武老E¿®è¡Ein 沖縁E€€10å¹´10朁E6日
武老E¿®è¡Ein 沖縁EƒˆãƒEEへ 武老E¿®è¡Ein 沖縁E€€10å¹´10月トチEEへ 10朁E5日金曜日へ 10朁E6日土曜日へ 10朁E7日日曜日へ 10朁E8日月曜日へ


日記(ブログE‰ã¸ 仏太のカレー修行へ 仏太のカレー修行Lightへ 仏太のカレー話へ






2010年10朁E6日土曜日 晴めE/a>
 朝早くに出発。南へ向かぁE€Efont size=5 color="green">国遁E8号緁E/font>。通称ゴーヤー街道。仏太が勝手にそう言ってる。(笑)宿泊ãE恩納村。朝起きてちめE£ã¨ãƒ›ãƒ†ãƒ«ã‚’見ると、リゾートãEチEƒ«ãªã®ã ãŒã€E€ ã‚ŠãŒãƒžãƒ³ã‚·ãƒ§ãƒ³ã£ã½ãE€‚åE、EEンションか?それとも設計老EŒãã†ãE†ã‚¿ã‚¤ãƒ—に作ったãEか?いずれにせよ、イメージはそうぁE†æ„Ÿã˜ã‚’受けた。で、今回は南へ向かぁE€Ebr>  朝早くやってぁE‚‹ã¨ãE†æƒE ±ã®ã‚った北谷のカフェはめE£ã¦ãªã‹ã£ãŸã€‚まあ、営業形態を変えたãEか店èE体を閉めたãEか、いずれにしてもやってなぁE‚‚のはしょぁEŒãªãE€‚更に南へ向かぁE€‚本日の目皁Eœ°ã¯é‚£è¦E/font>、Ebr>
 目皁E/font>とぁEˆã°ã€ä»Šå›žã®ä¿®è¡ŒãE、Efont size=5 color="yellow">カレー、Efont size=5 color="brown">カフェ
、Efont size=5 color="aqua">沖縁Eã°ã€Efont size=5 color="brown">焼き物とぁE£ãŸã¨ã“ろだ、Efont size=5 color="yellow">カレーは当然なので、語る忁E¦ãªã—。(笑!Efont size=5 color="brown">カフェはカレーを調べてぁE‚‹ãE¡ã«ã€ä»Šå›žã¯ãŸã¾ãŸã¾ã‚«ãƒ•ã‚§ã‚·ãƒªãƒ¼ã‚ºã¨ãªã£ãŸã¨ãE†ã¨ã“ろ。しかも、Eš ã‚Œã‚«ãƒ•ã‚§ãŒå¤šãã¨ã¦ã‚‚楽しみ、Efont size=5 color="aqua">沖縁Eã°ã¯ä»¥å‰ã‹ã‚‰å¥½ãã§æ²–縁E«è¡Œã‘ば忁Ešé£Ÿã¹ã¦ãE‚‹ã€‚そして、今回はそれを強く意識して、沖縁Eã°ã®æ—¥ãŒã‚たるように日程を絁E‚“だ、Efont size=5 color="brown">焼き物は、E¢¨åºµã«åŽ»å¹´è¡Œã£ãŸã¨ãã«ã€Efont size=5 color="blue">ダンさんが色、E¨èª¬æ˜Žã—てくれたãEで、それが印象に残り、ちめE£ã¨è¦‹ã‚‹ã ã‘見てみたいと思ったãEだ。あまり沢山のことめE©³ã—いことは全然わからなぁE—覚えられなぁE‘ど、器とぁE†ã‚‚ãEは見てぁE‚‹ã ã‘で面白ぁE€‚そして、器とぁE†ã®ã¯ããE魁EŠ›ã¯æ§˜ã€E§ã€ä»å¤ªçšE«ã¯äººç”Ÿã¨é–¢ã‚ã£ã¦ãE‚‹æ°—がしてならなぁE‹ã‚‰ã ã€‚剣の道「剣道」、柔らãE道「柔道」、書の道「書道」、華の道「華道」など、極める「道」ãE焼き物、器にもある気がしてぁE‚‹ã€‚でも、器道ってなぁE‚ˆãªã‚。(笑!Ebr>
 那要E/font>ではこれまた去年の復習。(笑)若狭パãEラーに行こぁE¨ã—た。しかし、営業時間が変わってぁEŸã€‚朝早くやってぁEŸã®ã§ã€ä»Šå¹´ã‚‚朝ご飯に沖縁Eã°ã‚’いただこうと思ってぁEŸã‚‰ã€ãªã‚“と9時半からと営業形態が変わってぁEŸã€‚えEŸãã®æ™‚間なのに開いてなぁE£ã¦ã“とは一体仏太は何時に行動してぁE‚‹ã‚“だEŸã£ã¦ãªã‚‹ã§ã—ょ。(笑)多åE、この若狭パãEラーの時点で8時くらい。で、E時間以上も征E¤ã®ã¯å«Œãªã®ã§ã€æ¬¡ã®å€™è£œãEところへ行くこととした、Ebr>

