‘Maroubra’ タグのついている投稿

羽根を伸ばす〜友達に目一杯飲んでもらおう〜(絶好調)

2019 年 9 月 4 日 水曜日

外観
今日は徹底的に飲もう!と乾杯したのは
ビストロカリーノだ。
友達と二人でカウンター席でスタート。
奥のテーブル席では約100人くらいが賑わっていた。
あ、酔っ払って分身の術かと思ったら、10人くらいだった。笑
いやいやそんなに簡単に酔っ払ってはいけない。
が、今日も美味しいお料理を楽しみにして、
ランチを食べてから何も飲まず食わずで待ち合わせの19時まできた。
友達は余裕があったらしく0次会をしてきたと。
だから、もうエンジンはかかっている。

飲み物1
ってことで、ワインからスタートした。
我々の飲み方を考えるとグラスではなくボトルにしようということになった。
友達にセレクトしてもらった。
久し振りの赤のフルボディ。

食べ物1
キッシュがお洒落。
既にテンション上がりまくっている我々。笑
あ、お料理は一つ一つ説明してくださるのだが、
酔っ払いってことと記憶力の悪さで
しっかりと覚えてない。
メモも取ってない。
と、予め言い訳しておく。笑

食べ物2
すんごいオシャレなの来た!
あ、これね、日本酒も合うかも。
日本酒好きだからついついそういう発想してしまう。
ワインなら白もいいなあ。
などと思っていても頼んだのは赤。笑
でも、そういうのって絶対ってないと思う。

飲み物2
クラフトビールがあり、なんとなく飲んだことあるものを頼んだ。
半ばチェイサー、半ば普通にビール。笑

食べ物3
生ハム入りのサラダ
野菜は珍しいものも多い。
地元十勝産のものを豊富に使っている。
説明を聞いていてそれは覚えている。
そして、それはこのサラダだけではなく、
他のお料理に関してもそうだった。

食べ物4
イカとズッキーニの組み合わせもいかすなあ。
ハートにズッキーンと来るねえ。
はい、酔っぱらいです。笑

食べ物5
魚、わかる?
うわあ、こういうのもありなんだなあ。
感激していただいた。
仏太の浅い知識・イメージでは魚は白ワインと思ったのだけど、
実はこのお料理は赤ワインが合っていた。

飲み物3
次なるチェイサーは、初めて聞いたクラフトビール
東京なんだかだったと思う。
そろそろ記憶が怪しい・・・。笑

食べ物6
ポークステーキを3種類の塩でいただく。
ステーキも素敵だが、こうやっていただくと
塩の美味しさ、違いがよく分かる。
肉と塩のバランスと言うか、引き立て合いが凄い。
翼くんと岬くんがお互いを引き立て合うのと似ていると思った。笑
サウジアラビア、フランス、オーストラリアの塩。
そういえば、どこもサッカー強いな。笑

飲み物4
なんとなくもう少し飲みたいねと頼んだのは
ボトルで赤ワインを2本目。
後から考えたら、もう少し遠慮しながらのほうが良かった。
というのは、危険な量になる可能性があったから。
でも、今日は友達に目一杯飲んでもらおう、という趣旨、
と言い訳して(笑)結局自分が飲んでしまうと。
迷っている友達に、あ、私が結構飲んじゃっているので、私が払うよ、と
断りを入れて、結局勝手に頼んでしまった。
これまた後から考えたら、フルボディにしなくても、
軽めのものを頼めば良かった。笑
友達に飲んでもらうと言いながら、結局自分で飲んでいるアホ。笑

食べ物7
コースの料理が終わったので、
何かおつまみをと思ったら、
チーズを提案してくれた。
ありがたい。
本当にワインが好きな人はこれだけで行けるんだろうなあ。
楽しく、美味しく、満腹で大満足の1次会は終了。
マスター御夫婦にお礼を伝え、友達と一緒に次へ。

そう、今日は友達に目一杯飲んでもらおう、がテーマ。
言い訳とか、人のせいにする、ってのではない。笑
はしごは最初から当たり前となっている。笑

外観
ここは友達も仏太も何度も行ったことがある。
だから、必然的に二次会はかつらぎとなった。
今日は友達に目一杯飲んでもらおうという趣旨だから。笑

飲み物
美人ママは、多分酔っ払いの我々を御存知。笑
本来バーは酔っ払うというよりは、
お酒や雰囲気を楽しむところだろうな、と思う。
そういういい雰囲気で色々なお酒を提供してくれるところだ。
混んでいて、それぞれの人達がそれぞれの楽しみ方をしている。

