‘きのこカレー’ タグのついている投稿

チキンが先か、きのこが先か(夜のスープカレー屋さん)

2018 年 5 月 7 日 月曜日

外観
火曜定休が決まった夜のスープカレー屋さんに行った。
今日の選択肢の中に入っていて、
シチュエーション的にこうなったらこう、
というあるパターンの中に組み込まれていた。
だから、行動は素早かった。笑

きのことチキン1
きのことチキンをライス小でいただいた。
10大災害というメニューに書かれている最大の辛さ。
とはいえ、もっと辛いのもできるそうだ。
ちなみに、これは10個の災害という意味ではなく、
10番の大災害ってことだ。

きのことチキン2
具が沢山たっぷり入っていて、
整然と並べられている。
早く食したいが、この秩序を崩すのに気が引ける。

きのことチキン3
チキンがいい具合に焼かれているのがわかる、
程よい焦げ目で、匂いが伝わってくる。

きのことチキン4
きのこはしめじエリンギは見えている。
色艶よく調理してもらっているねえ。
メニュー名が、きのことチキンで、
なんとなく順番的にはチキンときのこって言うところが多いと思うのだが、
あえてその順番というのが目立っている気がする。
実はここのメニューは、よくよく見ると個性的な名前が結構ある。
それも楽しみの一つだ。
勿論最大の楽しみはその美味しさに決まってはいるのだが。

I went to Yoru no Soupcurryyasan for a late dinner. I ate mushroom and chicken soupcurry with hotness No10. It was good. I was satisfied.

夜のスープカレー屋さん
帯広市西1条南12丁目2-7
0155-67-6673
17:00-28:00
火曜定休

メニューも楽しい(ブーオ)

2018 年 2 月 17 日 土曜日

今年は戌年だ。
猫年というのはない。
犬派か猫派かと言われたら、犬派だ。
猫も可愛いと思うが、人懐っこさとかで犬の方が好き。
このあたりの議論を猫好きと犬好きでやったら、
喧嘩になるか、いつまでも終わらないんだろうなあ。笑

外観
雪が降りしきる中、士幌町のブーオにやってきた。
この天気だからか、空いている。
ラッキー。
沢山は来ないが、来る時はいつも混んでいるという印象だからだ。

メニュー
メニューの犬の絵が可愛い。
そう言えば入ってきた時にがいた。
玄関を開けると、待ってましたとばかりに、
2匹の犬が飛びかかるようにじゃれついてきたのだ。
1匹は前にもいたと思われる、黒い大人の犬で、
もう1匹はまだ子供(赤ん坊?)のベージュの犬。
どちらもラブラドールレトリバーだろうか。
(犬に詳しくないので間違っていたらごめんなさい。)
人懐っこいと、こちらも嬉しくて相手をしてしまう。
でも、ごめんよ、今日は(今日も)お食事に来たんだよ。
犬に謝りながら、レストランの方に入っていった。
(犬がいる場所と区切られている。)

きのこカレー1
ここはカレーメニューが沢山あり、
今までにも色々な修行をさせてもらったが、
それらもこのブログに載せている。
今回は迷った挙句、3秒で決定したのがきのこカレーだ。
玄米も嬉しいし、サラダも嬉しい。

きのこカレー2
しめじが中心でたっぷり入っている。
カレールーは程よく辛く、辛さだけではないスパイスが効いている。
きのこと合うカレールーだ。
玄米ともよく合っていると思う。

以前からここのカレーはいいと思っていたのだが、
今回改めてそれを確認し、
なおかつ今までで一番いいかもしれないと思った。
密かに、カレー修行者必食のカレーだと思う。
ちょっと残念なのは、食事は(カレーに限らず)現在土日のみの提供のようだ。
(とはいえ、仏太が行けるのはだいたい土日。)

犬もかわいいし、外には馬もいる。
羊などが見られる場合もある。
家具も素敵な造作があり、それらも見逃したくない。
なお、ブーオbuhoはスペイン語でフクロウのことだと、
メニューに説明が書かれていた。

I ate mushroom curry for lunch at BuHo in Shihoro with my wife. It was so good, likely hotter, likely spicy. There were two pretty dogs in a room next to the restaurant. It was so a good place to be. We were so relieved.

