‘カレー修行(麺類)’ カテゴリーのアーカイブ

掃除〜目標

2021 年 1 月 9 日 土曜日

ちょっと掃除をした。
職場のデスクだ。
おそらく人から見ると、ゴチャゴチャに汚れているイメージ。
しかし、仏太はだいたいどこに何があるか把握している。
綺麗な女性に、あれを出してくださいと頼まれた時、
書類の山の中から一発出して驚かれたことがある。笑
いや、自慢じゃない。
事実を述べているだけ。

しかし、流石にちょっと・・・と自分で思うようになったので、
少し整理をすると決心したのは、数日前。
いや、年を越す前だったかもしれない。
すなわち、年末の大掃除的にするつもりだったような気もする。
いや、もうこうなっては時期はどうでもいい。笑
掃除を決心するのと実行することができればそれでいいのだ。

要らなくなった書類
個人情報の載っているもの。
状況によりシュレッダーする。
ホッチキスを外して、ゴミを分別することもある。
ゴミ箱3つをいっぱいにしてしまった。

また、賞味期限切れのレトルトカレーも見つけてしまった。
ちょっとくらいなら問題ないので、
後日食す予定を立てる。
あ、正確には日程は決められないので、
後日食すために取っておく。

あまりにも年数が経ったものはごめんなさいをしてお経をあげた
流石に切れて10年近く経ったものは、
ちょっとくらいは気にしない仏太でも駄目だ。
だいたい切れて2年位は許容範囲と思っているが・・・・。笑
レトルトカレーに申し訳ないことをした。
やはり片付ける時はいつもと同じ場所にしておかないと忘れてしまう。
実際に幾つかある引き出しのうち、殆ど使ってない部分が2ヶ所あり、
そこに入っているものはほぼ使ってないわけだから、
なくしてもいいという考え方も可能だ。
事実、そこに入っていたものは半分以上捨てた。
が、まだ捨てきれてないものもあり、
断捨離が下手くそだということがわかる。

今回の掃除で気づいたのは、
というか、今回の掃除で出たゴミは
プラスチックごみよりも萌える、いや燃えるごみが多かったということ。
まあ、今回の掃除の範囲では、ということだろう。

それから、ショックな過去を見つけた。
いや、それは過去の自分が、未来の自分へ向けたメッセージでもあるのだ。
こうなることはわかっていたが、忘れていたのだ。
数日前に小掃除でいじった時は気づいてなかったものを
今回の中掃除で見つけたのだ。
それは必然だったのだと思う。
過去が蘇り、ドキドキして、体が火照ってくるのがわかる。
ああ、そういえばそういうことがあった。
当時の状況と反省が一気に蘇り、一瞬にして自己嫌悪に陥った。

コロナ禍での精神状態というのも作用したと思う。
あくまで自己分析だが。
正直、周りの人よりも、このコロナ禍の影響を受けてないと思っている。
周りにはもっと辛い思いやストレスを抱えている人が沢山いる。
そうわかるほど、歴然と仏太の方が図太い神経だ。

今回、掃除をして、強い自分と弱い自分を再認識した形となった。
とても良かった。
やはり掃除はすべきだ。笑

が、精神的ショックはかなりでかかった。
おそらく同じようなことで悩んでいる友達がいたら、
過去のことは気にするな。
気にしてもいいが、未来のために反省して、
同じことを繰り返さず、より良くしていけばいい。
などとアドバイスするのだろうが、
やはり自分のこととなると、落ち込んでしまうと、
中々自分ではそういう考えをするに至らない。

食そうと思っていたカレーを諦めることとなった。
やけくそまでは行かないが、生焼けうんこくらいな気持ちだった。
昔なら寝れば治るか、より良くなることもあったのだが、
まだ昼間で寝る気にもならない。

とりあえず、ももクロの曲を聴いて気持ちを少しでもあげよう。
それまでは、FM WINGを聴いていた。
掃除をしながらラジオを聴くのはちょうどよいのだ。
ってか、ちょうどFM WINGで、堂々モノノフ宣言!の時間となったのだ。
いつも笑顔と元気と勇気を届けてくれるももクロ。
少し気持ちも紛れたが、このショックからは中々立ち直れない。
久しぶりの強いショック。