食べ物
チャームなどもお酒に合うものを工夫してくれている。
こういうバーは帯広には結構ある。
札幌の時はほとんど行ったことがなかったが、
帯広ではまあまあの頻度で行くようになった。
ここでは何度か潰れていて、
タクシーを呼んでもらったこともある。
なので、程々で切り上げることにした。

が、友達も仏太もまだ帰る気はない。笑
お腹はいっぱいなので、やはり飲むってことになる。

外観
絶好調に行った。
多分、仏太がセレクトしたと思う。
友達はここ初めてと言っていたような。笑
マスターとスタッフさんの笑顔が素敵。
元気をもらう。

飲み物
多分天使のおちちだと思う。
「多分」が増えてきた。
まあ、そういうことだ。笑

パキスタン風カレー1
チャームがこれ。
ここのチャームはレベルが高いと思う。
なんというか、美味しい。

パキスタン風カレー2
真ん中にあるのが、カレーだ!
パキスタン風カレーは、ここの名物になりつつある。
実際にカウンター席の向こう側で
このパキスタン風カレーをガツガツと食している男性がいた。
マスターやスタッフさんに話しかけている。
美味い、美味い、これがいいんだよねえ、と。
いい声だな。
常連さんなんだな・・・あれ?
ああ、知り合いだ!!!笑
久し振り〜〜〜!!!

外観
楽しかった宴のラストはMaroubra
なんと写真はここでお終い。
しかも、縦にしっかり撮ったつもりが斜めっている。
酔っ払い具合が・・・わかる・・・。笑
しかも、飲んだものとか写真撮ってないし。
果たしてお金払ったんだろうか?笑

I drank with my friend tonight. First we went to Bistro Calino, not Curry-no.www We enjoyed good foods and good wine. Then we went to Katsuragi, a good bar in Obihiro. We drank good drinks. Third we went to Zekkocho to drink. I ate Pakistan like curry for charm. I met another friend there. At last we went to Mroubra, another bar. But my memories… My outsite hard disc shows a phoro of an outside of Maroubra only.www It was a very pleasant time to spend. Thank you very much, my friend.

Bistro CALINO
帯広市西1条南8丁目1-1一条ビル2F
0155-66-6863
https://www.facebook.com/BistroCALINO/
11:30-13:30LO, 18:00-21:00LO
日曜定休

かつらぎ
帯広市西2条南10丁目4銀座ビルB1F
0155-24-8865
http://barkatsuragi.com/
19:00-25:00
日曜、祝日定休

絶好調
帯広市大通南11丁目1-1さくら館ビル4F
0155-66-7081
20:00-26:00
月曜定休

Bar Maroubra
帯広市西1条南9丁目2 2F
0155-27-6258
19:00-last
日曜定休

なんか違う(KiRiちゃん)

2017 年 4 月 11 日 火曜日

自分は現実の中にいるのに、
なんだかふわふわしたような、
ある意味淀んだ空気の中に漂っている、
そんな感覚に襲われる時がある。

なんか違うんだよなあ。
男は呟いた。
しかし、どこがどう違うのか説明ができないのだ。

カラオケで一生懸命歌っているのだけど、
全部、半音ずつ違う、
そういう感じなのかもしれない。
だけど、それははっきりと「半音違う」と説明ができている。
今の感覚はそれを明確な言葉で説明できないのだ。

男は朝の仕事に就いた。
仕事で会った人と話したが、
なんだか噛み合わない。
会話というのは言葉のキャッチボールだよな。
男は呟いた。
グローブを差し出しても、そこにボールが来ない、
それってキャッチボールって言うのかな?
こちらが投げたボールは相手に真っ直ぐに向かっていっているのに、
相手はわざと体を横に避けて、難しくして捕球している。
なんか変だ。

ランチを食べる直前、男は携帯を取り出した。
FBやinstagramに投稿するのに、
よく食事の写真を撮る。
電源を入れた。
男は仕事中は差し支えるので、携帯は電源自体オフにしている。
揚げ魚はネタにならないかな、と思いながら、
写真を撮ろうとしたら、画面が急に暗くなった。
あれ?
あらら、充電されてない。
やっぱりなんかおかしい。

