‘グリーンカレー’ タグのついている投稿

インスタントを2種類

2019 年 3 月 8 日 金曜日

最近、諸々の事情で、インスタントカレーの消費が鈍っている。
保存食としては大切だが、
ある程度月日が経ったら、
新しいものに替えたほうが良いだろう。
その時、古いのは食してしまうといい。
いい具合の循環だ。

缶詰カレー1
いなばの缶詰チキンとタイカレーグリーンをいただく。
久しぶりな気がする。

缶詰カレー2
缶を開けるとグリーンカレーの匂い。
こういう保存食は嬉しい。

スープカレーワンタン1
そして、汁物はスープカレーワンタン。笑

スープカレーワンタン2
もしかしたら、これをブログに挙げるのは
日本でもトップレベルかもしれない。
ってことは、世界でトップレベルの可能性あり。笑
まあ、そんな事言いながら、世の中は広いので、
もっと沢山をブログに挙げている人はいるかもしれない。
そもそもそういう数を競って勝負するものではないので、
どーでもいいと言えばどーでもいい。
むしろ美味しくいただけるのが一番なので、
実は期限内か、もしくは過ぎていても大丈夫だ。笑

I ate chicken Thai curry green of a tin and soupcurry wangtang for breakfast. They were good. I was so satisfied with them.

失念ではなく失礼だろ、それ

2018 年 7 月 17 日 火曜日

本日は連休明けの火曜日。
昨日は海の日だった。
連休とはいえ、ある程度の仕事はしていた。
フルで9時5時ではないのだが、毎日出勤。

そして、連休明けの今日は予想通り仕事が忙しかった。
ま、仕事ってのは忙しい時もあれば、暇な時もある。
ずっと忙しくても、波があるので、
忙しい中にも充実している時もあれば、
クソ忙しくて人間性が失われるくらいのときもある。笑
だから、それを予想していれば、理解していれば、
その時(辛い時)をやり過ごせばなんとかなる。

ただ、それがわからず、ひたすら忙しくて、
真っ暗なトンネルをずっと進んでいるようだと、
終わりが見えず、精神的にもおかしなことになりうる。

先週の時点で「今週末までに」って言ったことを
本日になっても実行されてない案件があり、
確認メールをしたところ、
失念していたという返事が返ってきた。
言葉はかっこいいが、
簡単に言うと、忘れていたってことだよな?

グリーンカレー1
本日の夕食。
いただきもので、ありがたく生かしてもらっている
母のコロッケは涙が出そうになるくらい美味い。

グリーンカレー2
昨日の残りのグリーンカレーはこれで最後。
パクチーたっぷりで本格的。
満足な辛さと満足なお味。

夕食を汚してはいけない。
怒って、やけ食いとかやけ酒とか
そういうのは好みではない。
ああ、そういうのをやけというのとは違うかもしれないな。

今回の件は忘れようがないが、
それでも日記として書き留めておく。

カレー、夕食の美味しさと
仕事での失礼の
あまりの対比に唖然とする夜だった。

One of my inferiors made me so angry. But I ate green curry with calmness.

グリーングリーン

2018 年 7 月 16 日 月曜日

♪ある日、パパと2人で〜 語り合ったさ〜
で始まるグリーングリーンという曲を多くの人は知っている。
(なんか英語を訳したような文章だな。笑)

なんとこれを芸にしていた後輩が、学生の時にいた。
彼は他にも魔王という芸も持っていた。

歌うだけなのに、人を魅了し、笑わせる。
それこそ目標とするものだが、中々そういう域には達せない。
悔しくもあり、また後輩を尊敬できる部分でもある。

グリーングリーンは歌って、終わった後に、
これは悲しい歌なんだよ〜と強く主張する部分が
大いに笑いを誘っていた。
それはとても的を射てるのだが、
その言い方などが非常に楽しかったのだ。
酔っぱらいの学生はとんでもない。
(これはいい意味でも悪い意味でも。笑)

魔王は、シューベルトの歌劇曲で、
後輩はドイツ語で歌いながらフリをつけていた。
みんなドイツ語はわからないが、笑っていた。
これまた、笑うと、この歌は本当は怖いということを
後輩が強く主張するので、
その真面目さに、みんなが更に笑うという状態だった。
(日本語バージョンで歌うこともあり、
それで内容を我々が覚えていたので、
ドイツ語はわからなくても想像しながら、
その芸を堪能することができたということもある。)

グリーンカレー11
そんなわけで(どんなわけで?)海の日である今日の昼食。
バスマティライス、にんじんしりしり、キッシュなどが乗った
豪華なプレートとともにカレーをいただく。
贅沢な昼食。

