武老E¿®è¡Ein 沖縁E€€10å¹´10朁E5日
武老E¿®è¡Ein 沖縁EƒˆãƒEEへ 武老E¿®è¡Ein 沖縁E€€10å¹´10月トチEEへ 10朁E5日金曜日へ 10朁E6日土曜日へ 10朁E7日日曜日へ 10朁E8日月曜日へ



日記(ブログE‰ã¸ 仏太のカレー修行へ 仏太のカレー修行Lightへ 仏太のカレー話へ







2010年10朁E5日金曜日 小雨、曇
 朝起きて、準備をしたらチェチE‚¯ã‚¢ã‚¦ãƒˆã€Ebr>  ちめE†ã©å¤§èˆ¹ã®é§E‹ã‚Efont size=5 color="orange">空港直通ãEバスがåEてぁE‚‹ã¨çŸ¥ã£ã¦ã€è‰²ã€E€Eˆã¦ãã‚Œã‚’利用することにした。結構乗ってぁE‚‹ã€‚流石、EE会だ。(これãEっか。笑)一番後に座った。すぐ前に座ってぁEŸå¥³ã®å­äºŒäººã¯æã‚‰ãé«˜æ ¡ç”Ÿã€‚修学旁E¡ŒãEパンフを見てぁEŸãŒã€æEらかに遁Eˆ»ã€‚大丈夫か?人事ながらちめE£ã¨å¿EEになった。第一ターミナルで降りたが、女子高生はギリギリ間に合いそうな時間だった。よかったよかった、Ebr>  空港でちめE£ã¨ã‚E£ãŸã‚Šã¨ã—た。少し早めに着ぁEŸã®ã ã€Efont size=5 color="green">スタチE/font>でチャイラチE/font>をいただく。ブラブラして、結局ようじやカフェで昼食。仏太にしては珍しく、ガチE‚¬ãƒE¨ã‚«ãƒ¬ãƒ¼ã‚’食すわけではなかった、Ebr>  飛行機ãEほとんど寝てぁEŸã€‚離陸したのを知らなかったくらいだ。(笑!Ebr>

めんそãEめE><br>
 着ぁEŸã‚‰ã€ã—っかり<font size=5 color="green">沖縁E/font>ぁEfont size=5 color="orange">迎えてくれぁE/font>。ってか、それ仏太だけじめEªãã¦ã€ã¿ã‚“なだからEE¼ˆç¬‘!Ebr>
<br>
<img src=
 まず、Efont size=5 color="mediumblue">レンタカー
を借りた。今回はマツダのチEƒŸã‚ªã€‚åEめて乗る車種だ。レンタカーはこãEクラスが多いが、仏太はめEEり普段乗ってぁE‚‹ãƒ›ãƒ³ãƒ€ãŒä¹—りめE™ãEªã€‚でも、今回の3況E日の沖縁E§ã¯ãŠä¼´ã—てもらぁEEで、よろしく!Ebr>
サンエー  仏太は沖縁E/font>の中はチE‚¢ãƒ¼ã‚’使わなぁE€‚また、ガイドブチE‚¯ã‚E—…行雑誌に載ってぁE‚‹ã‚ˆã†ãªå…¸åž‹çš„な旁E¡Œã‚‚しなぁE€‚その大きなもãEのひとつに、Efont size=5 color="red">スーパãEに行く、とぁE†ã®ãŒã‚る。そこには生活の匂いがあるし、意外と掘り出し物EŸãŒã‚ったりするのだ。お土産になるものを見つけることもできる。お土産は珍しぁE‚‚のだったり、それらも比輁Eš„手頁Eªå€¤æ®µã§è²·ãˆã‚‹ã®ã§ã€æ•°ã‚‚買ぁEŸãE¨ãã«å¥½éƒ½åˆã ã£ãŸã‚Šã™ã‚‹ã€‚沖縁E§ã¯æœ‰åãªãƒã‚§ãƒ¼ãƒ³ã®ã‚¹ãƒ¼ãƒ‘ãE、Efont size=5 color="green">サンエーに行く。ナビでセチEƒˆã—た道ãE途中にあったãEだ、Ebr>