 向かったところは、Efont size=5 color="green">丸安そば
。ここãE24時間営業EE¼E¼E/font>流石、沖縁Eã°ã®æœ¬å ´æ²–縁E EE4時間営業の沖縁Eã°å±‹ãŒã‚ã‚‹EE¼E¼åŽ»å¹´æ¥ãŸã¨ããE印象が強くて、記æEを頼りに行くことにした。ナビでは間違った場所を指示され、E¼ˆç¬‘)ãEかつきながら、そのあたりを歩ぁEŸã€‚なんとなくうろ覚えだが周囲の雰囲気とか通りの感じが前に通ったことがあると思ったãEだ、Ebr> 外観1  外観2
 結局自力で見つけることができず、交差点近くのコンビニに入った。どぁE‚„ら近くまでは来てぁE‚‹ã‚‰ã—ぁE€Estrong>あ、丸安さんですãE、と言った店員さんがåEしてきた紙にはしっかり「丸安そば」と書かれてぁEŸã€‚きっと沢山の人が聞くからそぁE„ぁEEを作ってあるのだろう。行ってみると、すぐ近くまで行ってるãEに思いっきり近くの交差点で曲がってぁEŸã€‚(笑)まあ、たどり着けてよかった。そして、この雰囲気。うん、変わってなぁEªã‚。嬉しくなってきた、Ebr> 食券橁E><br>
 ここは<font size=5 color="blue">食券</font>をåEに買って注斁E™ã‚‹å½¢ã ã€‚恐らく、E4時間のため色、E¨å‰Šã‚‹ã¨ã“ろは削るとぁE†ã“とでこãE形態になったãEだと思う。朝ご飯なので、あまり奁E‚’てらったものは頼まず、普通に沖縁Eã°ã‚’頼んだ、Ebr>

<img src=
 わくわくしながら征E¤ã€‚赤と黁E‰²ã®ã“ãE箸もとてもæàかしぁE„Ÿã˜ãŒã™ã‚‹ã€‚沖縁Eã°å±‹ã«ã¯é«˜çŽ‡ã«ç½®ãE¦ãE‚‹ã¨æ€ã†ã€‚これって後から知ったãEだが、お祝い皁Eªæ„å‘³åˆã„があるそぁE ã€‚あ、そぁE„えãE、昨日ダンさんにもらった箸もこれだEE¼ˆç¬‘!Ebr>
沖縁Eã°1
 征E¡æ™‚間はさほどなぁE€‚沢山の老Eˆäº‹ã‚’してぁE‚‹é–“もなく、すぐに出てきた、Efont size=5 color="aqua">沖縁Eã°
。ああ、この匂いぁE„ねえ。そして、スープをすする。美味しい。あ、ちめE£ã¨ç†±ãE¼E¼ˆç¬‘)仏太は猫舌。ãEぁEEぁE—ながら、åE汁ãE美味しさを味わう、Ebr> 沖縁Eã°2
 麺は平たく縮れたタイプ。沖縁Eã°ã®éººã‚‚色、Eªã‚¿ã‚¤ãƒ—がある。仏太はどれも好きなのだが、特に平たい麺は好き。そして、棒状よりも縮れタイプが好き。ってことはこãE麺は好みとぁE†ã“とだ。そして、そのコシ、歯ごたえも好きだ。沖縁Eã°ã¯æ¦‚してコシがあるとぁE†ã‹ã€æŸ”らかくなぁE€‚それがだめな人もいるよぁE ãŒã€ä»å¤ªã¯ã¡ã‚E†ã©å¥½ã¿ã«åˆã£ã¦ãE‚‹ã€‚そぁE‹ã€ä»Šå›žå†è¨ªã—て思った。好みのところだから、漠然とまた来たいと思ってぁEŸã®ã ãªã€Ebr>
丸安そば
那要E¸‚樋巁E-3-7
098-834-2785
24時間営業
無企Ebr>