グリーンカレー12
カレーはグリーンカレー
スープ(ルー)は典型的なグリーンカレーだが、
上に乗ったパクチーのグリーンも映える。

グリーンカレー13
チキン揚げ豆腐パプリカが見える。
揚げ豆腐は本来のグリーンカレーでは
おそらく使われないだろう。

グリーンカレー14
大根しめじも合うが、
大根もなんとなくグリーンカレーでは
本来あまり使われない気がする。
本場のものを食したことがないのでわからないが。

グリーンカレー21
で、実はたっぷりとあるので夜もいただく。
そう、ここからは夕食なのだ。
明るさを考えると全然違うようにも見える。
そう、写真を朝食といって見せたら、
きっと騙される人もいるのではないだろうか。
だって、自分で騙されるところだったもん。笑

グリーンカレー22
ちょっと写真を撮ると、
殆ど同じ条件で撮っているはずなのに、
色が変わってしまう。
カメラはいわゆるバカチョンなので、
朝と同じ条件のはず。
やはり明かりが違うのだと思う。

勿論器が違っているのは見てわかるし、
盛り付けは完璧に同じにはできないのだが、
写真を比較すると、同じグリーンカレーなのに印象が違う。
面白いものだ。

スポットの当て方で、物事が違って見えたりするいい例かも。
物事は、物もそうだけど、出来事もそうだな、と思わされた。
カレーで人生の一端を知ることになった。笑
やはりカレーは素晴らしい

I ate green curry made by my wife for lunch and dinner. It was so good. I was so satisfied to have it twice a day. Thanks so much.

下半期スタートはカレーだらけ(中村屋、ピア21しほろ、幻想)

2018 年 7 月 1 日 日曜日

外観
中村屋に2泊して、明けた朝。
朝食は昨日と同じ場所。
昨日カレーがあったから、今日はないだろうと思った。
以前はポトフなどスープが出ていたからだ。

朝食1
したら、あった!!!
グリーンカレーだ!
いやあ、小躍りするくらい喜んだね。
ただ、本当に小躍りしたら、
取っている食事をこぼすことになりかねない。

朝食2
カリフラワーのカレーマリネってのもあり、
おお!カレー天国!と喜んだ。
やはり小躍りは心の中で。笑

朝食3
相変わらずの欲張りで沢山取っているので、
写真を分けて撮った。
だいたい生卵(TKG用)と目玉焼き取っているし。笑

朝食4
サラダなど野菜もたっぷり取った。
味噌汁が自家製味噌を使って作られているらしい。

朝食5
当然のようにグリーンカレーをしっかり取った。
パクチーを乗せるのは、昨日の朝食のスープカレーと同じだが、
実はスープカレーよりもこのグリーンカレーの方が
しっかりとパクチーが合うと思う。
ビジュアル的にも味的にも。

朝食6
更に、当然のようにカリフラワーのカレーマリネもいただいた。
ああ、幸せな朝食。

カレー棒とコーヒー1
帰りがけに道の駅ピア21しほろに寄った。
まだランチタイムには早く、ちょっとお茶でもという
休憩の意味合いが強かった。
カフェ寛一ネルドリップアイスコーヒーをゲットした。

カレー棒とコーヒー2
ピア21しほろで少し買い物をして、
あったらラッキーと思って、
お会計のときに聞いたら、あった!!!
カレー棒はここの隠れ名物だ。
いや、隠れてないのだが、結構売り切れてしまうので、
遅い時間帯だと売り切れてしまっていることがあるのだ。
実際に、今回これをゲットしたとき、残り1本だったみたいだ。
帰り際の休憩として、結構満足な旅だった。

外観
ランチは帯広に戻って幻想へ行った。
かなり賑わっていて、人気の高さが目に見えてわかる。
凄いなあ。
かろうじて1つテーブル席が空いていて座ることができた。
メニューを見ると、いちごフェアをまだやっているようだった。
これは5月で終わりだと思っていたが、
おそらく人気が高く、評判がいいのと、
またいちごの時期が少し長いからなのだろう。
隣のテーブルの子供たちが頼んで、嬉しそうにしていた。

スパゲティグラタン1
仏太が頼んだのは以前と同じスパゲティグラタン(カレー味)だ。
スープがつくのも嬉しい。

スパゲティグラタン2
グツグツで熱々なので、
火傷しないように、フーフーしながら、
ハフハフと頬張っていただくことになる。

スパゲティグラタン3
スパゲティがカレー味で絡められている。
ここにホワイトソースやチーズなどがあいまって
素敵なハーモニーを醸し出す。
他のカレーメニューも頼もうと思いつつ、
結構このスパゲティグラタン(カレー味)を頼んでしまうのは
やはりとても好みだということなんだろうなあ。笑