 野菜も知らなぁEå‰ãEもãEもある。流石南国。勿論、知ってぁE‚‹ã‚‚ãEもあるãEだけどね。北海道産のジャガイモも売ってぁEŸã‚“だけど、ミニãEチEƒˆã¨ãE†çŸ¥ã‚‰ãªãEå‰ãŒã¤ãE¦ãEŸã€‚(笑!Ebr> 野菜  ゴーヤー
 有名なゴーヤーもあった。ゴーヤーぁE8冁E¨ãE†ã®ãŒé¢ç™½ã‹ã£ãŸãªã€Ebr>
 明後日10朁E7日は沖縁Eã°ã®æ—¥ã€‚だから、スーパãEでも大、Eš„に宣伝してぁE‚‹ã€‚なんだか嬉しくなってきた。今回の修行日程ãE沖縁Eã°ã®æ—¥ã«åˆã‚ã›ã¦ä½œã£ãŸã‚ˆãEªã‚‚ãEだからEEfont size=5 color="gold">チEƒ³ã‚·ãƒ§ãƒ³ä¸ŠãŒã£ã¦ããŸãžï¼E¼E¼E/font>Eˆç¬‘!Ebr>
沖縁Eã°ã€€ チョコメロンパン
 地允EE業老E¨æ€ã‚ã‚Œã‚‹ã¨ã“ろから出てぁE‚‹è“子パン、Efont size=5 color="brown">チョコメロンパン。これがでかい。北海道で見るメロンパンの2倍くらいの大きさがある。他ãE種類ãEメロンパン、他ãEメーカーのメロンパン、いくつか見たが、このサイズばかり。また、単独でメロンだけとぁE†ãƒ¡ãƒ­ãƒ³ãƒ‘ンがなぁE¼E¼E¼ãˆEŸãªã‚“でだろうEŸã¡ã‚E£ã¨æ°—になったところだった、Ebr>
ルイボス茶
 買っぁEfont size=5 color="deeppink">ルイボス茶を車ãE中で飲んで出発。さあ、今晩のお食事ãE場所へEEbr>

外観
 風庵へ。去年は昼に行った!Ea href="http://curry-butta.com/mushashugyou/okinawa/okinawa091004.html">09å¹´10朁E日の沖縁E­¦è€E¿®è¡E/a>参çEE‰ãEで、外観などもわかりめE™ã‹ã£ãŸãŒã€è–„暗い中で、E¢¨æ¡ˆãE中の明かりなどが趣深く見えたりする。「こんにちはEã€ã¨å…¥ã‚‹ã¨ã€Estrong>お帰りなさいEE/strong>、Efont size=5 color="blue">ダンさんもお允E°—そぁE€‚うわ、やられた。ただぁE¾Eã£ã¦å…¥ã‚‹ã¹ãã ã£ãŸã‚“だ。ちめE£ã¨æ‚”しぁE€‚(笑)そして、とても嬉しぁE¼Ebr>
最刁E><br>
 昨年は入口をåEって左手に行き、カウンター席だったが、今回は<font size=5 color="khaki">座敷</font>に通された。夜ãEコース、Efont size=5 color="aqua">夜ãE風まかせ</font>」ãE畳の上でめE£ãŸã‚Šã¨ãã¤ã‚ã„で、いただく。テーブルには「うえるかãEEã€ã¨ã°ã‹ã‚Šã«å°ã•ãª<font size=5 color="pink">花</font>が置かれてぁEŸã€Ebr>
