‘飲み会’ カテゴリーのアーカイブ

語った、飲んだ、食した(聚楽)

2019 年 10 月 17 日 木曜日

外観
行雲に行った。

食べ物1
友達と久し振り。
時々お互いに安否確認。笑

食べ物2
友達が強く食べたいと願ったボロチーザをいただきながら、
今回もお互いに元気なのを喜んだ。
だいたいこの友達と会う時は
屋台あたりで待ち合わせして、
近くの店に行く。

食べ物3
混んでいて入れない店もあった。
たまたま空いていたのだ。
シシャモオイル煮を熱々でいただく。

食べ物4
エグエムウイングという面白い名前のものを見つけた。
しかも761円。
分かる人には分かる。笑

食べ物5
そう、ここは餃子専門店。
色々な餃子を楽しんだ。
単に餃子というとそんなに種類がなさそうだが、
こうやって様々な種類を食べると面白い。
やべえ、ちょっとセーブしないと。
今日はこの後も行くって決まっているので。笑

外観
2軒目は魚くまに行った。
ここは共通の友達とも行ったことがある。
ってか、美人ママの作る美味しいお料理が酒に合う。
だから、行きたくなる。

食べ物1
お通しをいただきながら、日本酒で乾杯。
友達と色々と語り合う。
違う人間だが、共通項があったりして、
だから、こうして話ができる。
友達付き合いもだいぶ長くなった。

食べ物2
を飲んで、ママさんの作ってくれた美味しいお料理を堪能する。
そして、語り合う。
冗談も言うが、今回は真面目な話に発展した。
しかし、仏太はそれは友達が考え違いをしていると思い、指摘した。
だが、友達には理解できなかったみたいだ。
それは間違いというより、考え方が違うというのが正しいのだろう。
しかし、多分、仏太の言うことの真の意味には
おそらく友達は気づいてないのだ。
これはそのうち分かるだろうが、
でもとても難しい問題だ。
(だから、その後友達をとても悩ませることとなった。)

外観1
遂に、最後は聚楽へ。
(これ英語で書くと、At last, at last we went to Jurakuだな。笑)
今日の主目的といってもいいかもしれない。
今年いっぱいで閉めてしまうという。
あらら。
でも、50年以上やっているそうで、
それは後継者がいないと難しいよねえ。

外観2
ああ、なんかこの光景ももう少しなのか。
といいつつの物凄い久し振り。
そして、最後かもしれない。

肉チャーハン1
スープとザーサイがつくスタイルは一貫している。
肉チャーハンの量は半端ない。
時期が時期なら、大迫かよ!とツッコミが入るくらいだ。

肉チャーハン2
そして、この肉チャーハン
しっかりとカレー味なのだ。
だから、カレーチャーハンということになる。
しかし、名前は肉チャーハンだ。
夜中の〆。
量を考えるともう無理かもと諦めていた。
が、食したら入るものだ。
友達も一つ。
仏太も一つ。
しっかり完食した。笑
1次会、2次会をある程度セーブしていたが、
ここに入る時に程々お腹が満足していた。
が、しっかりと美味しくいただいた。
満足。
長い間、あざっす!あざっす!あざっす!

I went to Yukumo with my friend. We enjoyed talking, eating and drinking. Then we went to Uokuma. There were many good food made by a mama. They were so good. At last we ate curry fried rice at Juraku. Juraku would be closed within this year.

行雲
帯広市西1条南10丁目7北の屋台一番街
090-6449-9848
http://kitanoyatai.com/shop/yukumo.html
https://twitter.com/obihiroyukumo
18:00-24:00
月曜定休

魚くま
帯広市西2条南9丁目20第一あさのビル2F
0155-23-1076
18:00-24:00
日曜定休

聚楽
帯広市西1条南9丁目1-1コンビクションビル B1F
0155-23-9787
19:00-23:00
日曜定休
2019年12月閉店予定

羽根を伸ばす〜友達に目一杯飲んでもらおう〜(絶好調)

2019 年 9 月 4 日 水曜日

外観
今日は徹底的に飲もう!と乾杯したのは
ビストロカリーノだ。
友達と二人でカウンター席でスタート。
奥のテーブル席では約100人くらいが賑わっていた。
あ、酔っ払って分身の術かと思ったら、10人くらいだった。笑
いやいやそんなに簡単に酔っ払ってはいけない。
が、今日も美味しいお料理を楽しみにして、
ランチを食べてから何も飲まず食わずで待ち合わせの19時まできた。
友達は余裕があったらしく0次会をしてきたと。
だから、もうエンジンはかかっている。