カレーうどん1
夕食に食そうと思ったレトルトカレーは気分的にいいやとなってしまった。
ああ、カップ麺のカレー(カレーラーメンか、カレーカップヌードルなど)を
食したいという気持ちがふつふつを沸き起こった。
でも、なかったよなあと思った時に見つけたのがこれ。
どんぶり麺のカレーうどんだ。
ノンカップメンとあるのは単なるインスタント麺ではないということ。
カップ麺(カップメン)ではないということ。
ここで言うカップ麺というのは、器にお湯を入れて3分(くらい)で出来上がる、
あの簡単なインスタントもののことだ。

カレーうどん2
このどんぶり麺カレーうどんは器に麺と粉を入れて
お湯を注ぎ、蓋をして待つだけというものだ。
インスタント麺(まるちゃんとか)のように、
鍋で茹でて、どんぶりに移すということでもいいのだろうが、
これは皿(どんぶり)で作ってしまうという、
ズボラ者にはありがたいものだ。
こういう気分の時に最適だと思った。笑
今回の器は適する蓋がなかったので、ラップをして蓋代わりとした。
それでも構わないと説明書きに書いてあったのだ。
要するに密封して、お湯の温かさで、
麺を程よい硬さ(柔らかさ)にするということだろう。
カレー粉は麺の上と下に分けて入れた。
お湯を注いで約5分待ったら、
ラップを外して、麺を混ぜて出来上がり。
混ぜる前なので、黄色が非常に薄くなっている。笑

カレーうどん3
ちょっと色々やっていて、少し遅れたかと思った。
そう時間を計らずに、なんとなくの感覚でやってしまうズボラ者。笑
すなわち麺がふにゃふにゃに柔らかくなりすぎたのではないかと心配した。
が、ちょうどよかった。

体は心に影響し、心は体に影響する
すなわち色々なことが相互作用する、と仏太は考えている。
最近、体調自体は悪くないのだが、
以前に比べると、乾燥している感覚が強い。
かかとのひび割れは毎年冬の恒例行事だが、
手の指にアカギレが酷い。
消毒によるものもあるかもしれない。
更に、脚や背中のかゆみが結構強い。
乾燥肌だなと思うが、見えない部分もある。
二の腕には湿疹かなと思うボツボツができたりもしている。
って、書いてきて、これって体調が悪いってこと?とか思ったりした。笑

体のケアをしつつ、気持ちもしっかり持たなければならない。
ここでやられていたら、身も心もローリング・ストーンのように転がり落ちてしまう。
立て直さなければ。

まだまだ、断捨離すべき所はある。
断捨離を含めて、しっかりと掃除をすべきだ。
物も心も。

神様は乗り越えられる壁しか用意しない
とりあえず、言葉だけでも強がる。
事実を受け止めて、過去を反省し、前に進む。

今年の目標が定まった。
いつも漠然とこんな感じ、という目標で、
人が立てているのを見聞きして、
ああ、考えないとな、と呑気に思うのだが、
今回は少しずつ考えた形になった。

笑顔
感謝
謙虚

考えついた順番。
こんな時代だから、なおさら笑顔は大切だろうな。
そして、やはり人とのつながりも大切で、感謝を忘れてはいけない。
で、今回、過去を振り返り、失っていた謙虚さを取り戻さないと。
ということで、今年(いや、今後の人生)の柱だ。

カレー修行も人生修行もしっかりと続く。

参考サイト
週末ヒロイン ももいろクローバーZ
FM WING

マンネリの妙

2020 年 12 月 22 日 火曜日

日曜日の夕方から夜はテレビを見ることが多くなった。
というか、見ることができるときが増えた。
18時からは自分のラジオ番組のおかわり(再放送)があるから、
上手くタイミングを見計らわないとならない。
その中で笑点を結構見ると思う。
落語家の大喜利が結構好き。
大喜利の前に、色々な演芸(落語、漫才など)を見ることもできる。
このパターンは仏太が子供の時から変わってない。
物心ついたときにはもうやっていた番組なので、
仏太が知る前はどうだったか覚えてない。
が、概ねワンパターンで、ずーっと続いている長寿番組だ。
ちなみに本日12月22日は火曜日なので、一昨日も見た。
その12月20日は第2741回だったという。
凄いな。
飽きられるものではなく、持続的で受け入れられるマンネリって素晴らしいと思う。
見習わないと。