 本日のメインは実ãE丸安そばのすぐ近くだった。歩こうと思えば歩ける距離だろうが、仏太は観光客。(笑)レンタカーを使ってぁE‚‹ã‹ã‚‰ã€è»Šã§è¡Œãã€Ebr>
 めE¡ã‚€ã‚“通りに入ってすぐに駐車場はこちらにあるよ、ってサインがあった。ラチE‚­ãƒ¼ã€‚そぁE€ä»Šæ—¥ã¯ã‚E¡ã‚€ã‚“通りが主要な目皁Eªã®ã ã€Ebr> 駐車場1  駐車場2
 ここの駐車場のシスチEƒ ã¯ã¨ã¦ã‚‚凄ぁE€‚完åEに人を信用してぁE‚‹ã®ã ã€‚ä¿‚ãE人がいなければ、èE己申請で自刁E§ç´™ã«æ™‚間を記åEして金額と一緒に受け口に入れるとぁE†ã‚‚ãEだ。まあ、そぁEEぁE£ã¦ã‚‚ä¿‚ãE人の部屋にぁE‚‹ã“との方が多いのだろう、と思ってぁEŸã‚‰ã€åE然だった。åEくいる様子がなぁE€‚結局最終的に仏太は自己申告でおéßを払って出たãEだった、Ebr>
駐車場3
 こんな風にしっかり停めておいた。ここãE駐車場は空ぁE¦ãE¦ãE„かも。あとで気付いたが、奥に見えるãEは実ãE焼き物博物館、Ebr>
めE¡ã‚€ã‚“通り1
 めE¡ã‚€ã‚“通りは平和通りからひめゆり通りまでで十åE歩ぁE¦è¡Œãæ¥ã§ãã‚‹ã€‚平和通り側にこんな焼き物でできた看板があり、やちむん通りの説明書きが手書き地図と一緒にある。それを見て当たりをつけて行くもよし、E©å½“にブラブラ歩ぁE¦ããEまま入るもよし、Ebr> めE¡ã‚€ã‚“通り2
 仏太は少し下調べしてぁEŸã€‚åE然焼き物のことをわかってなぁEEで、E©åº¦ã«è¦‹ã¦æ¥½ã—めるよぁE«ã€ã¨æ€ã£ã¦ãEŸã®ã ã€‚もっとも美術館に行くのは好きだから、種類ãE違えど焼き物は見たことはある。また、E¢¨åºµã§èª¬æ˜Žã‚’受けながら触って見て器も楽しんできてぁE‚‹ã®ã§ã€EからのスタートとぁE†ã‚ã‘でもなぁE€Eからのスタートくらいかな。(笑)ちなみに、Estrong>ぁE¡ãªãƒ¼ãã¡Eˆæ²–縁E£Eæ²–縁EE方言E‰ã§ã¯ç„¼ãç‰©ã®ã“とをやちむんとぁE†ã€Ebr> めE¡ã‚€ã‚“通り3
 朝早くに行き、ほとんどの店が開いてなぁE™‚間帯からスタート。これには琁E”±ãŒã‚った。欲張りで色、E¡ŒããŸã„から、どこかお店がオープンしたらすぐ見てみたいとぁE†ã“と、それから博物館も見たぁE¨ãE†ã“と、そして、できたらお土産を買ぁEŸãE¨ãE†ã“と。一日ここで過ごすこともありだと思ってぁEŸã€‚今日のメインイベントだ。だから、最初ãE全然お店が開いてなかったが、徐、E«é–‹ã„てきた、Ebr>
シーサー1
 沖縁EEシーサーは非常に有名だ。厄除けだったり守り神だったりぁE„意味で重宝されてぁE¦ã€ãã‚ŒãE色、Eªå½¢è‰²ã€Eªæè³ªã®ã‚‚ãEがある。絵にも描かれてぁE‚‹ãŒã‚„はり置物が多いだろう。その中で、焼き物とぁE†ã®ã‚‚当然沢山ある。そして、こぁEfont size=5 color="green">めE¡ã‚€ã‚“通りにはお店ãE中だけでなぁEfont size=5 color="orange">実際に作ったものを外に飾ってぁEŸã‚Šã™ã‚E/font>のだ。それぞれãEところにそれぞれの表惁E€ã‚¹ã‚¿ã‚¤ãƒ«ãŒã‚り、それだけ見てぁE¦ã‚‚とても面白く、とても楽しい。シーサーだけを目皁E«ã—たチE‚¢ãƒ¼ã£ã¦ãE†ã®ã‚‚できるかもしれなぁEªã€‚(笑!Ebr> シーサー2  シーサー3
 シーサーは壁につぁE¦ãEŸã‚Šã€å±‹æ ¹ã«ä¹—ってぁEŸã‚Šã€ç½®ãå ´æ‰€ã‚‚様、E€‚こぁE„った楽しみは人が多く出てきたら、なんとなくåE真を撮りにくかったりする。(笑)やはり朝早くåEてくると何かかしら発見があってぁE„ã‚‚ãEだ。沢山の人がåEてぁE‚‹ã¨ãã«ã¯ã€ã—っかり観光客相手ãEことをしてくれてぁE‚‹ã ã‚ã†ã‹ã‚‰ã€ãã‚ŒãEそれで面白ぁEEだろうけど、Ebr>
通り1
 一通りめE¡ã‚€ã‚“通りを歩ぁE¦ã²ã‚ã‚†ã‚Šé€šã‚Šã«å‡ºãŸã‚‰ã€E0刁E»¥ä¸ŠãEかかってぁEŸã€‚おそらぁE時間近く歩ぁE¦ãEŸã ã‚ã†ã€‚普通に歩ぁEŸã‚‰ã€ãã£ã¨30刁EEかからなぁE¨æ€ã†ã€‚ãEしろ早足なめE0刁Eã‚‰ã„で行けそうだ。åE真を撮ったり、ブラブラ見ながら歩ぁE¦ãEŸã‚‰ã€ããEªã£ã¦ã—まった。(笑)でも、それがまた面白ぁE€‚そして、今度は允E«æˆ»ã‚‹ãEに、同じ道を戻るãEではなく、裏道に入ることにした。いわゆる小路なのだが、そぁE„ぁE°ã•ãE€šã‚Šã‚’うちなーぐちですãEじ小(ぐゎ!E/font>と言ぁEãE ã€‚そして、そぁE„ぁEå‰ãEお店がこãE裏道にあり、後で休æEすることとなった。今回は通ったときãEまだ開いてなかったãEと戻って行きたいところがあったãEで寁E£ã¦ã¯ãEªãE€‚最終的には行かなかったがぶくãEく茶屋とぁE†ã‚«ãƒ•ã‚§Eˆå–«èŒ¶åº—)も魁EŠ›çšE ã£ãŸã€Ebr> 通り2  通り3
 そんな時、この小路めEfont size=5 color="blue">宁EE便の軁E/font>がåEってきた。うわ!これを通るのEŸã—かもバックだよ!E¼E¼ã—っかり目皁Eœ°ã¾ã§ãŸã©ã‚Šç€ãE¦ãEŸã€‚仏太はこãE場所での運転はダメだなあ。前進だけでめE£ã¨ã®ã‚ˆã†ãªæ°—がするし、バチE‚¯ãªã‚“てもってのほかだ。(笑!Ebr>
 車が通り過ぎるときに民家の玁E–¢å…ˆã«é¿é›£ã•ã›ã¦ã‚‚らった。そこãEおãEちめE‚“が(いぁE„å‘³ã§E‰ãªã‚Œãªã‚Œã—くしめE¹ã‚Šã‹ã‘てきた。(あ、親しげに、と言えãEぁE„のかなEŸç¬‘)仏太を見て観光客だとわかったãEだろう、Estrong>ここは昔ãE那要EE雰囲気が残ってぁE‚‹é€šã‚Šã ã‹ã‚‰ã­ã€ã¨ã€‚通りの左右の植物は石垣に着ぁEŸçŠ¶æ…‹ã§ã€ãã‚Œã‚’開いて見てみたら確かにそãE通りだった。へえ、こぁE„ぁEEを見るのができるって貴重なんだろうな、と思った。何せ、Efont size=5 color="red">沖縁EE唯一戦争ãE陸上戦があったところ
なのだから。なんだかちめE£ã¨ã‚»ãƒ³ãƒãƒ¡ãƒ³ã‚¿ãƒ«ã«ãªã£ãŸã€‚歴史を感じた瞬間でもあった、Ebr> 鳳凰木1
 そして、E“ばたにあるこãE綺麗な花Eˆæœ¨ã®æžã«å’²ãE¦ãE‚‹E‰ãE鳳凰木とぁE†ã®ã ã‚ˆã€ã¨æ•™ãˆã¦ãã‚ŒãŸã€‚しかも人の家のもãEであろぁE«ã€å‹æ‰‹ã«ã¡ã‚E‚“刁E£ã¦æŒã£ã¦è¡Œã£ã¦ã—まった。うん、Efont size=5 color="orange">おãEさんは強ぁE¼E/font>Eˆç¬‘)なんとなく益、E²–縁EŒå¥½ãã«ãªã£ãŸæ°—がした。(笑!Ebr>
焼き物博物館1  焼き物博物館2
 一通り歩ぁE¦ã€ãã®å¾Œã€Efont size=5 color="green">博物館。空ぁE¦ãEŸãŒã€ä»å¤ªçšE«ã¯æ²–縁EE焼き物のことが少しわかった気になった。しかし、最初ãE知識があまりにも少なぁEEで、åEてが新鮮で楽しいのだが、E ­ã®å®¹é‡ãE完åEにオーバãEしてぁE¦å…¨ç„¶è¦šãˆã‚‰ã‚ŒãªãE€‚(笑!Ebr>  チE‚¹ãƒˆã«å‡ºã‚‹ã¨ã‹ããE„ぁE‚ã‘ではなぁEEで、別に一生æE命覚える忁E¦ãEなぁEEだが、折角行ったãEだったらある程度覚えてぁE‚‹ã¨é¢ç™½ãE‹ã‚‚と思った。でも、回ってぁE‚‹ã ã‘でも面白かった、Ebr>
那要E¸‚立壺屋焼物博物館
沖縁EœŒé‚£è¦E¸‚壺屁E-9-32
TEL098-862-3761
FAX098-862-3762
http://www.edu.city.naha.okinawa.jp/tsuboya/
10:00-18:00(入館17:30までEEbr> 休館日Ešæœˆæ›œæ—¥ã€å¹´æœ«å¹´å§E12/28、E/4


