‘カレー修行(麺類)’ カテゴリーのアーカイブ

宝刀とか放蕩ではないらしい(図無志亭)

2018 年 4 月 12 日 木曜日

ほうとうとは山梨県の独特な麺だ。
平たく太く独特の硬さがある。
郷土料理で、温かいのも、冷たいのもあるようだ。
また、デザート的な形でのものもあると聞いてびっくりした。
麺類がデザートになるのか・・・。

仏太は、そのほうとう
本場の山梨県で食べたことはない。
なんと帯広で食べたことがあるのだ。
以前は一般的な、野菜が沢山入ったものをいただいた。
スープは味噌ベースだったと思う。
帯広では唯一、十勝でも唯一のほうとう専門店でいただいたのだ。

だから、ほうとうという麺に関して、
本家本元を食べたことがないし、
実際にどういうものかというのをわかっているわけではない。
十勝帯広で食べた時の記憶でしかない。

ただ、独特な麺ということはわかる。
必殺技的な伝家の宝刀ではないのもわかる。
ぐーたらしている息子のような放蕩でもないのもわかる。

外観
本日、夕食で、その図無志亭に行った。
情報が入ってから、結構経っていたが、
しっかり覚えていて、
今回やっと行くことができた。

カレーほうとう1
情報とはカレー味が出たというものだった。
ほうとう専門店というのは、帯広に限らず、
北海道全体を見渡してもそんなにはない。
以前に来た時は、カレー味はなかった。
熱々の鉄鍋に入ってくる。
ふわ〜っとカレーの匂いが漂ってくる。
ちょっとスパイシーなカレーほうとうという。
これ以外に、カレーほうとうというのも貼り紙メニューとしてあった。
まあ、スパイシーな方を選んでしまう。

カレーほうとう2
具だくさんだ。
豚肉、人参、じゃがいも、ネギ、玉ねぎ、しめじなどなど。
スープをすすってみると、出汁が非常によくきいたカレー味だ。
熱々をすすりながら、麺や具を一緒にいただく。
ああ、徐々に体が温まる。

カレーほうとう3
ほうとうの麺は平たく厚め。
モチモチした弾力があり、非常に食べごたえがある。
熱々なので、猫舌の仏太は慎重に。
あ、あちっ!
慎重にしていても、熱い。
体が更に温まる。

I went to Zumushitei in Obihiro with my wife for dinner. I ate slightly spicy curry hoto. Hoto is one of noodle. It was Yamanashi’s soul food. It was good.

図無志亭
帯広市東5条6丁目2セイノビル1F
090-9433-1021
11:30-21:00
水曜定休

参考ブログ
帯広市/ほうとう 図無志亭(ずむしてい) (隠密麺喰い師の備忘録)

20ヶ月ぶり

2018 年 3 月 31 日 土曜日

この冒頭の段落は、後から書いている。笑
今回は前フリが異常に長い部類の1つだ。笑
カレーの話を読みたい(見たい)だけなのに、って人は
写真があるところまで、飛ばしていただけたら幸い。笑

当社調べに間違いがなければ20ヶ月ぶりだ。
文書改ざんがなければ20ヶ月ぶりで正しい。笑

無理に改ざんせずに、改良すりゃ良かったのにね。
森下友恵は美人だとか、
アキエさんはかわいいとか、
シンゾウの心臓には毛が生えているとかね。
(え?良くなってない?笑)

あ、脱線した。
本題はタイトルの通り20ヶ月ぶりということだ。
いやあ、凄いものだ。
20ヶ月といえば1年以上だ。
20ヶ月といえば2年弱だ。
20ヶ月前といえば、2016年7月だ。

いい加減に答えを出せよ!
と言われそうだ。
あ、一部の方は言ってるね。笑

答えを見ようと最後まで一気に行っちゃっても
実は最後に答えを書いてないのでわからないと思う。笑

この3月、2018年3月は、本日3月31日書かれたことで、
ブログが毎日書かれたことになるのだ。
月別で、その月毎日ブログ(日記)を書いた月
実に20ヶ月ぶりというのがその答えだ。

そして、当社資料室によると、20ヶ月ぶりというのは最長記録だ。
ここ最近は10ヶ月以上ぶりというのが続いていた。
以前は結構毎日のように書いていたことがあり、
むしろ連続で、毎日書いた記録がある。

