‘ルーカレー’ タグのついている投稿

気分が乗ってトッピング(アパッチ)

2019 年 1 月 12 日 土曜日

最近、以前より健康に気をつけている。
健康オタクではない。
カレーヲタクは自負しているが。笑

野菜をより多く摂るよう心がけたり、
外食を減らしたり、
飲む回数を減らしたり・・・
まあ、一般的に言われる、
当たり前っぽいことをなるべく実践するようにしている。

とはいえ、ずっとストイックにはできないので、
どこかで休憩したり、
時には自分にご褒美ってこともしないと
やってらんねーってなってしまうとやばい。笑
そう、息抜きは必要だ。

また、修行は仏太にとって義務であり、
ライフワークでもあるので、
止める(辞める)ということはありえない。笑

外観
久し振りのアパッチだ。
中に入ると厨房の方にオヤジさんが忙しそうに動く姿が見えた。
ホール担当の美人さんが、テーブル席に案内してくれた。
一人なのに、6〜8人座れるところに、王様のように座らせてもらった。
恐縮だが、恥ずかしさを表に出さないようにした。笑

インド風カレー1
インド風カレーにした。
今回は全然決めてなくて、メニューを見て、考えて決めた。
確か前にも食したことがあると思うのだが、
その時の印象が良かったと記憶していて、
今回もまた食してみようと思ったのだった。

インド風カレー2
いくつかトッピングしたのだが、
これはポワローという西洋ねぎ。
アパッチのトッピングで特徴的なものの1つだ。

インド風カレー3
チーズはとろけている。
これもトッピング。
細かいチーズがカレー全体に散りばめられている。

インド風カレー4
コーンもトッピングだが、
写真がボケてしまって悔しい。
まだとろけてないチーズもある。

インド風カレー5
生玉子もお願いした。
すなわちトッピングは全部で4つ。
今日は気分が乗っていたが、
黄色をトッピングしたいという願望が強かった。笑
(ただし、ポワローは黄色ではない)

一番は美味しく修行できたこと。
ここの温かみは嬉しくなり、心がほっこりする。
外観から入りにくいという人もいるが、
入ってみたら、その印象が変わるんじゃないかなあ。
昔からあるアパッチは、人によってはソウルフードだろう。
インデアンとはまた違った味わいのカレーだ。

I went to Apatchi in Obihiro along to R38. I ate Indian like curry with topping an egg, cheese, corn and poireau (leek). It was so good. Apatchi’s curry is also good. I like it. Thanks.

アパッチ
帯広市東11条南6丁目5
0155-22-6200
11:00-21:30
不定休

シーフードカレーと興奮

2019 年 1 月 10 日 木曜日

本日ランチがカレーだって知っていた。
が、昨日歓迎カレーの日にした。
19年1月9日の日記「感謝のカレー(インデアン音更店)」参照。)
あえて連日でもオーケーとした。
毎日、毎食カレーでもいいくらいなので、
連チャンを気にせずよしとした。
誰からも文句が出なかったので更に良しとした。
サイレントマジョリティがいるのかどうかは知らない。笑

シーフードカレー1
そんな本日のランチの、職員食堂のカレー。
美味しいのは山々なのだが、
昨日と同じシーフードカレーってことには気づかなかった。
昨日の時点で、それに気づいていたら、
昨日別のカレーにしていたかもしれない。

あ、いや、知っていてあえて合わせたってことにしよう。笑
(もう遅い)
ま、でも、それはよし。
昨日は昨日のカレー。
今日は今日のカレー。笑

シーフードカレー2
今日のシーフードカレーは辛さは一般的には中辛くらいかな。
辛さを増すためにデスソースハバネロソースをかけた。
これで体が火照ってくる。
汗をかいて体温を下げるらしいが、
その前に体が熱くなる。

カレーで体が熱くなるのはいいことだ。
というか、自分の好みだ。
汗をかくのが嫌で、カレーを辛くしないという人もいる。
それはそれで有りだし、オーケー。

本日は、午前中の仕事で、
久し振りに熱くなることがあった。
それはハートが熱くなり、
その興奮が体に出てきて、
内側から、細胞それぞれが震えるような、振動するような
そんな熱さを経験したのだった。

やはり人生も修行だな、と改めて思ったし、
カレー修行と似ているところもあるなあ、と思った。
道を極めようとする根底のところにあるものは同じだ。

それにしても最近のこの熱さは尋常じゃないなあ。
気温は冷えているというのに。笑

I ate seafood curry at our worksite restaurant for lunch. It was good. I took hot sauce on it, it got more hotter. It was so good.