 ダンさんが、EŽŒå€‰ãELifeに行ったことをよくご存知で、既にLifeのマスターから連絡がåEってぁEŸã¿ãŸã„だ。報告しようと思ってぁEŸãŒã€æ—©é€Ÿãƒ€ãƒ³ã•ã‚“からぁE‚ã‚ŒãŸã€‚流石お互いに連絡し合ってぁE‚‹ã ã‘ある、Ebr>

<img src=
 まぁEfont size=5 color="brown">お茶をåEしてくださり、旅疲れを癒し、ほっと一息入れる。これらの器も味のある物で、焼き物に詳しくなくても見てぁE¦æ¥½ã—いもãEだ、Ebr>
 チEEブルには他にも花などが置かれてぁEŸã€‚手前ãEほおづぁE/font>かな、でも小さぁE—なあ、と思ってぁEŸã‚‰ã€å®ŸãE後から違ぁE“とがわかった、Ebr> 中1 古酒ãEポスター
 そãE奥にはポスターがあり、泡盛ãE古酁E/font>Eˆã‚¯ãƒ¼ã‚¹E‰ãŒæ²¢å±±è¼‰ã£ã¦ãEŸã€‚勿論、ほとんどの銘柄は知らなぁE‰©ã ãŒã€è¦‹ã¦ãE‚‹ã ã‘でヨダレがåEてくるくらぁE¾Žå‘³ã—そぁE«è¦‹ãˆãŸã€‚ãEトルだけでそう思うあたりãE、単なる飲んべえと言われたら否定できなぁE€‚ただし、弱ぁE€‚(笑)そんなことを老Eˆã¦ãE‚‹ã®ãŒãEれたのだろうか、Efont size=5 color="blue">ダンさんが、Efont size=5 color="purple">今日は古酒を思う存åE飲んでぁE£ã¦ãã ã•ã„ねEE/font>」と優しい言葉をかけてくださった、Ebr> 中2
 器と同じ焼き物のシーサーもある。掛け軸の絵も面白ぁE€‚コーヒãEカチEEだろうか、小さめãE焼き物もあり、この部屋に溶け込んだ数、EEインチEƒªã‚¢ã€‚この中に同化できたら、きっと屁Eœ ã‚Šã—てしまぁE‚“だろうな。(笑!Ebr> 中3
 部屋ãE向こぁEEにある厨房でダンさんがお食事ãE準備を始めた。ãEーチE¨ã—ながら征E¤ã®ãŒã€ã“こでの当たり前の仕草になってしまぁEãE ã€Ebr>
泡盁E
 征E£ã¦ãE‚‹é–“にちめE„と一杯ぁEŸã ãã€Efont size=5 color="aqua">古酁E/font>の中ではまだ若ぁE„Ÿã˜ãE美味しさ。そして、この銘柄はそãE後も何度か見たので有名な方だろう、Ebr>
前菜1
 そして、一皿目。いわゆめEfont size=5 color="green">前菜
なんだろうけど、これがまた沖縁E£ã½ãE€Ebr> 前菜2
 ドラゴンフルーチE¨ãƒãƒ³ã‚·ãƒ«ã¨ãƒ‘ッションフルーチE€‚どれがどれかわかるかな。(笑!Efont size=5 color="deeppink">ドラゴンフルーチE/font>は去年は角åEり状にして、紫のと白のとで市松模様を作ってくれてぁEŸãŒä»Šå›žã¯ç´«ã®ã‚’ゴロンと、Efont size=5 color="orange">バンシルはグァバãE一種だそうで、庭で採れたもãEをåEしてくださった。カラスと採り合ったとのこと。(笑!Efont size=5 color="pink">パッションフルーチE/font>はつぶつぶがいぁE„Ÿã˜ã ã€‚歯ごたえと程よぁEE味が新鮮。ちなみに、パチE‚·ãƒ§ãƒ³ã¯æƒEEとぁE†æ„å‘³ã§ã¯ãªãã€Estrong>受難とぁE†æ„å‘³ã ãã†ã ã€Efont size=5 color="blue">ダンさんに聞いて初めて知った。勉強になるなあ、Ebr> 前菜3