飲み物1
ってことで、ワインからスタートした。
我々の飲み方を考えるとグラスではなくボトルにしようということになった。
友達にセレクトしてもらった。
久し振りの赤のフルボディ。

食べ物1
キッシュがお洒落。
既にテンション上がりまくっている我々。笑
あ、お料理は一つ一つ説明してくださるのだが、
酔っ払いってことと記憶力の悪さで
しっかりと覚えてない。
メモも取ってない。
と、予め言い訳しておく。笑

食べ物2
すんごいオシャレなの来た!
あ、これね、日本酒も合うかも。
日本酒好きだからついついそういう発想してしまう。
ワインなら白もいいなあ。
などと思っていても頼んだのは赤。笑
でも、そういうのって絶対ってないと思う。

飲み物2
クラフトビールがあり、なんとなく飲んだことあるものを頼んだ。
半ばチェイサー、半ば普通にビール。笑

食べ物3
生ハム入りのサラダ
野菜は珍しいものも多い。
地元十勝産のものを豊富に使っている。
説明を聞いていてそれは覚えている。
そして、それはこのサラダだけではなく、
他のお料理に関してもそうだった。

食べ物4
イカとズッキーニの組み合わせもいかすなあ。
ハートにズッキーンと来るねえ。
はい、酔っぱらいです。笑

食べ物5
魚、わかる?
うわあ、こういうのもありなんだなあ。
感激していただいた。
仏太の浅い知識・イメージでは魚は白ワインと思ったのだけど、
実はこのお料理は赤ワインが合っていた。

飲み物3
次なるチェイサーは、初めて聞いたクラフトビール
東京なんだかだったと思う。
そろそろ記憶が怪しい・・・。笑

食べ物6
ポークステーキを3種類の塩でいただく。
ステーキも素敵だが、こうやっていただくと
塩の美味しさ、違いがよく分かる。
肉と塩のバランスと言うか、引き立て合いが凄い。
翼くんと岬くんがお互いを引き立て合うのと似ていると思った。笑
サウジアラビア、フランス、オーストラリアの塩。
そういえば、どこもサッカー強いな。笑

飲み物4
なんとなくもう少し飲みたいねと頼んだのは
ボトルで赤ワインを2本目。
後から考えたら、もう少し遠慮しながらのほうが良かった。
というのは、危険な量になる可能性があったから。
でも、今日は友達に目一杯飲んでもらおう、という趣旨、
と言い訳して(笑)結局自分が飲んでしまうと。
迷っている友達に、あ、私が結構飲んじゃっているので、私が払うよ、と
断りを入れて、結局勝手に頼んでしまった。
これまた後から考えたら、フルボディにしなくても、
軽めのものを頼めば良かった。笑
友達に飲んでもらうと言いながら、結局自分で飲んでいるアホ。笑

食べ物7
コースの料理が終わったので、
何かおつまみをと思ったら、
チーズを提案してくれた。
ありがたい。
本当にワインが好きな人はこれだけで行けるんだろうなあ。
楽しく、美味しく、満腹で大満足の1次会は終了。
マスター御夫婦にお礼を伝え、友達と一緒に次へ。

そう、今日は友達に目一杯飲んでもらおう、がテーマ。
言い訳とか、人のせいにする、ってのではない。笑
はしごは最初から当たり前となっている。笑

外観
ここは友達も仏太も何度も行ったことがある。
だから、必然的に二次会はかつらぎとなった。
今日は友達に目一杯飲んでもらおうという趣旨だから。笑

飲み物
美人ママは、多分酔っ払いの我々を御存知。笑
本来バーは酔っ払うというよりは、
お酒や雰囲気を楽しむところだろうな、と思う。
そういういい雰囲気で色々なお酒を提供してくれるところだ。
混んでいて、それぞれの人達がそれぞれの楽しみ方をしている。

食べ物
チャームなどもお酒に合うものを工夫してくれている。
こういうバーは帯広には結構ある。
札幌の時はほとんど行ったことがなかったが、
帯広ではまあまあの頻度で行くようになった。
ここでは何度か潰れていて、
タクシーを呼んでもらったこともある。
なので、程々で切り上げることにした。

