‘きち’ タグのついている投稿

富良野(きち)

2021 年 11 月 3 日 水曜日

富良野
いいところだ。
一言でそれで終わらせてしまうと身も蓋もない。
しかも、なんだかあっさりしすぎて、社交辞令感満載だ。笑
良い所だ。
漢字にしたからなんだと言われたら、
なんとも答えられない。
って、更に身も蓋もないや〜〜ん!

富良野は、我々世代は、北の国からってイメージが強いんだけど、
下の世代、特に30歳より下の人達はどう思っているのだろう?
テレビドラマとしてやっていたのは相当前だが、
その後も特番で、ずーーーーっとやっていて、
確か、遺言で本当に大団円だったはず。
(正直、後半見てないのもあって、大きなことは言えない。)

あとはラベンダーっていう観光的に有名な部分。
実はこれ、中富良野あたりの方が有名だったりする。
と思っているのは仏太だけ?(自信がない)笑

中富良野町は富良野市に隣接して北にある。
有名なラベンダー畑がある。
(まじで名前ど忘れ)
他に上富良野町ってのが更に北にある。
富良野市の南には、そのまんまの南富良野町ってのもある。
だから、富良野ってつく市町村は4つが南北に連なっている。

もういっそのこと、合併して大富良野市ってしちゃえばいいのに。
え?そんな簡単にはいかない?
じゃあ、新富良野市は?
え?名前の問題じゃない?
富良野市はオムカレー、南富良野町はなんぷエゾカツカレーがあるけど、
中富良野町、上富良野町は名物カレーがない?
え?カレーの問題じゃない?
うーん、難しいなあ。
だから、みんな選挙に行かないんじゃないの?
(おいおい、全然違うし、話が全く違う方向にずれてる!)笑

こんなわけだから、富良野って言い所だ。
おい、漢字自体間違っているし!

もとい。
こんなわけだから、富良野って良い所だと思う。
(ってか、どんなわけだよ!?)

日帰りツアーシリーズ。
ってなわけで、今回は富良野にカレーを食しに行く。
簡単に言うと、日帰り富良野カレーツアー!!!!
(そのまんまやん!)

きちに行った。
今回は本当にここだけが目的。
十勝から富良野へ向かう。
早く着きたいので高速を使ってトマムで降りる。
それから右に曲がって(北に向かって)進路を取る。
国道38号線で狩勝峠を越えるのもいいのだが、
なるべく早く、一直線にきちに行きたかったのだ。
今回はそれだけが目的だ。

高速を降りてから、自然がいっぱいの道を進む。
ナビを見ていると、実は線路と並行に走ったり、
時には交差したりする。
途中から、現在使われてない路線の横を通ることになる。
そのうちに国道38号前にぶち当たり、そこから左に曲がると、
南富良野町の市街地に近づく。
落合という地域があり、駅がある。
数年前の大水害で現在この路線は使われてない。
被害の甚大さなどを思い知る。

あ、神様から司令が!
そこを右に曲がりなさい!
そして、曲がったら、橋を渡らずに左に曲がりなさい。
道なりに真っすぐ進んだら、突き当りで車を停めて下りなさい。

あ、Fortune Bagels
え?
本当は真っ直ぐにきちに向かっているはずなのに。
神の啓示には逆らえない!
OPENって書いてある!
うわ!吸い込まれる!
ああ、ベーグルがもう数少ない。
他のお客さんはいない。
全部買いなさいという更なる神の御加護が!
(おいおい!)笑

ふー、神様に言われたらしょうがない。
だから、それを抜きで、真っ直ぐにきちに向かった。

あら?
修行開始時刻の1時間ほど前に着いちゃった。
うーむ。

これは真っ直ぐ行っても開いてないのでしょうがない。
ならば、エクストラということで、フラノマルシェで買い物。
まだ、時間はあるので、ちょっと駅の近くへ。
天上天下なパンを見ようと思ったら、閉まっていた。
隣のカレーの方は大盛況で駐車場が溢れかえっている。
あらら〜。
って、名前を隠すことはなく、唯我独尊という
富良野のカレー修行場で最も有名と思われる所だ。
まあ、カレー修行者でここを知らなければ、
モグリか素潜りかと言われるくらいだ。
ってなわけで、富良野観光をしてしまった。

外観1
それから、ついにきちに行った。
が、まだ修行開始時刻の10分ほど前だった。
3回目にして3度目の列並び。
しかし、今までの2回と大きく違うのは、
自分の前に人がいないということ。
すなわち3度目にして、遂に首席となったのだ。
(なんか表現違う・・・笑)
ふふふ、勝った!(おいおい!)

