‘カレー修行(十勝)’ カテゴリーのアーカイブ

ムッシュ(ボヌールマスヤ)

2017 年 3 月 5 日 日曜日

ムッシュかまやつが亡くなったとニュースでやっていた。
結構年齢いっていたんだなあ。
その分、病に冒される可能性も上がるよなあ。

喋り方とか笑顔が素敵だなと思っていた。
年齢がそんなにいっているとは知らなかった。
少なくとも、見た目はもっともっと若い感じ。

ミュージシャンとして凄かったってことは
実は見聞きした範囲でしか知らず、
でも、それでも凄いんだから、
実際を知っている人から見たら、
物凄いんだろうなと思う。

さて、ボヌールマスヤはますやパンの支店の1つだ。
一通り他のところはそれぞれ何度か行っているのだが、
ボヌールマスヤだけ今まで行ったことがなく、
今回初めて行ってきた。

すると時期的に受験生応援キャンペーンをしていた。
カツから勝つを連想するということで、
カツを使った惣菜パンなどがあった。

カレームッシュ
その中の1つに、勝つカレームッシュという
とても素敵なネーミングと、具材の組み合わせを見つけた。

カツで勝つ、とは以前からある話だが、
これはお肉が好きな子供が多いことと(子供には限らないが)
体力をつけるという意味なども含まれるのだろう。
まあ、ぶっちゃけ単なるオヤジギャグだけどね。笑
カツは普通はトンカツかなあ。
ビーフカツとかチキンカツもあるけどね。

この勝つカレームッシュは簡単に言うと、
カツをサンドして、カレー味のついたクロックムッシュってことだろう。
クロックムッシュはフランス語でcroque monsieur、
直訳するとカリッとした紳士ってことらしい。
即ち、croqueはカリッとした(かりかりした)、monsieurは紳士って意味。
で、トーストでハムやチーズを挟んだサンドイッチで、
伝統的にはペシャメルソースなどが入っているそうだ。

料理の世界は常にアレンジが伴う。
オリジナルを踏襲しても、作り手によって色々と変わる。
クロックムッシュも例外ではなく、色々なレシピが存在する。
海を渡って、本来フランスのものが日本に入ってきたら尚更だ。
特に日本人は日本人の嗜好に合うようにアレンジするのが得意だと思う。
色々な分野でそういう才能を発揮して、
ジャパニーズブランドが良いとされる部分でもあるだろう。
おそらく料理の世界にも似たようなことが言えるのではないか。

話が抽象的になりつつあるが、
おそらくクロックムッシュも同様と考えられ、
原型をとどめつつ、色々とアレンジできる、
料理の醍醐味もそこには存在する。
実際に目玉焼きをのせたものは、クロックマダムと言うそうだ。

ああ、なんか今日の仏太は真面目。
そんな仏太も素敵、という言葉には耳も貸さず、続けよう。笑

トーストでサンドイッチを作る、
という大雑把なカテゴリーを
クロックムッシュとかクロックムッシュ風とか言えば、
それはそれでクロックムッシュの世界が広がる。

カレーも似たようなところがあり、
実際にどんどん訳がわからなくなっている部分もある。笑
ルーカレー、スープカレー、インドカレー、タイカレーなどなど・・・

で、今回の勝つカレームッシュは、
トーストの間にあるのが、カツで、ソースがカレー味ってことだよな。
結論から言うと、これあり。
いや、カレー修行者だからでしょ、と言われたらそれまでなんだけど(笑)、
でもそれを抜かしても、これありだと思う。
クロックムッシュファンが認めないのなら、
これはクロックムッシュじゃなくてもいい。
ただ、すぐにべつの名前が思いつかないから。笑

カツが非常に柔らかく、最初一口噛んだ時、
あれ?カツの部分を外してしまった?と思ったくらいだ。
この柔らかさは非常に食しやすい。
一口目でカレーの香りが口の中に広がったので、
目で噛み口を見直すと、カツもしっかり口の中に入ったのがわかる。
そのくらい柔らかいのだ。

