‘カレーインスタント’ カテゴリーのアーカイブ

満たされたら

2018 年 11 月 14 日 水曜日

朝方、起きた。
それから二度寝した。

仏太は眠りにつくのはかなり早いと言われる。
起きている時に、結構頑張っているから、
って言えたらいいのだが、よくわからない。笑
眠れなくて辛い、という人に、
この眠りの早さを分けてあげたい。

朝方起きた後も再度眠ってしまうというのも
あまり苦労せずにそのまま眠れてしまうことも多い。

今回朝方起きたのはトイレではないのだが、
喉が乾いて冷蔵庫から飲み物を飲んだ。

仏太はいびきが凄い(酷い)ので
そのために喉が乾くことが結構ある。

二度寝すると、なんとなくタイミングを逸して、
寝過ごしてしまうこともあるが、
今回は普通に仕事に間に合うように起きることができた。

三大欲と言われる、食欲、睡眠欲、性欲は
行きたいく上で大切で不可欠と認識している。

朝起きた時に、十分に眠って、睡眠欲を満たされた。
次はお腹が空いてきたので、食欲を満たしたい。

スープカレーワンタン1
というわけで、スープカレーワンタンの登場だ。
スパイスと温かさで、汗、鼻水、時には涙が出てくる。笑
代謝が一気に良くなるのを実感する。
体が活性化されて、動きやすい体調になっていく。

睡眠欲、食欲が満たされた。
ということは、次は・・・

仕事だよ!

仕事!

し・ご・と!!!www

北極星

2018 年 11 月 13 日 火曜日

寝台特急北斗星が最後の運行をしたのが2015年3月14日となっている。
結構前になったなあ、となんとなく今更のように思い出す。
北斗星は札幌と東京(正確には上野)を結んでいた。
仏太はてっちゃんではないので、正確な日付を記憶しているわけではない。
調べてその日にちが出てきたのだ。
逆に仏太がその日何をしていたかを調べると、
自分を見失うようなショックを受けていたことがわかった。笑
18年3月14日の日記「大麻(Suage2、MONKEY MAGIC、麺こいや、パンチ)」参照。)
いい思い出だ・・・・

大阪グリル北斗星という修行場がある。
同じ北斗星つながりですぐに連想される。
正確には専門の修行場ではなく洋食なのだが、
スープカレーもあってかつて食したことがある。
しかし、このブログには載ってなく、
おそらく10年以上前に行ったのだと思われる。
(ブログを書く前のことを検索することは今回はしてない。笑)

北海道、東京、大阪とそれぞれに関係する北斗星
おそらく繋がりは名前だけ。笑
それでもという字が入ると喜ぶ道産子体質。笑

北斗星は正確には知らないが、
仏太の中では個人的に北斗七星を連想させる。
その1つが北極星で、夜の方角の目印になると、
小学生の時から覚えていて、
おそらく忘れないであろう事柄の1つだ。
古の人達が旅の目印にしたという話もある。

そういえば、ポールスターというホテルが
札幌にあったが今もあるのだろうか?
調べたらあった。(下記参考サイト参照)

北極星とか北斗七星と言うと
北斗神拳を思い浮かべる世代だ。
北斗の拳という漫画があり、一大ブームを巻き起こした。
懐かしい。

ビーフカレー1
大阪の友人が送ってくれたレトルトカレー。
何種類か送ってくれたうちの1つ。
あざっす!あざっす!あざっす!
確かに北極星と言ってくれていた。
が、すっかり北斗星と間違えていた。
北斗星ではスープカレーを食すことができて、
そのレトルトかと思っていたが、
ものが届いて、「あ!」って気づいた。笑
おせーよ!!!笑)
ビーフカレーだ。

ビーフカレー2
レトルトなので、修行場北極星の味を
忠実に再現しているとは言いにくいが、
コクのある感じは、洋食屋さんってイメージのカレー。
そういえば、パッケージ裏に説明が載っていたのだが、
何とそこには、オムライスのことが書かれていて、
カレーは一言も書かれてない。笑
レトルトカレーよりも修行場自体の紹介みたいな感じ。
ある意味流石と思いつつ、
折角なのでカレーの説明も欲しいなあ、
痛いなあこれとついつい思ってしまった。
あたたたたたたたたたたたた!!!!!
あ、「あいたたたたぁぁぁあ(あ痛たたたぁぁぁあ)」ではないか。笑
お後がよろしいようで・・・

My friend in Osaka sent instant curries to me. I ate one of them today. It was Hokkyokusei’s instant curry. It was good. Thanks so much, my friend.