男は、朝から、自分の周りが、ずれていると感じていた。
酷いズレではないのだ。
微妙なズレだ。
いや、微妙というより、奇妙という方があってそうだ。

そして、こういう時は、この類のことが連続するということを
人生の経験上知っていた。
いや、正確には感じ取っていた。
理由とか、そのズレの詳細を理解してないので、
知っていたとは言えない。

幸い午後の仕事は緩やかだ。
人と会うことはないだろう。
おそらく会話で苛ついたり、作り笑顔をする必要はない。

ただ、午前中の違和感だけでかなりの疲労感。
気がついたら、まどろみの世界にどっぷり浸かっていた。
気がついたら、夕方だった。
仮眠を取ってしまった方がマシだったかも。
こう考えるってことは、この睡眠自体も
奇妙なズレの1つなのかもしれない。

眠ることでズレが修復されないかと期待した。
例えば、ズレが0.5あったとして、それを0に戻すってことだ。
しかし、体が感じる空気は、まだズレている。
違う感覚のズレが生じている。
0を通り越して、-0.3になったような。

男は、仕事が終わるまでに
この変な感覚を解消したいと思っていた。
何故なら、アフター5は、楽しみが待っているからだ。
男はふと不安になった。
この感覚のまま飲み会に突入したらどうなるのだろう?
悪酔いするのだろうか?

現実は小説よりも奇なり・・・

外観
いなり小路にあるさんのうという
新しくできた居酒屋へ行った。
友人達が既に始めていた。

食べ物1
別に取っておいてくれたお通しをもらい、
ビールで乾杯をした。
お通しが豪華すぎて嬉しく違和感を感じた。
なんか違う。笑

食べ物2
トマトソースのかかったスペアリブ
これ1人でというのは、なんか違う気が・・・。
やっぱり違った。
二人で分けてとのことだった。笑

食べ物3
肉三昧
ビーフ、ポーク、チキンと鹿。
これはみんなで分けていただくんだよね?
え?
一人分?
みんなそれぞれ食べたと。
なんか多くね?

食べ物4
最後、味噌汁をサービスしてくれた。
シジミはわかるのだが、
それとクレソンだという。
違和感を感じたが、この味噌汁は絶品だった。

お腹いっぱいであまり動きたくないと
二次会はすぐ近くにすることにした。

カクテル
Bar Mroubraで職場の同僚と会った。
あれ?
なんかデジャヴ・・・
奇妙と言えば奇妙だが、これはズレではなく、
おそらく以前経験したシチュエーションのためだろう。
一瞬、パラレルワールドに引き込まれるのかと思ったが、
単に酔っ払っているだけだと理解できた。

外観
男は最後、KiRiちゃんで〆ることとした。
この時点で、ズレのことはすっかり忘れていた。
解消されたのかもしれない。

カレーラーメン
しかし、カレーラーメンを食すことで、
体調を本来の調子に戻すという、
強引なやり方に出たのだった。
やはりカレーの力は凄い。笑

男は帰りのタクシーの中で思った。
明日はどうなっているだろうか。
パラレルワールドに入って、ズレが完全なものになるのか?
また0にならず、プラスの1.8になるだろうか?
それとも元の「現実」に戻るのだろうか?

I went to Sanno in Inari Koji to meet my friends and eat good foods. There were many kinds of meat. We enjoyed. Next we went to Maroubra to drink something alcoholic. Then at last we went to KiRichan to eat the last meal curry ramen. It was good. It had me to be real.

