カレー修行(十勝)

外観
日曜日のランチはボアベールへ。
あれ?
なんとなく雰囲気が違うような。
中に入る時に気づいた。
ドアの位置が変わっている。
そして、中に入ると、先客が一人いた。

サラダ
以前と変わらず、ボアベール風サラダをオーダー。
22年9月23日の日記「いつの間にか存在感が顕(ボアベール)」参照。)
ボアベール風というだけあって、オリジナルだ。
見た目も素敵だが、ドレッシングがいい。
味加減、特に塩加減が丁度いい。
追加で使えるように小さなポットに出してくれるが、
それを使う必要がなく、本当に丁度いいのだ。

ハンバーグカレー1
今回は、あらびきハンバーグのカレーにした。
カレーは2種類。
ルーは同じで、ハンバーグが入るか入らないかの違いだと思う。
熱々だが、ゆっくり食すことで、
猫舌の仏太でも美味しく頂ける。

ハンバーグカレー2
ハンバーグがこんもりしていて、
なんとなく柔らかいのだろうと見た目でもわかる。
実際に柔らかくてとても食しやすい。
カレーとの相性も抜群。
まさに「あらびき」だなあ、と実感。
(勿論、あらびきでも固いハンバーグはあるが)

ハンバーグカレー3
カレールーも変わらぬ美味しさ。
オリジナルの味が素敵。
ライスと一緒に食していて、全然違和感がない。
ハンバーグとも一体化している。
ボアベールの美味しさはオリジナルだなと改めて思った。

外観
帰りがけに、ママさんに聞いてみた。
すると、車椅子、ベビーカーに対応して、入口部分を改修したのだと。
木がなくなったのと、入り口の場所が少しずれたのはわかった。
また、ドアも変わっていた。
スロープが設置されていたのはわかってなかった。
だから、帰りがけにそんな話を聞いて、
改めて見直すとなるほどという感じだった。
オリジナリティもあり、常に進化を止めることがない
人気の秘訣だな。
見習わないと。

I went to Boiw Vert, a cafe in Obihiro, with my wife. We ate lunch there. I ate hamburg curry, my wife ate tuna sandwiches and we shered Bois Vert salad. They were all so good. I like the curry. It was the original one. I was so satisfied. Thank you very much.

ボアベール
帯広市西6条南18丁目
0155-23-3426
10:00-17:00
水曜定休

カレーgo一緒,カレー修行(十勝)

よく29日は語呂合わせで肉の日と言われる。
2月は29日は4年に1回しかない。
しかし、2月9日という日がある。
なので、毎月肉の日が存在することになる。
逆に閏年は2月は肉の日が2回あることになる。
そう、4年に1回、1年に13回肉の日がある年が来るのだ。
とはいえ、今年は2023年だから、13回の年は来年だ。

カレー1
そんな肉の日インデアン音更店からtake out。
いつもの同僚が行ってくれた。
本当に感謝だ。
パッと見た目、ルーが平たくなっている部分が目立つと思う。
そう、結構パンパンで、容器の蓋で圧迫された跡だ。

カレー2
よく見ると、カツがはみ出ていて
カツカレーなのかも、と思ったりするかもしれない。
という言い方をするということはカツカレーじゃないのか?笑

カレー3
ちょっと目を移すと、チキンが見えている気がする。
いや、気のせいではない。
ってことは、チキンカレー?
もし、チキンカレーなら単純ではなく、
カツも見えているのだから、
トッピングということもありうる。

カレー4
じっくりと観察すると、さっき最初に目が行った平たい部分に
肉が見えていることがわかる。
これは、あのビーフではないか!
そう、インデアンルーだということがわかる。
ってことは、チキンカレーかカツカレーなら、
インデアンチキンか、インデアンカツってことだ。
チキンもカツもデフォルトはベーシックルーだからだ。

カレー5
最近お気に入りのネギと、野菜不足を補うほうれん草を追加。
これはインデアンにはないものだから、自分でトッピングした。
ネギのシャキシャキした感じと
ほうれん草の優しさがとても良い。