参考サイト
ホテルポールスター札幌
北斗の拳
元祖オムライスの店 北極星

思考と実際

2018 年 11 月 2 日 金曜日

スープカレーワンタン1
スープカレーワンタンは最近、月に数回だ。
だいたい2〜3回だろうか。
数が問題なのではなく、以前と比べて
減ったのではないかな、と思っただけだ。
実際は回数を数えてないのでわからない。
ブログに出してないものもあるし。

スープカレーワンタン2
まあ、数の問題ではないので、
普通にいただく。
お湯を入れて待つ時間も楽しみだ。
朝に食すと、その間、
スープカレーワンタンがもう少しでできるぞ、
というワクワクと
他の思考もあって、あっという間だ。
熱湯3分と書かれているのだが、
時間はほぼ計ってない。
だいたいは感覚だ。
他のものを食べている間に、
3分位経ったなと判断する。
昔流行った言葉で言うとアバウトなのだ。

他の思考というのは、だいたいは本日のことを考えていたりする。
今日の仕事はこんな感じというイメージだったり、
夜は早く帰って温泉行きたいなとか、
今日は友達と会う約束があるとか。
思考は多岐にわたる。

それはスープカレーワンタンを食している時も続く。
楽しくその日を想像するのがいい。
時には連想されて過去を振り返ることもある。
それは未来へ進むための反省だったりする。

この日の仕事は、だいたい想像通りの範囲で終われた。
すなわち順調だったということだ。
食堂でのランチの時にフードバレーマラソンの話が出た。
今年は職場から10人近くの人が出たので、色々と話題が出る。

記録を見るとほぼ17時ぴったりに仕事が終わっている。
なるべく残業をするなというお達しが以前からあり、
早めに帰ることにする。
(でも、成果を上げろ、とも言われている。笑)
今日は居酒屋で夕食、そして、温泉というパターンだ。
居酒屋では、偶然というか運命というか、予想外で興味深いことがあった。
温泉で心身ともに癒やした。

1日が終わるときには、その日のこと、
それまでお世話になった人へ感謝をしましょう

と知り合いから教わった。
朝、スープカレーワンタンを食しながら、
考えていた1日の流れは、
夜その1日を終えてみると、
考えていたとおりではないが、
それでも1日1日を充実して過ごせているのだと思う。
スープカレーワンタンにも感謝!

I ate Soupcurry Wangtang for breakfast. While waiting to make it up and eating I thought about today’s job and after five. It was very interesting.

メロンから連想されること・長っ

2018 年 11 月 1 日 木曜日

ハウスバーモントカレーにはリンゴとハチミツがとろ〜りとけてるってことは
今のおじさんおばさんは少なくともよく知っている。
今の子どもたちは知っているのだろうか?
あのCMは本当によく頭に染み込んでいる。

だから、今の仏太、カレー好きがある。(嘘)笑
そのCMを知る前から、一番好きな食べ物はカレーだった。
が、子供の頃に影響を受けたのは間違いない。

さて、ちょっと前に、友達からLINEが入った。
出張中(茨城)だから、お土産にカレーを買っていくから。
とのことだった。
が、仏太ごときにお土産とは恐れ多い。
無理しないように伝えた。

お互い忙しいので、中々会えないのだが、
最近会うことができ、そのお土産をもらった。
まあ、予想はされていると思うが、
レトルトカレーをもらったのだった。
メロンカレー1
メロンカレー、わかりやすい。
しかもこのシンプルで派手なパッケージ。
(おいおい文章だけを見ていたら、意味わからんよ!笑)
非常にインパクトがある。

メロンと言えば、すぐに思い起こされるのは、
少年隊のデカメロン伝説かな。笑
おいおいそこかよ!ってツッコミとか、
え?何それ?っていう疑問などがあるかもしれないが、
それらは全く受け付けない!笑