まあ、ブログというのは毎日書けばいいというものではない。
が、継続は力なりという言葉がある。
続けることは大変なのだ。
石の上にも三年寝太郎というではないか。
(なんか違う・・・・・笑)

以前に何かネットで調べた時、(当社調べではない。笑)
ブログは2〜3年位がターニングポイントらしい。
多くのブログは3年以内に、閉鎖か放置となるそうだ。
だから、まず3年続くと、凄いってことになる。
ただし、それは長さに関して。
そして、それは毎日更新じゃなくとも、だ。
実際に様々なブログを見ることができるので、
確認してみるといいが、放置されているものはよく見る。
閉鎖したものは過去に見た記憶や記録がないと
現時点では発掘できなくてわからないが。
(アーカイブが残っている場合もあるが、
細かいことを言い出すとキリがない。)

当社資料室によると、
当ブログはこの3月で丸117ヶ月経つ。笑
もう少しで10年ということだね。
で、そのうち、今月のように、
全日(28〜31日)書いた月は通算68ヶ月になる。
だから、実は半分以上がその月毎日書いた月なのだ。

これは自慢しているわけではなく、
当社資料の整理だ。笑

2008年7月に正式(というのか?笑)に始まったブログは
当初毎日書いていて、35ヶ月連続で記録した。
1ヶ月開いて、その後また19ヶ月連続で書き続けていた。
そこまでで55ヶ月の内54ヶ月が、全日記載の月だった。
そこからややペースダウンするが、
それでも73ヶ月目までに、実に65ヶ月が全日記載の月だった。
調べていて、我ながら驚き凄いと思った。
が、自慢ではない。
他人事のように凄いと思ったのだ。
長く続けるだけが取り柄のブログとも言える。

最近は、毎日書くことにはこだわっていないし、
今月も途中書けない日があると思っていた。
が、後からその日も実はカレーを食していた、ということがわかり、
今月は久しぶりの珍事となった。笑

以前はカレーが出てこない日記も書いたのだが、
現在は、マイルールとしてカレーの話題を必ず出すということにしている。
それ以外にも細かいマイルールを幾つか作ってしまったが、
まあ、そのルールも厳格に守るわけでもないかもしれない。
ルールに縛られて、本末転倒になるのも嫌だし、
それがストレスになってしまうのは、楽しみを捨てることになるので、
やはりそうならないようにすべきだと思う。
楽しんで努力するのはいいが、義務感に駆られた努力はいらないと思う。
(ただし、このことに限って主張していて、
全部が全部努力しなくていいという意味ではない。笑)

たまに思いついたら、当社資料室から、
こうして記録をあさってくるのだが、
いつも気にしているわけではないし、
気がついてないことも多々あると思われる。
実際に、100ヶ月目って全然チェックしてなかった。笑
多分2016年10月だ。
そんなものだ。

さて、そろそろカレーの話に入らないと。笑

QTTAカレー味1
先日、コンビニで見つけたカップ麺だ。
テレビのCMで時々見ていたQTTAはカレー味がなかった。
今回、QTTAカレー味を見つけた。

QTTAカレー味2
CMはなんとなくイマイチな感じ。
いや、それは個人的な考え。
批判しているわけではなく、
仏太個人の好みではないということ。

QTTAカレー味3
果たして、CMは好みじゃなくても、カップ麺自体はどうか?
ずずっとすすると、お!個性的な味
カップ麺、特にカレー味はだいたいいきつくしたのかもと思っていたが、
その予想を超える、今までにない味だった。
これはこれでありだなあ。

QTTAカレー味4
あ、めくった蓋に書いてあった、
よく混ぜるというのが図がついて解説されていた。
それにならって混ぜなおしてみた。笑
それから上は丸いけど、底は四角に近い形をしている。
器も個性的だ。

カップ麺のCMはいまだに
大沢誉志幸そして僕は途方に暮れる
流れていたあれが好きだな。
でも、あのパターンのカレー味のは覚えてない。笑

あのCMは20ヶ月じゃきかないだろうし、
下手したら、20年以上経っているのではないだろうか。笑
(ネットで調べると、どうやら1984年らしく、33〜4年経っていることになる。)