スープカレーうどん1
本日の夕食は、メインがカレー。
昨日と同じようにも見えなくはない。
20年12月22日の日記「白菜キーマスープカレー」参照。)
ベースは一緒だ。
そう、白菜キーマスープカレー
他に豆腐、もずく、みかんとお茶だ。

スープカレーうどん2
白菜キーマスープカレーは昨日と違うところが幾つかある。
20年12月22日の日記「白菜キーマスープカレー」参照。)
ちょっとスパイシーになった。
見た目だと、挽肉が昨日よりわかりやすい。
玉子が入った。
もう一つ、一応見えているのだが、パッと見だとわからないかも。

スープカレーうどん3
予想ついた方もいるかと思うが、うどんなのだ。
最初の全体像でライスがないってことや
連日の場合、うどんがどこかで入る可能性など、
今までの仏太のカレー修行を御存知の方は予想できたかもしれない。
また、先程の写真で9時方向くらいにほんのちょっとうどんが見えている。笑
まあ、そんなこと考える必要ないとか、
全く考えもしなかったという人の方が多いだろうが。笑
テレビ番組の笑点のようにマンネリの妙というか、
同じようなパターンでも、カレーが美味しければそれはOK。
というか、カレーはなんでも美味しいので、OK。笑
ということで本日の夕食は、
白菜キーマスープカレーうどんとその仲間たちだった。
美味しくお腹いっぱいにいただいた。
あざっす!あざっす!あざっす!

参考サイト・ブログ
FM WING
食KING食QUEEN十勝 Blogページ
笑点(日テレ)

喜びのカレー(インデアン音更店)

2020 年 12 月 3 日 木曜日

最近、忙しい
上手く説明できないのだが、変に忙しい。
概ね残業せずに帰ることはできている。
食事も摂れている。
だから、時間的制約ではないと思う。
仕事の密度の濃さ、なんだろうか。

あまり忙しい自慢をしたくはないのだが、
この変な忙しさは、なんとなく口に出したくなる。
不満とか愚痴ではなく、ただその事実を。笑

細々と色々な仕事が入る。
また、ちょっとした臨時案件が出てきたりする。
ルーチン的な仕事の中に、イレギュラーな仕事が入ると、
更に忙しさが増す。
アブラマシマシも仏太は苦手だが、
シゴトマシマシやイソガシサマシマシはもっと嫌。

今朝、出勤するとすぐにボスから、
11時から臨時の仕事が入ったと。
うわ!その仕事、そんなに簡単じゃない。
しょうがない、やらなければならない仕事だ。
午前中はそれぞれが別々に仕事することが殆どで、
二人が一緒になって仕事にあたるというのは
午前中ではほぼないので、よっぽどのことと考えなければならない。
すなわちある意味大仕事。

ボスに指令を受けた後は、朝のミニ会議がある。
これはうちの部署に朝礼がない分、代行している部分がある。
連絡事項の伝達だったり、本日の仕事の確認だったり。
会議終了後に、それぞれの人達に確認をした。
今日は定例のカレーの日だ。

外観
すなわちインデアン音更店にtake outしに行く。
だからこそ、11時からのやらなければならない仕事は
正直、え?それ、やらなきゃ駄目?という気持ちが出てしまった。
が、大丈夫。
すべきことはしっかりとやってから。
なので、インデアンに行くのも、任務を終えてからだった。
思ったより早くにその任務は終了したが、
いつもよりインデアンに行くのは遅くなった。
が、混み具合、人気は変わらないようだ。

野菜ハンバーグカレー1
今回仏太がtake outしたのは
野菜ハンバーグ極辛3倍みどりピンク
だ。
今回は初めて参加のメンバーがいた。
さとみさんとつばさちゃんだ。
半分冗談、半分本気で誘ったら、
え?いいんですかあ?!とインデアンのランチをしたいと。
これも地域貢献だ。(そこ?)笑

