‘カレー修行(麺類)’ カテゴリーのアーカイブ

ありがたいラジオの情報(KONNO STYLE)

2019 年 1 月 29 日 火曜日

タクシーを呼んだが、ちょっと時間がかかると。
ならば、前から気になっていたところに行くことにする。
いや、行ったことはあるのだけど。

職場の人達と飲み会だった。
分かれた後に、暴走スイッチが入った。
房総半島には行ってない。
北海道帯広にいる。笑

帰ろうと思ったのだが、
そうそう簡単に許してはくれなかった。
(え?誰が?笑)

外観
KONNO STYLEに行った。
夜中だけど、賑わっている。
久しぶりに来たけど、やはり人気なんだなあ。

カレーつけ麺1
お目当てのものがメニューにあり、
ほぼ他のメニューを見ずにオーダーした。
カレーつけ麺だ。
確かラジオで新メニューで出したって
結構前に聴いた気がする。

カレーつけ麺2
匂い的に、KONNOのカレーだ。
つけ汁は汁ではなくカレールー。
あ、カレーは飲み物だからやはり汁か?笑

カレーつけ麺3
普通に麺だけだと思っていたら、
フランクフルトミニトマトが入っていた。
ネギもいい味出している。

カレーつけ麺4
が太くもちもちしている。
縮れているのでルーとの絡みがいい。
この麺好みだが、KONNOのラーメンって
こんな麺だったっけ?
このつけ麺用の麺なのかな?
このあたり、ラヲタの友達がいたら教えてもらえるんだけどな。

あ、タクシー到着!
う〜〜ん、今日も〆カレーしてしまった・・・笑

I went to some izakaya bars and at last at KONNO STYLE I ate curry tsukemen. Its soup was the curry roux. It was good.

KONNO STYLE
帯広市西1条南10丁目ローヤルプラザビル1F
0155-26-5005
19:00-27:00
水曜定休

参考サイト
FM WING

進化

2019 年 1 月 1 日 火曜日

カレーのように、地味でも少しずつ進化をしたいものだ。
今年の抱負の1つ。笑

カレーライス
ランチにシーフードカレーをいただいた。
昨日の残りのカレーをいただいたのだ。
18年12月31日の日記「一字」参照。)
新年からカレーをいただけるありがたさ、嬉しさ。
父の手作りだから、尚更ありがたさがしみる。

仕事をし始めて数年(20年以上)経つが、
弱小で生きながらえてきたので、
三が日をまともに全部休んだことはなかったのだが、
今年は初めて全部休み。
そんなときほどこれと言って何をするわけでもなく、
ダラダラと過ごしてしまうのだ。
たまにそういう生活も悪くない。

ちゃんちゃん焼き1
そんなこんなで夕食。笑
豪華で野菜たっぷりが嬉しい。

ちゃんちゃん焼き2
ちゃんちゃん焼だ。
整っている絵柄と、
成り行きで自然に混ぜられた絵柄と、
仏太はどちらもある光景なので好きなのだが、
やはり人それぞれ好みがある。

カレーうどん
そして、好みがあると言えば、〆だ。笑
あ、いいや、普通にいただいているので、
外食している(外で飲んでいる)時と違い
無理に〆をする必要はないのだが、
やはり〆がカレーだと上がる。笑
カレーうどんだ。
昨日、本日昼に続き父カレーがベース。
そばつゆを足して、カレーうどんの出汁にしてくれた。
うどんもシコシコで満足な〆だった。
あ、茶碗洗いでお礼にかえさせてもらった。笑

I ate two curries on New Year’s Day. For lunch I ate seafood curry made by my wife’s father. For dinner I ate chan-chan yaki, salmon bbq, and at last I could eat curry udon. They were so good. Thank so much to Father.

鹿追土曜日夜(二善)

2018 年 11 月 17 日 土曜日

最近、鹿追での過ごし方がパターン化している。
そして、そういうのに囚われたくない仏太のはずなのだが。
結局、同じパターンで行動することになる。
18年5月18日の日記「1人の贅沢(初音)」
18年5月19日の日記「定番(二善)」
18年5月20日の日記「味噌野菜カレーラージャン麺(花のや)」参照。)

しいて違うと言えば、今回は目の前まで来て、
外観写真を撮ろうとした時に、
ポケットに携帯が入ってないことに気づき、
出戻りとなったってことくらいだろう。

外観
ってなわけで、鹿追2泊3日の時の2日目夜はほぼ二善に行く。
駐車場に車が沢山。
なんかやばいかな。
ちょうど入れ違いに人が出ていった。
席よ、空いていてくれ!

