心からのお祝い(インデアン音更店)

2017 年 9 月 14 日

うちの職場は短期出張で来てもらうことが多い。
何人もいる中で、札幌から来てくださる方の1人が
とてもカレー好きで、当方のカレー部に入ってくれていた。

その人が、短期出張で来るのは今回が最後になると
少し前に連絡が入っていた。
御本人に確認したところ間違いないと。
理由は、現在の札幌の職場を止めて、東京に行くと。
同じ系列のところではなく、新たなところの試験を受けて受かったのだそうだ。
所謂、中途採用ってやつか。
仏太もそこはよく知っているところで、おそらく一般の人でも知っているだろう。
同じ系列ではないから、言葉は合ってないと思うが、
実質これは栄転ってことだと思う。
心からのお祝いをしなければならない!

エビカレー1
ということで、インデアン音更店からtake outして、
その方のお祝いと送別を兼ねる。笑
笑って送り出すのは大切。
機会あってまた戻ってくることがあれば、
またカレー部の活動に参加してもらいたいし、
あわよくば我々と一緒に仕事ってことも
可能性としてはなくはない。笑
あくまでもこれは心からのお祝いだ。
決して自分がカレーを食したいからっていう理由だけ
カレーをtake outしてきてもらうってわけではない。

エビカレー2
今回はエビカレーの極辛3倍にした。
一緒にカレーを食しながら、主人公に色々と質問攻め。笑
前途の明るい人の笑顔は素敵だ。
答えもしっかりしている。
見習わないと。
新天地でもきっと御活躍のことだろう。
体調に気をつけて頑張って欲しい。

I ate shrimp curry of Indian Otofuke branch taken out by my fellow. This was the farewell curry of a member of our curry club. He has sometimes worked on our worksite two or three days job from Sapporo. We talked about some things and said good bye to him. A curry was good.

インデアン音更店
音更町木野大通東16丁目1
0155-30-2139
http://www.fujimori-kk.co.jp/
10:00-22:00 (LO21:45)
無休
参考:乙華麗様です!第5回

印象

2017 年 9 月 13 日

絵画では、印象派の絵も好き。
光をうまく使っているというか、
その表現がとても興味深い。

印象派という言葉の由来は
モネ印象・日の出という作品から来ている。

今では当たり前のように人気のある印象派の芸術も
当時は賛否両論で大変だったらしい。
当時ではとても斬新な手法、
そして、後世にも多大な影響を与えたグループだ。

沢山ある絵画の中で、
たった1つの印象・日の出という絵が
批評家の批判に晒され、
そこから印象派という名前が生まれた。
その成り立ちは皮肉なものだが、
後世である、我々が生きる現代で、
非常に素晴らしいものの1つとして認められている。

印象というのは実は大切。
インスピレーションとして感じる印象もあるし、
よく観察した上で受け取る印象というのもあるだろう。
第一印象がいいか悪いかという話はよく出るが、
実際は付き合いが長くなっていくと、
深く知ることになり、また別の印象が生まれることも多々ある。

ココナッツ野菜スープカレー
本日の夕食はココナッツ野菜スープカレー
あれ?昨日と同じやん!って思った人、
正解!!!
17年9月12日の日記「健康的な夕食」参照。)
ただ、パッと見た目はわからない人もいるだろう。
まず、ナリーパクチがー今回はない。
そして、もっと大きな理由は器だ。
見た目の印象はカレーだけではなく、器も大きく関わる。

仏太のカレー仲間には、そのカレーのにとても詳しい人がいる。
現在は、カレーの世界から一線引いた場所にいるが、
いまだにその知識は凄いものがあり、
尊敬の念を抱かずにはいられないどころか、
彼に関しては消すことは不可能だ。
各修行場の器やスプーンに関してとても詳しい。
それはカレーに詳しいということは前提での話だ。

ということで、(どういうことで?笑)
器によってもカレーの印象は変わる可能性が十分ある。
修行場で食す時に、そういうことも楽しみの1つになりうる。

I ate coconut vegetable soupcurry same as one I had ate yesterday. But an impression of this curry was different from yesterday’s one. Of course both were so good, I like them. Thanks to my wife so much.

健康的な夕食

2017 年 9 月 12 日

ココナッツ野菜スープカレー
夕食はココナッツ野菜スープカレー
ココナッツがよく利いていてまろやかなんだけど、実は程々辛い。
おそらく辛さが苦手な人はもう少しココナッツをって言うかも。笑
野菜たっぷりで栄養しっかり。
上に乗っているのは実はパクチーなんだけど、
よく知っている人はちょっと形が違うんじゃない?って思うかも。
でも、更にもっと知っている人は、
ああ、それ、ナリーパクチーでしょ、ってなると思う。
このナリーは初めて知った。
帯広競馬場にある、とかちむらでゲットしたものだ。
香りはしっかりパクチーで、むしろ今まで食べていたパクチーよりずっと匂いが強い。
へえ、世の中色々とあるものだなあ。

納豆
そして、お供に納豆を。
タンパク質も摂る。
ついていたカラシでスマイルを。
こういう遊び、好き。
このような余裕も大切だし、何より、スマイルは本当に大切。
失いたくないものの1つだな。

結構意外に思われがちだが、
健康的な夕食を食した。笑
美味しくて満足!