待っている間に、可愛い女性がメニューを持ってきて、
もうちょっと待って下さいね、と声をかけてくれた。
ありがたい、待っている間に注文を考えることができる。
迷いながらも、過去2回の修行を復習していたので、
比較的簡単に決めることができた。
19年6月9日の日記「記憶の鍵 〜偶然で久しぶりの再会(きち)」
20年9月27日の日記「アイヌコタンとカムイミンタラ(きち)」参照。)
外観2
アートを眺めてほのぼのする余裕さえあった。

時間となり、遂にきちに足を踏み入れた。
おそらく連続テレビドラマなら、
ここでCMに入るか、来週のサザエさんは、状態となっていただろう。

しかし、このブログはやたらダラダラと長いのが特長。
(おい、特長かよ!特徴だろうが!)
終わらずにまだまだ続く。笑

マスターにご挨拶したら、ちょっとびっくりしつつ、
この前カレー気分行ってましたよね。
今旅行中ですか?

的に聞かれてしまった。
実は札幌も富良野も日帰りということを伝えたら、笑ってくれた。
苦笑いとか嘲笑ではなかったと思う。笑

マスターはカレー気分で修行していたことがある。
ってのは前にこのブログでも書いたと思う。
19年6月9日の日記「記憶の鍵 〜偶然で久しぶりの再会(きち)」参照。)
だから、この前カレー気分に行った時に、
きちに行くことを思いついた、というわけではないのだ、実は。

今回、結構突発的に決めた。
尊敬する御大が富良野方面に行ったって話を聞いたので、
それにあやかって佐々木彩夏で決めた。
道の駅巡礼@南富良野&日高/美味しいベーグルを食べながら(山茶花六十郎が行く)参照。)

一番最初の修行者となれたので、
好きな席に座ってよいという特権を得た。
並んでいた時に決めていた注文を伝える。
これで今日のミッションは半分以上は終了だ。
あとは待つだけ。
もうどのくらい待ってもいい。笑
何せ今日のメインはきちなのだから。

スリランカカレー1
今回はほぼ頼むものを決めていた。
あとはトッピングをどうするか、辛さをどうするかだけくらいだった。
まあ、当然、メニューを見て変更するということはありうるが。
が、初志貫徹。
スリランカカレーに色々トッピングした。
今まできちに来てスープカレーは食したことがあったが、
19年6月9日の日記「記憶の鍵 〜偶然で久しぶりの再会(きち)」
20年9月27日の日記「アイヌコタンとカムイミンタラ(きち)」参照。)
スリランカカレーは食したことがなく、
そのうち必ず食したいと思っていたのだ。
今日、その夢がかなった。

スリランカカレー2
スリランカカレーに仏太が選んだトッピングは全部で4つ。笑
辛さをメニューで見た時、あ、もしかして、
スープカレーと設定が違う?と思ったら案の定そうだった。
問い合わせてよかった。
今回は5番の天国にしたが、それはスープカレーだと8〜10くらいだと。
天国という言葉がポイントだった。
前にも食した記憶があり、スープカレーの天国は8番だったのだ。
20年9月27日の日記「アイヌコタンとカムイミンタラ(きち)」参照。)
今回スリランカカレーでは天国は5番。
あれ?と思ってメニューを見直すと、同じ天国でも
スリランカカレーとスープカレーだと違うナンバーだと気づいた。
聞いてよかった。
好みの辛さだった。

スリランカカレー3
素敵なカレーが少し顔を出している。
というのもトッピング類が沢山で鮮やかなので
カレーが見えにくくなっているのだ。
しかし、これはスリランカカレーだ。笑

スリランカカレー4
ニラスパイシーピクルスは期間限定のトッピング。
これだけでも食べられるし、これとご飯だけってのもありだなあ。
が、カレーと組み合わせることで、更にお互いを引き立て合う。
カレーは本当に色々なコラボが可能だ。

スリランカカレー5
富良野野菜がふんだんに使われている。
普段十勝にいると地元の野菜が当たり前と思いがちだ。
実は富良野やその周辺も色々な野菜の産地となっていて、
きちではそういうのをしっかりと丁寧に使っている。

スリランカカレー6
玉ねぎのアチャール、大好き。
ってか、なんでも大好きなんだけどね。笑
パプリカも細かく刻まれていい感じだ。

スリランカカレー7
あ、トッピングの一つはトマトのアチャールで、これは別皿で来た。
元々そういう提供の仕方なのか、仏太のトッピングオーダーが多すぎるのか
それはあえて追求しなかった。笑