カウンター席のところで親子が立っている。
ラッキー、空くところか!?!!
ガビーン、座った。

大将と目が合った!
お久しぶり!と元気に声をかけられて、笑顔になる。
一人?二人?
あ、一人ならカウンターどうぞ!と。
ありがたい!
本当に一人分空いていた。
両側の親子に申し訳ない。
偶然だと思うが、仏太から子供を守るように
母親が隣という配置だった。(両側とも)

食べ物1
背中側になるテーブル席も非常に混んでいるのが様子でわかる。
だいたい入った時に靴を脱ぐのだが、
下駄箱がかなりいっぱいだったので、
これは覚悟を決めないとと思っていたばかりだった。
帰らなければならないことも想定していたが、
ラッキーなことに座れた。
しかし、当然のように注文してもすぐ来ないだろうということは予想された。
なので、ビールお通しがすばやく来たときには感謝した。
そして、気長にゆるりと待つことにした。

食べ物2
早く来るだろうという予想で頼んで枝豆
お店によってはすぐに出てこない場合もあり、
オペレーションやこだわりなど色々あるんだろうなと思う。

食べ物3
揚げ納豆は小ぶりで食べやすくて、ありがたい。
辛子がつくのもありがたい。

食べ物4
トマトスライスはさっぱりしていて健康的。

食べ物5
ナンコツはほとんど肉がいっぱい。笑
ナンコツ入り鳥串みたいな感じだが、名前はナンコツ。笑

食べ物6
豆腐サラダの潔さ。
豆腐がいっぱい。
う、嬉しい!

食べ物7
つくねは塩。
肉の密度、味付けなど満足。

食べ物8
ネギも嬉しい。
最近健康志向というか、
これだけ沢山食べているくせに
ダイエットをしているものだから、
野菜類はとてもありがたい。
もちろん好きだからオーダーする。

食べ物9
ダイエットという言葉を出しながら、
〆は高カロリー!笑

食べ物10
カレーうどんグラタン
お腹に余裕があれば(なくても?)
ここでの〆に嬉しい。
パターン化されるのはしょうがない。笑

I went alone to Nizen in Shikaoi for dinner. I drank glasses of beer and ate good foods. It was very crowded I could sit down a seat I was alone. I was lucky. At last I ate curry udon gratin. It was so good. Thanks.

二善
鹿追町元町1-4
0156-66-3933
17:00-25:00 (日祝-24:00)
不定休

カレーうどん、カレーとうどん

2018 年 11 月 8 日 木曜日

カレーうどん1
夕食は実はカレーうどん
納豆、らっきょも一緒にいただく。
2週間ほど前は、カレー(スープカレー)とうどんを別にいただいたのだが、
18年10月25日の日記「うどん」参照。)
今度はカレーとうどんが組み合わさってカレーうどん。笑
「カレーうどん」と「カレーとうどん」とは違う。
食すものは概ね同じかもしれないが、違う。笑
「ラーメンライス」と「ラーメンとライス」は
同じものではないかと思われるが、
「カレーうどん」と「カレーとうどん」は違う。笑

カレーうどん2
さて、カレーうどん
ベースのカレーは昨日、一昨日食した大根カレー。
18年11月6日の日記「あやふやに聞こえるかもしれないが、実は芯はしっかりしている」
18年11月7日の日記「ビーツ」参照。)
一度カレーを作ると連日カレーになるという、
世界的に普遍的な法則が当家にも適応されている。笑
毎日カレー、嬉しいなあ!!!

あああああ!!!!!

うどんを持ち上げた写真を撮るのを忘れた!
これだったら、カレー丼なのか、カレーそばなのか、
カレーラーメンなのか、カレースパゲティなのか、
カレーカレーなのかわからないじゃないか!!!
(カレーカレーってなんだ?www)
でも、食すとカレーの奥にあったのはうどん。
これはカレーとうどんではなく、カレーうどん。笑

I ate curry udon with natto and rakkyo for dinner. It was made by my wife. Special thanks so much. It was so good.

