2009 年 10 月 19 日 のアーカイブ

ホスピタリティ(SAMA帯広店)

2009 年 10 月 19 日 月曜日

仏太の知り合いに旅館の女将さんをしている人がいて、
たいそうな美人で、実年齢より若く見える。
色々な人と付き合い、バイタリティ溢れる活動をしているので、
尚更素敵に見えるのだと思う。
その女将さん、仕事柄でもあるのだろうが、
ホスピタリティについて詳しい。
仏太は最初、言葉だけを聞いたときに、病院(Hospitalホスピタル)がどうした?
と思ったのだが、意味は違っていて、おもてなしのことだ。
旅館、ホテルやカレー修行場で言うなら接客というところか。
恐らくhospitalとhospitalityは語源が一緒だろうけど。

さて、その美人女将とデートできるわけではないのだが、
SAMA帯広店に行ってきた。

外観
正面から?初めて撮る構図。
行くたびに色々と発見がある。
それは外観であったり、内装であったり、メニューであったり、カレーそのものだったり。
一つとして同じものはなく、流れるときと共に必ず変化がある。

ポスター
以前のマンスリーが曜日限定メニューになっていたりした。
マンスリーはその時だけで終わらず、人気メニューは色々な形で
その後も楽しむことができるのもサービスの一つだろう。

豚しゃぶカリー1
今回は10月のマンスリーにした。
SAMA風豚しゃぶカリー

豚しゃぶカリー2
今回は豚しゃぶに惹かれた。
メニューが色々あり、レギュラーメニューだけでも迷うのに、
他にマンスリーや以前のマンスリーなどもあり、また、スープも4種類あるので
組み合わせを考えたらかなり多彩になる。

そのメニューの豊富さだけが人気の秘訣ではない気がする。
当然、食しやすい(美味しい)ということがなければならないだろう。
そして、最も注目すべきは、その接客
そう、ホスピタリティだ。
オーナーさんをはじめ、全スタッフが同じように、
言葉遣いや態度で歓迎の意を示している。
それは、大手チェーン店にありがちなマニュアル的なものではない。
また、嫌みや押しつけがなく、他業種ながら、とても参考になる立ち振る舞いだ。

食事でお腹が満たされ、接客で気持ちが満たされる。
うん、また行きたくなる。

I went to SAMA Obihiro branch to eat dinner, pork soupcurry. Its curry was good and Its stuffs’ hospitality is the top of Obihiro curry shops. I was very satisfied.

SAMA帯広
帯広市西21条南3丁目27-12
0155-34-9477
http://www.hb-sama.com/
11:30-15:30(LO15:00)、17:00-21:00(LO20:30)(土日祝11:30-21:00(LO20:30))
第2水曜定休