あぐー豚カレー2
さて、夕食は今度はレトルトカレーをいただく。
そして、おかずを使って、スマイルアート

あぐー豚カレー3
ガングロ白髪パーマお婆ちゃんかな?笑
目に使ったネギで新しい発見。
ネギを煮ると甘くなるが、生で食べるとぴりっと辛味がある。
カレーと一緒に生のネギを食べるってことを
今までしたことないような気がする。
で、今回やった形になったが、いい辛さが来た。
これ今後のヒントになった。

あぐー豚カレー1
そして、今回は沖縄土産の沖縄あぐー豚ポークカレーだった。
最初、パッケージをスマイルアートと一緒に撮ったのだが、
スマイルアートの眩しさに隠れて、見えにくくなっていた。
このパッケージも面白いな。

そういえば、沖縄20ヶ月以上行ってないな。
いや、明らかにもっとだ。
恐る恐る調べたら、7年半行ってないことが判明した。
沖縄好きと言いながら、これはないな。
反省。
でも、機会があったら、また行きたいと思っている。

さて、久しぶりの珍事を調べるのは面白いものだ。
自己満足ではあるが、また明日から楽しめるきっかけとなった。
今後も義務感にかられず、
楽しんで修行して、
ブログ更新を継続したいと思う。

I ate curry taste cup noodle QTTA for lunch. It was unique. Not bad. For dinner I ate an instant curry with smile art.www The curry was Okinawa Agu Pork Curry. It was good, too.

無心、夜送別会

2018 年 3 月 28 日 水曜日

無心を英語で表現するとどうなるんだろう?
単語で表せるのだろうか?
だいたい、正確に理解してないかもしれない、
この深い言葉を訳せるのか?

かつてのアジアの英雄、香港のスーパースター、ブルース・リーの言葉
Empty your mind, be formless, shapeless, like water.
を考えるに、empty one’s mindってのが意訳的な直訳ってことか?
そうなると今度は、無emptyってことだろうから、
それが当てはまるのかどうか・・・・・

やはり自国語でも正確に理解しているかどうか怪しい言葉は
多国語に訳すのは非常に難しい。
というか、ニュアンスが微妙にわかってないから、無理だろう。

無心に近い意味での無我も調べてみたが、こちらはもっと難解だ。
selflessness、ecstasy, transport, absorptionなどなど。
いや、そういうのは、本来言葉として覚えるのではなく、
感覚として捉えるものだろう。
ただ、表現するならどうか、というところか。

そして、仏太自身、こう書きながら、全然覚える気がない。笑
単にいつもブログ(日記)の最終部分に、簡単になんちゃって英語で書くのだが、
時々わからない言葉を調べたりするので、
今回はそれを冒頭部分として引用するという暴挙に出ただけなのだ。笑

さて、本日は、飲み会3連ちゃんの中日。笑
しかし、仏太はこの日仕事のために参加できないのがわかっていたので、
最初から参加表明してなかった。
急に仕事がなくなったから飲み会に参加したってこともない。笑

COOPNOODLE1
一人寂しくチープな夕食にした。
チープと言っても、仏太の中では、カレーであれば豪華。笑

COOPNOODLE2
カップ麺でカレーヌードルをいただく。
COOP NOODLE(コープヌードル)のカレーだ。
これをズズッとすすっている時に、
ちょっと無心になれる自分がいる。

友達の一人が、雪かきしている時って無心になれる、って言っていた。
仏太は雪かきの時は、なんか考え事をしている。
友達に言われた時に、そう言えば、と考えたら、
雪かきしながら考え事をしている自分を思い出したのだった。
邪念が伴いながら、雪かきをしている。
雪のように純粋に純白、潔白というわけにはいかない。笑

COOPNOODLE3
しかし、今回カレーヌードルを食し終わって、
ふと気づいた時に、無我夢中で食していて、
仏教的な無ではないにせよ、
何かに固執したり、考え事をしていた
というわけではないという意味での無心ではあった。

COOPNOODLE4
考えることは多々あった。
が、その時は無心だった。
やはりそういう時間は、瞬間であっても大切だ。

今朝のいいこと、悪いこと
本日の会議の相変わらずさ
夕方の仕事の爆発的な忙しさ
などなど、今思い起こすと、考えることはあった。
でも、カレーヌードルをすすっている時は、
それらは全て吹っ飛んでいた。