が、友達も仏太もまだ帰る気はない。笑
お腹はいっぱいなので、やはり飲むってことになる。

外観
絶好調に行った。
多分、仏太がセレクトしたと思う。
友達はここ初めてと言っていたような。笑
マスターとスタッフさんの笑顔が素敵。
元気をもらう。

飲み物
多分天使のおちちだと思う。
「多分」が増えてきた。
まあ、そういうことだ。笑

パキスタン風カレー1
チャームがこれ。
ここのチャームはレベルが高いと思う。
なんというか、美味しい。

パキスタン風カレー2
真ん中にあるのが、カレーだ!
パキスタン風カレーは、ここの名物になりつつある。
実際にカウンター席の向こう側で
このパキスタン風カレーをガツガツと食している男性がいた。
マスターやスタッフさんに話しかけている。
美味い、美味い、これがいいんだよねえ、と。
いい声だな。
常連さんなんだな・・・あれ?
ああ、知り合いだ!!!笑
久し振り〜〜〜!!!

外観
楽しかった宴のラストはMaroubra
なんと写真はここでお終い。
しかも、縦にしっかり撮ったつもりが斜めっている。
酔っ払い具合が・・・わかる・・・。笑
しかも、飲んだものとか写真撮ってないし。
果たしてお金払ったんだろうか?笑

I drank with my friend tonight. First we went to Bistro Calino, not Curry-no.www We enjoyed good foods and good wine. Then we went to Katsuragi, a good bar in Obihiro. We drank good drinks. Third we went to Zekkocho to drink. I ate Pakistan like curry for charm. I met another friend there. At last we went to Mroubra, another bar. But my memories… My outsite hard disc shows a phoro of an outside of Maroubra only.www It was a very pleasant time to spend. Thank you very much, my friend.

Bistro CALINO
帯広市西1条南8丁目1-1一条ビル2F
0155-66-6863
https://www.facebook.com/BistroCALINO/
11:30-13:30LO, 18:00-21:00LO
日曜定休

かつらぎ
帯広市西2条南10丁目4銀座ビルB1F
0155-24-8865
http://barkatsuragi.com/
19:00-25:00
日曜、祝日定休

絶好調
帯広市大通南11丁目1-1さくら館ビル4F
0155-66-7081
20:00-26:00
月曜定休

Bar Maroubra
帯広市西1条南9丁目2 2F
0155-27-6258
19:00-last
日曜定休

大器晩成(絶好調)

2019 年 7 月 23 日 火曜日

外観
プロローグ
今日は絶対ヤバい
そういう気持ちで行くのもどうかと思ったので、
0次会に選んだのは北の屋台にある行雲
ゆくもと読む。
お誘いがあったというのもあるが、
そういうのって御縁だから、と言い訳を
心の中で神様にしてみる。笑

生ハムサラダ
ビールで神様に乾杯した後は、
お通しを食べながらいいなと思った、
生ハムサラダにした。
メニューには生ハム抜きってのも書かれていたが、
生ハムサラダで生ハム抜きってことは・・・?
酔っ払いの考えることは屁理屈だ。笑
ビールが進む。
ヤバい・・・

豚キムチ餃子
ここは餃子がメインの居酒屋だ。
ならばそれを頼まないわけにはいかない。
しかあし!
きさあま?
ちっがあう!!!
しかあし!
様々な餃子があり、パッと見た目100種類くらい・・・
さて、どれにしようか・・・
あ、何重かに見えていた文字が整えられてきた。
そんなに種類ないか。
ホッとした。
ああ、酔っぱらいは怖い。
ってなことで、豚キムチ餃子をいただいた。
1個食べてはグビ、もう1個食べてはグビッ!
更に1個食べてはグビグビッ!
さて、この酔っぱらいが吉と出るか凶と出るか。
京都出るか、東京ポルカ?
京都へ行くか?
いや、意を決して1次会へ行こう。

外観
言わないでおこうと思ったんだよな・・・
このセリフをたぶん10回くらい言ったと思う。
いや、20回くらい・・・?

本日はすずきやで送別会。
夫婦で仕事をした後輩が主役。
だが、奥さんは理由があり不参加。
夕方の時点で参加人数は確定してた。
ドタキャンというよりは予定調和なのだろう。

謙虚さ
感謝
というものが、正直、かなり欠如していると思われた。

甘やかし
馴れ合い
甘え
他人にはできない、身内だからそこの押しつけ・・・
とでも言えばいいのだろうか?