カレー6
そこから食し始めると、ハンバーグが見つかった。
おー、そういうことなのだよ。
ハンバーグはデフォルトでインデアンルーだ。
だから、今回のオーダーは、ハンバーグカレー
チキンカツをトッピングしたということだった。
ハンバーグ、チキン、カツ、そして、ビーフ。
4種類の肉の肉をインデアンのカレーで楽しんだ。
辛さは極辛3倍
これはいつも通り。
これだけトッピングすると溢れるよなあと思って、
実はライス小という見えない努力をしてみた。
それでもギリなのだから、流石凄いボリュームだ。
2月9日、肉の日にふさわしいザ・肉カレーを堪能した。
素晴らしい修行だった。

I ate meat curry of Indian Otofuke branch for lunch. It was taken by my fellow. The meat curry had hamburg, chicken, cutlet and beaf. The beef is always in Indian Roux. And hamburg curry is the Indian Roux. So I ordered a hamburg curry with topping chicken and cutlet. They were added then the curry became the meat curry. That was so great. Thank you.

インデアン音更店
音更町木野大通東16丁目1
0155-30-2139
http://www.fujimori-kk.co.jp/
10:00-21:00
無休
参考:乙華麗様です!第5回

カレーgo一緒,カレー修行(十勝),カレー手作

チキンカレー1
ランチを職員食堂で頂く。
今日はカレーだとわかっていたので、
ウキウキ気分でドアを開けた。
結構混んでいたが、席はあった。
喜びすぎて、盛り方が非常に下手くそで
自分で自分のダメ出ししてしまうほどだった。
修正してこんな感じだ。
(修正したのは写真ではなく、盛り方)

チキンカレー2
写真を修正しなくても隠すことはできる。笑
チキンカレー、美味しそうなので、
写真を撮らずにすぐに食したい気分。
そう、昨日、食堂のカレー美味しいよね、と
他の人達と話題になっていたのだ。
そこで、翌日の今日、チキンカレーだと判明していた。笑
デスソースが、ポタポタではなく、スーーッという感じ。
うーむ、フランス料理の、更にソースをかけてるみたい。<おい!笑
他にコリアンダーパウダーをかけて、味変して頂いた。
デスソースやスパイスがなくても美味しい。
あっても味変して、それはそれで美味しい。

チキンカレー3
煮込まれてチキンがほぐれて、
スジ状のものが多数見え隠れしている。
うん、チキンカレー、今回も美味い!
ガツガツ行ってしまった。
美味しさの中にある幸せ。
感謝だ。
あざっす!あざっす!あざっす!

スパイスカレーうどん1
夕食は豪勢にスパイスカレーうどん
高野豆腐キクラゲ納豆だった。

スパイスカレーうどん2
スパイスカレーうどんのカレーは
昨日のスパイススープカレーがベース。
23年2月7日の日記「忘れていた」参照。)

スパイスカレーうどん3
写真左手にうどん、右側にベーコンが見えている。
うどんはツルンとして、もちっとして、シュッとしていた。
即ちうどんも美味しいってことだ。
ベーコンは昨日よりもはっきり見えるところにあった。笑
23年2月7日の日記「忘れていた」参照。)

スパイスカレーうどん4
スパイスカレーうどんだからうどんが入っていて当たり前なのだが、
岩のりが抜群に目立っている。笑
岩のりは、カレーに合う。
特にスープカレーにはよく合う。
最近だと、2月4日にSOUTH TIMEで岩のりをトッピングした。
23年2月4日の日記「掘り起こす(SOUTH TIME)」参照。)
また、映像(画像)が岩のりに支配されてしまうは1月3日に書いた。
23年1月3日の日記「今年初のスープカレー修行は三が日のうちに(BELIEVE)」参照。)
影の番長と言ったところか。笑
ズルズル、ばくばく、ガツガツと頂いた。
美味しい。
お腹いっぱい。

昼も夜も美味しいカレーを頂ける。
本当に幸せだ。
あざっす!あざっす!あざっす!

I was so happy to eat curries for lunch and for dinner. I ate chicken curry for lunch at our worksite restaurant. It was good. I like it. Thank you so much. For dinner spice curry udon my wife made was on the table. I ate it with other dishes. It was so good, too. Udon was so good, and spice curry was so good, too. And she put seaweeds on the spice curry udon. It was so good, too. So I was so happy. Thank you very much.