感謝のカレー(インデアン音更店)

2019 年 1 月 9 日 水曜日

野菜シーフード1
本日のランチはインデアン音更店からのtake out。
いつもいつも感謝
それは作ってくれる人にもそうだし、
買ってきてくれる人にもそうだ。
色々と感謝すべき人がいる。
いつもtake outしてくれる同僚に感謝
今回は3人のNew Faceに歓迎の意を込めて、
いつも通りのインデアン音更店から。

野菜シーフード2
野菜シーフードにも感謝。
極辛3倍でいただいた。
ライス小の分、ルーのみで辛さを直撃ということもあり、
いつもよりちょっと辛さ増しで楽しめた。
しかし、それを差し引いてもやはり辛いと思った。
今日は辛いな。」
まさに今それを言おうと思った時にボスがつぶやいた。
二人の意見が一致したので、きっといつもより辛いと思う。
が、止まることなく、食し続けられる。
エビ、なす、じゃがいも、ピーマン・・・
時々ピンク、緑を混ぜながら・・・
体から液体が流れ出る感覚があり、
徐々に体温が上がっているような気がする。
辛さにも感謝していただいた。

I appriciate for many people and things. Thank you. Thinking so I ate seafood curry taken out from Indian Otofuke branch by my fellow. Thank you. It was so good. Thank you.

インデアン音更店
音更町木野大通東16丁目1
0155-30-2139
http://www.fujimori-kk.co.jp/
10:00-21:00
無休
参考:乙華麗様です!第5回

宝物はカレー(バード・ウォッチ・カフェ、宝島)

2019 年 1 月 6 日 日曜日

宝物というと、子供の頃ワクワクしたものだ。
海賊ってイメージもあるが、
本物の怖い海賊ではなく、
ひょっこりひょうたん島だったり、
ワンピースだったりのイメージ。笑

そして、自分だけの宝物を秘密の場所に隠して楽しんだりもした。
まあ、大人からしてみれば、秘密の場所でもなんでもないことが多いのだが。
それでも、子供の頃の宝物は輝いていた。
ずっとその時の純粋な気持ちがあったら、
もっと素敵な人生だったかもしれない。

それがいつの間にか擦れてしまい、欲にまみれて、
ドロドロした人間関係の中に身を投じている気がする。
いや、本当は純粋な気持ちもあるはずなのだ。

そんな自分を取り戻すため、
身も心も清めるため、
温泉につかって、ダラリとすることもいいだろうと、
居住区域内である帯広の北海道ホテルに泊まった。
1泊の間に温泉に3回入り、心は海賊王だった。笑

外観
朝食はバード・ウォッチ・カフェに指定されていた。
前にここに来たのは、かなり前になる。
何故なら、当時はカレーメニューがなかったから。笑
まあ、カレーがなくても行くのだけど、
結局カレーが優先されてしまい、
カレーがないところの頻度が減ってしまう。

朝食1
3つの中から選べる朝食だった。
素敵なホテルらしくバイキングではなかった。
バイキング(ブッフェ)も好きだが、こういうのも好き。
最初にサラダが出てきたのも嬉しかった。
最近、まずサラダを食べて、他のものを食べるってことをしている。

朝食2
チーズフルーツも嬉しい。
なんだか普段の朝食とパターンが似ているかも。笑
朝食の3種類は、和食、洋食、スープカレーだ。
この3つのうちから1つを選択する。
まあ、仏太が何を選んだかは自明の理だろう。笑

朝食3
ヨーグルトはでーでぽっぽだな。
このとろみというか、スーッと糸をひくような感じがいい。

朝食4
さて、スープカレー。
ホテル特製のスープカレーだ。
このレトルトは以前に食したことがある。
ホテルのシェフが調理してくれたものは初めてだ。
レトルトを温めて具材を足しているのだろうか?
普通に仕込んで作るのだろうか?
まあ、普通後者だろう。

朝食5
具材がしっかりしていることでわかる。
ただ、スープのレシピは同じかもしれない。
(修行場がレトルトカレーを出す時、
そのルーやスープのレシピが変わるのは
よくあることと聞いたことがある。)
以前食したレトルトの味を一瞬で思い出したからだ。
おそらくテレビとか映画なら
フラッシュバックされたように過去に映像が戻ることだろう。笑

朝食6
野菜類豆類などがたっぷり入っていて、
優しい味で非常に食しやすい。

自分で買って、自分でも具をいくつか足して、作ってみたいと思った。
なので、食後売店に行ってみた。
ちょうどシャッターになった。

あれ?
ガビーン、売店(Everything North)には売ってなかった。
しょうがない、じゃあ、宝を探しに行こう!

