさんに会うのが初めてで、噂通りの人だと言ってた。
話題に出てくる人は、職場の人もいれば、そうじゃない人もいて、
4人が同じ職場なためについついそういう話になって申し訳なかった。
しかし、それぞれが楽しい話や愚痴などを言い合っているうちに、変な親近感が生まれ、
話がどんどん盛り上がってしまった。
仏太も愚痴をこぼしてしまい、みんなが思ってるのとは違う人間なんだよ、とアピール?した。
体はでかいけど、心は狭い、みたいな・・・
目標は、体は普通で、心が広い(でかい)人になりたいんだけどねえ。
かなり時間が経って、Cさんのお子さんKちゃんは床にうつぶして寝てしまった。
流石子供は眠くなると場所は関係ない。
布団を出そうと提案したが、動かすと不機嫌に起きるかもしれないから、とママの言葉に従った。(笑)
最初はうち解けてなかったKちゃんも途中からOOさんと沢山話をしていたし、
少しだけ仏太のところにも寄ってきてくれた。

25時半は過ぎた。
ふと気付いたように誰かが時計を見て、「え?もうこんな時間?」と。
Oさん(旦那)は気付いていたみたいで、「でも、盛り上がってるから、止められない。」と気を使ってくださった。
楽しかった。
なんだかみんなに元気をもらい、またカレーの奥深さを1つ知った日だった。
また、カレーパーティーしよう!

We of four gathered my room and enjoyed eating curry and deserts and talking and talking. Curry were soupcurry I made. Deserts were one Ms C made and Asahiya’s fruits tarte. It was a very nice party.

Asahiya
帯広市西19条南4丁目19-1
0155-38-2606
9:00-20:00
月曜定休(祝日の場合営業して火曜日休み)