スリランカカレー8
玉子は半熟の目玉焼き
ああ、幸せ。
そこを堺にカレーが2種類。
それ最初気づいてなかった。苦笑
色々な変化を楽しめる。

スリランカカレー9
パパドという豆の煎餅はそのままパリッといただくのも良いが
握るように崩してふりかけのようにライスにかけていただくのも良い。
全体に色合いもいいし、崩すのはなんとなく気が引けるかもしれないが、
スリランカカレーの醍醐味は混ぜ混ぜだ。
最初からライスが見えにくかったが、パパドをふりかけることで更に混沌とした。
いいねえ。
ガツガツといただいた。
混ぜ混ぜといただいた。

コーヒー
もの凄いベストタイミングでコーヒーが運ばれてきた。
え?と一瞬言葉を失いかけたくらいだ。
「ありがとうございます!」の後に、
「あまりにもタイミングが良すぎてびっくりしました」
とお礼を伝えた。
まさに食し終わって1分経たないうちに出てきたのだ。
感動しながら飲んだ食後のコーヒーは美味しくないわけがない。
素敵なホスピタリティー美味しいカレーも思い返して、満足な気分にひたった。

I went to Furano with my wife on day trip by car. Our purpose was Kichi, a curry shop in Furano. I think it is the best curry shop in Furano and around. I ate Sri Lanka Curry and my wife ate Nira Keema Age Soupcurry. I ordered toppings on the curry which was sunny side up, papad, tomato and nira. My wife ordered sunny side up as a topping. My hotness was No.5 named Tengoku means heaven. It was just my favorite hotness. The curry was so good. We were so satisfied with our curries. Thank you very much.

きち
富良野市幸町9-29
0167-56-7366
https://www.facebook.com/%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%81%8D%E3%81%A1-121461318518834/
11:30-14:30, 17:00-19:30LO(月曜、金曜、日曜はランチライムのみ)
土曜、第1,3金曜定休

アイヌコタンとカムイミンタラ(きち)

2020 年 9 月 27 日 日曜日

最近、ゴールデンカムイの最新巻(23巻が出た)を買って読んだ。
以前から読んでいたのではなく、ある時1巻から22巻まで大人買いした。
子供の時は漫画を買うのも、一気には買えなかったから、
やはりこういうのは大人書いというのだろうなと改めて思った。笑
一気に読んだら、ちょうど23巻がそろそろ発売という時だった。

ゴールデンカムイは昭和初期?の北海道などが舞台で、
日露戦争の帰還兵やアイヌの女の子などが
隠された金塊を求めて冒険する物語。
と、自分であらすじを書きながら思ったのは
如何に記憶が曖昧かということ。
また、説明する言葉の稚拙さ。笑
全然伝わっている気がしない。
でも、まあ、そういう面白い漫画だ。
(この言い方、なんでも「美味しい!」「美味い!」で済ませる、
テレビ番組のグルメリポートと変わりないな・・・苦笑)

さて、今回富良野で取った宿は
シャーレバーラップフラヌイというところ。
初めて聞いたが、どうやら以前別の名前だったらしい。
名前を変えて、リニューアルして数年前にオープンしたみたいだ。
北の峰というと分かる人もいるだろう。
そう、スキー場の近くだ。
かといって今回の目的はスキーではない。
どこに行くにも宿を取るのに、
確認する項目の一つが温泉(風呂)だ。
ここには珍しいトロン温泉というのがある。
旅に出ると、結構動き回る方なので、
宿は風呂と睡眠がメインとなる。
だから、風呂は大切な項目。
また、上手い具合にGO TOを使えて、結構安く泊まれた。

ホテルの名前にあるフラヌイは、アイヌ語で、
富良野の地名の元になった言葉。
においのする所、臭い所といった意味のようだ。
十勝なら、
オベリベリ→帯広
オトプケ→音更
メムオロ→芽室
など。
出身の江別も前に住んでいた札幌もアイヌ語から来ているはず。
以前はこういうことはあまり深く考えずに生きていた。
十勝に移り住んでからそういうことを結構気にするようになった。
というのも、十勝の人達は、自分達や地域の歴史を大切にしているからだろう。
それが会話の中で強く感じられる。
それで仏太も意識するようになった。

北海道にいれば、アイヌ民族、アイヌ語などとのつながりは
内地よりずっと深いし、切っても切れない間柄と言っても過言ではない。
そして、民族共生空間ウポポイがオープンしたことを考えると、
益々、良い関係性を考えていかなければならないと思う。
元々興味はあったのと、最近やっと本腰を入れて勉強し始めたので、
今後もっと理解を深めたいと考えている。

