2022 年 11 月 2 日 のアーカイブ

食し過ぎ(インデアン音更店、魚くま、夜のスープカレー屋さん)

2022 年 11 月 2 日 水曜日

予想に反して、本日は修行続きとなった。
ってか、単に食い過ぎでしょ、と思われるだろう。
いや、仏太的には正確には、食し過ぎ、なんだけどね。笑
まあ、あまり余計なことを書いていると、
修行報告ができなくなってしまうので、
早速始めよう!笑

インデアンカレー1
同僚インデアン音更店からtake outしてきてくれた。
ありがたいことだ。
いつもニコニコして、楽しそうに行ってくれる。
前任者は残念ながらそうではなかった。
だが、それで責めることはない。
現在の彼に尊敬と感謝だ。

インデアンカレー2
今回は久し振りのオーダーだ。
いつも上乗せ(後乗せ)を意識したり、
とにかく何かトッピングをしたがっていた。
が、今回はシンプルにインデアンカレーだ。
インデアンルーはビーフカレーで
ちらほらとそのビーフが見える。
なんとなく北方領土を含めた列島に見えたのは
最近、ウクライナ情勢のネットニュースをよく見るからだろうか。笑
辛さと添え物は自分のデフォルト通りで、
極辛3倍ピンクだ。

インデアンカレー3
今回単なるインデアンカレーにしたのには理由があった。
自分で勝手にトッピングをしてみようと思ったのだ。
納豆生玉子を。
納豆はパックについていた辛子を混ぜてからカレーにオンした。
生玉子、黄身だけと思いながら、少年隊を口ずさみ始めたのだが、
いとも簡単にするりと白身もいってしまった。
当然、歌は止まった。笑

インデアンカレー4
更に、職員食堂からネギを頂いた。
本来今日はうどんかそばで、それ用のネギがあった。
実は納豆とネギという組み合わせは強いと思っている。
また、納豆とカレーという組み合わせもテッパンだ。
この前気づいたのだが、カレーにネギというのも素晴らしい。
ということは、グッドな関係同士の3つがコラボすると、
毛利元就現象が発生するというもの。
夢中でいってしまった。
あっという間に空になった。
灰にはなってないので、矢吹ジョーにはなれないが。
今日の夜が素晴らしくなる予感のするインデアンカレーだった。
(正確には、個人的三本の矢トッピング)笑

ただし、修行報告は当初ここで終わりの予定だった。
しかし、予想は簡単に覆り、あと2倍くらい、
即ち文章量にして、全部で3倍くらい要することとなった。笑

外観
階段を登る時、そう言えばここのビル、
魚くましか来たことないよな、と思った。
仏太は、顔と性格はいいけど、眼と膝は悪い。
と人によく言う。
膝の悪さは、そこらへんにいるチンピラにはかなわないが、
それなりなもので、過去に手術もしている。
このビルはエレベーターもあるが、
可能な時は階段を使うようにしている。
暖簾をくぐると美人ママさんと可愛いバイトさんが迎えてくれた。

食べ物1
お通しを見てニヤリとしながらビールを頂いた。
たこの酢味噌和えも美味しい。
これ好きだ。
しかし、それ以上に手前のものが
すぐに分かったのでニヤリとしたのだった。
カレー味エビ春巻きだった。
美人ママさんがいつも気を遣ってくださる。
仏太が予約を入れるとこれがあることが多い。
ありがたすぎる。

食べ物2
串物を見繕ってもらった。
しめじの豚巻きとミニトマトのベーコン巻きだ。

食べ物3
刺し身盛り合わせはやはり日本酒で頂きたいところ。
豪華すぎてヤバパイン。

食べ物4
ふきの煮物も好き。
ってか、美人ママさんの作るお料理はなんでも美味しい。
ふきとこんにゃくとたけのこの組み合わせが絶妙。

食べ物5
肉じゃがはおふくろの味と言いたいのだが、
美人ママさんは仏太とそんなに変わらないので、
そうは言わない。笑
でも、そのくらい美味しくて、ほっぺたが落ちる。

食べ物6
ローストポーク???
このあたりからしっかり覚えてない。
記憶がないのではない。
耳が遠くなっていたのだと思う。笑

食べ物7
アボカドマヨサラダ
勝手に命名。
あ、魚くまはメニューがない。
おばんざいが数種類あるのと、
口頭で伝えて、魚や串などを料理してもらうのだ。
だから、出してもらう時に言われる名前を覚えてないと、
その料理名がわからない。笑
でも、美味しいからそれでいいのだ。
今日も満足、満腹。
あざっす!あざっす!あざっす!