やはりカレーは偉大だ

I ate an instant cup curry noodle bought at COOP. It was good for me. It let me to forget myself and things around me. Yes, curry is great.wwwww

いなり小路(KiRiちゃん)

2018 年 3 月 13 日 火曜日

いなり小路は、帯広にある沢山の小路の中で
最もお世話になっているところの1つだ。
(なんとなく、この言い方が英語っぽい。笑)
だから、ブログのタイトルになってるんじゃないかと思って、
検索したのだが、実はなさそう。
もう自分でも忘れている。笑

仏太が行くようになってから、おそらく10年弱だが、
その間にも、新しくできたお店だったり、
逝ってしまったところだったりが何軒かある。
全部を把握しているわけではないし、
全部に顔を出したわけでもない。

新しいところができたよ、と情報が入ったのだが、
最近、あまり街中に飲みに行ったりしないことが多く、
新しいところも、以前からあるところも、あまり行けてない。

今回は急用ができて、久しぶりに街中に出たと思う。
その記憶もあやふやなのだ。笑

そんなラストをいなり小路としたのには訳があるのだが、
新しくできたところには向かわず、
以前からあり、何度か入ったことのある、
ろくでなしというスナックへ行った。
元気なママさんの毒舌が心地よい。

チーズ餃子
ビール、日本酒とともにいただいたおつまみは
スルメだったり、このチーズ餃子だったり。
結構酔っ払っていて、かなりふわふわしていた。笑
そして、見つけたものがあった。
それは以前から噂のあったことが、
実際にできるという裏付けでもあった。

カレーラーメン1
KiRiちゃんのメニューがあり、
それでオーダーをしたのだった。
カレーラーメンだ。
隣なので、正直、行っても大丈夫なのだが、
それはこのいなり小路内で出前ができるってのを
実際に体験してみたいじゃないか。笑

カレーラーメン2
普通の出前と違って、本当にできたてなので、
ほとんど修行場内で食しているのと一緒だ。
ただ、色合い的に、お色気ムード満点ってことが違うのかな。
ってか、随分昭和な言葉を使ってしまった。笑
まあ、いなり小路自体、昭和なレトロ感を醸し出しているのでいいだろう。

I went to Inari Koji with a beautiful lady. We entered in a snack named Rokudenashi. I drank a glass of beer and a cup of Japanese sake. At last I ordered curry ramen of KiRichan next to Rokudenashi. It was a new style I experienced. It was like hot as I had eaten at KiRichan. I was satisfied with it.

ろくでなし
帯広市大通南8丁目9-2いなり小路
0155-23-3449
19:00-25:00
日祝定休

ラーメンKiRiちゃん
帯広市大通南8丁目9-2いなり小路
080-1867-3115
https://www.facebook.com/kirichan.08018673115
20:00-26:00(なくなり次第終了)
日祝定休

ディナー

2018 年 3 月 10 日 土曜日

英語のdinnerって、
夕食と勘違いしている日本人は少なくないと思う。
という仏太も正確には覚えていないが、
dinnerは1日の中で最も豪華な食事を言うらしい。
だから、夕食がそれにあたることが多いという。
それでdinner=夕食という間違った(正確ではない)知識となってしまうようだ。
まあ、日本人だからそのあたりはどーでもいい、っていう意見もあるかと思う。
この点に関しては、どーでもいいと思っている。
海外生活をするにあたって、必要な時に必要に応じて覚えればいいと思う。
日本での食生活でdinnerという概念をしっかりさせる必要はないと思うからだ。
もっともこれはあくまで個人的な意見で、
これからの国際社会を生き抜いていく中で、
絶対知っておかなければならないことだという主張があったら、
それはそれでいいんだと思う。
その人にとっては重要なんだろうし、
こんな時代にそういう意見が出てもおかしくないと思うからだ。
が、強要はよくない。笑

辛節かけすぎカレーうどん1
今朝の朝食。
不健康に思われるかもしれないが、
今日はディナーがあることはわかっているので、
それに備えて粗食にする。

辛節かけすぎカレーうどん2
とはいえ、この辛節かけすぎカレーうどん
結構仏太の好みで、インスタントではなかなかない。
スープカレーワンタンをこのブログによく載せるので
おわかりと思うが、インスタントではそれが一番のお気に入り。

辛節かけすぎカレーうどん3
で、最近、この辛節かけすぎカレーうどんを食して、
スープカレーワンタンの次に好きかもと思っている。

辛節かけすぎカレーうどん4
インスタントの、嫌な後味がないように思えるのだ。
それって辛さでわからなくなっているか?