 ゴーヤーとリンゴのすりおろし。リンゴの甘みがゴーヤーの苦さを消してくれてとても食べめE™ãE€‚ダンさんが小さぁE EE風邪をãEぁEŸã¨ãã¨ã‹ã«ãŠãEあちめE‚“が作ってくれた、と去年話してぁEŸã‚ˆã†ãªæ°—がする。(笑!Ebr> 前菜4
 沖縁E§ã¯ã‚¸ãƒ¼ãƒžãƒŸãƒ¼è±EEEˆãƒ”ーナッチE±EEE‰ãŒæœ‰åãªã‚‚ãEの一つだが、これãE豁E¹³ã‚’使った豁EE。健康を老Eˆã‚‹ã¨ã‚¸ãƒ¼ãƒžãƒŸãƒ¼è±EEより豁E¹³è±EEの方がいぁEEではなぁE‹ã¨èª¬æ˜Žã‚’受けた、Ebr> 前菜5
 あれEŸã“れってなんãE花だっけ?(笑)ダンさんに聞いたãEに忘れちめE£ãŸãªã€‚ごめんなさい、ダンさん。南国らしく、北海道では全然見たことなぁE€Ebr>
泡盁E  丁寧で優しい料理に酁E/font>も進む。まあ、料琁EŒç¾Žå‘³ã—けれãE当然のことだ。(笑)そして、その都度お猪口も換えてくださるので、手で持った感じ、見た目などの変化も楽しんで、お酒ãE味も楽しんだ、Ebr>
沖縁Eã°1
 時、E€E¢¨ã¾ã‹ã›Eˆã‚³ãƒ¼ã‚¹E‰ã‚’頼んでぁE‚‹ã¨ã€ã“こが何屋なのか忘れてしまぁE€‚小料琁E±‹ï¼Ÿã¨å‹˜é•ãE—たりするのだ。(笑)しかし、ここãEそãE屋、Efont size=5 color="red">沖縁Eã°
を食べるところだ。もっともそぁE„ぁE‚³ãƒ¼ã‚¹ã§è´E²¢ã«ãEŸã ããEも楽しくまた美味しい。ゆったりとした空間ãE中で色、Eªæ¥½ã—みがあり、欲張り仏太としては嬉しぁE€‚そして、本命の沖縁Eã°ã€‚まずãEソーキそãE。ソーキは非常に軟らかく煮てあり、ãEロチE¨è½ã¡ã‚‹ã‚ˆãE«éª¨ãŒå¤–れる。相変わらず、Eººã‚‚åE汁も素敵だ、Ebr>
泡盁E
 ぁE‚Šãšã‚“とぁE†éŠ˜æŸ„だそうだ。これも古酒。那要E¸‚åEにある屁EE屋と関係あるかと思ったらそうではなぁE‚ˆãE ã€‚時、Ežãã“のぁE‚Šãšã‚“とぁE†è¨€è‘‰ã€‚沖縁EE方言だとぁE†ã“とは容易に予想がつくãEだが、意味は全然知らず調べたこともなかった、Estrong>雨上がりに爽めE‹ãªé¢¨ãŒå¹ãæ§˜å­ã€çŠ¶æ…E/strong>だそうで、さぁEE・縁起のぁE„ことを表すãEだそうだ。なるほど、それãEよく使われる言葉ãEはずだ、Ebr>
めE—豁EE
 めE—豁EEは沖縁E§ã¯ã‚ˆãé£Ÿã¹ã‚‰ã‚Œã‚‹ã€‚島豁EEもあるし、ジーマミー豁EEもあるから、豁EE斁EŒ–は素敵なところだ。èE家製のコーレーグースをかけて辛くするのもいぁE€‚うわ、これ結構辛さがある。嬉しぁE¼Ebr>
ゴーヤーの種