さんのう
帯広大通南8丁目いなり小路
090-2433-1120
17:00-24:00
不定休

Bar Maroubra
帯広市西1条南9丁目2 2F
0155-27-6258
19:00-last
日曜定休

ラーメンKiRiちゃん
帯広市大通南8丁目いなり小路
080-1867-3115
https://www.facebook.com/kirichan.08018673115
20:00-26:00(なくなり次第終了)
日祝定休

思い出(SANSARA, KiRiちゃん)

2017 年 2 月 4 日 土曜日

BGMはH2Oの想い出がいっぱいで。笑

外観
天気の良い日。
カレー日和だ。笑
SANSARAに行く。
「あら?今日はカウンター席に座るの?」
そう、いつもはテーブル席に座っていた。
が、今日はあえてのカウンター席。
たまに違う雰囲気も楽しむ。

カレー1
今回も欲張って沢山頼んじゃった。
てへぺろ。

カレー2
スリランカプレート全部乗せはそういう名前のメニューだ。
全部乗せって凄い!
とはいえ、乗せるのに限界はある。
3種類のうち2種類を選ぶのと、他に2種類乗る。
全部で4種類だ。
プラス副材がつく。

カレー3
チキンカレー
カレー4
大根カレー
豆カレーのうちから2種類選ぶのだが、
今回は豆カレーは外した。
かなり魅力的だったのだが、
実は結構な頻度で豆カレーをいただいているからだ。

カレー5
モージュは、スリランカのナスのカレー(の一種?)。
(メニューには揚げ茄子スパイス和えと書かれていた。)
初めていただいたのだけど、
マスターがニヤリと、こういうのもいいでしょ?と。
く、悔しいけど、とてもいい!

カレー6
アンブルティヤルは、直訳?すると
酸っぱい魚料理ってことらしい。
メニューにはサバのゴラカ煮と説明がついていた。
ゴラカって地名かと思ったら、ガルシニアという植物の実なんだそうだ。
それを乾燥させたものが、酸味を醸し出す。
これは、鰆や鮪などもあり、らしい。
調べていると自分で作りたくなってきた。笑
それだけこのアンブルティヤルが好みということだ。

カレー7
玉子のホディは、スリランカでは朝食に出てくることが多いそうだ。
ホディというのは、汁気のあるカレー(の汁)のことらしい。
2回目の海外旅行の時、主にマラウイを旅した。
とても暑い日で市場から宿に歩いて帰る時に、
かなり汗をかき、かなり脚が疲れた。
休みたいと思ったその時、T字路の突き当りに
1件の建物があり、いい匂いが立ち込めていた。
当時バイブル的に使っていた地球の歩き方をおもむろに見ると、
そこはどうやらインド料理屋のようだった。
カレー好きとしては入るしかない。
メニューを見て、当時良くわかってなかった、玉子カレーなるものがある!
(メニューには、Egg Curryと書かれていた。)
これがとにかく無茶苦茶美味かった!
今まで食したカレーの中でナンバーワンと言っても過言ではない。
さて、思い出にひたるのはこれくらいにしよう。笑
玉井好きの玉子好きとしては、これは外せない。

カレー8
ルヌミリスは、多分アチャールと言っているものと
同じか似ているのだろうと思う。
が、かなり自信がないので、そのうち調べよう。
今回はまずルヌミリスを調べた。
(下記参考サイト・ブログ参照)

カレー9
そして、ラム挽肉のサモサ
サモサはとても思い出深いインド料理の1つだ。
初めての海外旅行の時、東アフリカを何カ国か回った。
学校の授業で、銅の産地として有名なザンビアに行った時。
とある、インド人宅にお呼ばれして、お食事をいただいた。
初めて食べるものが多く、その中で、サモサが抜群に美味しかった。
インド料理店でサモサがメニューにあると、ほぼ頼むくらい好きになった。
大きいものだと握りこぶしくらいの、テトラパックみたいな形。
中身はポテトなどの野菜が多かったが、最初に食したのは挽肉だった。
さて、思い出にひたるのはこれくらいにしよう。笑
SANSARAのサモサは今回はラム挽肉。
この組み合わせ最高!

最高のランチの後は、普段できてない雑用を・・・
と思っていたが、いつも通り、思ったようにはできない。笑
まあ、こんなものだろう。
それはそれでいい。
慌ててもしょうがないし、限られた時間で物事をするのは
限界があるということだ。
時間が限られているということは、
夜に約束があるってこと。笑

外観1
黄色い看板がビルの外に立てられているので直ぐにわかる。

外観2
階段を登って2Fに魚くまはある。
美人ママさんが出迎えてくれる。

食べ物1
カウンターでは友達が先に始めていた。
気の置けない仲間なので、一緒にスタートしなくても大丈夫。
ちなみに、ママさんに負けず劣らず美人さん。
ビールで乾杯して、お通しをいただく。