I ate coconut vegetable soupcurry with some foods. It was made by my wife. She is good at cooking. Thanks so much. The soupcurry was so healthy and so good. I draw SMILE on natto in mastard. Soupcurry and Smile are needed and important.

スタートから〆まで(のみ亭)

2017 年 9 月 11 日

外観
のみ亭に行った。
最近、席があることが多くて嬉しくなる。
以前は席が一杯で入れないことが多かった。

食べ物1
ビールとともにお通しをいただく。
一緒に行った友達もビール。
そのうち友達は焼酎、仏太は日本酒と飲み継ぐ。

食べ物2
いつも黒板メニューの写真を撮るのを忘れるので、
メニュー名や正確なお料理として覚えてられないアホなのだが、
これは確か、さやえんどうの玉子とじだった・・・と思う。笑
呑みながら、それに合うお料理をいただけるのは幸せなことだ。

食べ物3
なす炒めはオシャレな感じできた。
以前にもここのみ亭はアートな感じがあると言ったのだが、
いつもそれを思い起こさせてくれる。

食べ物4
ああ、餃子、このタイプなんだあ!
って、単にこの羽根というか、皮の余りというか、
それがついてくるのって、あまり見ない気がするのだ。
だから、出てきた時に嬉しくなった。

食べ物5
〆にカレーそばをいただいた。
友達がほしいと言い出したのだ。
なるほどという理由だったが、
それならば、とついでを装って、
仏太もいただいた。笑

食べ物6
具が結構しっかり入っているのもいいし、
あんかけタイプのカレーもいい。
更に、手打ちのそばがいい。
ちょっと遅く始まった懇親会は1軒で〆までいってしまった。笑

I went to Nomitei after a radio program with my friend. He is a master of a brand new ramen shop. I had been a sumo wrestler. He was so powerful and so polite. We talked about many things and ate good foods. At last we ate curry soba which was so good. We were satisfied so much.

のみ亭
帯広市東1条南9丁目13
0155-22-1081
18:00-24:00
水曜定休

リベンジして今回は入れた(江戸東)

2017 年 9 月 10 日

いやいや、しょうがないよね
まあ、そうだね、また今度にしよう
あ、そうだ、お土産持ってきたんだ。これ持ってって
なんもそんなこと気にしなくたっていいのに
そんなこと言わんで持ってって
ありがとう。今日はなんまら残念だけど、諦めて、また来よう
んだな。まただな
んじゃ、したっけ!
したっけ!

そんな会話が聞こえてきそうな光景が1週間ほど前にあった。
車の中から見ていた光景だ。
二組の夫婦と思われるカップルと子供はそれぞれ車に乗って去っていった。
17年9月3日の日記「混んでいた(SURYA帯広店)」参照。)

外観
そんな光景が見られたのは、ここ江戸東(えどあずま)の駐車場。
前回来た時は駐車場も一杯だった。
今回は前よりはすいていたがそれでも車の数は多かった。
とても人気だというのはわかる。
入り口を入った時に、前回よりはすいていることを再確認できた。
前は中で並んでいたし、店員さんがすぐに
「一杯なんです」って言いに来たからなあ。
でも、今回は直ぐに席に案内された。
小上がりが2つほど空いていたのだ。

カレーそば1
当然のように頼んだのはカレーそば
メニューの見方が、とりあえずカレーを探すようになっている。
カレーが見つかるとそれ以上真剣に見ない自分を反省しなければならない。
もしかしたら、他にもカレーメニューがあるかもしれないからだ。笑
基本、ここは蕎麦屋なので、蕎麦メニューを色々と見るべきだが。笑
カレーそばはとても匂いが良かった。
ネギが別皿で来るのは、ネギ嫌いの人がそれなりにいることを意味するのだろう。
仏太は好きなので、全部かける。

カレーそば2
麺は噂通りだった。
これはやはり名前からもそうだが、釧路の東家の系列だろう。
と思って、ふと顔を上げると、壁に釧路そばマップなるものが貼ってあった。
お主、やはりそうであったか。
と、急に、一時的に時代劇な気分になったものだった。笑
そばは見ての通り細いが、程々にコシがあり、食しやすかった。
粘度が程々にある、あんかけ風のカレーには
たっぷりかしわが入っていて満足。
汗を書きながら食して、次は別のそばをいただきたいと思った。
教えてくれた、可愛い女の子に感謝。

I went to Edoazuma in Western Obihiro for dinner with my wife. I ate curry soba and my wife Muryoju. Both were good. I like its curry soba. Thanks to a pretty girl teaching me about this shop.

江戸東
帯広市西24条南2丁目1-8
0155-37-3450
11:00-14:30, 17:00-19:30
水曜定休(火曜は昼のみの営業)

参考サイト
竹老園 東家総本店