サンドイッチは元々イギリスで、
サンドイッチ伯爵がトランプ(ブリッジ)に夢中になり、
食事をする間も惜しいということで、パンの間におかずを挟んでしまった、
というのが始まりという説があるが、
それと同じように、この食べやすさを考えると、
受験生が勉強しながら、夜食にでもいただけそうなものだ。
が、勉強する時はそれに集中して、
食べる時は食事に集中したほうがいいと思うけど。笑
まあ、そのくらい食しやすいと思ってもらえばいい。

カレー味がついているということもあるのだが、
このムッシュ、定番にならないかなあ。

受験生は未来のために頑張って!!!

そして、ムッシュかまやつさんのご冥福をお祈りします

I ate Cutlet Curry Monsieur bought at Bonheur Masuya. It was a kind of croque monsieur. It was a toast sandwich having cutlet and curry sauce between toasts. It was great.

ボヌールマスヤ
帯広市西17条南3丁目25
0155-33-4659
http://www.masuyapan.com/
7:00-20:00
年末年始休み

参考サイト
ムッシュかまやつ(ケイダッシュ)
ちょっと贅沢な朝食に。クロックムッシュ&クロックマダムはいかが? (キナリノ)
クロック・ムッシュとクロック・マダムの違いは?(フランス語の扉を開こう〜ペンギンと)

舐めてるなぁ(こころ。)

2017 年 3 月 4 日 土曜日

仕事の愚痴を書く。笑
今日もかい!?と思った人や、
見たくない人は、写真まで飛んでもらいたい。
興味津々の人や、なんとなくって人はそのまま読み続けて。笑

本来、嫌なことは書くべきではないと思っているのだが、
たまたま教訓として一連の話になったので、
自戒の意味を込めて、愚痴る。笑

仕事中、とある部署で、気になることがあった。
もう辞めたはずの人間の名前が堂々と出されていたのだ。
残ってはいけない部分に。
誰も気づかないのかな、と思って、
近くにいた、その部署の人間に、おかしいよね、と伝えた。
するとその人は、そうですね、直しますと言った。

その後、直ってなかった。
部署長に、伝えた。
人の話をさえぎるように、
あ〜、気づいてませんでした、直しますと言った。

その後、直ってなかった。
1週間以上は待っていた。
再度部署長に、それどうなっているんでしょう?と聞いてみた。
前にも・・・(何度か言っていますよね?と言おうとしたが・・・)
話を遮るように、なんだかまくし立てて、どこかへ行こうとした。
いやいや、まず話を聞けよ、と思ったが、
怒っても喧嘩になるだけかと思い、
丁寧に「まず話を・・・(聞いてって言おうとしたが・・・)」
言い始めたが、プンプンして全然聞き入れない。

元々会議でも、その人は、仏太にふられた話を遮って、
自分で話し始めるという特技を持っていた。
仏太の時に限って。

舐められてる
まあ、そう思う。
以前からそういう態度はあからさまだったし。

気を取り直して。
本日は修行に出ることに決めていた。
1月だったかに知り合いから情報が入った。
それはチラシか何かの切り抜きに書いてあった。

正直、期待してなかった。
反省しなければならない。
これは慢心だろう。
舐めていたと言ってもいい。
本当に申し訳ありません

外観
居酒屋こころ。という飲み屋が芽室にある。
そのうち行きたいと思っていたが、行けてなかった。
そんなところに、スープカレーを2月に始める
というチラシの切り抜きが来たわけだ。
3月に入ってしまったが、流石にやっているだろう。

スープカレー1
小肉の唐揚げとネバネバナットCURRYにした。
まずびっくりしたのが、スープカレーメニューの多さ
いや、正直、居酒屋だから、1種類じゃないかな、と思っていた。
したら、7種類もある。

スープカレー2
揚げられた小肉がぷりぷりで歯ごたえバッチリ。
肉の旨味も凝縮されて、スープと合う。
スープはコク旨スープ
これはチキンベース。
そして、びっくりしたのは、スープが2種類あるってこと。
もう一つはエビスープ!