釧路と帯広(萄々花、江戸東)

2018 年 9 月 24 日 月曜日

釧路と帯広は同じ道東地区に区分けされるが、
全然違う性質を持っていると思う。
それはそこに住む人、出身の人の気質にも表れているだろう。
街並みとか、政治経済でも同様だろうと思う。
それが良いとか悪いとかではなく、
同じ地域と扱われても、実際は120kmも離れているので、
違って当たり前なんだよってことだ。
その違いを認めるかどうかだったり、
お互いを尊重するかどうかなのではないかな、と思う。

仏太は出身がそのどちらでもないので、
外側から道東だったり、
釧路、帯広をある程度客観的に見たりする時がある。
また、十勝に住んで10年を超えたので、
帯広を住民として見るってこともあり、
そういう目で釧路を眺めることもある。
(十勝住民としてってことね)
どんなところにも良い面、悪い面があるものだ。
それぞれの個性なので、それぞれが良い方向に伸びていき、
お互いに切磋琢磨するのが理想なんだろうなあ。

チキンカレー1
なんてことはこれを書いている時点で思っても、
実際に釧路にいる時は考えもしなかった。笑
そんな釧路最終日の朝食は昨日と同じ、
ホテルパコにある萄々花
昨日は窓際の席で、高所恐怖症の仏太にはやばいのではないかと思ったが、
意外と「下」を感じることなく、川と河岸の景色を楽しみながらの朝食だった。
本日の席は窓際ではなく、殆どど真ん中で、
景色は殆ど見ずに食に千年女王、いや、専念した。

チキンカレー2
さっきの写真を見ておわかりかと思うが、
今回もカレーがあった。
しかも昨日とは違うカレーだ。
チキンカレーだった。
たまたまよそったら、昨日より具がはっきりと分かる感じになった。
昨日と同じように玉子も入れたのだが、
写真を忘れて、玉子の崩して混ぜた後に気づいた。笑
すなわち親子カレーとしたのだった。
満足。

以前のツアーなら、更に本日も色々と回って、
状況によっては夕方に帰るってこともあるのだが、
今回は食後、少しお風呂に入り、そのまま帰路につくことになった。

高速を使って、釧路も楽になったなあ、と思いながら、
楽しかった思い出を反芻していた。
帯広に着いた時、ちょうど昼時だった。
程よくお腹も空いてきたので、江戸東に行くこととした。
系列としては釧路の東家という有名な蕎麦屋で、
釧路つながり的なところで。
中の壁には、釧路の蕎麦屋さんが列挙されたポスターが貼ってあった。

注文した蕎麦を待っている時に、トイレに行ったのだが、
他の席から声をかけられた。
うわ!知り合いだ!
嬉しいなあ。

カレー南蛮1
カレー南蛮をいただくこととした。
ああ、いい匂いがする。
満席の人達の中に、仏太とは別にカレー南蛮を頼んでいる人もいた。

カレー南蛮2
既に運ばれてきた時に見えていたが、
この緑の麺が特徴的。
一瞬、え?これ蕎麦?ってなることがなくなり、
かなり慣れたんだな、と自分で思った。
別皿のネギを入れたが、この後一味も入れた。
甘いネギと歯ごたえのあるかしわと一緒に
程よいコシで、絡んだカレーと共に楽しんだ。

これで今回の釧路ツアーは終了。
荷物整理などをして、その後休んだ。
釧路も時々行きたいものだ。
(今回は1年半以上空いてしまった。)

I ate chicken curry and so on at Totoka a same restaurant as yesterday. We took a bath after eating in a hotel. Then we went back to Obihiro on a highway. For lunch at Edoazuma I ate curry nanban, my wife Gomoku soba. It was so a good tour to Kushiro. Thanks so much.

萄々花
釧路市末広2丁目ホテルパコ釧路12F
0154-23-8585
http://www.paco.co.jp/kushiro/restaurant.html
6:30-9:30(宿泊者のみ?)
無休

江戸東
帯広市西24条南2丁目1-8
0155-37-3450
11:00-14:30, 17:00-19:30
水曜定休(平日は昼のみの営業)