‘スイーツ’ タグのついている投稿

4つ目のスペシャル・ラム(SONTOKU)

2012 年 9 月 6 日 木曜日

外観
SONTOKUへ行った。
ここはずっと新しいメニューが目白押しなので、
近くにあったら、しょっちゅう行きたいところだ。
新しいもの好きな道産子なので。(笑)

ラムスペシャル1
今回はラムスペシャル
ラム肉ラムつくねラムキーマが入ってる。(メニューより)
スペシャルメニューはある一品を3種類のパターンで入れて、
他に野菜などがたっぷり入っている。
今までに、エビ、ポーク、チキンでスペシャルがある。
11年1月9日の日記「エビ(SOMTOKU)」11年11月13日の日記「豚(SONTOKU)」12年2月25日の日記「3つ目のスペシャル・鶏(SONTOKU)」参照。)

ラムスペシャル2
スペシャルで結構ボリューミーなのに、
岩のりなめこを絶品具!!!
スープは4種類の中から、トマトスープを選択!
このスープ、トマトベースながらもスパイスがしっかり効いていて無茶苦茶好み。
今まで他の修行場で食したトマトスープとはちょっと違う。

ラムスペシャル3
ラム肉は薄切りタイプ。
バラ肉なのだろうか。
ちょっとジンギスカンを彷彿させる。

ラムスペシャル4
ラムつくねはシシカバブ(以前からSONTOKUのメニューにあったトッピング)みたいな感じ。
これがまた絶妙な硬さというか柔らかさというか、
職人的な技を感じる次第。

ラムスペシャル5
ラムキーマはSONTOKUでは初めて。
というか、あまり見ることがないと思う。
スープを一緒にそれぞれの味を楽しめる。
そして、意外にトマトスープと相性がいい。

タピオカ入りパフェキャラメルミルク
自分にとっては初めてのラムスペシャルとトマトスープで、なんとなく嬉しくなった。
だからというわけか、そうじゃないのかは、自分でも分からないが、
タピオカ入りパフェなんぞ頼んでみた。
今回はキャラメルミルク
初づくしで楽しんで、美味しくいただいた。
ちょいとゆったりと楽しむのもいいものだ。

I went to SONTOKU to eat dinner. I choiced lamb special with topping seaweeds and mashroom. Soup was tomato based soup of 4 kinds. It was so good. I like it so much. I appriciate so much for SONTOKU.

SONTOKU
帯広市西16条南5丁目
0155-35-9722
11:00-15:00 (LO14:30), 17:30-21:30 (LO21:00)
不定休
参考:乙華麗様です!第9回

心身健康なマスターのカレー(カレーリーフ)

2012 年 5 月 12 日 土曜日

外観
カレーリーフに行く。
最近、行くと駐車場がいっぱいで諦めていたことがあった。
電話で連絡してくれていいですよ、と優しく教えてくれたので、
今度から混んでいる時は連絡してみようと思う。

チキンと野菜のカリー3
チキンと野菜のカリーをいただいた。
仏太がここで食すカレーで最も多い注文。

チキンと野菜のカリー2
スリランカ風カリーにした。
変わらないその味は美味しい。

チキンと野菜のカリー1
野菜いろいろで色合いも素敵。
その間から、下になったチキンが見えている。

スムージー
マスタースムージーを勧めて下さった。
Facebookでマスターが載せていたので気になっていた。
ちょっと見た目で、濃くてドロッとしているというイメージを持っていたが、
実際に飲んでみると、意外にあっさりしていて飲みやすい。
最後の後味に爽やかな苦味があり、それもいい。
マスターはかなり健康に気を使っていて、
そのあたりもプロ意識が高いなあと思う。
体のことも心のこともトータルに色々と考えているのだと思う。
乙華麗様です!第14回
そんなマスターのことを書かせてもらっている。

プディング
今回、初めてデザートをいただいた。
別メニューの小さなラミネートにあるので、
いつもとても気になっていたのだが、
中々食べる機会がなかった。
今回は勇気を出して(笑)お願いしてみた。
自家製かぼちゃプディングは濃厚なかぼちゃ味で
でも、くどくなく、甘すぎず美味しい。

今回も非常に混んでいて、とてもお忙しい中、
マスターがちらっと顔を出してくれて、お話することができた。

次回は駐車場が混んでいても、頑張って修行してみようっと。(笑)

I went to Kurry Leaf in Obihiro to eat curry. I ate chicken and vegetable soupcurry with Sli Ranka style curry. It was good. Taste, color and so on. Smoothy was served by a master. So much thanks. I met him at last and talked with together. It was a happy time.