あ、言わなければ良かった。
と思うから、
言わないでおこうと思ったんだよな・・・

酔っ払っているから、言わないでおこうと思ったことが
ふら〜っと口をついて出る。笑

言わないでおこうと思ったんだよな・・・

正直いうと、言わないでおこうと思ったのではない、
自分のことだが、気持ちに素直に、冷静に考えると。
参加するから言っちゃうので、できたら参加したくない
というのが正しい素直な表現だろう。

送別会をするのが嫌だったので、つらーっと黙っていようかと思った。
しかし、役割的、人情的にそれが許されなかった。
23日と24日が候補になるのですが、どちらが都合いいですか?
勇気をもって皆に聞いた。
24日で満場一致して欲しい。
頼む!
大ボスの一言、最近仏太は参加してないから仏太が参加できる23日にしよう、と。
ああ、そういう時に優しさはいらない・・・
こういう時は普段どおり優しくなくてあってほしかった・・・
仏太は24日は仕事の関係で何かあっても参加できない。

そして、今日、行くならしっかり楽しもう。
いざとなったら、中座して、1人2次会を刊行すればそれでいいじゃないか。
取り敢えず黙っていて、黙々と飲み続けよう、粛々と食べ続けよう。

食べ物1
名物の肉鍋
メニュー名を覚えてないが、肉タワーだったかな?

食べ物2
美味しいお料理の数々。
料理は美味しく頂いた。
口に入るものは非常に旨く、
でも、口から出てくるものは辛口だらけだった。

食べ物3
徐々に酔いも回り、トークも盛り上がる。
何がきっかけだったかは覚えてない。
ただ、後輩煮え切らない態度に怒りを覚えたのは間違いなく、
それは以前からだから、黙ってやり過ごそうと思っていたのだが、
色々と他の人のツッコミも手伝い(言い訳)、
遂に言ってしまったのだ。
更に言い訳すると、自分が後輩を責めることを言って、
間違ったことであれば、咎められるだろうという甘い期待もあった。
が、回りの同僚達は、同調し始めたのだ。
実は皆が同じようなことを思っていたということがわかり、
仏太が思っていたのとは逆に、主役は主役の地位を確固たるものとしていた。
正直、自分だったらそんな主役にはなりたくない
いやー自分だめなんっすよね、とノラリクラリかわしていた
いつものヘラヘラとした笑いは、非常に真面目な顔になっていた。

食べ物4
言わないでおこうと思ったんだよな・・・
後輩に悪いと思ったのではない。
言っても無駄と判断していたからだ。

本日欠席の奥さんの分と2倍のお叱りを受けることとなった後輩に
もう余裕は微塵も感じられなくなっていた。
ちなみに、奥さんが一緒に来ていた場合、
同様に一緒に、蜂の巣状態となっていたことだろう。

食べ物5
仕事中にも何度も注意はしてきたし、
むしろ他の同僚達の方がより多くのことを伝えてきている。
熱心に聞いているように見えるが、果たして心に響いているのだろうか?
また、仕事で不足していると思われるところ、ミスなどを指摘して、
やり直しを指示したり、新たな仕事を申し付けたりすると、
はい、わかりましたと、とても良い返事が返ってくる。
しかし、中途半端だったり、全然されてなかったりが多い。
それを指摘しても悪びれることもなく、その後も同様のミスを繰り返す。
仏太も初期数年はミスだらけで、むちゃくちゃ責められていたので、
今の後輩をクソミソに言うことはできない。

食べ物6
だからこその
言わないでおこうと思ったんだよな・・・
でもある。

それを超えて、自分を棚に上げて言う、という大技を繰り出すこととなり、
喋りながら、こうする時間ももったいないと思ったりした。
そして、すっかり、中座して抜け出すという小技を忘れてしまったのだ。

食べ物7
言わないでおこうと思ったんだよな・・・
もしかしたら、言って徹底的に説き伏せるという本心のために、
そうやって言葉でミノがくれしたのか?
自分ではよくわからなくなって、言うべきことを本人に伝える、
と方針を転換したのだろう。
自分のことだけど、だろう、と言っておく。笑

食べ物8
言わないでおこうと思ったんだよな・・・
そんなこと言いながら、一番激しく、矢継ぎ早に
まさに言いまくるマシンガントークを繰り広げたのは
他でもない、自分だったのだ。

外観
エピローグ
興奮状態で、気持ちを落ち着けるために、
またエネルギーを補充するために、
エナジーバー絶好調へ行った。
先程の自分の口の滑らかさ、言葉ぐりの絶好調さを象徴するかのような修行場の名前。
いや、実際は出てくるまで修行できるってのを忘れていた。
修行できるって情報は前から持ってはいたし、
以前にも修行したことはある。
が、以前とは状況が変わっていることも理解していた。
酔っ払っていて忘れている部分も多々あった。
言い訳はそのくらいにして、絶好調のドアを開けた。