チェックアウトした後、カンパーナ六花亭に行った。
元々十勝帯広が本家本元だから、
わざわざ旅先で行かなくても、とも思うのだが、
やはりそこは商売が上手い、カンパーナ限定というのもあるのだ。笑
また、カムイミンタラという名の小美術館もあり、
昨日に引き続き、芸術に触れて、教養を高めた。笑
20年9月26日の日記「バウムクーヘンはロールキャベツか?(笑楽亭)」参照。)
お土産を買って、お腹が空いたので、そろそろランチ。
隣の白樺でジンギスカンを食べたくなったが、
その匂いの誘惑をなんとか振り切り、
当初の予定を初志貫徹することとした。

外観
きちでスープカレーを食したかったのだ。
きちは土曜定休なので、土日の旅なら日曜しか行けない。
今回もそうだった。
だから、本日の昼はここに決めたら、
他の誘惑は強い意志を持って断ち切らなければならない。笑
並んだのでどうかと思っていたが、運良く1巡目で入ることができた。
そのくらいシャッターを狙って並んでいる人がいた。

チャイ
オーダーしてゆるりと待つ。
1巡目の最後だったので、当然待ち時間は一番長い。
可能だったらということで、食前にチャイをいただいた。
飲み物は食後に飲むことが多いが、
今回は珍しく食前にお願いした。
それは、チャイを飲むなら、食後だと待っている人に
席を空けるのが遅くなってしまうからだ。
今回はなんとなくチャイを飲みたい衝動に駆られたのだ。
ああ、ほっとすると安堵の気持ちでスープカレーを待った。
好きなところが混むのは嬉しいなと思いながら。

スープカレー1
ふらのやさいポークに色々トッピングした。
ライスは普通。
ああ、いい匂い。
やはり富良野に来たらここきちは外せない。

スープカレー2
辛さは抑えて、8番の天国
仏太的にはもっと辛くても良かったのだが、
なんとメニューを見間違えていた!
11以上の辛さもあったのに、
メニュー上は10までと思い込んでしまった。笑
トッピングしたのは、オクラきくらげ玉子なのだが、
実は前にも全く同じ組み合わせのトッピングをしていた。
19年6月9日の日記「記憶の鍵 〜偶然で久しぶりの再会(きち)」参照。)
それを忘れていても、全く同じトッピングをするのが凄い。
それだけ好みが変わらないってことなんだろうな。

スープカレー3
トッピングした玉子は程よく半熟目玉焼き
玉子の向こうにオクラが見えている。
が、写真ではわかりにくい。
そのオクラもトッピング。

スープカレー4
もう一つきくらげもトッピング。
きくらげも好き。
コリコリ食感がたまらない。
きくらげの下(右)にオクラが僅かに見えている。
水菜の影に隠れるようにして。笑

ライス
ターメリックライスはふつう(盛り)で、
アチャールミニトマトはデフォルトでついてくる。
このアチャール(酢漬け)で、前に色々と思い出したのだった。
19年6月9日の日記「記憶の鍵 〜偶然で久しぶりの再会(きち)」参照。)
また、次回富良野に行くときは
きちに行って、色々と思い出すだろう。

しかし、タイトルのアイヌコタンがなぜ入っているのだろう、と疑問。
自分のメモにはなく、日記を見てもわからない。
まあ、何かアイヌ絡みのことを書こうとしたのだろうが、
全く思い出せないので、とりあえずそのままにしておく。笑
あ、なんとなく昨日と同じような理由だったような気がする。笑
20年9月26日の日記「バウムクーヘンはロールキャベツか?(笑楽亭)」参照。)

I went to Kichi, a very good curry shop in Furano, with my wife. We enjoyed soupcurries. I ate pork vegetable soupcurry and my wife vegetable one. They were so good. We were very satisfied. Thank you very much.