カレーリーフ
帯広市西17条南5丁目8-103-101オーロラ175 1F
0155-41-0050
11:30-14:30, 17:00-20:30 (LO30分前)
水曜、木曜定休
参考:乙華麗様です!第14回

スイーツとラッキー(ビスターレビスターレ帯広店)

2011 年 1 月 17 日 月曜日

今週の予定を確認したときに愕然とした。
今週ゆっくりしようと思っていたのに、
予定を入れていたことを忘れていたのがいくつかあった。
木曜〜土曜まで3日連続飲み会なのだ。
いわゆる新年会というのもあるし、
仕事関係や全く関係ないオフ会もある。

そんな予定が入っているのに気付いたのは、
FM WINGのパーソナリティさんと連絡を取って
次のラジオでどんなことを話題にしようか打ち合わせたときだった。

本日、ラジオでスイーツの話をした。
十勝はとてもスイーツに恵まれている。
原材料が地元でほとんど手に入るので、
美味しく安い物ができる。
札幌と比べると値段は明らかに十勝が優しい。
美味しさも凄いと思う。
仏太はそれほどスイーツを食べるわけではないが
それでも知っているものもある。
最終的に、最後はカレーの話になるところは、
このブログと似たところがある。(笑)

一つは、たい焼き屋たべて!たいやきくん印度というメニューのことを説明した。
たい焼きの中身がカレーなのだ。
08年8月12日の日記「たい焼きはどちらから食べる?(たべて!たいやきくん)」参照。)
また、冒頭でカレーを食した後にスイーツを食べるのか聞かれ、
そういうときもあると答えた。
カレーに入っている栄養素で足りないものはカルシウムといわれる。
それを補うのに、ラッシーだったり、チャイだったりを飲むのは合理的だ。
また、アイスや乳製品関係は色々ある。

友達(カレー仲間)が札幌などから遊びに来たときに
スイーツアーと題して、十勝のスイーツを堪能してもらうことを
今までに2回ほど行っているが、スイーツを梯子するということは
仏太としては珍しいことで、友達が希望しなければなかなかないことだな。
09年4月29日の日記「十勝スイーツアー(WAMUW、そん徳)」参照。)
09年10月25日の日記「十勝スイーツアー(インデアン芽室店)」参照。)
カレーも食して、スイーツも堪能する。

外観1
実は明日は職場の麻雀大会。
今週予定が空いているのは今日か水曜日しかない。
ならば、早めに新規修行場の開拓をしておこう。
ということで、1月7日にオープンしたばかりの
ビスターレビスターレ帯広店に行った。

メンズセット3
メンズセットがお得に見えたのだが、
恐らく量などを考えると値段的には高いと思う。
それでもまあ食したいと思うものが揃っていたので
価値あるものとして考えた。

メンズセット2
ダルスープは豆のスープだ。
チキンティッカなどもあり、仏太はこれらも好き。

メンズセット1
ナンカレー2種類
レディスセットはカレーは1種類だ。
ナンはどんなセットやカレーで頼んでもおかわり自由らしい。
しかし、それなりの大きさなのでそんなに沢山食せるわけではない。
実際、仏太は1枚で満足しておかわりしなかった。
混んでいたのだが、ほとんどの修行者はおかわりしていた。

野菜カレー
メンズセットのカレーの一つは野菜カレーと決まっている。
とても優しい味で、数種類の野菜が入っている。
インド(ネパール)料理店では○○カレーというと
○○くらいしか具として入ってないことが多い。
だから、数種類入っているのはちょっと斬新に感じた。

