十勝カレー愛好会(カレーリーフ)

外観
今回はカレーリーフにみんなが集まってきた。
本日は十勝カレー愛好会、通称ラヴァーズ、の集まりだ。
参加資格は緩いが、コアなメンバーが集まるので、
政府とかILOとかICPOとかWBCとかに目をつけられてるかもしれない。(笑)

スムージー
今回はカレーということ以外に、ローフードっていうテーマがあった。
スローフードじゃないよ、ローフード!(笑)
slow foodじゃなくてraw food!(しつこい?笑)
そんな中でスムージーを出して下さった。
お、これは!と思うが、ナンの味かわからない。(笑)
自分の中で強く感じていたのは
グレープフルーツだったのを後で知らされたのだが、
最近ヤバパインばかりで、
本来飲み物として好きなフルーツを忘れているあたり、
まだまだ修行が足りないという大きな証拠に違いない。

ローベジカレー1
ローフードはraw food、直訳すると生の食物。
しかし、生のものだけではない。
加熱しているのもあり、48度までが許容されている。

ローベジカレー2
とはいえ、加熱してないカレーって???
という感じだが、ローフードの帯広のパイオニアとも言うべきTakaさんを迎えて、
色々お話を聞き、Takaさんから学んだカレーリーフのマスターが
苦心して作り上げた、ローベジカレーはしっかりカレーなのだ。
一種の冷たいカレーになるのだろうが、身体は燃焼される感じになり、
食しているうちにポッポッと温まってくるのがわかる。

ローベジカレー3
ライスは玄米を発酵させて作った特別のもの。
準備に3日ほどかかるので、電話予約が必要。
今回も参加メンバーを募るときに、
締め切りを早めに設定して、
人数分準備していただいた。

エビなど
他にも普段カレーリーフではいただけない、
パンやエビをいただけて幸せだった。
しかも、添えられていたのは、カレーバター!!!
ちなみにエビはしっかり熱が入っているし、
パンは製造工程で48℃以上にはなっているから、
これらはローフードでは全くない。

こういった普段食すことができないカレー、
料理をいただけるのも醍醐味だが、
最も興味深いのはやはり話の内容だ。
今回に限らず、毎回言えることだが、
普段聞けない話を聞けるのが最大の特徴かもしれない。

勿論すべてをメモしているわけではないし、
全然録音さえしてない。
その場で聞いて、自分の中に収めるような、
ヤバパインな内容があるかと言われると、たぶんない。
たぶんというのは、酔っ払っていて、
だいたい記憶されてないことが多いのだ。
そういう話があった時に、聞いているその時は
こんな話し聞けて幸せ、と思っているのだろうが、
オフレコは絶対漏らしちゃダメ、という普通の鉄則がある。
とはいえ、覚えてないから、バラしようがないのも事実。
(だいたいそういうヤバパインな話は意外と出てこないものだ。)

今回は、ローフードのスペシャリストを招いた形となったが、
講演会をしてもらったとかではなく、
普通に交流をしたという感じで、
すごく深いところに踏み込んだわけでもない。
ローフードはとても興味深いことがあるので、
もっと話を聞いてみたいと思った。

今後も色々な輪を広げていけたらなあ。

I went to Kurry Leaf to meet stuffs of curry shops and good curries. An orner of Kurry Leaf served Raw Vege Curry and Smoothy. They were so good. On my way of eating I sweat so.

カレーリーフ
帯広市西17条南5丁目8-103-101オーロラ175 1F
0155-41-0050
11:30-14:30, 17:00-20:30 (LO30分前)
水曜、木曜定休
参考:乙華麗様です!第14回

参考ブログ・サイト
Raw Style(ローフーディストTakaの日常ブログ)
第4回 十勝カレー愛好会(カリー SONTOKUのBLOG)

タグ: , , , , , ,

コメントをどうぞ