きち
富良野市幸町9-29
0167-56-7366
https://www.facebook.com/%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%81%8D%E3%81%A1-121461318518834/
11:30-14:30, 17:00-19:30LO(月曜、金曜、日曜はランチライムのみ)
土曜、第1,3金曜定休

参考サイト
シャーレバーラップフラヌイ

記憶の鍵 〜偶然で久しぶりの再会(きち)

2019 年 6 月 9 日 日曜日

東川からの帰り。
簡単に言うと、旭川には寄らずに帰ってきた。
正確に言うと、東川、東神楽、旭川、美瑛と通ってはいるのだが、
本当に通過しているだけで立ち寄ってはいない。
その後、上富良野、中富良野と通って、下富良野・・・
いやいやそういう市町村はないから。笑
富良野にたどり着いた。

親がフラノマルシェに行きたいと。
当然主役の言うことは聞く。笑
ドライバーとしてはいい休憩になるし、
買い物を楽しむのはいいことだ。
中々簡単に行けないところでもあるので、
行けるなら行っておきたいという
欲張り根性もある。笑

フラノマルシェは「2」も出来ていて、
凄くお洒落な空間を形成していた。

外観
で、前から気になって入れなかったところがあったのだが、
ちょうど主役である両親がカレーを食べたいと!
そうですか、そうですか、それは言うことを聞かねば!笑
フラノマルシェのすぐ近くのきちという修行場へ行った。
おっともしかして並んでいる・・・
ドアを開けて、お尋ね・・・・・
「あれ?仏太さん?」
おおっと!
マスターは会ったことある人だ!
やべえ、誰だっけ?
私のことを知っているぞ。
顔はわかるのだが、名前が・・・
まずい・・・
取り敢えず、「そうです!」と元気に答え、
「覚えてますか?」という質問にも
堂々と「勿論です!」と言っておく。
やべえ・・・顔を憶えているのは本当なんだよ・・・
「混んでますね・・・」と切り出し、
マスターが忙しそうにカレーを作っているのをいいことに
矛先を変えて、ホールスタッフさん(後から知ったがマスターの奥さん)に
お伺いを立てることにした。
「1組待ちです」という言葉を聞き、両親に大丈夫か確認をした。
待つことにした。

ケララ風スープカレー1
思ったより早く入れた。
待っている間にメニューも見ていた。
で、直ぐにしたオーダーはケララ風スープカレーに色々トッピングだ。
ここはスープカレーとスパイスカレーをどちらも提供している修行場。
最近流行りの(?)二刀流ってところか。
マスターとはカレー修行場で会っている。
これはほぼ確実だった。

ケララ風スープカレー2
ケララ風スープカレー野菜を増すことができる。
それ以外にもオクラきくらげ半熟卵をトッピングして、
本当にもりもり状態となってしまった。
欲張りが為せる技だ。
おお!これいい!
スパイスがしっかりしていて旨みもある。
野菜たっぷりで健康的。
マスターとは多分札幌で会っている。
確信はなかったが、それ以外は考えにくかった。

ケララ風スープカレー3
ターメリックライスに、2種類の添え物。
玉ねぎのアチャール・・・
これ、札幌のカレー気分に似ているなあ。
16年2月28日の日記「カレーだらけ(Picante札幌駅前店、カレー気分、SANSARA)」参照。)
ん?
カレー気分?!?
カレー気分!!!
わかった!!!
全部つながった!!
以前札幌に住んでいた時、最もよく修行したのがカレー気分。
そこで一時期バイトをしていた男の人が、
きちのマスターだ!
そうだ、そうだ!
札幌じゃないどこかに引っ越したって話は噂で聞いていた。
が、富良野だとは知らなかった。
しかも素敵なカレー修行場を開いていたということも知らなかった。

スリランカカレー
そして、一緒の修行者が食したスリランカカレー
色々な種類で色々な味のカレーを楽しめる。
なるほど、これは人気があって、混んでいるのもわかる。

その味に感動!
記憶が蘇ったことに感動!
そして、スッキリ!
更に名前は帰りの車の中で思い出した。
いや、ニックネームなのだが。笑

思い出した嬉しさもそうだが、
元気で楽しそうにしているマスターに会えて嬉しかった。
カレーの美味しさにも感動して、
両親や一緒に行ったメンバー・修行者が
みんな満足してくれたのも良かった。
富良野に行く時はここマストだな。

I went to Furano by our way from Higashikawa to Memuro. I was with my wife, parents and her brother. This tour was for the birthday of parents. Parents’ birthdays were the same! The same day, the same year. In Furano we enjoyed shopping and taking rests. We ate lunch at Kichi, a soupcurry shop. A master said my name to me when meeting. Oh I remember his face. I was sure to have met him at a curry shop. I thought we met in Sapporo. The onion on a rice plate let me know he was a man working at Curry Kibun, a curry shop in Sapporo. Wow! Great!

きち
富良野市幸町9-29
0167-56-7366
https://www.facebook.com/%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%81%8D%E3%81%A1-121461318518834/
11:30-14:30, 17:00-19:30LO
土曜、第3金曜定休

参考サイト
フラノマルシェHP