スープカレー3
納豆があることにも感動。
納豆はカレーによく合うのだ。
スープカレーでもルーカレーでも、と本気で思っている。笑
辛さは出てくるスパイスを自分で入れることで調節。
が、またびっくりなことに、辛さも段階がある
ピリ辛、中辛、大辛、激辛、このあたりまではまあありそう。
その後が、トラウマ、サヨナラ、ワルフザケとなっていた。
こういうネーミングも片手間にやっているのとは違うと思った。

スープカレー4
ライスも2種類
白米と五穀米
これらをひっくるめると28倍〜196倍楽しめる!

やはりどんな場合も心して修行しなければならない。
こころ。でその心を教えてもらった。
感謝。
素敵なスープカレーに感謝。
あざっす!あざっす!あざっす!

I thanked the soupcurry, the shop so much. The shop was KOKORO in Memuro town. It was an izakaya-bar at night. Maybe from Feb it has served soupcurry only for lunch. I ate soupcurry there today. It was so good. So much better than I had thought. Thank you so much.

こころ。
芽室町芽室町東1条2丁目1
0155-62-0500
11:00-14:00, 17:30-
日曜定休(日曜祝日の場合営業して翌日休み)

<追記>
こういう素晴らしい修行をすると、
舐めていた自分を悔やみ、
本当に申し訳ない気持ちになるとともに、
パール・ジャムに触れた(出会った)ような
心の洗われ方をした。
(本体はトニオ・トラサルディー)笑

可愛らしいママさんに聞いたところ、
どこかのスープカレー修行場で学んだわけではなく、
オリジナルであるとのこと。
かなりスープカレー好きと思われた。

28倍〜196倍には意味がある。笑
当初の予想を覆されたことで、
カレーの種類が7つだったこと、
スープの種類が2つだったこと、
ライスの種類が2つだったこと、
で、それぞれ単一メニューかと思っていたから、
7倍、2倍、2倍の楽しみが出たということ。
7☓2☓2で28倍。笑
更に、辛さも楽しめるということ、
辛さは0を除くとメニューでは7段階。
28☓7で196倍ということだ。

面談(KiRiちゃん)

2017 年 3 月 1 日 水曜日

中学生の時だったっけな。
三者面談というのがあり、
先生と親と自分で、進路について話した覚えがある。
内容は覚えてない。笑

アルバイトとかを受ける時、
面談・・・・あ、これは面接か?笑

面と向かって会談するってことだよね。
ラーメンを談笑しながら食べることではないよね?

まあ、なんかちょっとした話し合いでも
面談というとかしこまった感じがしていいかも。笑

約束のすずきやの目の前で、友達と会った。
気が合う。笑
寒いし早速入ろうとなり、外観写真はない。笑

食べ物1
肉鍋は既にセットされていた。
凄い!
まさに山盛りだ。
牛肉、豚肉、モツ野菜とともにたっぷり入っている!
早速火を点けよう!

食べ物2
ビールで乾杯後に枝豆をつまみながら、談笑。
まさに笑いながら話をするという。
世間話から近況から。

食べ物3
鶏わさをいただき、徐々に本題へ。
いやいや、話は全て本題。笑
よくよく考えたら、今回サシで呑むのは初めてじゃないだろうか。

食べ物4
しめ鯖が好きだというお相手がオーダーした刺し身は
仏太が好きなマグロも乗っていて、リサーチ済みか?と疑った。笑
嬉しかったなあ。

食べ物5
出汁巻き玉子はふわっふわ。
ああ、なんか至福のひととき。

酒
ビールから途中で冷酒、熱燗と日本酒を楽しみ、
口も更に軽くなり、話題も多岐にわたった。
これだけくだけていたら、面談とは言えないよなあ。笑
(元々面談ではない。笑)