外観
てなわけで、ランチは宝島に行った。笑
宝島に宝があるのかと言われると、
手塚治虫かサカナクションに聞いてみたくなるが、
それは新宝島か。笑
(ちなみに、朝食からすぐではない。笑)

チキンカツカレーセット1
チキンカツカレーセットは仏太にとっては宝みたいなものだ。
ってか、カレーはみんな宝。笑

チキンカツカレーセット2
でかい更にたっぷりのチキンカツカレー
下手したら、これで大盛りとなっている修行場も
あるのではないかと疑うくらいの大盛り感
しかし、これ普通盛りだ。
何よりもフランクフルトがついてくるのが凄い。
メニューを見直すと写真では、ここのカレーには
だいたいついてくるのがデフォルトのようだ。

チキンカツカレーセット3
チキンカツもでか過ぎなくらいのボリューム。
ビーフカツ、とんかつよりもチキンカツが好きなので、
このボリュームはウハウハもんだ。

チキンカツカレーセット4
セットでサラダがつく。
肉だけでなく野菜もあるのが嬉しい。

チキンカツカレーセット5
スープも好きな玉子とわかめのスープ。
写真にはないが、あとドリンクも飲み放題でつくセットにした。
これはだね。
チキンカツカレーセットにして正解だった。

I ate soupcurry at Bird Watch Cafe in Hokkaido Hotel in Obihiro. For breakfast I could select one of three types. One was Japanese style, the other was European style and another was Soupcurry. I ordered Soupcurry breakfast. It was good. My wife ate European style breakfast. We checked out and went shopping. For lunch we went to Takarajima in Western part of Obihiro. I ate chicken cutlet curry there. It was so good. I was so satisfied.

バード・ウォッチ・カフェ
帯広市西7条南19丁目1番地北海道ホテル1F
0155-21-0001㈹
https://www.hokkaidohotel.co.jp/rest/list/bird.html
7:00-10:00, 11:30-15:00, 17:00-21:30(LO21:00)
無休

宝島
帯広市西19条南5丁目26-1
0155-34-4339
11:00-15:00 (LO14:30), 17:00-22:30 (LO22:00)
無休

進化

2019 年 1 月 1 日 火曜日

カレーのように、地味でも少しずつ進化をしたいものだ。
今年の抱負の1つ。笑

カレーライス
ランチにシーフードカレーをいただいた。
昨日の残りのカレーをいただいたのだ。
18年12月31日の日記「一字」参照。)
新年からカレーをいただけるありがたさ、嬉しさ。
父の手作りだから、尚更ありがたさがしみる。

仕事をし始めて数年(20年以上)経つが、
弱小で生きながらえてきたので、
三が日をまともに全部休んだことはなかったのだが、
今年は初めて全部休み。
そんなときほどこれと言って何をするわけでもなく、
ダラダラと過ごしてしまうのだ。
たまにそういう生活も悪くない。

ちゃんちゃん焼き1
そんなこんなで夕食。笑
豪華で野菜たっぷりが嬉しい。

ちゃんちゃん焼き2
ちゃんちゃん焼だ。
整っている絵柄と、
成り行きで自然に混ぜられた絵柄と、
仏太はどちらもある光景なので好きなのだが、
やはり人それぞれ好みがある。

カレーうどん
そして、好みがあると言えば、〆だ。笑
あ、いいや、普通にいただいているので、
外食している(外で飲んでいる)時と違い
無理に〆をする必要はないのだが、
やはり〆がカレーだと上がる。笑
カレーうどんだ。
昨日、本日昼に続き父カレーがベース。
そばつゆを足して、カレーうどんの出汁にしてくれた。
うどんもシコシコで満足な〆だった。
あ、茶碗洗いでお礼にかえさせてもらった。笑

I ate two curries on New Year’s Day. For lunch I ate seafood curry made by my wife’s father. For dinner I ate chan-chan yaki, salmon bbq, and at last I could eat curry udon. They were so good. Thank so much to Father.