ラムカレー
もう一つは仏太はマトンカレーにした。
あまり臭みがなく美味しかった。
まあ、ラム(マトン)好きとしては
少しくらい臭みがあってもいいのだが。

パイナップルシャーベット
最後に、パイナップルシャーベットをいただいた。
デザートも数種類ある中から選ぶことができる。
結構奮発しているなあ。
お会計の時になんだか割引してくれて安くなっていた。
おお、ラッキー!
なんでかわからないけど、ラッキー!(笑)

外観2
と思って、帰ろうと車に乗ったときに、
修行場の前にある看板が目に入った。
おう!今日まで20%オフだったんだ!
知らなかった!ラッキー!(笑)

十勝に本格的なインド(ネパール)料理の修行場は少ない。
ある程度増えて欲しいが、果たしてこの人気はいつまで続くのだろうか?
半年で消えてしまったインド料理系修行場がこの前あったので、
二の舞にならないように祈っている。
頑張って欲しい。

I went to Bistarai Bistarai Obihiro branch to eat dinner. I choiced Men’s Set. It included two types of curry, naan (or rice), salad, chicken, bean soup and desert. I ate vegetable curry and matton curry. They were good.

ビスターレビスターレ帯広店
帯広市西18条南5丁目31-1
0155-36-7761
11:00-22:00 (LO21:30)
無休

参考サイト
FM WING

ミーハー(Cafe PORTE)

2010 年 10 月 27 日 水曜日

先週の土曜日、ふじやの帰り、自転車で街中を通り過ぎた。
その時ふと思い出した。そういえば、今日は公開生放送があり、
それはその番組の2周年記念で結構盛大にやると。
BAKU★GEKIといって、毎週土曜日に隔週ごとに担当が変わる公開生放送がある。
う〜〜ん、この説明わかりにくい。(笑)
爆笑バージョン激かわバージョンを交互にやっているということなんだけど。
それで、爆笑は札幌吉本のしろっぷ、激かわはモデルの松井さやかが主に担当している。
そういうFM WINGの番組がある。

激かわ公開放送
で、思い立って、激かわの2周年番組を「見に」行ってきた。
ラジオでも公開放送だとテレビみたいだな。(笑)
松井さやかは高校生なんだけど、しっかりしてる。
そして、何より可愛い。
おじさんは鼻の下が伸びてしまう。(笑)

ポスター
で、その番組で紹介されていた、スイーツがある。
松井さやかがプロデュースしたクレープ。
Sayaア・ラ・モードって名前も可愛い。
(おっさん、おっさん!笑)

外観
公開放送をしている太陽ビルの同じ1Fの向かいにあるCafe PORTE(カフェポルト)だ。
ここで、このクレープが提供されている。

ラッタートカリースープパスタ1
ラッタートカリースープパスタ
以前とはちょっと改良された形みたいだ。
以前はスペシャルメニューだったのだが、レギュラーメニューに昇格?した。
人気があったのだろうな、と思うと嬉しくなった。

ラッタートカリースープパスタ2
別に仏太が考えたわけではないのだが、
カレーのメニューが残って続いてくれるのはいい。
しかも今回は名前に「スープ」というのが入って、
更にスープカレーっぽくなっているし。
グッジョッ!

Sayaアラモード1
で、興味津々でついつい頼んでしまった。
Sayaア・ラ・モード
この包装はちょっと恥ずかしい
他に修行者はいなかったが、綺麗な店員さんが微笑んでくれたのは、
普通の営業スマイルなのか、おっさん!という笑いなのか・・・。(笑)

Sayaアラモード2
あ、美味しい!これは普通に美味しいよ。
流石、スイーツが好きな女の子が考えただけある。
また、作る方も丁寧に作っているんだろうな。
これでミニサイズなんだ。
普通のクレープとかってかなり大きいのかな。
仏太はこのサイズでちょうどよかったな。

コーヒー
第2職業系の事務仕事をしていて、大詰めでもう少しで仕上がりそうだったから頑張った。
そして、クレープを食べた時点でも終わってなかったので、コーヒーをお願いした。
すると、先ほどの微笑み美人のスタッフの方が、セットにしておきますね!
優しく安くするようにとりはからってくれた。嬉しいなあ。
仕事を終わらせることができて、
ストレスも減ったしお腹も満足した。

I went to Cafe PORTE to eat curry soup pasta and crape produced by Sayaka Matsui, a pretty girl, after then I drank a cup of coffee. While then I did my job of the second work. It was a good time to do it.

