‘ルーカレー’ タグのついている投稿

シーフードカレーの妙

2019 年 3 月 6 日 水曜日

今日がカレーだということはわかっていた。
メニューを見ていたので、
チキンカレーかポークカレーかシーフードカレーかスープカレーか
本当はわかるはずなのだが、忘れてしまった。
カレーということは覚えている。

シーフードカレー1
職員食堂に入って、匂いですぐにわかった。
そうシーフードカレーだ!
正直、チキンカレーとポークカレーでは
匂いでの区別は難しい。
しかし、シーフードカレーは明らかに違う。

シーフードカレー2
先によそっていた上司が
ヒモがあるせいか垂れやすいと教えてくれた。
アドバイスをムダにすることなく、垂れたのは1滴だった。
(上司は少なくとも2滴はやっていた。笑)
正直、酷いことにならなければ、ちょっとくらい垂れてもいい。
また、それは勝負でもないし。
ただ、見栄えの問題はあって、そのあたりを気にする人は多いだろうな。

シーフードカレー3
デスソースカルダモンフェンネルをかけて、
スパイスカレー風にしてみた。
が、これも見栄えってことで言うと
もう少し気にしてかけたほうがいいかもしれない。
あ、これかけたのは勿論自分。笑
スパイスは混ぜまぜして食すのもいいのだが、
このままワイルドにいただくとスパイスをより感じることができる。
デスソースに関しては辛さが直に伝わる。
そして、それらのスパイス感、辛さに負けない個性が
シーフードカレーにはあり、海の出汁が出ていていい。
ちなみに上司が指摘してくれたヒモはおそらくホタテのヒモだと思う。

ああ、本日も満足。
こういう素敵なカレーを食せるのも幸せだ。

I ate seafood curry for lunch at our worksite restaurant. Recently I have got round throwings from several people on job. Today I got one of them, too. Why? Seafood curry cheered me so much but bad things were many. I was so sorry. But, but, but I was going to live more strongly.www

人気の秘密(ドマーニ食堂)

2019 年 3 月 1 日 金曜日

外観
ドマーニ食堂に行った。
晩ごはんの店となっているが、実はランチタイムもやっている。
入った時は、最初の修行者だったのだが、
そのうち徐々に席が埋まってきた。
人気があるってことだ。

ロースかつカレー1
道産豚のロースかつカレーをいただいた。
いつも出てきてから失敗したと思うのは、
このタイプの福神漬は残すことがほとんどなので
最初から断った方がいいと思いつつ、
ついつい忘れてしまい、出てくるってことだ。
サラダがとても嬉しい。
特にかつをいただくつもりでカレーをオーダーしているから尚更。

ロースかつカレー2
かつが大きく厚い。
衣がサクサクで肉は噛みごたえがありつつ噛み切りやすい。
うーん、プロの仕事。

ロースかつカレー3
カレーのベースはポークカレー
ポークかつとの合わせ技。

満足で、所謂美味しい
人気の理由の一つはこれだろう。
すなわち味。
しかし、それだけではないと思う。

何故なら、今の社会それだけだとやっていけないと思われるからだ。
SNSが発達して、写真も世の中に出回る。
味は噂、言葉、そして、見た目(写真など)から
以前よりも多角的に判断される。
しかも、そこに行く前に。
行った後も見られると思うが、その味の評価は様々とは言え、
しっかりと予習ができる状態となっている。

だからこそのプラスアルファが大切になるだろうし、
それが人気の要素の一つ(以上)であろう。

今回改めて気づいたことの一つに
マスター温かい対応がある。
マスターがホールに出てくることは多くない。
厨房で腕を奮っているからだ。
しかし、厨房から、調理しながら声をかけてくれることもある。
今回はまだホール担当のスタッフさんが来る前だったので、
注文も受けてくださった。
その対応が、嫌味なく丁寧だったのだ。

丁寧すぎて、嫌味のように感じる対応もある。
マスターのそれは、あまりにも自然すぎて
本当に流れるように感じた。
丁寧だけど、丁寧すぎないのだ。

実はこのあたりのサービス、ホスピタリティって
難しいなあって思う。
雑でもいけないし、丁寧すぎてもいけない。

あ、これはあくまでも個人的意見。
そんなの構わない、美味しければ、
マスター、スタッフさんの対応は関係ないって人もいるかもしれない。
マスターと対峙して喋ったり、議論したりすることで
満足な人もいるかもしれない。

本日のラジオで、飲食店の満足度の話をしていた。
客が一番に思うのは実は味ではなく店員の対応なんだそうだ。
そんなアンケート結果をやっていた。
それについて、パーソナリティの方やゲストの飲食店マスターと
別の一般ゲストの方がコメントするって形で進められていた。