食べ物1
「仏太さん、ここは昔からあって、凄いところなんですよ!」
友達が主張する味の笑福が2次会の場所。
横は通ったことがあって、入りたいと思っていたのだが、
おそらく外観、名前、雰囲気からカレーはないとふんでいた。
そんな味の笑福では、まず食べなければいけないものがある。
焼き餃子だ。
ビールとよく合う。
醤油と酢とラー油でいただく。
「あれ?前は自家製ラー油だと思ったんだけどなあ・・・」
入れ物が違うようだ。
中身が一緒なのかは、仏太は以前を知らないのでなんとも言えない。

食べ物2
焼き餃子とどっちが好き?
と言われたら、
有村架純と本仮屋ユイカのどっちがいい?と
質問されるのと同じくらい迷う。
が、どちらかと言えば、水餃子が好き。
というわけで、これまたパクパクといただいた。
うん、これもビールと合う。

食べ物3
「仏太さん、実はここは餃子だけではないんですよ。」
あんかけ焼きそばが、B級感をくすぐる。
ああ、いいっすねえ、これも。

食べ物4
ただのおっさんの会社帰りの飲み会ではない。
面談だ。
カウンターに座って、面と向かってないが。笑
ビール飲んでくだをまいているわけではない。
話し合っているのだ。笑

前菜
かぼすに行った。
まだ行ったことないということで、
じゃあ、行ってみましょうとなった。
そう、話し合いは続く。笑
オリーブが特に美味しかった。
ワインによく合う。

とても有意義だった。
食べ物も飲み物も満足で、
話も楽しかった。

外観
有意義な話の後は充実している。
そんな気持ちで挑んだKiRiちゃん。笑

カレーラーメン1
今回は〆のカレーラーメン
「もしかして、KiRiちゃん行くんですか?」
「一緒に行きますか?」
「僕はもう帰ります。」

カレーラーメン1
ということで、このカレーラーメン
ひとりですすっているのだ。笑

そして、有意義な話し合いのメモを見ながら、
本日の大事な話を反芻していた。

タバコを吸っている時も仕事をしているんだ。
ミート富岡の脂切り落としがいい。カレーに使える。
百里香の水餃子と野菜炒めがいい。
札幌 ローストチキン、ビール色々。

詳細不明なメモ・・・苦笑
あ、いや、とても有意義だった。笑

It was a useful meeting with my friend. He was a boss of his office. This was the first time to meet together only us two. We had good alcohol and good foods. We enjoyed talking and eating and drinking at three shops. At last we said good bye and I alone went to KiRi-chan to eat curry ramen. It was good, too.

すずきや
帯広市西2南10かじのビル1F
0155-29-1117
17:00-25:00 (LO24:30)
日曜定休

味の笑福
帯広市西3条南10丁目6
0155-25-8540
17:00-25:00 (LO24:30) (日-23:00)
月曜定休

かぼす
帯広市西2条南8丁目18-8銀座センター1F
0155-28-5420
18:00-24:00
日曜定休

ラーメンKiRiちゃん
帯広市大通南8丁目いなり小路
080-1867-3115
https://www.facebook.com/kirichan.08018673115
20:00-26:00(なくなり次第終了)
日祝定休

参考ブログ
キリンスペシャルウィーク!④美味しいごはん・お酒「すずきや」(Wing Blog)
【帯広】味の笑福(ぶうfamilyの小噺)
「笑」う角には「福」来る「笑福」の老舗餃子(おさるのかぐや彩優木の店長spicaのブログ)

Dr Curryに再会(花田、AANGAN、Eblack)

2017 年 2 月 23 日 木曜日

かなり前から楽しみにしていた、東京ツアーが今日ついに開始だ。
東京だけということになると中々なく、
すぐに記憶をたどることができないし、
調べる気にもならない。笑

外観
とかち帯広空港近くの花田は、今まで入りたいと思いつつ、入れてなかったところ。
結構混んでいた。
が、自分が最後の修行者っぽい感じ。
携帯をいじっている若者。
仕事仲間なんだろう、年配の男性3〜4人という団体も数組。
そういう人達は会話が盛り上がっている。

カレー南ばんそば
カレー南蛮そば生玉子をトッピング。
いい感じだ。
玉子が途中からやや固まってくる。
黄身は殆ど生だったけど、白身は溶き玉子みたいになってきた。
そばは固さは普通。
田舎そばは太さが整っている。
一味を結構かけた。
汗をかいた。
徐々に出発への機運が高まる。