食べ物2
カウンターの逆サイドにお惣菜が所狭しと置かれている。
全て美人ママさんの手作り。
カレーなくてごめんね、という美人ママさん。
全然申し訳なく思うことはない。
こういうところはあればラッキーくらいに思っているので大丈夫だ。

食べ物3
仏太にはブロッコリーしか見えてなかったが、
実はエビセロリが主役。
これいいなあ。

食べ物4
チキンのフライになるのかなあ。
玉子マヨソースがいい。
非常に合っている。

食べ物5
仏太が呑む時ほぼ頼む枝豆
美人さんが食べ方を真似てくれて、なんとなく嬉しかったりした。

酒
なんとなくいい気になってが進む。笑

食べ物6
ツブが明太子と一緒になって、これまたツマミにとてもいい。
美人さんとは色々な話をした。
メールではしにくいというか、
話がたまりすぎていたので、
もう直接会った方が早いね、となったのだった。

食べ物7
ここは炉端なので、はお手の物。
お料理上手のママさんにかかると焼き物もまた違った美味しさとなる。
友達との会話の中で、以前2人で写真を撮った時、いつだったかという話が出た。
その写真はツーショットなのだが、
バックから北の屋台だというところまではわかった。
そして、写真のデータから、2012年12月12日ということもわかった。
もう4年以上前のことか。
記憶を辿っても、2人では明らかにならなかったが、
なんとなくそんなことあったねえ、と笑った。
さて、思い出にひたるのはこれくらいにしよう。笑

中
話は尽きず、2次会へ。
Maroubraは以前、地下にあったのだが、
現在は広小路の中の2Fに移転した。
雰囲気がよく、マスターとも談笑しながら、3人で盛り上がった。
みんな年が近いということも手伝ったのだと思う。

外観
〆はいなり小路のKiRiちゃんへ。
美人さんもついてきてくれた。

カレーラーメン
一杯のかけそばではないが、カレーラーメンをシェアした。
というか、味見だけ、みたいな形で、美人の友達は
ほんの少量だけをすすっていた。
一緒に行った友達(美人さん)は、ブログ上で仏太のことを師匠扱いする。笑
師匠(「今日の楽しい」「今日の美味しい」)参照。)
しかし、仏太は修行者なので、弟子を取るような師匠とは違う。笑

仏太はここでギブアップ。
タクシーに乗り込んだ。
美人さんは更に行ったようだ・・・・・凄い・・・・・

<追記>
当然、気になるので、12.12.12のことを調べる。笑
ブログでは、違うところに行っている・・・・?え?
12年12月12日の日記「寒い(鉄ぺい)」参照。)
あれ?
ああ、そうか、おそらく当時は、
その日のことはその日に書くというわけではなかったんだ。
現在は、ブログ(日記)の日付と現実の日にちが同じになるように書いているが、
以前は、同じ日もあれば、違う日もあった。
で、12.12.12でブログに載せたのは、実は違う日の話。
でも、写真は12.12.12なので、その日撮った写真を調べた。
すると、わかった。
一緒に写真を撮ったのは、今はなくなってしまった、
北の屋台時代の北のまる源だった。
いやあ、写真を撮っておいて、後から見る機会があったら、本当に懐かしいねえ。
さて、思い出にひたるのはこれくらいにしよう。笑

I ate Special curry plate in Sansara for lunch. It was so great. There were four kinds of curries. They were chicken curry, raddish curry, fish curry and egg plant curry. All of them were so good. I was so satisfied. I bought them as presents for my wife after eating.
In the evening I drank good sake and ate good foods at Uokuma with my friend. She was so beautiful. Uokuma’s Mama was beautiful, too. And a part time job girl was so pretty. Customers were almost men.www We talked about many things. One of them were so our deep past.www

SANSARA
帯広市西20条南3丁目
0155-35-5799
http://www.sansaratokachi.com/
11:30-15:00, 17:00-22:00 (土日祝11:30-22:00) (LO30分前)
月曜定休

魚くま
帯広市西2条南9丁目20第一あさのビル2F
0155-23-1076
18:00-24:00
日曜定休

Bar Maroubra
帯広市西1条南9丁目2 2F
0155-27-6258
19:00-last
日曜定休

ラーメンKiRiちゃん
帯広市大通南8丁目いなり小路
080-1867-3115
https://www.facebook.com/kirichan.08018673115
20:00-26:00(なくなり次第終了)
日祝定休