色々と用事を済ませて、夕方に家に帰った。
貧乏性なのだろうか。
出かけるとついつい様々なことをしたくなってしまう。笑

ぎゅうぎゅう焼き1
夕食は久し振りに家で食す。
ぎゅうぎゅう焼きだ。
鍋にギュウギュウに具材を詰め込んで
焼く(煮込む)ので、具材はなんでもいい。

ぎゅうぎゅう焼き2
今回は具の一つにカレー味の小肉にしてみた。
タンドリーチキン風だ。
鍋みたいな感じで、次々とお腹に入ってしまう。

本日7月1日は2018年下半期のスタート。
その日に4カレーというのは、
なんとなく幸先がいい。笑
まあ、たまたま沢山カレーを食す日もある。
やはりカレーは素晴らしい。笑

I ate Thai style green curry at a restaurant in Nakamuraya, Nukabira, Kamishihoro. On our way to home we got to Road Station Pia 21 Shihoro. We bought some things like vegetables and drink a cup of ice coffee, my wife a cup of tea. I got Curry Bo, curry stick and ate it. It was rare and good. I was happy to get it. Once we went back to our house and took rests. For late lunch we went to Genso, a cafe in Nishi Obihiro. I ate curried spagetti gration. It was so good. I like it. For dinner we ate gyugyuyaki made by my wife. It was so good and one of its contents was curried chicken like tandole chicken. It was so good. I was happy to try four kinds of curries. Thanks so much.

中村屋
上士幌町字ぬかびら源泉郷南区
01564-4-2311
http://nukabira-nakamuraya.com/

CAFE KANICHI 寛一
士幌町士幌西2線134番地1道の駅ぴあ21しほろ
01564-5-5111
9:00-18:00 (12月〜3月-17:00)
不定休

幻想
帯広市西23条南4丁目3-6
0155-38-3134
http://cafegensoh.seesaa.net/
11:00-22:00 (LO21:00)
水曜定休

やはり相対的なものだと思う

2018 年 2 月 1 日 木曜日

朝食は職場でいただく。
なんかカレー食したいなあ。
いつものごとく、そう思った。笑
レトルトカレーを探したが、ピンと来ない。笑
スープカレーワンタンにしようか?
それもなんとなくピンとこなかった。笑
ストックしてあるカレーを眺めていると、
いなばグリーンカレー1
いなば チキンとタイカレー グリーンを見つけた。
あ、これいいね。
改めて見ると、本場タイで製造って書いてあった。

いなばグリーンカレー2
缶詰だから開けたら、そのままご飯にかけることもできる。
別の器に開けて食すってのも良かったなあ。
しかも、温めるの忘れた。
なんだか、カレーを探すことだけに一生懸命で、
見つかっただけで安心してしまった。
しかし、ゴロンゴロンと入ったチキングリーンカレー
ライスと一緒でとても美味しいものだった。
だから、食している時も温めないととは思ってなかった。

インスピレーションで選んだから、
それはなんとなく身体や頭がこのカレーを欲していたってことだろう。
そういうシチュエーションで、おそらくいつもより美味しく感じたと思う。
だから、温めるとかそういうことは全く考えずに、食しきってしまったのだと思う。
ということは、少なくとも自分の中には、相対的な美味しさがあって、
それはおそらくどの食べ物にも言えるだろうから、
カレーに限らず、絶対的な美味しさというのは、断言できないと思う。
改めて、それを再確認した。

ごく少数ながら、そういう美味しさを絶対的なところに求める人もいる。
その人にとっては絶対的なものがあるのだろう。
しかし、それは常人には理解できない。
やはり味は相対的なものと考えられる。

で、こんな小難しいことを言ってながら、
こういうことを言うってこと自体、
食を、カレーを楽しんでいるとは思えなくもない。笑
自分で言っているんだから、困ったものだ。笑
実際はカレーも楽しんでいるし、
「言葉遊び」も楽しんでいる。笑

美味しさは喜び、楽しみの1つだ。
であれば、理屈をこねくり回す必要はない。
食をあえて難しくする必要はない。
でも、あえて言葉にして、書きとどめておくと、
その時の気持ちがわかるというものだ。

そして、小難しく考えるのではなく、
単純化して、カレーを更に楽しみたいと思う。

I ate chicken green curry in a tin for breakfast. It was good but I forgot it warmed.www This time I felt it good not warmed. I think the taste is never absolutely.wwwww