めE¡ã‚€ã‚“通り4
 そãE後、åEびめE¡ã‚€ã‚“通りを歩き、今度はほとんどの店が開いてぁE¦æ°—が向くままに入って眺めて手にとってと飽きるほど見て回った。(笑)まさに飽きちめE£ãŸã€‚(笑)そのぁE¡åŒã˜ã‚ˆã†ãªã‚‚ãEが沢山置ぁE¦ãE‚‹ãªã‚、と思ってぁEŸã‚‰ã€åŒã˜ç³»åˆ—ãEお店だとわかり、おおちめE£ã¨è¦‹ã‚‹ç›®ãŒã¤ãE¦ããŸã‹ã€ã¨æ€ã£ãŸã‚Šã‚‚した。が、だぁEŸãEãE„ぁE¢¨ã«ãE„気になってぁE‚‹ã¨ãã«é™ã£ã¦ãƒ€ãƒ¡ãªã‚“だよなあ。(笑)お土産とするもãEも買ぁE€ã¾ãŸã€èE刁EEもãEも買ったりもして、すっかり観光客となった。お店ãE人も色、E¨ç°¡å˜ãªèª¬æ˜Žã‚’してくれて、親刁Eªäººã°ã‹ã‚Šã§ã€E¸ã¶ã¨ãã«ã¯æ›´ã«è¿·ã£ãŸã‚Šã‚‚してぁEŸã€Ebr>
自販橁E><br>
 歩ぁE¦ãE‚‹ã¨ãã«è¦‹ã¤ã‘た<font size=5 color="blue">自販橁E/font>には、北海道では見たことがなぁE‚‚のが半数以上で、こぁE„ぁE–‡åŒ–ãE違いも面白ぁE‚‚のだ、Ebr>