 酒ãEつまみにどぁEžã€ã¨å‡ºã•ã‚ŒãŸãEは、Efont size=5 color="green">ゴーヤーの種を炒ったもの。なんだかこぁE„ぁEE飲んべえにはたまらなぁE ã‚ã†ãªã€‚(笑)実際、これでまたお酒が進んだ。種だけではゴーヤと気付かなぁE—、味も苦みは全然なぁEEでわからなぁE€Ebr>
沖縁Eã°2
 二つ目の沖縁Eã°ã€‚åE汁ãE同じだが、ちめE“んと乗っぁEfont size=5 color="green">ヨモギの葁E/font>をåE汁にくぐらせると、E¢¨å‘³ãŒãƒ‘チE¨å¤‰ã‚ã‚Šã€ä¸æ€è­°ã ãŒé¢ç™½ãE€Ebr> 沖縁Eã°3
 で、Efont size=5 color="khaki">縮れ麺をいただくと、あら、何かが隠れてぁE‚‹ã€Ebr> 沖縁Eã°4
 中にとろろ昁E¸E/font>がåEってぁEŸã€‚なるほど、ヨモギだけでなく、これによって味が最初ãEと違うように感じたんだな、Ebr>
日本酁E
 酒ãEちめE£ã¨å¤‰åŒ–琁E€‚泡盛ではなく、日本酒。龍馬伝ãE主人公・坂本龍馬の敁EEの酒だ。高知県ãE四丁Eå·E/font>。仏太が坂本龍馬役の福山雁E²»ã¨åŒã˜å¹´ã ã‹ã‚‰ã€ã¨ã‹ã€ç¦å±±é›E²»ã¨åŒã˜ãã‚‰ãE‹ã£ã“いぁE‹ã‚‰ã€ã¨ãE†çE”±ã§å‡ºã—てくれたãEではなぁE¨æ€ã†ã€‚残念。(笑!Ebr> 日本酁E
 すっきりとした味わいで、流石酒豪の雁E¾ã‚‹é«˜çŸ¥çœŒãE酒だ。高知県ãE酔鯨などがあるけど、四丁Eå·ãE初めて飲んだ、Ebr>
ソーキ
 メインのお皿も味があり、深みのある色だ、Efont size=5 color="green">月桁EE葁E/font>を敷ぁE¦ããE上に食べ物を載せることでまた味がåEてぁE‚‹ã€Ebr>
ソーキ2
 三枚肁E/font>を極限まで脂を落とした一品ãE健康を気遣った一品。月桁EE葉ãE香りが移って三枚肉ãE味と匂いにアクセントが加わった、Ebr>
野菜
 沖縁EE野菜の数、E€‚シンプルにそãEまま素材を活かしてぁE‚‹ã€Efont size=5 color="green">オクラ
は北海道でも食べるが、沖縁EE角オクラと丸オクラと赤オクラがあるそぁE ã€‚そんなにあるの知らなかった。普段食べてぁE‚‹ã®ã¯è§’オクラだとわかった。今回は丸オクラ、Efont size=5 color="khaki">冬瓁E/font>をスライスしてドラゴンフルーチE§è‰²ã¥ã‘してるãEも綺麗、Efont size=5 color="gray">ちんぬぁE/font>は長芋っぽぁE‹ãªã€ã¨æ€ã£ãŸã‚‰ã‚€ã—ろ里芋だ、Efont size=5 color="violet">ぐしちめEŠ‹
は紁EŠ‹ã®ä¸€ç¨®ã€‚素朴な味がまたほんわかとさせる、Ebr>
スターフルーチE><br>
 <font size=5 color="gold">スターフルーチE/font>が器と相まって夜空を連想させる。ファンタジー。(笑!Ebr>
<br>

<img src=