野菜ハンバーグカレー2
野菜ルーにすると、じゃがいもがゴロゴロと入る。
こころなしか人参も目立って見えた。
やはり野菜という意識が働いているか。笑
ハンバーグカレーのハンバーグは野菜ほどは目立ってない。
そういう目で見ると、ああ、そこにってのはわかるだろう。

野菜ハンバーグカレー3
ハンバーグはわかりにくかった。
だから、ちょっと食してから写真を撮ってみた。
が、こうやって後から見返してもわかりにくっ!笑
もっとわかりやすいように、配置を変えるか、
いっそのこと上に乗せてもらうのが良いだろうな。
いずれにしても美味しくいただけたのは幸せなことだ。
そして、カレーをみんなが喜んでいるのも。

喜びは昼だけで終わらなかった。
家に帰ってからもまた別の喜びが待っていたのだ。

大根スープカレーうどん1
大根スープカレー最終日の夕食。
20年12月1日の日記「大根スープカレー」
20年12月2日の日記「玉子が入った」参照。)
集大成とも言える・・・・だろう。笑
というか、連日全く同じでも全然大丈夫だが、
変化を持たせることで楽しめる。

大根スープカレーうどん2
だいたい目測を誤ることが多いのだが、
案の定というか嬉しい誤算と言うか、
丼から溢れんばかりのスープカレー
いいねえ。

大根スープカレーうどん3
今回はソーセージが入る。
昨日、一昨日になかった変化の1つ。
20年12月1日の日記「大根スープカレー」
20年12月2日の日記「玉子が入った」参照。)

大根スープカレーうどん4
高菜もトッピング。
これご飯のお供として好きなものの1つだが、
カレーの添え物として、福神漬などの代わりにもなる。
よく考えたら優秀だな。笑
あ、でも、カレーの添え物って、
ご飯のお供はだいたい代用できるはずだ。

大根スープカレーうどん5
青のりもトッピング。
実は海藻や魚介類もカレーに合う。
仏太は特にわかめとスープカレーの相性が良いと思い好きなのだが、
この青のりも抜群だった。
やはりカレーの懐の深さは日本海溝より深いのではないかと思ってしまう。笑

大根スープカレーうどん6
色々なトッピングがある分、
昨日、一昨日に比べるとパクチーは控えめ。
20年12月1日の日記「大根スープカレー」
20年12月2日の日記「玉子が入った」参照。)
でも、存在感はかなり凄い。

大根スープカレーうどん7
今回は生玉子をポトリ。
あ、白身部分がレンズのような役割で、その下が少し見えてる。
が、この写真だけ初見だとわからないだろうな。

大根スープカレーうどん8
これ、わかるかな?
大根も見えているんだけど、大根はカレーの面より上に顔を出している。
白身のところで見ているのは別のもの。

大根スープカレーうどん9
そう、うどんだったのだ。
今回は大根スープカレーうどんだったのだ。
今回の大きな変化はこれ。
だから、ライスがなかったというわけ。
まあ、炭水化物好きだけど、ダイエット中だから、
ライスかうどんかどちらかだけ。笑
美味しくいただいた。

この3日間、大根スープカレーをホップ、ステップ、ジャンプで楽しんだ。
1,2,3とステップアップ的な。
あ、12月1日、2日、3日と日付も1,2,3だ!
そして、今日は12月3日で、これまた123!笑
本当にカレーは喜びを与えてくれる
感謝だ。

I ate vegetable hamburg curry of Indian Otofuke branch for lunch. I took it out to our worksite restaurant. It was very good. At home for dinner I ate radish soupcurry udon made by my wife. It was so good. Thank you very much. Curry gives us pleasure. Thank you so much.