<img src=
 あ、Efont size=5 color="red">アセロラの木を見つけた。まだ赤くなる前の熟してなぁE®Ÿã‚’見つけた。へえ、こぁE„ぁE¢¨ã«ãªã£ã¦ãE‚‹ã‚“だなあ。今まではジュースしか知らなかったけど、昨日風庵でぁEŸã ãã€ã“ぁE—て実がなってぁE‚‹ã¨ã“ろを見ると実感してぁE„体験だ、Ebr>
 途中、一度休æEで、Efont size=5 color="green">すãEじ封E/font>へ。åEほどちめE£ã¨è©±é¡Œã«ã—たところだ。なんて読むか覚えてる?そぁE€Estrong>すãEじぐめE/strong>だね、Ebr> 外観1
 さっき行ったãEで場所はわかるãEだが、改めてめE¡ã‚€ã‚“通りから入ってぁE“ぁE¨ã™ã‚‹ã¨ã—っかりと看板があることに気付いた。そこから裏小路に入ってぁEã€‚ちめE£ã¨ä¸Šã‚Šå‚になってぁE¦ãE„運動だ。汗が流れるãEを実感する、Ebr> 外観2
 味のある看板と、歴史を感じさせる褪せた感じ。道を覚えただけあり、あっさりと着ぁEŸã€Ebr> 外観3
 はっきりと意味はわからなぁEŒã€Efont size=5 color="green">ああ沖縁E ãªã€ã¨æ€ã‚ã›ã‚‹ã‚‚ãEもあった、Ebr> 外観4
 先ほどは準備中だったものが、今回は営業中になってぁE‚‹ã€Ebr> 外観5
 更に石段を登り、åE口にたどり着く。æEの民家そãEもãEで、いわゆめEfont size=5 color="purple">古民家カフェとぁE†ã®ã ã‚ã†ã‹ã€‚今回の修行ãEこうぁE†ã¨ã“ろが多く、ゆったりと落ち着ぁE¦æ™‚間の流れが違ぁE¨ã“ろにぁE‚‹ã‚ˆã†ãªæ°—がする、Ebr> 中2
 中も昭和ãE家とぁE†é›°å›²æ°—があった。しかし、どこか違うのはめEEり沖縁E‹ã€‚それともこの気候がそう思わせるのか、Ebr> 中1
 一枚板のチEEブルを見つけ、なんだか引き寁E›ã‚‰ã‚Œã‚‹ã‚ˆãE«ãã“に座った。仏太は顔と性格はぁE„のだけど、èEが悪ぁEEであまり小上がりとかに座るãEは得意ではなぁE€‚できなぁE‚ã‘ではなぁEŒã€ãªã‚“となく避けてしまぁEEだ。しかし、この時ãEこãEチEEブルに吸ぁE¯E›ã‚‰ã‚ŒãŸã€‚(笑!Ebr> 野菜そãE1
 野菜そãEをいただぁEŸã€‚普段、èE刁E§ã¯é‡Žèœã¯æ¥µåŠ›æ‘‚るよぁE«ã—てぁE‚‹ãŒã€æ—…行に出ると少なくなりがちだ。だから、いつも以上に意識して摂るようにしてぁE‚‹ã€‚旅行(修行)ではそãE土地の名物を食べたりしたくなるし、更に言えãE、その土地のカレーを食したくなるãEで、E‡ŽèœãE少なくなってしまぁE‚¾å‘にあるのだ。カレーも野菜が入ってぁE‚‹ã“とが多いが、それだけでは足りなぁE¨æ€ã†ã€Ebr> 野菜そãE2
 美味しい野菜そãEだ。勿論、沖縁Eã°ã€‚そして、沖縁E«æ¥ã¦ã¾ã no curryが続いてぁE‚‹ã€‚(笑)小休止には満足な一品だ。お茶もいただけるし、カフェとして利用するのも悪くなぁE€‚特に暑い中歩ぁE¦ã€æ°—がつくと棒になってぁE‚‹ã‹ã‚‰å°šæ›´ã ã‚ã†ã€‚実際に、ここで甘いもãEをいただぁE¦ãE‚‹äººé”もぁEŸã€‚仏太は今回の目皁E§ã‚る沖縁Eã°ã‚’いただき、エネルギーを盛り返した!Ebr>
すãEじ封E/strong>
那要E¸‚壺屁E丁目15-23
098-863-9040
http://suuji.ti-da.net/
11:00-18:00
日曜定企Ebr>

 牧志åE設第一市場とぁE†è¦³å…‰å®¢ã«ã‚‚地允EE人にもとても有名な市場がある。やちむん通りから国際通りの方へ向かぁE¨å¹³å’Œé€šã‚Šã«å…¥ã‚‹ã€‚帯庁EE庁E°è·¯ã¿ãŸãã‚¢ãƒ¼ã‚±ãƒ¼ãƒ‰çŠ¶æ…‹ã«ãªã£ã¦ãE‚‹ã€‚そして、そこを進んである程度国際通りに近づぁEŸã‚‰ã€ãEめE„と曲がってみる。したら、そこには牧志åE設市場があるãEだ。(笑)こんな説明では誰もたどり着けなぁEªã€Ebr>
外観
 そãE牧志åE設市場の近くにこãEカフェがある、Efont size=5 color="yellow">nicenessEˆãƒŠã‚¤ã‚¹ãƒã‚¹E‰ã¨ãE†ã€‚åE設市場からちめE£ã¨å›½éš›é€šã‚Šå¯E‚Šãªã®ã ãŒã€E€šã‚ŠãŒé•ãEEで説明が難しい。また、平和通りからは少し中に入る位置になる。人通りが多いところの近くなのに見つけにくいかもしれなぁE€‚また、喧噪の中の静寂みたいな雰囲気で、ある意味ここも隠れカフェと言えるかもしれなぁE€Ebr>
中
 以前にも来たことがあり、Efont size=5 color="yellow">カレーが美味しく、カレーを中忁E¨ã—たカフェでもあるãEで、仏太皁E«ã¨ã¦ã‚‚嬉しぁE‚«ãƒ•ã‚§ã ã€‚メニューも迷ぁE€Ebr>
エビãEトロトロカリー1
 迷った挙げ句、以前に頼んだのと同じエビãEトロトロカリーにした。仏太皁E«ã¯ã“れは珍しぁE“とだ。かなり強ぁE°è±¡ã§ã¨ã¦ã‚‚美味しかったからまた頼むとぁE†ã®ã¯ã‚る。それから、迷って迷って結局前と同じだったと後でわかることもある。(結局これは思老EŒåŒã˜ã¨ãE†ã“となんだろうな。笑)今回は確信犯。(笑)前に頼んだことがあるとわかってぁE¦ã€åŒã˜ã‚‚のを頼んだのだ、Ebr> エビãEトロトロカリー2
 エチE/font>と溶き卵が特徴だが、Efont size=5 color="red">パãEリカめEfont size=5 color="khaki">竹の孁E/font>がåEってなんとなくタイ風。そして、特徴皁Eªã®ã¯ã‚»ãƒ­ãƒªãŒåEってぁE‚‹ã“と。シャキシャキとしてぁE„アクセントだ。ああ、思い出した、そぁEãE“ぁE„ぁE„Ÿã˜ã€‚そして、これが美味しかったからまた来ようと思ったãEだった。満足、Ebr>
ホットティー
 最後にホットティを飲んで以前と変わらぬ落ち着ぁEŸç©ºé–“を楽しんだ。青が基調色なので落ち着ける。また、他ãE修行老E‚‚同じようにめE£ãŸã‚Šã¨ã—た雰囲気だった。こぁE„ぁE¨ã“ろがしばらく残ってくれるãEはとても嬉しぁE“とだ。また、次回も来たいところだ、Ebr>
niceness
那要E¸‚松尾2-9-6タカミネビル1E¦
098-862-9690
http://nicenss.ti-da.net/
12:00-20:00 (カレーが売りåEれ次第閉店ãE場合あり!Ebr>