参考サイト・ブログ
「今日の楽しい」「今日の美味しい」
ナスのモージュ、ベジタブルプラオ(B級的・大阪グルメ!ブログ)
[vol.37]ナスのモージュ①②③/代替品だらけで3度目の正直もあるかよ?的な記録。(食べメモ …φ(´ι _`  ))
アンブルティヤル(スリランカ料理トモカのレシピ―)
アンブルティヤル(魚のスパイス煮) (アハサ食堂~スリランカの家庭料理~)
【スリランカ料理】秋刀魚のアンブルティヤル【レシピ】(うまから手帖◆旨辛エスニックで行こう!)
アンブルティヤル(乾物で世界をもっとPEACEに! – Dry and Peace)
2015。マータラの日々。(カラピンチャ Karapincha)
ロッダグループでスリランカ米のアンブルティヤル・カレープレート(walkriki)
インド料理と言ってもいろいろ(インド料理研究家 香取薫 日記)
卵のホッダ、白菜のマッルン(安くて美味いよ!インド料理自炊生活)
9/18夜  再びアチンタの2番目の姉の家にて(スリランカ食の旅)
日本のごはんにも合いそうな辛いふりかけ ルヌミリス(アハサ食堂~スリランカの家庭料理~)

ルヌミリスの作り方(紅茶の国から愛ぼわん)
ロティとルヌミリス(アハサ食堂~スリランカの家庭料理~)

ハンガリーとかイタリアとかアイルランドとか中国とか(吟来)

2013 年 10 月 9 日 水曜日

外観
職場の緊張する飲み会でらくだに行く。
端から見ると、緊張しているようには見えないかもしれない。
たぶん、態度や発言から、そう見られないのだろうと思っているが。笑
まあ、今回は場所が場所だけに楽だけど。笑(笑え〜〜!!)

食べ物1
この飲み会は仕事の関係でいつも遅刻する。
いや、わざとじゃない。
単に偶然が重なるのだ。
定番のものが届いた時には、
皆それぞれある程度お酒が進んでいた。

食べ物2
お刺身がぶり(の、小さいものだったかもしれない。)の尾頭付き!
なんかすげえ豪華。
ふだんのらくだにはメニューとして載ってない気がする。
(載っていたらごめんなさい。)
今回は宴会プラン。

食べ物3
そして、定番料理のグヤーシュだ。
ハンガリー料理のグヤーシュを食せるのは、
十勝ではここらくだしか知らない。
グヤーシュとはハンガリーのシチュー料理で牛肉や野菜を使うそうだ。

食べ物4
鍋ものもあり、豪華で
無茶苦茶お腹いっぱい。
海鮮モノで良い出汁出てるなあ。
これでスープカレー作りたいな。笑

外観
後輩を引き連れて行く。
最近このパターンが多い。
Sennariはものすごく久し振りだ。
敬遠していたわけでなく、先輩が脂っこいのは駄目だと
受け付けなくなってきていた。
仏太もだんだんそうなった。笑

食べ物1
しかし、美味しいものを食べたいという欲求は抑えられず、
リゾットをいただいた。
バスマティライスだ!
と思ったら、なんと米じゃなくてパスタ!
世界最小と言われるパスタ・リゾーニというらしい。
(kusukusuもパスタだよな・・・・・)

食べ物2
こちらはわかりやすいパスタ。
スパゲティーにかな。
ペペロンチーノなんだけど、
小さな唐辛子はピッコロというらしい。
(写真ではよく見えてない。)
イタリアでは有名とのこと。
保育園とか大魔王ではない。wwwww

食べ物3
舌平目のサルタート・枝豆ソース!
枝豆ソースって珍しいよね!
一体どんだけ食ってんだ〜〜!と言われそうだが、
(実際に知り合いに、美味そうなもの食べてるよねえ、と何度か言われてる。苦笑)
今回はほとんどは後輩が食べた。
流石体育会系、食欲旺盛!