Cafe PORTE
帯広市西3条南11丁目7番地シネマ太陽帯広ビル1F
0155-20-1388
http://www.taiyogroup.jp/restaurant/store/_cafeobihiro/info.shtml
11:00-21:00 (土日祝10:00-) (LO20:30)
無休

参考サイト・ブログ
よしもと芸人 しろっぷのイイ加減にしろっぷ
さやかろぐ(松井さやかオフィシャルブログ)
FM WING

十勝スイーツアー(WAMUW、そん徳)

2009 年 4 月 29 日 水曜日

仕事はでなくてもなんとかなるのだけど、やらなければならないこともあるので、朝ちょっとした。
そして、待機。
予定は11時過ぎだったので、ゆったりと待っていたら、電話が入った。
「着きました!」
その声がウキウキしていたのは、天気がいいドライブを楽しみ、
修行ツアーが待っているという喜びだと思っていたのだが、
それは実は違っていたということを後から知った。
すぐに行くことを伝えて待ってもらうことにした。

身支度をして、車に乗る。
まだ少し肌寒いので上着を着たが、太陽の光が柔らかく、なくても大丈夫そうではあった。
実際に車の中は徐々に気温が高くなっていることを実感できたのだ。

柳月スイートピアガーデンは音更にあり、工場が併設されていて、
スイートが作られる様子を見ながら楽しむことができる。
また、スイーツ販売に加えて、喫茶部もあり、そこで食べたりもできるのだ。
仏太は音更在住ということもあり、
また、今回札幌からカレー仲間が高速を使ってくるということも合わせて考えると、
わかりやすい待ち合わせ場所は、カレー屋かスイーツ関係か。(笑)

メンバーは全部で4人。(仏太を除く。)
そのうち2人と打ち合わせをして日程を調節。
言い出しっぺのYさん。そうそうたるメンバーを揃えてくださった。
カレー界の風雲児とも言えるFさんが電話で知らせてくれた。
ウキウキというよりは浮かれた声の主だ。
Yさんの運転に同乗してきたのは(同情ではないと思う。笑)
可愛い女性も二人いた。KさんとAさん。
Kさんは会ったことあるが、Aさんは初めて。
Yさんからはゴールデンウイークに十勝カレーツアーをしたいと打診があり、
どこに行きたいか希望が提示されていた。
Kさんはカレーも好きだがスイーツも好き、と女の子らしさを見せたので、
それに応えないわけにはいかない、ということで、スイーツも回ることにしたのだった。

本当は最初の予定は、スイートピアガーデンで、朝ご飯代わり(!笑)にスイーツを食べるつもりでいたが、
札幌から到着したメンバーは、集合だけと考えていたようだった。
であれば、出発。
集合が予定より早くなったことで、すぐにカレー修行には出れない。
まだ、開いてないからだ。
その点、スイーツの店は9時とか10時には開いてるので行ける。

高まん外観
高まんと言って知らなければ、十勝人としては潜りではないかといわれるほど有名なところ。
お焼きを買った。そして、車の中で食べた。
うん、なるほど、これが帯広の味だな。
高まんお焼き
なんと、まもなく十勝在住1年になろうというのに、まだ、高まんは行ったことなかったのだ。
みんなそれぞれ買いつつ写真を撮る。
そう、みんなブロガーであったり、記念写真を撮ったり。
十勝ではあまり見られない光景。(笑)

まだ、時間はある。開店時間までの間、予定を繰り上げてスイーツアーを。
六花亭本店で、サクサクパイを購入。
六花亭外観
尊敬する華聖人さんが以前に買ったときのことを聞いて、
できたら午前中の方が確実、とアドバイスをいただいていた。
職場の人からも色々情報をもらったが、早めに行けるならそれがいいと判断した。
なんと、仏太はここも初登場。今まで行ったことがなかった。
六花亭サクサクパイ
しかも、サクサクパイも多分食べるの初めて。
サクサクパイは売れ行きを見て適宜作っているそうだ。
現在は本店だけでなく、西3条店でも食べれるそうだ。