平和通り
 折角ランチをしたのだから、Efont size=5 color="green">平和通りも少し歩ぁE¦ã¿ã‚‹ã€‚焼き物は一度お休み。まあ、この通りを歩くãEも観光だ、Ebr>
スーパãE1
 得意のスーパãEに入る。でも、きっとこãEスーパãEは観光客が多いんだろうな。色、Eªè‚‰é¡žãŒç½®ãE¦ãEŸãŒã‚„はり沖縁E‚‰ã—いもãEが沢山あった、Efont size=5 color="brown">豚ソーキはきっと沖縁Eã°ã«ä½¿ãEEだろうな、Ebr> スーパãE2
 チラガーとぁE†è±šãE顔ãE肉が形がそのままで売ってぁEŸã€‚これって完åEに観光客用だよなあ。(笑)とはぁEˆã€æ²–縁EE人達(ウチナーンチュE‰ãE、Efont size=5 color="orange">豚ãE鳴き声以外ãE全て食べめE/font>そうだ、Ebr> お土産屁E><br>
 普通ãEおみめE’物屋にも置ぁE¦ã‚った、Ebr>
<br>

<img src=
 さて、観光つぁE§ã«é‚£è¦E¸‚第一牧志åE設市場にも行ってみる。ここもしãEらく来てなかった気がする、Ebr>
魁E 魁E
 沖縁EE魁E/font>を見るなら、水族館よりもこちらがぁE„と思えるときもある。水族館は全体的に深く庁Eé­šé¡žç³»ã‚’集めてぁE‚‹å°è±¡ã ãŒã€å¸‚場はもろに生活に関係するものばかりだ。まあ、E£Ÿã¹ã‚Œã‚‹ã‚‚ãEってことだよãE。でも、色めE½¢çšE«ã¯è¦‹æEれなぁE‹ã‚‰ã‚まり積極皁E«é£Ÿã¹ãŸã„とは思わなぁE‹ã‚‚。(笑!Ebr> 牧志第一公設市場レストラン
 市場で注斁E—た魚をそãEまま2階ãEレストランで食べることができる。勿論、他ãEメニューもあるけど。観光としてはそうぁE†ãƒ¡ãƒ‹ãƒ¥ãƒ¼ã‚‚面白ぁE‹ã‚‚しれなぁE€‚しかし、今回仏太はおèEぁE£ã±ãE€‚見学しただけで終わった。(笑)でも、前に来たときより綺麗になった気がする、Ebr>
チラガー
 再ãE1階に戻って見て回る。ああ、ここにもでかいチラガー、Efont size=5>グラサン
をかけてぁE¦è¿«åŠ›ãŒã‚る。(笑!Ebr> ハブ
 市場の外でも名物皁Eªãƒãƒ–があった。と思ってぁEŸã‚‰ã€å¾Œã‹ã‚‰èª¿ã¹ãŸã‚‰ã‚¦ãƒŸãEチE/font>だった!E¼E¼E¼ˆç¬‘)うん、観光とぁE†ã“とではこうぁE†ã¨ã“ろを回るãEもいぁE‚‚のだ。なんとなく乁E—ぶりにこうぁE†æ—E¡Œã‚’するととても新鮮だ。(笑!Ebr>
ブルーシールアイス
 観光つぁE§ã«ã€Efont size=5 color="blue">ブルーシール
。沖縁EEスイーチE§æœ‰åãªã¨ã“ろの一つだ。åEはアメリカらしぁEEであまり好みではなぁEŒã€çã—くスイーチE«æ‰‹ã‚’出す。なんとなく甘ぁE‚‚のが欲しくなったりしたのだ。こぁE„ぁEªã‚“となくが今回多いかもしれなぁE€‚今まではきちっきちっと計画通りってぁE†ã®ãŒå¤šã‹ã£ãŸæ°—がする、Ebr>