カレーgo一緒,カレー修行(十勝),食(カレー以外)

数日前に、ダメ元で電話してみた。
やはりダメだった。
しかし、次善策のご提案があった。
OK、それでいこう!
ということで決まった。

久し振りに極楽に行った。
ポイントカードがかさばってきたのだ。
六花亭のポイントシステムが去年か一昨年に変わった。
毎年カードが変わるのだ。
それを忘れていて、1月に買い物した時、
3枚目のカードが来た。
ああ、そうか。

まだ、使用期限はあるが、こういうのは思い立った時に使うことを考えないと、
その後忘れてしまうってことがよくある。
実際にそれで失ったポイントは沢山ある。
なので、今回はさっさと行動に移した。
極楽は六花亭のポイントのみで入ることができるサロンだ。
完全予約制。
六花亭本店の2Fにある。

藤丸
閉店した藤丸を見る。
荘厳な感じは変わらないが、寂しさが漂う。
人気はない。
そう、ついこの前、1月31日で122年の歴史に幕を閉じたのだ。

外観
その藤丸を背中にして、六花亭本店に入った。
六花亭の駐車場は満車だったので、
近くの有料駐車場に車を停めた。
六花亭の1Fカウンターでポイントと引き換えに入場カードを貰う。
2Fに上がると既に人が沢山いて、到着が遅かったことを自覚した。
が、仏太も相方も慌てることはなかった。
極楽は完全予約制で、人数限定だからだ。

プレート
中に入り、席に着いて、バイキングスペースに行くとこんな立て札が。
席は自由席だったが、人数ごとに座る席がだいたいわかるので、
そのあたりはとてもスムーズだったと思われた。
何せ仏太達はほぼ最後だったので。笑
そして、並んでいる時にこの札を見つけた時、悲しくなった。
あー、十勝の民度低いなあ、と。

ポロシリカレー1
ただ、食べ物飲み物を取ると、ガッカリは忘れて、
しっかりと美味しさを楽しむことに千年女王。
あ、いや、専念した。
バイキングスペースにあったものは基本全部取った
本日のメニューが貼り紙されていて、
それを見ていたので、だいたい何があるかはわかっていた。
衝撃的だったのはポロシリカレーというのがでかく貼り紙されていたこと。
バイキングスペースにはなかったので、そのうち出てくるのだろうと思っていた。
したら、スタッフさんが運んできてくれたのだ。
いやっほーい!!!!
物によってはスタッフさんが直接持ってきてくれる。
後から気づいたが、温かいものを温かいうちにという配慮があったようだ。

ポロシリカレー2
ポロシリカレーは以前、中札内の六花の森にある
ポロシリというレストランで食したことがある。
20年9月22日の日記「ポロシリカレー、そして、ラタポトカレー改コロンボカレー(ポロシリ)」参照。)
その時の記憶はかなりおぼろげだが、
カレーの色や粘度など見た目はこんな感じで、
味は濃厚だった覚えがあった。
そして、口に入れた瞬間に蘇った。
ああ、そうそう、こんな感じ。
そして、食し進めるうちに、じんわりと口の中で辛さが増していった。
ああ、ガツガツ行ってしまった。
とはいえ、やはりこのバイキング形式、スイーツ系が多いので、
カレーを後に残しておくというのは仏太の中では得策ではなかった。

しかし、予想してなかった修行が、嬉しかった。
元々はランチ&スイーツで終わるつもりが、
思いがけずできた修行で、満足が大満足になったのだ。
その他、飲み食べしたものを列挙する。笑

飲食1
本日のスープはごぼうのスープ

飲食3
極楽ロールというふかふかのロールケーキ。

飲食4
六花の森ヨーグルトは何度か買って食べたことがある。

飲食6
ポロシリクッペはパンでとても好みだった。
飲み物2杯目はカフェラテ

飲食7
ティラミスはおそらく今まで食べた中で
最も好きな味のティラミスだった。
コーヒーお代わりで飲み物は3杯目。
(結局全部でコーヒー3杯飲んだ)

飲食9
クロワッサンは温かく、サクサクともちもちが混在していた。

飲食10
サクサクミルフィーユ(苺)は予想以上にとても軽くサクサクだった。

極楽はいつも同じメニューとは限らないし、
カレーがいつもあるとは限らない。
仏太は2回目だったが、相方は3回目。
2人ともカレーがあるのを経験したのは初めて。

途中、そして、最後は使った食器を下げるスペースがある。
そうセルフサービスが基本なのだ。
食器を下げる所は棚状になっていて、
それぞれのところに置く物を指定されている。
器ごと、フォークやスプーンなど、分けられていたのだ。
が、残念ながら、それが守られてない
見たくなかった。
きっとスタッフさんは何も言わないだろう。
しかし、しかしだ・・・・
だからこそ、各自が自覚してしっかりすべきだろう。
ここは上得意様のサロンです。
と言われているのだから。
プレート