飲み物
カシスグレープフルーツをお願いした。
もう、自分が思うお酒らしいものは口にできないと、
体の受付具合で、自己判断していた。
こういうカクテルはアルコールが入っていても、
体がジュースと認識するようで、
スイスイと飲めてしまう。
逆に恐ろしさも兼ね備えているが、
酔っ払いにはそんな恐れなど微塵もなかった。
むしろこの時の恐れと言えば、
もしかして間違ってトマトジュースか
それを使ったカクテルを頼んでしまったのではないか、ということだった。
大丈夫だった。
そう、仏太はトマトジュースが苦手なのだった。
安心して欲しい、トマトジュースを好きな人を
嫌いだと言っているわけではない。笑

チャーム
愛のあるチャームに小躍りしながら、
マスタースタッフさんと会話を楽しんだ。
甘酒
イエス・キリスト
バトル
ラジオ
赤い地球、青いさる
羅列された話は全然脈絡がなさそう。
しかし、酔っぱらいには屁の河童の青いさる。笑

パキスタン風カレー
マスターの優しい心遣いで、カレーを食すことができた。
正直、お腹いっぱいだった。
だから、食せないと諦めていた。
本当によく口も動かしていた。
なので、これ以上噛むという動作に自信がなく、
動作環境を確認するPCを用意したいくらいだった。(意味不明)笑
マスターが、仏太さん、お腹いっぱいでしょ、少なくするから、
といつもの優しい言葉で出してくださったのは
パキスタン風カレーだ。
パキスタンカレーではない。
「風」がついている。
かぜとは読まない。
ふうと読む。
すなわち、パキスタンカレーのようなカレーって意味だ。
間違ってもパキスタンの風が吹くカレーとか、
パキスタンという土地のようなカレーって意味ではない。
はず・・・
きっと・・・
たぶん・・・
だろう・・・
おお、これは!!!
口の中に今パキスタンの風が吹いた!
おいおい!
ぐおおお!
今脳裏によぎったのはパキスタンの風景か!?
行ったことあるんかい!?
マスター、もしかしてパキスタンに行ったことある?
いや、ないですよ。
え?じゃあ、もしかして、スタッフさんは?
あるわけないじゃないですかあ。
ってことは・・・
今、ここがパキスタン!?!?
BGMは庄野真代の飛んでイスタンブール。
おいおいそれはトルコ!
パキスタンブール?笑
あ、パキスタンの中の地名はカブール?笑
もうグチャグチャ。
あ、そうそう、このカレー、グチャグチャに混ぜて食すと
また違った美味しさを味わえる。
1つで2度美味しいことを発見。
摂氏2度の違いと名付けよう。(意味不明)笑

大器晩成よ、一生大器晩成ではいかんぞ
(なつぞらのウッチャン風;これもふうね。かぜじゃなく)笑

<追記>
カブールはアフガニスタンの首都。
ちなみに、イスタンブールはトルコの大都市で正解。
更にちなみに、トルコの首都はアンカラ。

行雲
帯広市西1条南10丁目7北の屋台一番街
090-6449-9848
http://kitanoyatai.com/shop/yukumo.html
https://twitter.com/obihiroyukumo
18:00-24:00
月曜定休

すずきや
帯広市西2南10かじのビル1F
0155-29-1117
17:00-25:00 (LO24:30)
日曜定休

絶好調
帯広市大通南11丁目1-1さくら館ビル4F
0155-66-7081
20:00-26:00
月曜定休

参考サイト
北の屋台
庄野真代オフィシャルサイト

記憶を紡ぐ(煙陣)

2019 年 6 月 12 日 水曜日

気がついたら、もう家の近くだった。
運転手さんが起こしてくれた。
家を知るわけではないのだが、だいたいこの辺、って
友達が運転手さんに言っておいてくれたのだろう。

家の近くのコンビニでおろしてもらった。
買い物をしてから、家に向かって歩き始めた。
今日のことを思い出す。

というか、あれ?
もしかして、記憶を失った?