 入ったときにほおずきだと思ってぁEŸã®ã¯ã€å®ŸãE月桁EEつぼみのドライフラワーだった。月桁EE葉ãEことを説明されたときにダンさんが、実ãEそãEチEEブルにあるのは・・・とぁE†è©±ã«ãªã‚ŠåEめてわかった、Ebr>  そして、ほおずきと言えãE・・・とダンさんが雑学を披露してくださった。æE尚氏王族ãE5男が文献に残した香りの素敵なもãE3つは、Efont size=5>力士の髪につける油
、Efont size=5 color="gray">ヒãEジャーEˆå±±ç¾Šï¼‰ã€Efont size=5 color="orange">ほおずぁE/font>だったãEだそうだ、Ebr>
中5
 そして、実ãE月桁EE葁E/font>が飾られてぁEŸã“とに気付いてなかった。なるほどなるほど。テーマを持って接客してぁE¦ãã‚ŒãŸã‚“だなあ、と感忁E™ã‚‹ã¨å…±ã«æ„Ÿå‹•EEbr>
玁E±³ã”飯
 玁E±³ã”飯がåEてそれだけで嬉しぁEEに、玄米ご飯には雑穀が混ざってぁEŸã€‚そして、その添え物として、ノリだったり、もずくだったり、味噌だったり、沢山のもãEが添えられてぁE¦ã€E£½ããªãE‚ˆãE«å·¥å¤«ã•ã‚Œã¦ãEŸã€‚こぁE„ぁE´°ã‹ãªå¿E£ãEŒæœ¬å½“に楽しくなる、Ebr>
沖縁Eã°5
 とてもシンプルな形に見えめEつ目のそãE。これãE出てきた瞬間に去年もåEたと確信した。きっとくがにそãEって言ぁE¨æ€ã†ã€‚やった、やはり当たった!E¼E¼Ebr> 沖縁Eã°6
 くがには感じでは黁Eßと書く。だから黁EßそãEってことだ。その出汁ãE色、その麺の色もそれっぽぁEEだが、よく見ると麺につぁE¦ãE‚‹ã‚‚ãEがある、Efont size=5 color="gold">金粁E/font>だ。なんだか幸せでありがたぁE‚‚のだ、Ebr>
泡盁E  泡盁E
 次に出てきた泡盛古酁E/font>は珍しぁE‚‚のだ。限定品。沖縁EEサミットがあったときに泡盛ãE酒蔵8つがåE同で作ったものだそうだ、Efont size=5 color="orange">それぞれの酒蔵で作った古酒をブレンチE/font>したとぁE†ã€‚へえ、そぁE„ぁEEって聞いたことなぁE¼å‡„ぁE“とだ、Ebr>  そして、Efont size=5 color="brown">器がまた面白ぁE‚‚のだった。とても可愛い。こぁE„ぁEEって大好きだなあ。そして、Efont size=5 color="aqua">古酁E/font>は今までのもãEと違ってまろやかで他にはなぁE‘³ã‚ã„だった。そりゃそうだ。混ぜてあるって沖縁E§ã‚‚ほとんどなぁE‚‰ã—いから、Ebr>
中6
 終盤はカウンター席へどぁEžã¨è¨€ã‚ã‚ŒãŸã€‚ãEれんをくぐる。こののれんもそばの絵が描ぁE¦ã‚り、とてもいぁE›°å›²æ°—、Ebr> 中7
 去年ずっとここに座って楽しんだ。そぁE„ぁE ´æ‰€ã§æœ€å¾ŒãEクールダウン。しかし、この嬉しさãEあまりわきåEるèE奮は収まるãEだろうか。(笑!Ebr> 中8
 あ、Efont size=5>コーヒãE
をåEれてくれるんだな。コーヒãEをåEれるところも見れるãEは、ゆったりと落ち着ぁEŸæ„Ÿã˜ã¨ãªã‚Šå¬‰ã—ぁE™ã‚Šã ã€Ebr>
出汁E><br>