空港の駐車場は一杯で、第2駐車場を初めて利用した。
これだから、有料化が叫ばれるのかもしれないと思った。
これは非常に難しい問題だ。

空港に入ると、早速目を引いたのは、delayedの文字。笑
あらら、と思っていたら、放送が鳴った。
どうやら、東京から来る便が遅れているようで、
そのためこちらから出発する便も遅れているようだ。
しかし、許容範囲の30分くらいの遅れ。

慌ててもしょうがない。
本日、東京で会う知り合いにメールをうって、
お土産を選ぶことに専念した。

今回のメインは24日の夜だが、
久しぶりの東京ということで、
会いたい人が沢山いる中、
セレクトさせてもらった。
なので、もし、関東在住で、
たまには連絡よこせや、仏太、ごるわあああ
って方がいたら、本当にごめんなさい。

空港の中で知り合いに会った。
狭い十勝ではよくあることだ。
久しぶり(といっても2ヶ月ぶりか。笑)だったので、
色々と話した。
そのうちに出発時刻がきた。
こうして話し相手がいるのは本当にありがたい。

飛行機の中は寝ていた。
といっても何回か起きたけど。
席は5D。

東京に着いてからモノレールで浜松町へ。
そして、ホテルを探す。
最初変だな、と思って、実は逆に来ていたことを発見。
公園がポイントだった。
チェックインして、荷物を整理。

あ、今更だけど、今回の東京ツアーは、
ポイントを抑えてセレクトして報告ではなく、
まるっきり日記のように、あったことを羅列する(予定)。笑

夜の集合時間ギリギリと思って、諦めていたら、
実は30分間違っていた。笑
山手線浜松町から外回りで新大久保へ。
余裕のよっちゃんで着いてしまったのだが、
この時点ではまだ30分間違ったままで
ギリギリだと思っているから焦っている。笑

電車は混んでいて、流石都会だな、と思った。
一人で最初にDr Curryに会った時のことを思い出していた。
13年12月27日の日記「南インド料理(ケララバワン)」参照。)
もう3年過ぎたんだなあ。

新大久保の駅に着いてから、
今度は間違えないように地図を確認しながら。
しかし、ずっと韓国人街のように続くので、不安になった。
が、ふと思った時に、ビルを見つけた。

外観
ご覧のようにビルの1Fには、
ベトナム料理、ネパール料理、韓国料理と看板が並んでいる。
4Fへ上がった。
AANGANというところだ。アーガンと読む。
この時は、遅刻だと思ったので、急いでいた。
すると、まだ誰も来てないようだった。
そして、びっくりなのは予約が入ってないと。笑
本日会う予定のDr Curryに連絡すると、
それはおかしいと。
その場で、席を人数分取った。

食べ物1
こういったことは海外ではよくありそうなことなので、
ネタになると笑って済ますことができた。
それより、Dr Curryとの再会が楽しみだ。
発酵大根漬物が面白かった。
美味しいのだが、今までに食べたことのない味で、
世の中には本当に色々な食べ物があると興味深かった。

食べ物2
最初は5人でスタート。
ビールで乾杯した。
Dr Curryが職場のカレー部員を連れてきてくださった。
?砂肝の甘辛ソース炒め?だったと思うが・・・自信なし。笑

食べ物3
お料理は全般にお任せにした。
といっても修行場に、ではなく、
Dr Curryとその部下(部員)に。
これはChaw Chaw sadeko(乾麺のスパイシーマリネ)だったはず。
ベビースターラーメンのような感じで、
B級グルメというか、ジャンクフードというか、
これまた面白かった。

食べ物4
ネパールの地元のような料理。家庭料理。
美味しいものばかりだった。
ネパールはインドの北に接しているので、
似たような料理もあり、カレーはその1つだ。

食べ物5
色々な種類のものを頼んだので、
何がなんだったか、忘れてしまった。笑
どれも口に合い、どれも残らなかった。
写真はアルジラといい、じゃがいものスパイシー炒めだ。