飲み物1
どうやら寝ていたらしい。
最後にいた店は、御大が好んだところの1つだった。
ブォーノヴィーノだ。
泡とみんなが呼ぶスパークリングワインを、御大のマネをして飲んでみた。

今回は4人が集まったが、御大がいれば5人のグループだ。
山茶花会という洒落た名前がいいなあと思っているが、
実は何度も会っているこのグループに名前はない。笑

4人でカウンターに座り、思い思いの飲み物を飲みながら、
食べ物もしっかり注文。
2次会とはいえ、やはり話が弾み飲み食べする。
注文してくれたものを横からつまむ。

食べ物1
オリーブは良いツマミだ。
ワインが進む。

食べ物2
可愛い友達が御大から教えてもらったという餃子ボロネーゼ
ああ、その名前の響きだけで美味しいってわかる。
が、肝心の味を覚えてない。
食べたのかさえ覚えてない・・・苦笑

食べ物3
チーズ盛り合わせ・・・なんとなく覚えている。
クラッカーと一緒にゴルゴンゾーラを食べたような・・・

で、次気づいたらタクシーの中だった。
メールで確認すると、寝ていたそうだ。
マスターは笑っていてくれたかわからないが、
こんなに寝た人は初めてと言っていたそうだ。
申し訳ないことをした。
自分としてはそんなに飲んだつもりはないのだが。

飲み物2
多分、白ワインは飲んでいる。

飲み物3
最後の写真がこれなのだが、
おそらく飲み物と食べ物を一緒に撮りたかったのではないかと
自分で自分の心理を推理する。笑
おそらくこれも白ワインだが、
果たして、さっき飲んだ白ワインなのか
飲み干して更にグラスをオーダーしたのか、
はっきりとは覚えてない。苦笑

外観
今回はお店とお店の移動距離が極端に少ないはしごだった。笑
直前の1次会は同じ北のうまいもん通りにある、串居酒屋38だった。
ここは去年の10月にオープンしたらしい。
以前に通った時に、そのうち行きたいと思っていた。

今回幹事というか、店選びを任された。
で、場所はわかるんだけど、名前がわからない。
だから、早めに行って、確認して連絡すると皆に伝えた。
で、実際にそのようにできた。
久しぶりに5時ピタで仕事を終え、自転車で街中へ。
北のうまいもん通りを確認したのは17時40分くらい。
で、皆に連絡した。

ホッピー1
なぜ38に行きたかったのかというと、
ホッピーが飲めるってわかったからだ。
で、出てきたホッピーは、あのホッピーだったのだが、
それと混ぜる焼酎がシャーベット状のものだった。
これは初めて。
ホッピーにはキンミヤが一番合うと言われているが、
それがシャーベット状と!

ホッピー2
楽しんで、混ぜて作り、お通しと一緒にいただく。
これはしっかり冷えた状態で飲めるのがいいな。

ホッピー3
以前は軽視していたホッピー
飲んでみたら、そのチープさと手軽さで、
また飲んでみたいという気持ちにさせてくれた。

食べ物1
そして、入ってみたら、明るい居酒屋だったので、
とても過ごしやすかった。

食べ物2
料理も美味しかった。

食べ物3
串居酒屋というだけあり、
串メニューの豊富さは
我々4人でも全メニューを制覇できないくらいだった。

食べ物4
だから、ホッピーを飲み過ぎたかもしれない。
意味不明か言い訳かは今となってはわからない。笑

それが伏線になり、寝てしまったのか?
あり得るのだが、それだけではない。
そう今回は0次会があったのだ。

4人のうちの1人が19時位に到着予定。
別の1人が18時半位に到着予定。
ならば、一番遅い19時に合わせて、
待ち合わせようということになっていた。

仕事が早く終わった仏太は0次会を敢行することとした。
その道連れにもう一人のメンバーを呼んだのだ。
で、1次会の場所確認をするから、ということもあり、
その友達を北のうまいもん通りに呼び出した。笑

んで、場所確認が終わったら、
0次会の場所を探すこととなった。
まだ明るい時間に飲み始めるというのは、
罪悪感というか、背徳感というか、
優越感というか、なんとも言いようのない気持ちだ。

外観
煙陣のマスターに、明るい時間に仏太さんを見るのは初めてかも、と言われた。
友達とビールで乾杯し、美味しいお料理をいただく。
グルメな友達だが、煙陣は初めてと。
一つ一つの料理に、美味しいを連発していた。
連れてきた甲斐がある。
ってか、自分が食べたいものを選んで、引き込んだというのが正しいのだが。笑

食べ物1
すると、なんとお通しがグリーンカレーだった!
これは全然知らなかった。
むちゃくちゃラッキー!