 先ほどのそãEで使ってぁEŸ<font size=5 color="aqua">出汁E/font>を少しぁEŸã ãEŸã€‚他になにもåEってなぁEŠ¶æ…‹ãEシンプルな出汁。これèE体美味しい。そして、そばになるとそãEだったり、ヨモギだったり、色、Eªå‡ºæ±ã‚„風味がまた加わって味の変化がåEる。そぁE„ぁEEをしっかり実感できるぁE„時間帯だ、Ebr>
<br>

<img src= コーヒãE  風庵のチE‚¶ãƒ¼ãƒˆãE名物、Efont size=5 color="gold">パンプキンぜんざいだ、Efont size=5 color="blue">器の形を見て、ちめE£ã¨å­”が開いてぁE‚‹ã¨ã“ろが数カ所あり、北大路魯山人を思い出した。アワビをかたどった器がやはり孔が開いてぁEŸã®ã ã€‚そして、この色合いは、パンプキンぜんざいと器と相互に引き立て合ってぁE‚‹æ°—がする。派手なのだが、目にきつぁE‚ã‘ではなく、忁Eœ°ã‚ˆã„色合いに感じる。ぜんざぁEE自ら進んで食べることのなぁE»å¤ªã¯ã€æã‚‰ãã“うぁE†ã‚³ãƒ¼ã‚¹ã§å‡ºã¦ãã‚‹ã‹ã€Efont size=5 color="red">可愛い女の孁E/font>が是非食べに行こぁE¨èª˜ã£ã¦ãã‚ŒãŸã¨ããã‚‰ã„にしか、E£Ÿã¹ã‚‹ã“とはなぁE ã‚ã†ãªã¨æ€ã†ã€‚(笑)豁EE小豁E˜ã‚Eªãã¦é‡‘時豁E/font>なのだそうだ。なんとなくéß時豁EEサイズが小さく思えた。十勝ãEはきっともっと大きいだろう。でも、それもぁE„。パンプキンぜんざい、美味しかった。甘すぎず程よぁE¾Žå‘³ã—さが口のクールダウンをしてくれた、Ebr>
 お洒落な形で出てくるコーヒãE。この雰囲気も好き。そして、このコーヒãEが鎌倉ãELifeで使ってぁE‚‹è±E¨åŒã˜ã‚‚ãEで入れてくださったãEだ。ちめE“んと載った果物は南洋サクランチE/font>と言ぁEãE§ã€å’Œè“子風の程よぁE”˜ã•ã ã£ãŸã€‚あれ?と思った人はきっと道産子かスイーチE‚’知ってぁE‚‹äººã€‚(笑)そぁE€æ‰‹å‰ã«ã‚るのはマルセイバターサンチE/font>EœåE花亭Ežã ã€‚åE花亭は十勝の有名なスイーチEƒ¡ãƒ¼ã‚«ãƒ¼ã€Efont size=5 color="blue">ダンさんにお土産であげたãEだが、早速ここで出してくださった。ちめE£ã¨åE©šã€‚こぁE„ぁE´’落Eˆï¼Ÿï¼‰ãŒåŠ¹ãEŸæ„Ÿã˜ã‚‚嬉しぁE‚‚のだ、Ebr>
アセロラ
 アセロラの色の鮮めE‹ãªã“とEãã—て、アセロラ自体食べるãEは初めて。思ってぁEŸã‚ˆã‚Šé…¸å‘³ãŒå¤šããªãã¦ã‚EEりさっぱりした印象、Efont size=5 color="green">シークヮーサー
の自家製ジュースも甘みがあり、お腹に優しい、Estrong>こうぁE†æžœç‰©ã‚’摂っておくと翌朝胁E‚‚たれしませんめE/strong>、と常に体ãEことを気遣ってくださるダンさん、Ebr>
中9
 今回使った器などが沢山並べられてぁEŸã€‚圧巻。そして、それを見てまた今回の目皁EE一つ焼き物が始まったとぁE†æ°—もした。(笑)(詳細は明日EE¼Ebr>