そう、満腹のはずだった。
満足したのだった。
そのはずだった・・・・

外観
男は重い扉を開けた。
いつもの席に座ろうとすると、
そこには筋肉質の男性が座っていた。
L字型になったカウンター席の、曲がった所に席を取ろうとした。
それぞれ3席ほどのこぢんまりとした席だ。
夜のスープカレー屋さんは一人で行くことが多く、
カウンター席の一番端っこに座ることが多い。

夜のスープカレー屋さんは、
今更なのだが、「さん」までが修行場名だ。
だから、修行場にもさん付けする人にしてみたら、
夜のスープカレー屋さんさん、となる。
が、仏太は元々修行場や、他のお店(飲食店もそうじゃないところも)に
さん付けするのは気乗りしないタイプなので、
基本「さん付け」をしてない
だから、ずっとブログ内でも、よほどの理由がない限りはさん付けしてない。
ただ、正式名称として既にさん付けとなっている場合は
それが名称(固有名詞)となるわけだから、あえて外すことはしない。
即ち、夜のスープカレー屋さんと言うが、
夜のスープカレー屋、という呼び方はしないってことだ。
また、夜のスープカレー屋さんさんも変な感じがする。

それは人の名前、あだ名、などでもそう。
ジョナサン・ジョースーターという人がいたとして、
ジョナサンさんとは言っても、ジョナサンと呼び捨てたり、
ジョナとしたりはしない。
あれ?ちょっと違う?笑
あ、ジョナサンって言うかもしれないな。
かもめが飛んだ〜、かもめが飛んだ〜・・・・笑

話がかなり脱線した。
冒頭で、余計な話をせずに、修行報告をしようとしていたのに。笑

さて、ふと男性を見ると、
あれ???
と気になった。
というか、気づいた。
知り合いだ。

声をかけると、予想が確信に変わった。
お!という表情で、こちらに振り向いた男性は
共通項のある仲間、友達だった。
が、友達は既に食し始めていたので、
お互いに会釈しただけで、会話はしなかった。
黙食だ。
素晴らしい。

牡蠣スープカレー1
と言っている(考えている)うちに
頼んだスープカレーが来た。
カキスープカレーだ。
ライスは小

牡蠣スープカレー2
メニューで見えていたカキが見えない。
色に惑わされちゃ駄目。
果物のカキ(柿)じゃないよ。
海にいる貝のカキ(牡蠣)だよ。
オレンジだからといって柿じゃない。
スープの色だからね。
オリジナルスープ辛さ6番にした。

牡蠣スープカレー3
カキはしっかり入っていてすくうと出てきた。
メニューの写真はきっとスープ少なめにして
具がわかりやすくなっているのだと改めて理解。
理解するのは本来そこじゃない。
カキとスープカレーの美味しさを理解すべきだ。
というか、既に理解してしまったから、
別のことを考えるに至ったのだろう。
あ、友達が先に帰った。
乙カレーっす!
心の中でお互いに会釈。
黙食素晴らしい!

I ate Indian Curry of Indian Otofuke branch take out by my fellow. Thank you very much. I put some foods on it. We say Topping. I took natto, an egg and green onion on the curry. These three foods were not in Indian shops. So it was the special topping curry. It was so good. Thanks.
After hard works I went to Uokuma on my off. It was an izakaya bar in the central of Obihiro. I ate several good foods and enjoyed. One of them was curry taste fried shrimp spring roll. I had eaten it every some times. Mama made it sometimes I came here. Thank you very much. Of course it was so good and other foods were so good, too.
At last I went to Yoru no Soupcurry-yasan alone. I found a man on a counter seat. He ate soupcurry. He looked up me and faced to me. We knew each other. He was a friend.www Great! He didn’t talk to me. He was silent on eating. I sat on the next seat and ordered my soupcurry. I ate oyseter soupcurry with original soup, hotness 6. It was so good, too. Today I ate over.www Thank you very much.

インデアン音更店
音更町木野大通東16丁目1
0155-30-2139
http://www.fujimori-kk.co.jp/
10:00-21:00
無休
参考:乙華麗様です!第5回

魚くま
帯広市西2条南9丁目20第一あさのビル2F
0155-23-1076
18:00-24:00
日曜定休

夜のスープカレー屋さん
帯広市西1条南12丁目2-7
0155-67-6673
17:00-28:00 (日曜-25:00) (LO30分前)
火曜定休