ワムウ外観
そして、修行第1弾。
WAMUWはみんなが行きたいと望んでいたところ。
仏太以外は全員初登場。
この日のスープは1000とEx100で、お互いに食せるように、分けて注文。
具材はそれぞれが好きなものを。
仏太は1000の納豆温玉つくねにした。
うん、相変わらず美味しい。
たまたま店長さんとシェフがいたので、go挨拶。
カレーも美味しかったけど、スタッフが美女とイケメンでみんな感心していた。

クランベリー外観
クランベリーは帯広市内に4店舗ある。
以前アンデルセンだったということは最近知った。
スイートポテトといえば、わかる人も多いだろう。
「いやあ、スイートポテトをお土産に買ってきて、って言われてるんですよ。」
浮かれた声が続く元気なFさん。
クランベリー読谷モンブラン
東1条店で読谷モンブランをいただきながら、
聞いた嬉しそうな声だった。
縁あってクランベリーの重役さんと知り合いになり、
今回の件を相談したら、中でも空いていそうなのが、
ここ東1条店だと教えてもらい、素直にそのお勧めに従った。
WAMUWから最も近いのは、本店であることは
カレー修行者や、スイーツ愛好家ならご存知のことだろう。
そこをあえて外して、違った洗濯をした。
スイートポテトはそれほど日持ちするものではないと知ったFさんは買うのを止めていた。

永花堂外観
永花堂も帯広の中では老舗になるだろう。
ただ、今回は連れて行っただけ。(笑)
仏太は結構お腹いっぱいだったし、ちょっとダッシュしすぎた。
そろそろ息切れしてきて、休憩にしたくなった。
永花堂スワン
ここで有名なスワンはその時ちょうど一つしかなく、
身も心も絶好調なFさんがそれを食べて、
Yさんが懐かしいレモンケーキを食べるという、
構図としては好対照に見えるものだった。

グリーンパークへ行き、日本一長いベンチや陽光の中スポーツに勤しむ家族を見て、腹ごなし第1弾。
ここまで来るときの車の中での話などを聞き、楽しく談笑。
Fさんが言いたくてしょうがないのだが、口止めされていたことを
ポロポロとしゃべることで突っ込みどころ満載となり、
その幸せそうな発言は、実は既に十勝に着く前から、布石が打たれていたことが徐々に明らかとなった。
仏太的には普通は可愛い女の子が二人もいれば、
主役は自ずから彼女らになっていくところであるのに、
そうではなくなっているのは、Fさんの偉業に他ならない
なぜなら、本日最大の名言とも言える
まだまだですよ、カレーも、恋も!
という大胆な幸せ発言はここで生まれたからだった。

そんなFさんは今回のツアー参加者の中で最年少。
その発言もそうだが、胃袋も底が知れない。
他のメンバーが、次に行くのはちょっと控える中、一人でふじやへ行き修行したのだった。
その間我々はBERUWALAへ行き、お茶を楽しんだ。
カレーもあるのだが、今回はみんなお茶を頼み優雅に楽しんだ。
特にAさんがここを気に入ったようで、情報収集していた。
うん、雰囲気のいいカフェだからね。
流石、センスいいよ、Aさん。

ペース配分を考えたときに、そろそろ次のカレーの時間となった。
冬期間は休業していて、最近再びオープンしたという情報のあったカフェに行くことにする。
真鍋庭園も十勝の人達はよく知っている。
その中にブルースプルースというカフェがあり、カレーがあるのだ。
マダムミツコのスリランカ風カレーは、実はルーカレーの中でもかなり上位になると思う。
まあ、順位をつけるのは好きではないが、仏太の好みの中ではトップクラスだ。
が、既にランチタイムが過ぎて、カレーは終わっていた。残念。
メンバーもそれほどお腹が空いているわけではなかったので、
無理をせず、腹ごなし第2弾となった。
庭園を散歩して自然を楽しんだのだった。