ただし、デカメロンのメロンは
果物のメロンではないってことに関しては認める。笑
おいおいそこ上から?!笑

少年隊のデカメロン伝説の歌詞に
10日間だけじゃ語れやしない』とあるのだが、
これはボッカッチョのデカメロン(十日物語)から来ているとのこと。
このことはなんとなく知ってはいたのだが、かなり曖昧だった。
正直そこまで興味がなかった。
けど、メロンと言えばデカメロン伝説を最初に想像する自分。笑

では、ジョヴァンニ・ボッカッチョが書いたデカメロンはどういうものか。
デカメロンはギリシャ語の10日を意味するらしい。
デカが10ってのはなんとなく知っていたので、これはわかる。
詳しく調べると、どうやらギリシャ語の10日はdeka hemeraiというらしく、
そこから由来したものとのこと。
むー、奥が深い。笑
登場人物が10人いて、それぞれが1日に1つ話をする=10の話がある。
そして、それを10日間行うという物語だそうだ。
なんとなく読みたくなったが、なんとなく時間がかかりそうとも思う。笑

さて、仏太も男なので、
少年隊が活躍していた頃に、
デカメロン伝説って曲がヒットして
まともに歌詞も聞かずに、
単にデカメロンって言葉だけで、
河合奈保子を連想していた。
ってことで、冒頭のバーモントカレーに繋がるわけだ。
(と言い訳をしておく。良い子のために)笑

つっこまれない程度のメロンの話にしよう。笑
メロンといえば、すぐに思うのは夕張のこと。
昔、祖父や親戚が夕張にいて、時々お邪魔していた。
夕張の思い出は、石炭、ホワイトアスパラ、なめたけ、だ。
あれ?メロンは?とつっこまれそうだが。笑
あらら、またしてもつっこまれる話になってしまったか。
おかしいなあ。

石炭はわかるだろう。
昔、炭鉱があり、夕張はそれで栄えた。
逆に炭鉱が閉山となり、夕張は残念な道をたどることになった。
ホワイトアスパラは、その缶詰工場があり、
爺ちゃんとか親戚のおばちゃんが働いていたはず。(うろ覚え)
で、子供の頃夕張に遊びに行くと必ずそのホワイトアスパラが食卓に出た。
それまでアスパラを知らなかった仏太は、
なんて美味いものが世の中にはあるんだろう!と勢いよく食べたものだった。
後々、アスパラは普通グリーンで、
ホワイトの方が珍しいと知るまでには随分の年月が必要だった。笑
じゃあ、なめたけってのは?
これは単に夕張のおばちゃんのうちにいくと、
これまた必ず食卓になめたけが出て、ご飯を食べさせてもらったのだ。
それまでなめたけを知らなかった仏太は、
なんて美味いものが世の中にはあるんだろう!と勢いよく食べたものだった。
後々、自宅の食卓にもしばしばのぼることになる、
なめたけを知ることができたのが夕張だったのだ。

過去の夕張と現在の夕張は違う。
過去の思い出があり、それは美しいものなので、
夕張というところが好きで、今でも応援したくなる。
現在、夕張といえば、
メロンカレーそば映画祭スキー
などを連想する。
そう、夕張メロンはブランドとして素晴らしいものだと思う。
果肉が輝くオレンジのあれだ。
ああ、食べたいなあ。笑

メロンと言えば、北海道では富良野も頑張っていて有名じゃないかと思う。
少なくとも道内では知られていると思う。
富良野は他に、オムカレー、ワイン、チーズも頑張っているし、
観光、ラベンダー、北の国からなど有名なものがいくつもある。
夕張も色々と頑張って欲しいなあと思う。

どんなものでも一極集中はよろしくないと思う。
だから、メロンも色々なところで作って、
切磋琢磨することでより良い(より美味しい)ものができていくと思う。

ちょっと話がずれるのだが、そういう意味では、
今の世界情勢も危険と言えるだろう。
大国に一極集中しているように見えるところがあるからだ。
まあ、このあたりについては、メロンとどんどん離れてしまうので、
その話は別の機会に譲ることとする。

都道府県別メロン生産高は、正直北海道が一番だと思っていたのだが、
実は違っていたってことを今回知った。
茨城県の方々、大変すみません!
そう、茨城県が一位なのだ。
しかも、更にすみません!
いばらきなのかいばらぎなのか今まで曖昧にしてた〜〜〜。
更に更に!
大阪府茨木市は漢字が違うけど、読みが同じだって、今回初めて知った!!!
50年も生きてきているのに!
それぞれの地域の方々、本当にすみません!