 さて、朝早くから回ってぁE¦ã€æµçŸ³ã«çœ ããªã£ã¦ããŸã€‚(笑)疲れて、Efont size=5 color="green">那要E/font>を離れる。しかし、楽しくて忁Eœ°ã‚ˆã„疲れ。しかし、ãEチEƒ«ã¾ã§æˆ»ã‚‹ã¨ã¡ã‚E£ã¨æ™‚間のロス。それにそこまで眠気を我æEする自信がなかった。そぁE„ぁE¨ãã«é‹è»¢ã—て事故を起こしてもしめE†ãŒãªãE€‚ならãE休めるときに休もぁE/font>。調べておいてよかった、Ebr>
外観1
 浦添のBookishEˆãƒ–チE‚­ãƒE‚·ãƒ¥EE/font>とぁE†ã‚«ãƒ•ã‚§ã§ä¼‘ãE。名前ãE通り本が沢山置ぁE¦ã‚ってめE£ãŸã‚Šã¨ã—てぁE‚‹äººé”が多い。スタチEƒ•ã®ä¸€äººã¯ä»¥å‰ã€å›³æ›¸é¤¨ã®å¸æ›¸ã•ã‚“をしてぁEŸã‚‰ã—ぁE€‚仏太はこãE2年ちめE£ã¨ãƒEƒ¬ãƒ“を持たなぁE”Ÿæ´»ã‚’してぁE‚‹ã®ã§ã€æœ¬ã‚’読む機会が増えた。それãEチEEマを決めて読んでぁE‚‹ã‚ã‘ではなく、E¢ç™½ãã†ã ã¨æ€ã£ãŸã‚‚のを本屋で衝動買ぁEš„に買ってみたり、E›‘誌や新聞を読んだときに面白ぁEEが庁E‘Šãªã©ã«è¼‰ã£ã¦ãEŸã‚Šã€ãƒãƒEƒˆã§ç´¹ä»‹ã•ã‚Œã¦ãEŸã‚Šã€ãªã©ãªã©ã€‚買ってまだ読んでなぁEœ¬ã‚‚結構溜まってぁE‚‹ãŒå°‘しずつ読んではぁE‚‹ã€Ebr> 豁E¹³ãƒãƒ£ã‚¤
 豁E¹³ãƒãƒ£ã‚¤ã‚’飲んだ。そぁE€ã“れをチェチE‚¯ã—てぁEŸã®ã ã£ãŸã€‚本を読みながら少し寝てしまった。読んだ本は、南米の神話、数学の話。本が難しくて眠くなったãEではなくて、単に眠気が強かっただけだ、Ebr> 月桁E><br>
 トイレにぁE£ãŸã‚‰ã€ã‚Eã“れ!と見つけた、Efont size=5 color="orange">月桁EE実だEE¼E¼E/font>ぁE‚ã€è‰²ã€Eªã¨ã“ろで色、Eªã¤ãªãŒã‚Šæ–¹ã™ã‚‹ãªã‚。毎回毎回運命皁Eªã‚‚ãEを感じる。こぁE„ぁE¼‘æE時にも。(大袈裟?笑)よし、ゆっくり休んだ、Ebr>
<br>

<strong>Bookish</strong><br>
沖縁EœŒæµ¦æ·»å¸‚前田2-20-16 2F<br> 
098-879-7282<br>
<a href="http://bookish.ti-da.net/">http://bookish.ti-da.net/</a><br>
11:30-21:00Eˆæ—¥ç¥E18:00EEbr>
月曜定企Ebr>
<br>
<br>




 休んだは休んだが、体が結構重だるくなってしまった。本当ãE夜に那要E§ãƒ©ã‚¤ãƒ–に行こぁE¨æ€ã£ã¦ãEŸã®ã ãŒã€ã“れではちめE£ã¨åŽ³ã—いかもしれなぁE€‚æE日以降もあるから、ここで無琁E‚’して体を壊しては意味がなぁEEで、ライブãE諦めることにした。このあたり、年取ったな、と思う。以前だったら、やりたぁE“とは徹底的にできるだけやる、とぁE†ã‚ãŒã¾ã¾ãªæ€§æ ¼ã ã£ãŸãEだ。であれば、最初からãEチEƒ«ã«æˆ»ã‚ŒãEぁE„のに、とぁE†ã“とになるãEだが、まあそのあたりãE・・・。(笑!Ebr>
 帰り途中に夕食を摂ってホテルでめE£ãã‚Šã—よぁE¨æ€ã£ãŸã€‚そこで思い立ったãEは、去年近くまで行ったとき!E9å¹´10朁E日RoguiiとぁE†ã‚«ãƒ•ã‚§ã«è¡Œã£ã¦ã‚‹ã€Ea href="http://curry-butta.com/mushashugyou/okinawa/okinawa091003.html">武老E¿®è¡Ein 沖縁E€€09å¹´10朁E日</a>参çE。)に気になってぁE¦ã€ä»Šå›žèª¿ã¹ãŸã‚‰ã€ã‚„はりカレーがありそぁE€ã¨ãE†ã‚«ãƒ•ã‚§ã ã€Ebr>
<br>