お店によるかもしれないが、
飲食関係だと、バカ丁寧なのは、
ちょっとどうかな、と思うときもある。
格式張った、ドレスコードが必要そうなところは
そういうのもありかもしれないが、
一般に行くところ、特に仏太の場合、修行場は
程よい丁寧さが嬉しい。
(ワガママか。笑)

以前、携帯ショップのスタッフさん(というのかな)と
話をする機会があり、その時、その女性は
研修で接客などホスピタリティを学ぶということで、
それを教えてくれたのだが、
仏太は非常に違和感を覚えたので、
正直に、それはそんなに丁寧でなく、
もう少し砕けてもいいのではないかと伝えたところ、
そうするというのが今のやり方だ、的な答えが帰ってきた。
その人の性格もあるかもしれないが、
でも逆に言うとそのまま接客にそれが出るということだよなあ。

実際にその人の接客にあたることはなかったので、
実践しているかどうかは迷宮入りとなったが、
自分のことで携帯ショップは行くことがある。
最近の記憶では、鼻につくことはなかったので、
おそらく上記の女性は極端だったか、
その後基本ホスピタリティが見直されたかだろう。

画一化されたサービスは、逆に人としての対応を
丁寧にしているとは感じないような気がする。
かといって、逆に砕けすぎるのも問題がある。

かつて仏太が勤めていた某所で問題が起こったことがある。
接客業ではないが、以前対人関係の職場にいた。
その時、若い女の子がちょっとした問題を起こした。
狩人みたいな名前のその女の子は、
相手に対してタメ口で喋りつつ、あるミスを犯してしまったのだ。
相手は抗議してきて、それが部署で問題になった。
仏太も呼ばれアドバイスを求められたが、
色々話を聞くと、問題点の一つに、
やはりタメ口はよろしくないと思われた。
所謂砕けすぎというやつだ。

極端な例を出したが、
どんな場合も中庸が肝心ということは
この場合も当てはまると思われた。

ということで、ドマーニ食堂の人気は
味もさることながら、
そのホスピタリティにも起因していると思われた。
また行きたいという気持ちが毎回芽生えるし。

ってことで、カレーや他のお食事をいただきに
またドマーニ食堂に行きたいと思った。

I went to Domani Shokudo in Obihiro for dinner with my wife. I selected deep fried pork loin curry. It was served with a kind of pickles and salad. Its pork was so good. Its curry was so good. And a master and a stuff’s hospitality was so good. We were so satisfied with its taste and thier hospitality. Thank you.

ドマーニ食堂
帯広市西15条南17丁目2番地
0155-22-2501
https://www.facebook.com/domani.0403/
11:30-14:30, 17:30-23:00 (土は夜のみ、日祝17:30-21:00)
月曜定休

参考サイト
FM WING

ど忘れ(インデアン音更店)

2019 年 2 月 27 日 水曜日

「今日、何にしますか?」
いつもtake outを買って出てくれる同僚が聞いてくれた。

あれ?

昨日までこれにしようって考えていたものが、出てこない。
ど忘れ、というやつだ。
が、考えていたかも自信がなくなってしまった。

そのくらいあやふやになっていたので、
なんとなくシーフードの気分ってだけで決めてしまった。

う〜〜ん・・・

なんとなく引っかかっていたが、
同僚がインデアンに行くときまでに
はっきりさせることができなかった。

勿論、このあたりは自分の心の中、考えだけのことで、
口に出しているわけではないから同僚にはわからない。

シーフードカレー1
インデアン音更店からテイクアウトしてきてくれた
いつもの同僚に感謝。

シーフードカレー2
野菜ルーシーフードカレー
エビ貝類がチラチラ見えて、他にナスピーマンなど野菜も入っている。
野菜ルーのデフォルトとしてじゃがいももゴロンゴロン入っている。
ちなみに、最近の例に漏れず、極辛3倍
ライス小で、一応ダイエット。

そして、今回は送別カレーだった。
ギリギリだった・・・。

あ、思い出した・・・
次回それにしよう・・・笑

インデアン音更店
音更町木野大通東16丁目1
0155-30-2139
http://www.fujimori-kk.co.jp/
10:00-21:00
無休
参考:乙華麗様です!第5回

かっかとする

2019 年 2 月 21 日 木曜日

最初が怪しかった
その時に気づけても結局は変わらなかったかもしれない。
その後のことで色々とあった時、
ああ、そういえば最初が、って気づいたのだ。

以前に何度も同じようなことをされているため、
相手は違っても、またかよ!となってしまった。
以前のことは、違う人が相手だったのだが、
今回別人が相手でも、ほとんど同じことをされてしまった。

神様が試しているのだと思う。
が、かっかとした気持ちを抑えることができない。
こういう時は顔を洗うのだろうが、
仏太は足を洗いに行った。
この仕事から足を洗うって同僚に言う時の
言い訳的に考えていたのだが、
実際は、その時ふと足が臭いことに気づいたからだった。笑
いずれにしても気分転換になればいいと思った。