メロンカレー2
さて、そんな茨城県で、友達が買ってきてくれたメロンカレー
パッケージ説明を引用させていただく。
生産量日本一である茨城県鉾田市産の「メロン」と
茨城県の銘柄豚「ローズポーク」を合わせた茨城ご当地のメロンカレーです。
適度に熟した食べ頃メロンのほのかな香りと甘さが
豚肉や特製直火焼きルウと上手にマッチしています。
化学調味料や保存料などは一切使用しないやさしい味のカレーです。

何も知らされてないとメロンはよくわからないが、
優しい味で甘みが強いってことはよくわかる。
バーモントカレーのリンゴとハチミツがよくわからないようなものだ。笑
しかし、知って食べるからなおさら、ああこの甘みはメロンから来ているんだな、って思った。
勘違いかもしれないが、とろけたメロン果肉のようなものが入っていた気がした。
また、ポークがよく合う。
もう少し自分でポークを足そうかと思ったが、近くにポークはなかった。笑
しかも、ブランドポークなんだよなあ・・・笑

プレゼントあざっす!あざっす!あざっす!

I ate an instant melon curry gifted by my friend for dinner. It was rather sweety and good. Its roux and pork were just match. Thanks a lot.

参考サイト
少年隊(Johnny’s net)
デカメロン(Wikipedia)
デカメロン伝説(Wikipedia)
河合奈保子(日本コロムビア)
メロンの生産量の都道府県ランキング(平成28年)(地域の入れ物)
北海道
茨城県
茨木市
夕張市
富良野市

2018 年 9 月 29 日 土曜日

最近、また時々、
なんで仏太って名前?
それって本名?

って聞かれるようになった。
新しく知り合った人とか、
今まで疑問に思っていたけど、
少しなれて質問してきたりなど。

仏太は本名で、戸籍上の名前は別にあるって答えるのが常道。笑
ちなみに、仕事を聞かれた時には
第1食行はカレー修行、
第2職業は◯◯、(時にはラジオ、第3職業が〇〇)
って答えている。笑

で、なんで仏太って名前かは
先輩の命名で、
太っている→豚・・・→それだと豚に失礼→つまらせてみた→ぶた→ぶった→勝手に漢字をつけちゃえ→仏太
ってところ。
先輩は音だけをつけてくれて、漢字は自分で考えた。
ちなみに、ファミリーネームとセカンドネームもあり、
アフリカ好き→トロピカル→勝手に漢字をつけちゃえ→登呂光(とろ ひかる)
まあ、これも漢字を勝手に考えたのは仏太自身で、
その前までは別の先輩がつけてくれた。
まあ、半分(もしかしたら、それ以上)バカにしていたんだろうけど、
それ面白いなあと思って、自分で勝手に名乗って、自己紹介している。

ってことで、豚にはある程度愛着があり、
ポークを食べる時は共食いの気持ちがなくはない。笑

外観
本日のランチに、職員食堂のメニューで
ポーク南部焼きというのが出た。
最初名前だけ見た時になんだろうと思ったら、
ポークに胡麻をまぶした状態なんだね。
南部せんべいを思い出して、なるほどそういうことか、と思った。

モール豚カレー1
そして、それがあることがわかったので、あえてレトルトカレーの
モール豚カレーを選び出してきた。笑

モール豚カレー2
ゴロンとブロックになったポークがカレーの中を泳いでいる。
パックから容器(皿、器)に移した時、
こんなにお肉がはっきりわかるのは珍しい。
そのぐらい大きなブロックということだ。

ドロ豚カレー1
夕食には別のポークカレーのレトルト。
こちらも十勝のポークカレーだ。
どろぶたカレーはランチョ・エルパソ系列の養豚所で
育てられたどろぶたが入っている。

ドロ豚カレー2
なんとこれまたブロックが大きなポークが入っていた。
昼も夜もその大きさに満足。
びっくりだった。

本日は豚づくしで、ポークカレーもしっかりいただいた。

Today I ate some kinds of pork foods. First for lunch I ate pork nanbu-yaki and Mole Hot Spring Pork Curry. For dinner I ate second instant curry, Doro Pork Curry. They were good.