<img src=
 とぁE†ã“とで、夜訪れたのは北中埁E/font>EˆããŸãªã‹ãã™ãE‰ãE人気カフェ。今回はカフェが多い。そして、カフェのカレーはアドレナリン。いめE€ã‚などれなぁE€Ebr> 外観2
 jiji cafeEˆã‚¸ã‚¸ã‚«ãƒ•ã‚§E‰ã¨ãE†ã¨ã“ろ。夜遅くまでめE£ã¦ãE‚‹ã“とめE›°å›²æ°—がぁE„ことで人気だ。去年こãE前を通ったときも夜遅めでまだ開いてぁE¦ã€å¤–から見ただけでも雰囲気が良さそぁE ã£ãŸã€Ebr> 中
 雑貨が飾られてぁEŸã‚Šã€ã‚½ãƒ•ã‚¡å¸­ãŒã‚ったり、åE体に庁E„のだが、上手くパーチEEションされて、個室感もある。(実際は個室ではなぁEEだけど。)薄暗さもちめE†ã©ã‚ˆãã€å¥³æ€§ã«äººæ°—なのがわかる気がする。(仏太は男なので、女性の気持ちの深ぁE¨ã“ろはわからなぁE‘ど。笑)また、E€”中で入ってきた女性が抱っこ紐で吊された赤ちめE‚“を一緒に連れてきてぁEŸã€‚そのくらぁE½ã¡ç€ã‘るところとぁE†ã“とだろう、Ebr>
軟骨ソーキと秋野菜ãE豁E¹³ã‚°ãƒªãƒ¼ãƒ³ã‚«ãƒ¬ãƒ¼1
 軟骨ソーキと秋野菜ãE豁E¹³ã‚°ãƒªãƒ¼ãƒ³ã‚«ãƒ¬ãƒ¼ã«ã—た。カレーメニューはこれひとつ。他ãEカフェらしぁEƒ¡ãƒ‹ãƒ¥ãƒ¼ãŒãšã‚‰ã£ã¨ä¸¦ã‚“でぁE‚‹ã—、E£²ã¿ç‰©ã‚‚豊富でめE£ãŸã‚Šã™ã‚‹ã®ã«ãE„メニューがそろってぁE‚‹ã€Ebr> 軟骨ソーキと秋野菜ãE豁E¹³ã‚°ãƒªãƒ¼ãƒ³ã‚«ãƒ¬ãƒ¼2
 ソーキは沖縁Eã°ã«ã‚ˆãå…¥ã£ã¦ãE‚‹ãŒã€ã‚«ãƒ¬ãƒ¼ã¯åˆã‚ã¦ã‹ã‚‚。でも、そちらよりも野菜を食したかったãEでこれにした。と言ぁEŸãEŒã€ã‚«ãƒ¬ãƒ¼ãƒ¡ãƒ‹ãƒ¥ãƒ¼ã¯ã“れひとつ。(笑)これが美味しいので嬉しぁE€Ebr> 軟骨ソーキと秋野菜ãE豁E¹³ã‚°ãƒªãƒ¼ãƒ³ã‚«ãƒ¬ãƒ¼3
 そして、圧巻はこãEプレート。彩りとぁE„、味とぁE„、いかにもカフェで素敵だ。ライスの紫、カボチャサラダの黁E‰²ã€äººå‚ãEオレンジ、サラダの緁E/font>。いぁEEえ、こぁE„ぁEE、Ebr>
チャイ
 なるほど女性に人気ãEわけがもぁE°‘しわかった、Efont size=5 color="brown">チャイ
を飲みながら、もの思いにふけるのは カレー修行ãE終わりãE儀式ãEようなもãEだ。(笑)さっき書ぁEŸãŒã€ã“のjiji cafeの近くにはRoguiiEˆãƒ­ã‚®E‰ã¨ãE†ã‚«ãƒ•ã‚§ã‚‚ある。そこもぁE„雰囲気でカレーが美味ぁE€Ebr>  実ãE沖縁EEカレーもレベルが高いと思う。あまり知られてなぁEEだが、仏太はそう思うよ、Ebr>  さて、まだまだ沖縁E§ã®ä¿®è¡Œã‚‚続く、Ebr>
jiji cafe
http://jijicafe.com/
沖縁EœŒä¸­é ­éƒ¡åŒ—中城村島袁E422-3
098-987-7515
http://jijicafe.com/
11:30-24:00
木曜定企Ebr>

 カレーを食して允E°—になった。しっかりドライブして、ãEチEƒ«ã«å¸°ã£ãŸã€‚汗だく。鋭気を養わなければEæ±—だくだく。風呂に入って疲れを取った。贁E²¢ãªè©±ã ãŒã“ぁE„ぁE¨ããE温泉がぁE„なあ。まあ、そぁE„ぁE„å‘³ã§ã¯åå‹ã¯éžå¸¸ã«æµã¾ã‚Œã¦ãE‚‹ã¨æ”¹ã‚ã¦å®Ÿæ„Ÿã—た、E

参老E‚µã‚¤ãƒEbr> 壺屋やちむん通りEˆé¢¨åœŸjp沖縁E¼E/a>
沖縁E¼E1E‰ã‚„ちむん通りと牧志åE設市場EšRavさんの旁E¡Œãƒ–ログEEtravel.jpEE/a>
壺屋ãEめE¡ã‚€ã‚“通りEˆæ²–縁Eƒ…å ±IMAEE/a>
めE¡ã‚€ã‚“通りEˆæ²–縁EEå·£EE/a>
壺屋やちむん通りEˆæ²–縁EE道〜沖縁EOn the RoadEE/a>
那要E¸‚立壺屋焼物博物館
すãEじ封E/a>
niceness
第一牧志åE設市場Eˆæ²–縁E¦³å…‰ãƒãƒ£ãƒ³ãƒãƒ«ã®ã‚µã‚¤ãƒˆï¼E/a>
Bookish
jijicafe



武老E¿®è¡Ein 沖縁EƒˆãƒEEへ 武老E¿®è¡Ein 沖縁E€€10å¹´10月トチEEへ 10朁E5日金曜日へ 10朁E6日土曜日へ 10朁E7日日曜日へ 10朁E8日月曜日へ



日記(ブログE‰ã¸ 仏太のカレー修行へ 仏太のカレー修行Lightへ 仏太のカレー話へ