食べ物2
具の肉はなんと鹿肉だと。
ここ煙陣のマスターは猟をする。
免許を持っているのだ。

食べ物3
スモークオイスターはメニューを見て友達が凄く食いついた。
じゃあ、頼もう、と。笑

食べ物4
燻製盛り合わせ5品のうち一番気に入ったのはサバだった。
友達はサワガニを初めて食べたらしい。

そのうち、18時半到着予定の美人さんが
19時じゃなく、やはり18時半に行くと連絡をくれた。
ならば、0次会に合流してもらおう!
ってか、75%集まったら1次会か?笑
まあ、でも、やはり4人しかいないメンバーなので、
全員集合しての1次会だろう。

食べ物5
グリーンサラダに、お勧めされたスモークオリーブオイルをかけた。
確かに燻香がする。
へえ。

食べ物6
NZ産ラムタンの鉄板焼きは食感が砂肝っぽい。
が、しっかりラムタン。
このラムタン、もしかしたら今後手に入りにくくなるかも、と。
もしかしたら、このメニューが砂肝の鉄板焼きに変わっていたら、
そうだという可能性だ。

色々言っているが、楽しむのが一番。
ストレス発散だったり、単純に飲み食べを楽しんだり。
楽しみ方は色々。

んで、最終的に撃沈・・苦笑
すんません!すんません!すんません!

I went to three shops and drank’n'ate with my friend. First I went to Engine to eat smoked foods. I drank glasses of beer. Next at 38, an izakaya shop, we of four, not Diamond Four www, enjoyed fried kushi. I drank glasses of Hoppy. I was happy. At last we went to Buono Vino at just front of 38. We ate cheese, gyoza and so on. I drank a glass of sparkling wine and glasses of wine. I heard I went to sleep on a counter. Oh my goodness!!! Thank you, a master and my friends.

煙陣
帯広市西1条南10丁目7番地 北の屋台三番街
090-9087-3171
http://kitanoyatai.com/shop/enjin.html
18:00-24:00
日曜定休

串居酒屋38
帯広市西2条南10丁目8-1北のうまいもん通り
0155-23-6060
17:00-26:00
日曜定休

ブォーノヴィーノ
帯広市西2条10丁目8-1北のうまいもん通り
0155-22-3399
https://www.facebook.com/%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E9%A3%9F%E5%A0%82-%E3%83%96%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%8E-%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8E-374086122752155/
19:00-25:00 (金-27:00, 土18:00-27:00)
日曜定休

ももクロとカレー(初音)

2019 年 5 月 17 日 金曜日

ももクロカレーの共通点。
仏太が好きなだけやろ〜ってツッコミもありだが、
実はそれだけではない。笑
仏太が好きなしおりんが好きな食べ物がカレー
ってのもありだが、実はそれだけでもない。笑
仏太が好きなしおりんのイメージカラーと一般的にカレーで連想する色
っていうのも事実だが、実はそればかりでもない。笑
(もういい?笑)

もう少し踏み込んで言うなら、
ももクロスープカレーに共通点を見出したのだ。
ちなみに、そんなに偉そうに言うことではない。
他の人でも気づいている人は沢山いると思う。
きっと。
はず・・・
たぶん・・・

正式名称ももいろクローバーZはももクロと略される。
ももクロは一般にはアイドルとして認識されている。
しかし、単なるアイドルではない。
今までのアイドルの常識を色々とぶち破ってきたところがある。
水着にならない。
口パクをしない。
(デビュー当初は違ったようだがそれは今話題にしない。笑)
長期的視野に立って展望を持っている。
などなど。
もう既に、アイドルというジャンルを超えて、
ももいろクローバーZというジャンルでさえある、
という見方もある。

スープカレーは一般的にカレーとして認識されている。
しかし、単なるカレーではない。
それまでのカレーの常識をぶち破ったかのような過去がある。
とかっこいいことを言いたいのだが、
食文化として札幌では必然的に生まれたとも言われる。
ただ、それまでのカレーの常識を超えた部分はあるのは確か。
もう既に、カレーというジャンルを超えて、
スープカレーというジャンルでさえある、
という見方もある。笑

この2段落を比べて欲しい。
あまりにも告示しているではないか。
あ、いや、酷似。笑
これが、共通点。
ももクロ11周年の本日5月17日に気づいた(ことにした)
ももクロとカレーの共通点だ。

う〜む、論文にするか。笑

外観
鹿追は半年ぶり。
お久しぶりのご挨拶は初音から。

食べ物1
お通しはいつも豪華。
本日も里芋の唐揚げ牡蠣のにんにく醤油ソテーツブ貝煮付け
そして、向こう側はマグロ山かけ
長芋が細かく千切りされている。
海の幸も山の幸もいただける幸せ。
色々なお料理があるのは、
色々なことに挑戦するももクロに通じるところがある。
(強引?笑)