 夜ãE風まかせのコースはとても素敵だった、E 嬉しぁE¸€æ™‚だった、E あっとぁE†é–“に4時間くらぁE€Ebr>  でも、どこかで帰るときが来る。いめE€åEかけるときが来る、Ebr> 、Efont size=5 color="purple">行ってきます!E/font>、Ebr> 允E°—よぁEfont size=5 color="blue">ダン
さんにお別れを告げた。ダンさんは明日から怒濤の飲み会だ。(風庵10周年と沖縁Eã°ã®æ—¥ã€‚)仏太は更に沖縁E‚’楽しみ、本格皁E«ä¿®è¡Œé–‹å§‹ã€‚何せ、Efont size=5 color="gray">今日はno curry、Ebr>
風庵
八重瀬町友寁E08
098-996-0020
http://fuuuuuan.ti-da.net/
11:30-15:00
火曜定企Ebr>

 ナビを頼りに、E«˜é€Ÿã‚’使って恩納村へ。ãEチEƒ«ã¯é–“違わずに見つかった。ナビ上ãE正確な場所を示さなくて、走ってぁE‚‹ãE¡ã«ã¡ã‚E£ã¨å¶ç„¶ãŒé‡ãªã£ã¦ã€ã†ã¾ãè¿·ã‚ãšã«è¡Œãã“とができた。国道からãE見えるãEだが、åEり口を間違えると大変だ。周辺はホテル他にもあるから、Efont size=5 color="green">恩納ãEリンビューパレス。åEめて泊まるところだ、Ebr> ホテル
チェチE‚¯ã‚¤ãƒ³ã—た後に、Eƒ¨å±‹ã§è‰²ã€E¨è·ç‰©ãªã©ã‚’整琁E€‚残念ながらインターネットãE環墁EŒãªãã€ã“の後しばらくネットから離れることになる、E 風呂に入って、洗濯をした。今回は衣類ãE極力抑えて、E€”中で洗濯するとぁE†ä½œæˆ¦ã«å‡ºãŸã€‚荷物を軽くしてできるだけ楽しよぁE¨ãE†ä½œæˆ¦ã ã€E 結構遅くなったãEだが、ちめE£ã¨æ˜Žæ—¥ã®äºˆå®šã‚’老EˆãªãŒã‚‰ã€ãã®ãE¡ã«å¯ãŸã€Ebr>
恩納ãEリンビューパレス Onna Marine View Palace
http://www.shj.kanehide.co.jp/mvp/top.html
所在地 、E04-0414 沖縁EœŒå›½é ­éƒ¡æ©ç´æ‘字前兼乁E97-3
TEL098-965-6111
FAX098-965-6193

参老E‚µã‚¤ãƒˆãEブログ
羽田空港
スターバックス
ようじやカフェ羽田空港庁E/a>
ようじやカフェ
那要E©ºæ¸¯
サンエー
沖縁Eã°ã®æ—¥ã«é–¢ã—てEˆæ²–縁E”Ÿéººå”同絁Eˆã®ã‚µã‚¤ãƒˆï¼E/a>
風庵
沖縁EE歴史Eˆå°šæ°çŽ‹æ—ã«ã¤ãE¦ã‚‚書かれてぁE‚‹EE/a>
恩納ãEリンビューパレス



武老E¿®è¡Ein 沖縁EƒˆãƒEEへ 武老E¿®è¡Ein 沖縁E€€10å¹´10月トチEEへ 10朁E5日金曜日へ 10朁E6日土曜日へ 10朁E7日日曜日へ 10朁E8日月曜日へ




日記(ブログE‰ã¸ 仏太のカレー修行へ 仏太のカレー修行Lightへ 仏太のカレー話へ