食べ物8
途中、仕事が遅くなった2人のカレー部員が合流してくださった。
全部で7人となった。

食べ物7
仕事の話、カレーの話などで盛り上がる。
皆さんとても良い方で、会話も弾んだ。
一番の若手と思われる方が、かなり東京カレー事情に詳しかった。
本来の専門はラーメンだったらしいが、
最近、カレーに推し変したらしい。
そして、4月からDr Curryの元で働くそうだ。
既に予習しているあたりが素晴らしすぎる!笑

食べ物6
スパイシーモモは覚えている。
大きかった。
スパイスの利いた餃子。
モモは元々ネパールのものらしいが、
最近は日本でもだいぶ浸透してきたと思う。
大人数なので、色々なものをシェアするのが楽しい。
一人や少人数ではできないことだ。
Dr Curryの人望で集まってくださった。
そういえば、カレーで有名なのは神保町か・・・笑

食べ物9
今度7月に函館で再開できるのではないか、
と話が盛り上がったりもした。
これは仕事絡みで、実現の可能性はある。
ミックスチャタマリ(ネパール風米粉のクレープ)は
刺激の強いスパイシーなものばかり食べていたら、
一服の清涼剤のような役割を果たしてくれた。

食べ物10
また、東京カレー事情を聞き、
明日からの修行の参考にさせてもらうことにした。
非常に貴重なご意見をいただいた。
?マトンの脳みそのフライ?だったろうか?
凄いメニューがあるなあ、と思った。

食べ物11
流石カレー部員の皆さん、辛いものが好き。
注文時もなるべく辛くして、とお願いすると、
青唐辛子を刻んだものをトッピングしてくれた。

食べ物12
途中でも食したが、
当然のように〆はカレーとなる。
これまたみんなでシェアして色々なカレーを楽しむ。
まるで鍋をみんなでつつきながら、親交を深めるが如くだ。

食べ物13
Dr Curryから貴重なカレー談義をいただいたりもした。
その中で印象的だったのは、
日本での南インド料理の始まりは
一般的にはアジャンタと言われているが、
実はナイルレストランが最初ではないかという話だった。
話はカレーに限らず、多岐にわたり、
餃子、ラーメンなどの話も面白かった。

どんなものか忘れているものがあったり、
他にも食したかもしれないのだが、
これだけたくさんあると、
しかも初めてのものばかりで、覚えられない。

メニューで
Piro aalu(じゃがいものスパイシー煮込み)
?マトンタンのフライ
?鶏肉のスパイス和え
?乾燥マトンのスパイシー炒め
?乾燥マトンの揚げ物
なども頼んだと思うが、自信なし。笑
また、折角カレーも頼んでいるのに、何カレーか覚えてない。苦笑
とにかく凄い品数で、やはり大人数で楽しめるのはいいことだ。
あ、言い訳。
結構ビール飲んだ。笑

さて、2次会へ。
元々移動はどうするのかと思っていた。
電車かな?
SUICAを持ってないので、
切符買う時間待ってもらわないと、など余計な心配をしていた。
すると、人数いるから潔くタクシーで行きましょう、となった。
Dr Curryのホームグラウンドへ。

外観
Eblack(エブラック)というバーに連れて行ってもらった。
ここはバーだ。
カレー修行場・・・?笑
看板にスープカレーって書いてある!!!

中
ここはバーだ。
Dr Curryが入れているウイスキーをハイボールで呑んだ。
マスター笑顔で良い人だ。
メンバーはさっきの人達全員で7人でテーブルに陣取った。

スープカレー1
スープカレーを多め(確か3人分=既に記憶微妙。笑)にお願いしたら、
土鍋で出てきて、ちょっと上がった!(嬉しくなった)
写真のボケ方が、酔っ払いなのか、暗さなのかはよくわからない。笑

スープカレー2
ピントはまあまあと思ったら、暗さでカレーがよくわからない。笑
とても悔しい。
それに気づいてないってことは、やはり酔っていたか。
認めたくないが、そうなんだろう。

