ちなみに(小槲工房)

外観
小槲工房に行った。
住宅街の中にあり、一軒家をリフォームしたように見える。
しかし、この建物、最近ではない。
結構以前からあった。
以前も小槲工房はあったのだ。
以前やっていた時に来たことはあるが、
その時はカレーをおそらく食してない。
というかカレーがあったかはっきり覚えてない。
また、以前やっていた人と、今回やっている人が同じかさえわからない。
それは修行するのに、どちらでもいいことだが、
それでも帰り際に聞こうと思っていて
思いっきり忘れるという大技を繰り出してしまった。

チキンカレー1
チキンカレーにすると、なんだか家で食しているような気分になった。
住宅街の中の一軒家というのもそうだが、
とかライスがそれっぽいのだ。
あくまでもなんとなくだ。
カレー皿に添え物があったり、
別皿(今回はサラダ)があったり、などなど。

チキンカレー2
チキンカレーは手羽元がゴロンと入っている。
ルーがとても優しい。
らっきょというのも嬉しいし、
らっきょが5個というのも意識高杉くん。

チキンカレー3
チキン手羽元は、ホロリと
骨から肉が取れる煮込み加減。

たんぽぽコーヒー
嬉しくなって、最後にたんぽぽコーヒーを追加した。
残念ながら、たんぽぽしおりんではない。
先に来ていたおじさん達はランチの定食を
美味しそうに食べていた。
後から来た女性二人組は二人ともチキンカレーにしていた。
ほのぼのとして空気の中で、
食後をゆっくりとできるのもいいものだ。

ちなみに、以前の小槲工房もカフェだったのだが、
それが一度なくなった時に、残念に思っていた。
今回の復活がどういう形かは知らないが、
しっかりと修行できるというのは素敵なことだ。

ちなみに、らっきょが5個というのにこだわっているのは
さっぽろのスープカレー修行場らっきょのオーナーシェフが
イデゴウさんだからなのだ。

ちなみに、おじさん達は
色々と会話から推測するに、
おそらく先輩後輩で、
後輩が以前ここに来ていて、
先輩に色々と指南していた。
なんかそういうのも面白かった。

ちなみに、家でも穀物コーヒーを飲んだりしていて、
ここでたんぽぽコーヒーをメニューに見つけた時に、
あ、そこも家と似ているのか、と思ったりした。

小槲工房
幕別町札内新北町24-3
0155-56-6966
9:00-15:00
月曜、火曜、日曜定休

タグ: , ,

コメントをどうぞ