ブーオ
士幌町字上音更西7線166-9
01564-5-5733
11:00-16:00 (土日-18:00)
月曜、火曜定休

やはりカレーはライスに合う

2017 年 11 月 20 日 月曜日

カレー炒め1
今日の夕食。
ライスの添え物が多いのだが(納豆、玉子、梅干し)
ご飯はおかわりしない。
ポリシーとかではなく、健康のため。
(あ、それってポリシー?笑)
おかずもたっぷりあるし、スープもある。

カレー炒め2
そのたっぷりあるおかずはカレー炒め
豚肉ときのこ(しめじ)だ。
こういう炒め物はきのこがあるととても味に深みが出る。
豚肉の歯ごたえも、ああ、食ったなあ、と思わせる。
夢中でがっついた。
あ、これもライスが合うなあ。笑

I ate curried fry pork and mushroom for dinner. It was so good. I thanked to my wife very much.

横綱→親方(奥芝商店帯廣本店)

2017 年 6 月 1 日 木曜日

白鳳優勝
稀勢の里休場
高安大関昇進

あ、関脇大関は横綱じゃない。笑
5月場所やその後も話題が多く盛り上がっているなあ。
大相撲もやはり国技として、スポーツとして、
楽しめるものだし、人気を保っているよなあ。
その一つとして、横綱ってのは大切な役割を担っていると思う。
現役力士の最高位であるから、色々な意味でプレッシャーもあるだろうし。

外観
仕事などの関係で、遅くなった本日の夕食は
奥芝商店帯廣本店でいただく。
入って、席に着き、メニューを見ていたら、
ちょっと暗くなった気がした。
そう、閉店時間が近づいて、外の電気が消えたのだ。
ここは派手な明るさがあるから、尚更消えたときのギャップが大きいのだろう。

ラッシー
今回は先に、ラッシーをいただいた。
抹茶ラッシーは底に溜まっている緑を
かき混ぜて少しずつ上に登らせる。
撹拌しているうちに味が均一になるのを狙うが、
そのうちにオーダーしたカレーが来た。

ネバネバきのこカリー1
3種のこだわりネバネバきのこカリー
玄米小、レモントッピングにした。
ライスは白米もあるが、限定で玄米もある。
この時間帯まで玄米があるのはレアな気がして嬉しい。
レモンはオーダー時にトッピングするかどうか選択できる。

ネバネバきのこカリー2
3種のこだわりネバネバきのこカリーというだけあり、
納豆が中心に配置され目立つ。
10時方向にしめじが見えていて、しっかりきのこ。
ネバネバが強調されている納豆の中にオクラもある。
これもまたネバネバだ。
食べているのはネバダ州ではなくて、帯広市。笑

ネバネバきのこカリー3
無料トッピングがあり、メニューの中から選ぶが、
今回はキクラゲにした。
3種のこだわりネバネバきのこカリーには
元々キクラゲが入っているが、それを増量した。

ちなみに、今回のスープはチキンスープで、
12番親方という辛さにした。
メニューに載っている最高の辛さに遂に到達した。

前回は横綱だったのだが、その時は11番で、更に上があるよと予告していた。笑
17年5月27日の日記「注文の仕方はかしこまらなくていい(奥芝商店帯廣本店)」参照。)
横綱より上の、現役力士はないので、引退した力士ということになる。
さて、次なる挑戦はエビスープでの親方だ。(笑)

I went to Okushibashoten Obihiro Shop to eat a late dinner with my friends. I ate Three Kind Sticky Mushroom Soupcurry with topping Oyakata, No12, hotness max. It was good.

奥芝商店 帯廣本店
帯広市東4条南11丁目20-1
0155-67-4888
https://www.facebook.com/%E5%A5%A5%E8%8A%9D%E5%95%86%E5%BA%97-%E5%B8%AF%E5%BA%83%E6%9C%AC%E5%BA%97-1775036019438514/
11:00-21:00
月曜定休

五十六カレー

2017 年 5 月 16 日 火曜日

パーティーで56歳のお祝いにレトルトカレーを贈った。
17年3月8日の日記「レミオロメンイブに(インデアン音更店)」参照。)
勿論、それは自分のためにもゲットしている。笑

五十六カレー1
五十六カレー 越後舞茸入りというレトルトをいただく。
昔の軍人(海軍)の山本五十六さんの名前を冠したカレー。
凄いなあ。
そのまま食しても舞茸の出汁が出ていて普通のレトルトより良い感じ。
(ちょうどBGMにPuffyのこれが私の生きる道)

五十六カレー2
玄米ご飯にカレーをかけて、
チーズ(ストリングタイプ)とパクチーをのせた。
ああ、やっぱりレトルトカレーも一工夫で美味しくなるねえ。

I ate an instant curry Isoroku Curry made and arranged by my wife. It was so good with cheese and pakchi. I like it.