スープカレー3
そんなわけでDr Curryの写真を拝借。笑
綺麗だなあ。
そして、カレーは甘めで、野菜がたっぷり入っていて嬉しかった。
辛さアップのアイテムで辛くしたし、
ライスがたくさん出てきたと思っていたが、
みんな美味しかったと見えて、
早々になくなってしまった。
話も多々盛り上がり、本当に素敵な集まりだった。

途切れ途切れの記憶を掘り起こすと
(何故か写真を撮ってない!)
カラオケで、Dr Curryが
筋肉少女帯日本印度化計画を歌って下さった。
返礼として(笑)ももクロを歌った。
すると初めて会う女の子が、
ももクロ好きだと言ってくれたり、
夏菜子ぉぉおの友達の友達だよ、
と言う静岡出身の女の子がいたりした。
東京は凄い!

帰りのタクシーかホテルで(もうどちらか忘れている)
時計を見たら、27時だった・・・・・
仏太は遊びで来ているからいいが、
他の集まってくださったカレー部の方々は
翌日(金曜日)仕事のはず・・・・・

本当に、あざっす!あざっす!あざっす!

I went to Tokyo by air. In the evening I met Cr Curry at AANGAN, newari food shop, in Shin Ookubo. I met fellows of Dr Curry. They were all members of Curry Club in their worksite. We enjoyed so many good foods including curries.
Next we went to Eblack in Ogawa-cho. It was one of Dr Curry’s home. It was a bar so we drank high ball. There was soupcurry on its menu. We ate good soupcurry there, too.
At last we enjoyed karaoke at midnight. My memory was cut and cut.www
It was a happy night to spend.
Thank you for Dr Curry and his fellows.

花田
帯広市幸福町東5線173
0155-64-2525
10:30-20:00
木曜定休

ネパール民族料理 AANGAN
東京都新宿区大久保2-32-3リスボンビル4F
03-6233-9610
11:00-24:00 (LO23:30)
無休

BAR&FOODS Eblack
東京都千代田区神田小川町3-11ダイワビルB1
03-3294-5671
11:50-14:00LO, 18:00-28:00
第3土曜、日曜、祝日定休

修行者覚醒?(インデアン音更店)

2017 年 2 月 22 日 水曜日

主役は大変そうにして食していた。
今日は挑戦します!と大辛を頼んでいたようだった。
仏太より随分先に食し始めていたが、
仏太よりだいぶ後に終わっていた。
というか、仏太が終わって出ていく時はまだ食していた。笑
食事は人それぞれのスピードがあるので、
遅いのを責めているわけではない。
辛そうで辛そうだったのだ。
あ、これはつらそうでからそうと読む。笑

数日前に、22日をカレーの日にするよと伝えたら、
私、今度挑戦しようと思います!
と真剣な目をしていた。
もしかしたら、仕事の時より真剣だったのかもしれない。笑
カレー修行者として目覚めたか?
確か、前は普通か中からだったのではなかったか?
17年2月6日の日記「これって何ですか?(インデアン音更店)」参照。)

既にこのインデアン音更店からのtake outを通じて、
修行者として頑張っている人達は多々いる。
辛さだけがカレーの良さではないが、
周りの人達が辛さも楽しんでいるのを見ると、
やはりその世界に足を踏み込みたくなるのだろう。

野菜シーフード
その後輩に刺激を受けて、今回仏太は
野菜シーフードにした。
野菜ルーのシーフードカレーということだ。
普段のシーフードカレーはベーシックルーだ。
なんとなく普段やらない珍しい組み合わせを選んでみた。
これまたいいものだな。
今後、野菜ルーも少し極めたいと思ったりした。
まだまだ修行は続く。

I ate seafood curry with vegetable roux taken out from Indian Otofuke branch. It was rather good than I had thought. It was good.

インデアン音更店
音更町木野大通東16丁目1
0155-30-2139
http://www.fujimori-kk.co.jp/
10:00-22:00 (LO21:45)
無休
参考:乙華麗様です!第5回