外観
Maroubraというバーに行ったのだが、
ここも久し振りだ。
そろそろ怪しくなってきた。
写真は外観だけ。
飲んだのはウイスキー
確かアイルランドのものだったと思う。
ウイスキーは世界の主な産地が5つしかない!!!!!
(実際は他の地域でも作られているようだが、世界5大ウイスキーというと、
アイルランド、スコットランド、カナダ、アメリカ、日本なんだそうだ。)
って話ではなく、語ったのは名古屋について。笑
しかもチームしゃちほこの首都移転計画に始まり、
鎌倉ハムと(超)マイナー路線。笑
後輩は愛知出身、仏太は名古屋に1年間住んでいた。

外観
一人になって、フラフラと辿り着いた先は吟来。笑
珍しく他の修行者はなく、自分一人だけ。
初めてテレビがしっかり見れる席に座る。

カレーライス
頼んだのは勿論カレーライス。笑
やはり〆には最適だ。
ここのカレーライスはにんにくが利いていて好みだ。
テレビではNHKの特集番組をやっていた。
20年ほど前に中国旅行をしたことがあり、なんとなく懐かしい。
重慶が今、大改革をしているというものだった。
非常に興味深い。
テレビを見ている範囲では、中国らしいなあと思って見ていた。
酔っ払いながらも印象深い内容でしっかり覚えていた。
勿論、カレーが美味しいと思いながら。笑

I went to Rakuda in Obihiro with my worksite fellows. It was a welcome reception of our department. There were many good foods. One of them was gulyas, one of Hungarian foods. It is famous of Rakuda’s menu. Next I took my inferior to Taverna Sennari with me. It was an Italian food restaurant. We drank a glass of wine and ate some plates of pasta. Pasta is origined from Italy, maybe. The third we went to Bar Maroubra. I drank a glass of Irish wisky and we talked about Nagoya and so on. Then my inferior went back home. I alone walked around the town. At last I entered in a shop, Ginrai. I ate good curry rice watching TV. The program was about China, Chinese revolution. I experienced many country in Obihiro. It was so interesting.

らくだ
帯広市西2条南4丁目7二条銀座街
0155-22-8161
17:30-25:00
不定休

Taverna Sennari
帯広市西1条南9丁目7
0155-26-3805
http://www.kitanoyatai.com/yatai4ki/graduation/Sennari.htm
18:00-23:00 (LO22:30)
日曜定休(祝日で連休になるときは、営業することもある)

Bar Maroubra
帯広市西1条南9丁目コンビクションビルB1
0155-27-6258
19:00-last
日曜定休

吟来
帯広市西1条南9丁目14
0155-22-1800
17:00-26:30

参考サイト
グヤーシュ (FF11用語辞典)
ポトフに飽きたらハンガリーのあったかスープ「グヤーシュ」はいかが? ハンガリー人から聞いたレシピを紹介します! (Pouch)
グヤーシュ (Wikipedia)

ペペロンチーノ・ピッコロ (Sakuramachi Restaurant n-sfida スタッフ岡田の日記)
モンテベッロ ペペロンチーノ・ピッコロ 500g 輸入用 500g×1 (食材プロ.com)
ペペロンチーノ・ピッコロ(おいしい時間)
【ウイスキー】【入門】押さえておきたい5大産地とおすすめウイスキー(NAVERまとめ)
ウイスキーの5大産地(XJR1300 HOME PAGE)
チームしゃちほこ
株式会社鎌倉ハム 公式ホームページ
NHKスペシャル 中国激動「空前の農民大移住」(NHKネットクラブ 番組表ウオッチ!)
中国都市化の問題(岡本信広の教育研究ブログ)

真似っ子?と大いなる勘違い(Bar 51)

2012 年 5 月 28 日 月曜日

申年生まれなんだけど、
人の真似はあまり好きではない。
けど、結構やっているんだろうな。(苦笑)
パロディ的なものは大好きで、
自分の言葉などを模倣されるのは歓迎。
しかし、自分が他人の真似やパロディをするときには
相手が不快に思わないように気をつけなければならない。
誰もが快く思うとは限らないからだ。
自分が良ければ、他人もいいとは限らない。

外観
本日は懇親会
いつもお世話になっているFさんを囲んで、
A部長Nさんと4人で。
初めて行く山翠庵を選択することに迷いはなかった。
初めてのところだと美味しいのかおいしくないのか、
雰囲気はどうなのかなど色々なことを考えてしまうのだが、
帯広で超有名なブロガーが勧めるところとなれば、
迷うはずがない。