お土産を買う場所として仏太が用意したところはあさひや
かなり混んでいて、おそらく今回訪れた中で混み具合はナンバーワンだったであろう。
仏太が音更に来てすぐくらいに、たくさんあるスイーツの店でどこを選んでいいか迷ったとき、
職場の女の子に別々に聞いたら、みんなそろってここあさひやを教えてくれたというエピソードがあり、
また知り合ったクランベリーの重役さんも勢いがあると絶賛のところなのだ。
イートインコーナーがないので、ここはテイクアウトのみ。

陽が傾きかけて、徐々に楽しいツアーも終わりが近づく。
今回札幌から来てくれたカレー仲間4人は、それぞれの仕事関係から日帰りツアーなのだ。
最後はみんなで色々とつつけるようなところを用意した。
といっても予約を取るわけでもなく、もし満席だったり休みだったら別のところへ行くこととなったのだ。
が、運良く開いていた。
サラダ
そん徳はカレーも中華ちらしもあり、帯広、十勝を満喫できるかな、と考えた。
帯広といえば、豚丼はほとんど全国的に有名となったが、
仏太的なイチオシは中華ちらし
中華ちらし
ツアー前のgo要望で、仏太のお薦めに連れて行って欲しいということだったので、
カレー専門修行場ではなく、あえてここそん徳を選んでみた。
ガイヤーン
そん徳はアジアン屋台みたいなコンセプトで、メニューがたくさんある。
今回は5人で沢山のものをシェア。
ガイヤーンは東南アジアでは有名。
トムヤムフォー
トムヤムクンはもう日本ではポピュラーだが、それをベースにしたフォー
フォーもかなり有名になりつつあると思うが、ベトナムの麺で米が原料だ。
薄く平べったくきしめんを思わせる。そういうところが好きな人も多い。
ナシゴレン
ナシゴレンはインドネシアを中心としてあるチャーハン。
沢山の具が乗っているのが嬉しい。
あんかけカレー
あんかけカレーは一瞬、冬の陣のカレーうどんを彷彿させたが、ちょっと味が違ったような気がした。
風邪をひいていて違う味に感じたのか?
自家製つくねスープカレー
ここにはスープカレーもあり、このメンバーは当然のように頼む。
何種類かあるうち、自家製つくねのスープカレーにした。
中華ちらし風焼きそば
そして、再び中華ちらしかと思われたが、中は麺。
中華ちらし風焼きそばだ。
これも美味しい。
ここはそれぞれ美味しいものばかりでみんな満足。
こういう食し方は、人数がいてこそできる。
一人でこんな食し方していたらバカだ。(笑)

最後はやはり十勝のソウルフードの一つであるインデアン!!!
やはりこれは外せないでしょう!
普段よく利用させてもらう、音更店でカレーをtake out。
ただし仏太は連れて行っただけ。
今回のツアーガイドの役目はここで終わりだし、お腹はかなりいっぱい。
ダイエット中でもあるので、無理はせず。(笑)
ってか、本当に入らないくらいお腹いっぱいだよ。

楽しかった。
みんなありがとう
この企画を提案してくれたYさん、仏太も楽しく過ごせた。
本当は主役の一人のはずだった可愛いKさん、目の保養ありがとう。
初めて会ったけど、そんなことを感じさせず楽しく過ごせたAさんも可愛いなあ。
そして、何よりも誰よりも、幸せで幸せオーラを振りまきつつ過ごしたFさん、
人生はどんなときも絶頂ばかりではないからね!(笑)

次回は生肉をテーマに!
(おいおいまたカレー中心じゃないのかよ!笑)
ちなみに今回のテーマは、最終的にファンタスティック!

We, all of five curry fellows, gathered at Sweet-pia Garden. I took them to some curry shops and many sweets shops in Tokachi. We all enjoyed eating curry and sweets and talking about curry and happiness of Fanta-san. He was very happy. He had got a new girl friend within a month. A brand new couple they were!!! He was a here of this tour.

WAMUW
帯広市西1条南5丁目17-6
0155-26-0165
http://www.aim-company.net/wamuw/
11:30-23:30LO
火曜定休(火曜日祝日の時は営業して翌日休み)

アジアン食堂 そん徳
帯広市西17条南4丁目8
0155-35-9722
11:30-15:00, 17:30-24:00 (日17:30-23:00)
火曜定休

参考ブログ
はちみつ日記
スープカレーフロンティア