I went to Gokuraku on the second floor in Rokkatei Honten with my wife. We reserved a few days ago. We ate lunch and sweets. I ate some good foods and drank some cups of coffee. My wife enjoyed good foods and oolong tea. There was Poroshiri Curry I’ve ever eaten. I had eaten it at a restaurant Poroshiri in Rokka no Mori, Nakasatsunai. This time I remembered the curry taste when I ate it. More eating it more hotter I felt. It was so good. And other foods and sweets were so good, too. Thank you very much. I was so glad to eat the curry because we didn’t know there was the curry. I was surprised and glad to see it. Thanks again.

極楽
帯広市西2条南8丁目六花亭ビル2F
0155-24-6666 (代)
0120-12-6666 (9:00-18:00)
https://www.rokkatei.co.jp/
11:30-12:45, 13:00-14:15
水曜定休

カレーインスタント

鮭を見た。
シーフードカレーを食したくなった。
レトルトカレーの棚を見る。
あ!
オホーツク流氷カリーがあるやーん!
何故かなっちゃって関西弁となる。笑

って、用意したら、なんか違う。
あらら、チキンカレーじゃん!
何故かなんちゃって横浜っ子になる。笑

オホーツク流氷カリー4
そう、オホーツク流氷カリーは基本具材はチキン
それが流氷を表すようだ。
青いカレーは海。
ああ、青と白のバランスが悪いのと
青が白に囲まれてる!
配置がおかしい。笑

オホーツク流氷カリー5
パッケージを見るとやはり上手に盛り付けられている。
ちっきしょー!
何故かなんちゃって小梅太夫になる
小梅仏太夫か・・・・笑
あ、これ友達が作ってくれたネタだった。

オホーツク流氷カリー1
更に気づいたのだが、パッケージには
札幌有名店のカレーってなっている。

オホーツク流氷カリー2
しかし、このカレーの監修はクリシュナで、
本店は北見だ。
それはパッケージの裏にも書いてあった。
ええ?
どーなってんの?
あいどんのーわーい?!
何故かなんちゃってイギリス人になる。笑

シーカレー?
チキンが入って、シーチキンカレー?
あれ?
ああ、ツナを用意しておけばよかった!
もう、意味不明。笑

オホーツク流氷カリー3
2種類のカレーの組み合わせとは思わなかった。
レトルトカレーでもそういうのは今まで見たことがない。
仏太の修行歴史上、初のダブルカレーということか。
やるなオホーツク流氷カリー

実際にクリシュナにはこの青いカレーがあるのは、
カレー好きや北見好きなどには有名な話。
仏太はまだ現地で修行したことはないが、
友達の話やネット情報は沢山仕入れている。
概ね味は好評のようだ。
ただ、見た目的に違和感たっぷりという話も聞く。

果たして?

オホーツク流氷カリー4
最初に、温める前、青だけ食した。
あ、普通にインドカレーっぽい。
次に白だけ食した。
あ、ミルクカレーっぽい。
なるほど、組み合わせるとどうなるのだろう?
ワクワク!ドキドキ!

レンチンが終わって温かくなると
微妙に味が変わることがあるのだが、
実際にこのオホーツク流氷カリーも同様だった。
青カリーの塩味が薄くなった気がした。
白カリーは更にまろやかになった気がした。
そして、一緒に食すと・・・・
予想に反して、白カリーが強かった。
どちらの味もするのだが、白カリーが主に口の中を支配している印象。
へえ、面白い。
1つずつ食した時は、青カリーの方が強いというイメージだった。
温めたってこともあるのか?
そして、改めてチキンカレーだと認識。笑

このレトルトカレー、見た目も味も非常に興味深い。
それだけに尚更、盛り方をしっかりすべきだった。苦笑
そして、やはり北見に行って、実際に食さないとと思った。
やるな、オホーツク流氷カリー!

I ate an instant curry for dinner. It was Okhotsk Drift Ice Curry. The curry was famous at Abashiri. There were two curries of the drift ice curry. The blue curry and the white curry. They were both good each. And mixed curry was so good, too. Thank you.