お酒1
酔鯨というお酒は何となくいつも連想するものがある。
が、いつも直ぐ思い出せない。
白鯨?
調べたら、それはハーマン・メルヴィル・・・違う・・・
世界的文豪なんだけどなあ。
あ、ドフトエフスキー?
イメージがロシアでそういう作家だったような・・・
調べたら、違う。
しかも、ドストエフスキーが大勢のようだ。
片方で「フ」と「ス」なら随分似てるけど。(笑)
作家もタイトルも思い出せない。
最近、そんなのばっかだ。(笑)
ああ、そういえば、ノーベル文学賞取ったことあるはず!
で、ノーベル文学賞受賞者一覧(Wikipedia)を調べることを思いつき、
やっとのことでたどり着いた。
アーネスト・ヘミングウェイ(Wikipedia)老人と海(Wikipedia)だった。
ちなみに、Wikipediaの回し者ではない。(笑)
そして!!!ロシアのイメージは大間違いで、USAだった・・・
更に!!!鯨ではなくカジキだった・・・
鯨は釣りできないよな・・・

食べ物1
お通しがわりに早く出来ますよ、という
あん肝豆富

食べ物2
蛸の柔らか煮
程よく、歯ごたえがあり、いい感じ。

お酒2
李白は中国の詩仙にて酒仙。
なんだか今日は文化的だ。(笑)

食べ物3
山茶花さんのように上手に綺麗に写真を撮れてないが、

食べ物4
美味しいものは美しく、美しいものは美味しい

食べ物5
真似っ子だけしてみる。(笑)
でも、冗談抜きで美味しく、
ここを選んで良かった次第。

外観
Maroubraへ場所を移し、4人でのトークは続く。
Fさんは気さくな方で、
翌日のお仕事が忙しいにもかかわらず
お付き合い下さった。

ラフロイグ
盛り上がって時間を忘れる。
いつもじっくりと味わうウイスキー
今日はペースが早い気がする。

ここで解散となったのだが、
何故か仏太はこの後放浪。(笑)

日本酒
屋台の煙陣繁桝をいただく。
がび〜んカレーつけ麺がなくなっている!!!

お通し
屋台の醍醐味で、同席した知らない人達の会話も酒の肴。
とてもじゃないが、記録することは出来ない内容で、
まさに閉じられた空間は無法地帯?(笑)

外観
ふらふらと美人ママに引き寄せられたBar 51

日本酒
珍しいお酒あるよ〜と優しくお薦め。
最近日本酒をよく飲んでいることを知っている美人ママ
限定ものに弱い典型的道産子気質。(笑)
羽田空港のある羽田なんだろうな。

食べ物1
お上品なチャーム。
豆腐もお酒に合う。

食べ物2
卵とじも美味しい。

焼きカレー
やっとたどり着いたカレーは焼きカレー
記憶はあれどもへべれけ。
写真がイマイチ。
まあ、それは腕の問題で、
味には大満足。

<補足・まとめ>(しつこい?笑)
仏太の連想は
酔鯨というお酒→老人と海(ヘミングウェイ)
多々の勘違いが本日正された(はず)(笑)

I went to Sansuian in Obihiro to eat good Japanese foods and talk to Mr. F, Mr. A, and Mr. N. It was a very happy time. Next we went to Maroubra, a bar in Obihiro. We enjoyed talking and good wiskey. Then I went to Engine at Kita-no-Yatai alone. But there was not curry tsuke-men. I was so sorry. At last I went to Bar 51 to see a pretty lady and eat grilled curry.

山翠庵
帯広市西6条南22丁目1
0155-22-6727
http://www.sansuian.com/
11:30-14:00, 17:00-21:30 (入店20:00まで、LO21:00)
水曜定休

煙陣
帯広市西1条南10丁目いきぬき通り一番街
090-9087-3171
http://www.kitanoyatai.com/yatai4ki/3.enjin.htm
18:00-24:00
日曜定休

Bar Maroubra
帯広市西1条南9丁目コンビクションビルB1
0155-27-6258
19:00-
日曜定休

Bar 51
帯広市西1条南9丁目2
0155-23-5151
20:00-27:00 (金土-28:00)
日曜定休

参考ブログ
山茶花五十郎が行く