昼過ぎ、仕事が終わって速攻で着替えた。
わがままで身勝手な人の対応にも追われたが、
今日は遅刻はできないので、とにかく急いだ。
時間に余裕があれば、バスで行くところなのだが、
程よい時間帯だったので、タクシーで会場へ向かった。
ノースランドホテルだ。
そう、ランチがディナーな日なのだ。

ディナー1
海の幸と野菜のカルパッチョ
ライムの香りを添えて

月並みだが、ホタテが良かった。
メニュー(献立というのか?)があって、
そこに書かれているものを見た時、
あ、スープが先じゃないんだ、と思った。

ディナー2
帆立入り 絹笠茸のスープ
で、スープがその次。
まあ、こういうのは決まった順番というのはないのかもしれないな。
ある程度決まっていても、バリエーションが色々とあるのかもしれない。
最初、メニューを見ずに、スープが来た時、
フカヒレのスープ!?と思って、少し舞い上がった。笑

ディナー3
鮑とハタのブラックビーンズソース
十勝産の長芋とともに

今回のホテルコースの中で、
仏太が一番気に入ったのは、この
フォークとナイフを使うのは久しぶりで、
最初上手く切れなかったが、徐々に勘を取り戻した。
うん、歯ごたえがいい。
長芋や魚が柔らかいだけに尚更。

ディナー4
柚子のシャーベット
お口直しとして、このシャーベット良かった。
スキッとして、甘みと酸味もほどほどの食べやすさ。

ディナー5
十勝産牛ロースのグリル
十勝産マッシュルームのソースとともに

THE肉!
これ非常に食べやすかった。

ディナー6
紅白の祝いの花寿司
まあ、もうだいたい気づいていたと思うが、
結婚披露宴に呼ばれて出席したのだった。
をかたどったものづくしみたいな感じで、
ああお祝いしているなあと実感。笑

ディナー7
ハートのフレーズムースと
バニラのアイスクリーム

形も色も綺麗で、もったいなくて食べにくい。
ここでもったいなくて食べられないと言おうものなら、
同じテーブルにいる美人さんたちがフォークをのばしてくるだろう。笑

人前式の挙式があり、多分3回目くらいなのだが、
これはこれで素敵なものだった。
花嫁さんがとても綺麗だった。
純白のドレスと真っ赤なドレス。
どちらも似合っていた。
新郎の姿を覚えてないくらい見とれた。笑

大雪と大雨が続いた影響で、
当日が十勝晴れだったにも関わらず、
札幌方面などから出席できない人が数人いた。
最近の予想を超える気象状況には色々とやられる。

素敵な式&披露宴で、昼間っから幸せ気分で酔っ払うことができた。
新郎新婦に感謝するとともに、末永い幸せを祈る。

素敵なディナーであっても、
ちょうどよいランチタイムにいただいたので、
当然、夕方になればお腹がすく。笑

カレー鍋
本日の夕食はカレー鍋
そう、夜もディナーだ。笑
後から友達に指摘されたが、
豆乳が入っていて、豆腐もあるから、親子鍋だねと。
これで納豆もあったら三世代鍋だと。
なるほどなあ、今度そうするか!笑
鍋は色々な具材をいただけるので、
栄養もいいし、お腹もいっぱいになる。
昼間の幸せとは違う心地よい満足感が広がった。

I ate an instant cup curry udon. It was one of I liked. It was breakfast. I worked hard so much in the morning. Then I went to Hotel North Land to join a wedding party. There were so many happiness in the room. We enjoyed a beautiful bride. And we ate good foods. It was today’s dinner. After a party I went back to my house and took a rest. In the evening I ate another dinner, curry nabe. It was so good. Thanks so much for my wife.

参考サイト
ホテル日航ノースランド帯広