が、ならなかった。
かっかとしたものを抑えるどころか、
足を洗っている時、一人で考える時間で、
更に増幅させてしまったのではないだろうか。

八つ当たりしなくなっただけ大人になったかもしれないが、
結局の所怒ってしまっている自分をよくわかってしまうので、
やはり大人になったとは全く言えないと気づいてしまった。
哀しいかな。

ポークカレー1
ランチを職員食堂でいただいた。
本日はポークカレーだ。
デスソースなどで辛くする。
相変わらずアドレナリンが出まくっているので、
スパイス類も手加減無しでかけてしまう。
カレー自体もそうだが、スパイスも体を高揚させてくれる。
内側からかっかとしたものを感じるのだ。

ポークカレー3
一気に食してしまった。
まあ、カレーは飲み物だからしょうがない。
改めてウガンダ・トラ師匠の言葉の重さを知る。
自分の体の重さは棚に上げておく。
腰に注意しながら。

ポークカレー2
かっかとしながらも、ポークじゃがいもの見分けはついたし、
しっかりとカレー自体の美味しさを味わいながら食した。

ポークカレー4
そして、珍しくおかわりしてしまった。
収まらない体と心のかっかした部分が
衝動的な行動に出てしまったのだ。

芸術は爆発だ!

という岡本太郎の言葉を
脈絡なく、ふと思い出した。

このかっかとした状態は
おそらく冷静さを欠いているのだろう。
そういう風に考えられるところは冷静なのかもしれないが、
実際は精密動作をできない。

午後の仕事に影響した。
悔しい。
もっと大人にならなければ。

I would like to be an adult. But I don’t control myself. I got anger about a job. Round Throws are so bad I think. There have been so much such things to me. By a meaning I should say thanks.www

新規開拓の日曜日(Wednesday、愁)

2019 年 2 月 17 日 日曜日

仏太は最初の英語の勉強は公式には中学生の時。
「公式」というのは、学校の授業で、という意味。笑
非公式は塾などということなのだが、
よくよく考えると勉強に公式も非公式もないな。笑
ま、いいか。

現在は時代が変わっているので、
学校での勉強や、塾での勉強に違いがあるかもしれないし、
仏太の時代と現代ではまた違っている可能性もある。

なんでも小学生の英語が必須になった(?なる?)とかで
ある意味びっくりなのだが、
学べる機会があるというのはいいことだと思う。

小学生の時、友達が英語を習っていた。
なんとお父さんが英語の先生だったのだ。
友達数人が集まって英語を勉強しているという。
仏太はその話を聞いて仲間に入りたいと思ったが、
色々な理由でそこには行かなかった。

家が貧乏だったこと、
後から知ったので、途中から行くのに引け目を感じたこと、
中学生からの勉強を小学生の時にわかるのか心配、
などなど言い訳を色々と考えてしまった。

そのくせ、負けず嫌いと、興味津々で、
結局独学することにして、
なんとラジオの英語講座(タイトル忘れた)を始めたのだ。
が、途中で挫折。
よくありがちな、2〜3ヶ月でついていけなくなり、
諦めて、その後はテキストを買うことも、
ラジオ講座を聞くこともなくなった。笑

中学生になって、英語の勉強が非常に不安だった。
ラジオ講座でわからなくて、
果たして学校の勉強についていけるのだろうか?
しかし、それは杞憂に終わった。
というのも、ラジオ講座でやっていたことは
ある程度身についていて、それが予習のようなものとなり、
学校の勉強がよくわかったのだ。
英語は得意科目の一つになった。
(最も得意だったのは数学)

若い時の記憶力に任せて、
単語などをがっつり暗記したのだが、
それは今でも役立っていることもある。
曜日の単語で一番苦労したのは水曜日Wednesdayだった。
ウェンズデーって発音なのに、なんでdが入るの?
原始的に何度も書いて、「うえどねすでー」と呟きながら覚えた。
そういう単語はいくつかある。
(今すぐには思い出せないが)
未だに、Wednesdayって書く時は
心の中でうえどねすでーって言っている。笑

外観
さて、東川町の下調べの段階ではここはわかってなかった。
今回は(も?)結構テキトーで、調べは半分くらいだったと思う。
カレーを調べる時、専門修行場を探すのもそうだが、
意外とカフェやレストラン、洋食屋で
素敵なカレーを見つけることがある。
ここWednesdayは昨日何度かこの通り(道道1160号線)を通って見つけていた。
雰囲気が良さそうで、宿でネット検索したら、
カレーがメニューにあるのがわかった。
また、スープカレーもありそう!