食べ物2
いつもの?とマスターに言われ、
裏をかくことのできないもどかしさ。笑
いつも通りのオーダーもまたよし
んで、ここで火花が散ると面白いのだが、
火事になるといけない。笑
やはり平和(ピース)が一番だから。
(あ、念のために説明すると、又吉直樹ね。笑)

食べ物3
いつものもう一つは豆腐なのだが、
だいたいの居酒屋で頼む時は冷奴。
ここ初音には温奴がある。
どちらもオーダーするが、今回は温奴。
鹿追のアスパラが旬だよと添えてくれる
サービス精神に感謝。

食べ物4
最近密かなマイブームかもしれないモツ煮
おそらくブームはずっと前に去っていると思うが、
今更のように、でも、時々頼む。
まずはそのままいただき、その後一味をかける。
甘めなものを辛くするとそのギャップがまた体を燃焼させる気がする。
ギャップ燃えというのだろうか。
(おい、字が違うだろ!笑)

食べ物5
初音に入ってカウンターに座る時に、黒板メニューをチェック。
するつもりだったのだが、壁に飾られた浜田省吾のグッズ関係に
目を奪われてそれどころではなかった。笑
黒板メニューにカレーがあればそれにするつもりだったが、
見てないのだから頼めるわけがない。
ってか、行く前からスープ餃子をカレー味にしてもらいたいなと考えていて、
以前にもやってもらっていて、その時にできることはする的な
マスターの男気を聞いて覚えていたので、頼んでしまった。笑
18年11月16日の日記「鹿追金曜日夜(初音)」参照。)
スープカレー餃子だ。
餃子スープカレーではなくスープカレー餃子だ。
すなわちスープカレーではなく、スープ餃子のカレー味ということ。笑
具が豪華!
嬉しすぎ!

食べ物6
最近、知り合いと餃子の話をしてばかりだったので、
餃子を食したい気持ちが強く、
また、カレーは食したいという気持ちもしっかりあって、
そうするとこれが一石二鳥のスープカレー餃子だなあとなった。笑
ちなみに、この頃にはテレビ画面は浜田省吾だった。
帯広にも来てくれたOn The Road Tourのライブだった。
仏太も誘われて行けたんだった。
思い出が蘇る。
もう3,4年前のことか。

食べ物7
初音は居酒屋としての側面(というかそれがメイン)と
食堂としての役割も担っていて、
家族連れてお食事に来る人達がいたり、
高校生が学校帰りに空いた小腹を満たすために
ラーメンを食べに来たりする。
時にラーメン屋と思われるくらいラーメンが出ることがあると
笑って話してくれるマスター。
そのチャーシューをいただいた。
しょっぱすぎず、脂がちょうどよい甘さで、
柔らかく簡単にほぐれる。
そのまま食べてもよし、スープカレー餃子のスープにつけてもよし。
いいツマミだ。

マスターはサービス精神旺盛で、色々工夫してくれる。
それは料理だけではなく、環境も。
すなわちホスピタリティが素晴らしいってこと。
浜田省吾の映像の前は、ももクロの映像を用意してくれていた。
流石にBDやDVDを買ったわけではなく、スカパーのようだった。
遠慮なく、仏太はももクロの説明を語りまくった。笑
本日5月17日がももクロ結成11周年であること。
本日5月17日にNew Album発売ということ。
(ちなみにタイトルは、MOMOIRO CLOVER Z)
映像に出てくる曲が変わるたびに
ちょっとした解説を加えた。
だいぶうざかったと思う。笑

マスター、すみません、そして、いつもありがとうございます!

I went to Hatsune in Shikaoi. I drank some glasses of beer and ate good foods talking to a master about Momoiro Clover Z and so on. Foods were so good. I asked a master to make soupcurry gyoza. He said OK and I could eat it. Thank you very much. Today was the 11th birthday of Momoiro Clover Z and the releasing day of a new album. It was so special. Thanks.

初音
鹿追町仲町2丁目2-35
0156-66-2260
https://www.facebook.com/hatsune1962/
18:00-24:00
火曜不定休

参考サイト
週末ヒロイン ももいろクローバーZ
楽しおりん生活(玉井詩織オフィシャルブログ)
SHOGO HAMADA OFFICIAL WEB SITE