インデアン音更店
音更町木野大通東16丁目1
0155-30-2139
http://www.fujimori-kk.co.jp/
10:00-21:00
無休
参考:乙華麗様です!第5回

ジャンク

2020 年 11 月 20 日 金曜日

最近、またちょっとジャンクな時がある。
時々だ。
ジャンクフード系はそんなには食べない。
スナック菓子もインスタントものも。
が、それは嫌いとか絶対食べないということではない。
このブログを見てもらえれば、
どこかでインスタントものも食しているのが
おわかりいただけるかと思う。

今日はちょっとジャンクな感じ。笑
とはいえ、これまたおわかりかと思うが、
カップ麺のカレー系が多い。
それは自分でも思う。

新しいのを見つけるとそれを買うこともある。
それは当たりもあればハズレもある。
どんなものでもよくわからないもの、新しいものはそんなものだろう。

辛い牛カレーうどん1
辛い牛カレーうどんは前からあったかもしれない。
よくわからずに辛いというだけで買った・・・・ような気がする。笑
しかも、辛いという字を赤いと読んでいた・・・・ような気もする。笑
視覚は面白い。

辛い牛カレーうどん2
なるほど、色の濃さから辛そうだと思う。
楽しみだ。
やっぱり赤い・・・・ではないか・・・・笑

辛い牛カレーうどん3
お湯を注いで3分。
あ、もしかしたら、と思ったらやはりだ。
ちょっと固まっている感じがあるので、これはよく混ぜないと。
そう、ジャンクな感じはこういうところにも表れる。
(かなり勝手な解釈)笑

辛い牛カレーうどん4
で、よく混ぜてからいただく。
このちょっと平たい麺が良い。
細いのより好み。
という意味ではカップ麺はラーメンよりうどんが好きかも。
あ、カップ麺じゃなくてもラーメンよりうどん派だな。
そして、ああ、普通に辛い
多分、辛いのが苦手な人は無理しない方が良いのだろう。
でも、自分的にはそれほどでもないかな。
最後残った汁を捨てたら、底にちょっと塊が残っていた。
全てが溶け切ったわけではなかったのだ。
だから、そんなに辛いと思わなかったのかもしれない。
ふ、ジャンクだな。(意味不明)笑

ジャンクだと言うが、正確な意味はよくわかってない。
まあ、そういう言葉があっても良いだろう。
(無理矢理自己肯定)笑
しかも調べようとしてないし。笑

ただ、ジャンクな中にもちょっと高級感が漂うものもあった。
ジャンクな食べ物はどちらかというと
チープもしくはお手頃な感じを受ける。
しかし、先週食したMARUFUKU NOODLEはちょっと違った。
20年11月13日の日記「MOMOFUKU NOODLE」参照。)
ような気がした。笑
でも、キュービック野菜はジャンクな感じ満載だった。笑

カレーラーメン1
そして、この前食したカップ麺もジャンクだった。笑
味の大王元祖カレーラーメンはおそらくシリーズ物。
全国ラーメン店マップとか苫小牧編と書かれているから。

カレーラーメン2
お湯を入れて、くれた知り合いに感謝した。
3分経って開けてみると
いい匂いが漂ってきた。

カレーラーメン3
ああ、わかめが入っている。
わかめ好きなんだよなあ。
そう言えば、前に大王で食した時に入っていたよなあ。
色々な記憶が頭の中を駆け巡る。

カレーラーメン4
細麺をすすると、勿論味は苫小牧や室蘭の大王で食した、
あの有名なカレーラーメンとは違う。
しかし、わかめの香りが記憶を揺さぶった。
ジャンクだ・・・・(もう、かなりいい加減)笑
カレーラーメンにわかめが入るって実は凄いことだと
数年(下手したら10年以上)経った、今、再認識。
11年7月23日の日記「室蘭カレーラーメン(亜寿飯屋、大石物産、味の大王本店)」参照。)
あざっす!あざっす!あざっす!

I ate a ready to eat noodle for supper. It was one of curry udon. It was good. I like it. On Nov 14 I ate ready to eat curry ramen. It was named Tomakomai Daioh Curry Ramen. See weeds were in it like real Tomakomai curry ramen. It was good, too. I like it. Thanks.