バターキーマカレー1
バターキーマカレーにした。
実はスープカレーがメニューにあったのだが、
平日限定のようで、土日しか来れない仏太としては
残念ながらスープカレーにはありつけないことがわかった。
が、バターキーマカレーも良い。
カラフルな見た目がとても嬉しくなる。

バターキーマカレー2
沢山の具で隠れているカレーはキーマカレー風
バターチキンカレーのチキンじゃなく挽肉にしたバージョンということか。

バターキーマカレー3
ワンプレートにサラダが乗っかるのがカフェ風。
それがまたおしゃれな感じ。
実際に修行場内が小洒落た感じで
こういう雰囲気好き。

バターキーマカレー4
カレーの具は茹でていたり、素揚げしていたり。
野菜が多いので嬉しくなる。

バターキーマカレー5
目玉焼きはトッピングしたのだが、
好みの半熟で更にテンションアップ。

バターキーマカレー6
欲張ってもう一つトッピングしたのはチーズ
細かく細く他の具材と絡みやすい。
楽しく美味しくいただいた。

コーヒー
コーヒーはここに来たからという一品。
旭岳ブレンドはとても優しく飲みやすい。
東川町の様子が反映されているようだ。

そんなWednesdayに行った今日は日曜日Sundayだった。
土日の休みを利用した小旅行。
ランチが終わったら、帯広へ向かって車を進めた。
買い物しながらゆっくり安全運転で帰った。
夕方に帯広について、少し休んでから夕食の時間になる。

外観
月間しゅんを見て、目をつけていたところ。
以前にも行ったことがあるが、結構前。
なんでも美味しかった、住宅街の中にある、
飲むなら誰か車で連れてって、
ってことくらいしか覚えてない。
この前はいつで、誰に連れて行ってもらったんだろう?笑
ってなわけで、に来た。
しゅうと読む。

食べ物1
お通しで出てきたれんこんが嬉しかった。
れんこん好きなんだよねえ。

食べ物2
冷奴は豆腐より上に乗っている味噌が目立っている気がする。笑
こういう豪快なのも好き。

食べ物3
枝豆もたっぷり。
これ、食べた殻を器に入れているのではなく、
最初からこの量でガバっと来た。
こういう豪快さが気持ちいい。

食べ物4
マグロをお願いしたら、中トロだった。
ガビーン、嬉しい。
一番好きなのは普通の赤身なのだが、
中トロも美味しいのは知っている。笑

食べ物5
サラダの上に乗っているグレープフルーツ(だったかな)も嬉しい。
愁オリジナルサラダってメニューに書いてあった。
なにかと小技というか、目立つところというか、
一工夫かそれ以上があり、楽しく美味しく過ごしている。

食べ物6
メニューを見て頼んでいるから、何かはわかるが、
知らずにこれだけ出てきたら、全然わからないと思う。
少なくとも自分は。
これ、焼きこんにゃく
へえ、こういう食べ方もあるんだなあ。

食べ物7
ごぼうチップスも結構な量があり、
だいぶお腹が膨れてきたことに少々不安。笑

食べ物8
何故なら、この〆が今回の最大の目的と言っても過言ではないからだ。

食べ物9
月刊しゅんで知ったナイスな情報は
納豆クリームカレーパスタだ。
岩のりがオクラを隠してしまうのではないかというくらいたっぷりかかっている。
岩のり納豆クリームカレーパスタではない。
納豆クリームカレーパスタだ。

食べ物10
パスタの一部を見せてくれている。
平麺だ。
嬉しい。
タリアテッレ、フェットチーネ、チッチョリーナ・・・
は、取り乱してしまったようだ。笑
クリームパスタは聞く。
納豆パスタも聞く。
カレーパスタもあり。
それらを組み合わせてしまうというのが凄い。
付け加えて岩のり。(しつこい)笑
和洋印の融合は、まさに世界平和の象徴
そんな今日はSunday!
(酔っ払ってる???笑)

I ate Butter Keema Curry at Wednesday, a cafe in Higashikawa, with my wife for lunch. It was good. Good interiors and good taste. After lunch I drank a cup of coffee. It was good, too. Back to Obihiro for dinner we went to an izakaya bar Shuu. We ate some good foods and at last Natto Cream Curry Pasta. Its information was given us by a magazine Monthly Shun. Thanks so much.

Wednesday
東川町東8号北1番地
0166-85-6283
https://www.facebook.com/Wednesday.cafeandbake/
11:00-18:00
木曜定休


帯広市西17畳南4丁目1
0155-34-0307
https://www.facebook.com/%E5%89%B5%E4%BD%9C%E5%B1%85%E9%85%92%E5%B1%8B%E6%84%81-235125473312768/
18:00-24:00
10日, 20日, 30日定休

参考サイト
帯広・十勝の情報誌【月刊しゅん】