MOMOFUKU NOODLE

2020 年 11 月 13 日 金曜日

わあ、可愛いですねえ。
て、照れる。よく言われる・・・・。
え?仏太のことじゃない。それ。
あ、ああ、そ、そう、これ。

青春ドラマか青春マンガの一シーンのような会話が展開されたのは、
職場でのことだった。

MOMOFUKU NOODLE1
それ何ですか?
あ、ああ、これは・・・・ももいろクローバーZではないよ。
わかってますよ。
MOMOFUKU NOODLEとかいうカップ麺です。
へえ、入れ物が可愛い。
ちぇ、俺じゃないんですか。

などとトレンディドラマ風な会話から
何かを期待させるが、
全然そんなことは起こらなかった。笑
まあ、男女関係がもつれにもつれて訳が分からなくなり、
ぐちゃぐちゃな展開になるよりはずっといいのだが。笑

MOMOFUKU NOODLE2
プレゼントで貰ったインスタントもののカレーは多数ある。
今日は仕事が遅くまでなので、夕食にいただいたのが
MOMOFUKU NoodleのYellowだ。
なんでもCUPNOODLEのスペシャル版らしい。
もらったとき、仏太は本気でMOMOとついているから
ももクロと関係あるのだろうと思いこんだ。
黄色を選んでくれた友達に感謝。
色々と選べると聞いた。
なんかそういう説明書も入っていた。

MOMOFUKU NOODLE3
普段のCUPNOODLEよりずっとハイソというかセレブというか、
とにかくなんか違うというのはわかった。

ちょっとした高級感はいつものカップ麺と違いそうね。
そうですね。
それはももクロとコラボしているから?
え?そうなのかな?よく知らないんです。貰い物だから。
ふーん。黄色ってももクロにもいるわよね。
ですね。私の推しです。

MOMOFUKU NOODLE4
具のキュービックベジタブルを入れて、
なんかますますももクロっぽいと思ったが、
ちょっと色が違う。笑
お湯を入れて待つこと3分。

へえ、作り方はだいたい同じなんだ。
ですね。3分ってのも同じです。
でも、具の色が色々あってやっぱりももクロみたい。
ただ、ももクロの4色とは違うんですよ。
あら?具が大きくない?
ですね。溢れないか心配になります。

MOMOFUKU NOODLE5
出来上がると、妄想からも覚めた。笑
広い職場の部屋には一人でカップと対峙している自分がいた。笑
へえ、なんか味もちょっと高級なのかも、
CUPNOODLEにしてはと思ったりした。
しっかりとカレー味だが、
やはりそこはインスタントはインスタントだ。
が、これは面白いものをプレゼントにもらった。
って、帯広十勝には売ってないのかな。

さて、ももクロに関係するなら、
ロゴだったりイラストだったり、
色々な面で、本来のももクロらしさがあるはずだが、
そういう匂いは感じさせなかったので、
まあ、気づいてはいたが、ももクロとは無関係だろう。

SNS(インスタかFacebookかTwitter)に載せたら、
友達が指摘してくれた。
安藤百福のことを。
そこで初めて気づいた。
あ、だからMOMOFUKUだよね。
そうだよね。笑
なんで思いつかなかったのだろう。
恥ずかしい。
鈍いなあ、自分。笑

安藤百福はカップヌードルを開発した人として有名。
最初MOMOFUKUって見て、ももクロの何かかと思ってしまった。笑
MOMOって書いているからなんだけど、プレゼントされたものだから、
仏太のももクロ好きを知っていてそれでくれたのかとも。
プレゼントしてくれた人は、おそらく仏太がモノノフだと知っている。

これを機会にしっかりと勉強し直す。
すると、安藤百福がカップヌードルの発明者で、
台湾生まれで後に日本に帰化したとか、
NHKドラマ「まんぷく」のモデルだとか、
また色々と勉強になった。
(仏太はまんぷくは見てなかった。)

それだけ、スペシャルなカップヌードルだということがわかった。
納得して、改めてプレゼントしてくれた人に感謝。
あざっす!あざっす!あざっす!

I ate CUPNOODLE MOMOFUKU Yellow at worksite. I ate it in my department. It was given me by my friend. Thank you. I learned about Momofuku Ando. It was very useful.

参考サイト
週末ヒロイン ももいろクローバーZ
安藤百福クロニクル(NISSIN GROUP)
CUPNOODLE MUSEUM 安藤百福発明記念館
連続テレビ小説「まんぷく」(NHKドラマ)
なぜNHK「まんぷく」は、安藤百福の“台湾ルーツ”を隠したのか(現代ビジネス)
時代に敗れ、最後に勝った安藤百福 ハーバードの視点(出世ナビ ハーバードが学ぶ日本企業)