‘北インドカレー’ タグのついている投稿

言葉遊び(ガネーシャ)

2022 年 3 月 12 日 土曜日

言葉遊びが結構好きで、
その流れからDandy Jokeを言ったりする。
まあ、一般に言われるオヤジギャグだ。

しかし、実はこの言葉、セクハラなんじゃないかと思うときがある。
だって、女性だって言うことはあるし。笑
と言い出すと、色々な言葉が問題視されることになり、
それを事細かに言う「言葉狩り」というのが出てくる。
本来の持っている意味と、言葉だけの意味と違っている場合があるので、
そこの理解を間違うと、揉め事になる。

あえて自分の意見を主張して、揉め事に持ち込みたい、「議論好き」もいる。
かつて、そういうことをふっかけられたことがあり、
そういう人間は正直面倒くさい。
結局、お互いに主張が折り合わず、妥協しないので、終わらない。
疲れる、楽しくない。
なので、そういうのは基本相手にしない。

本日の午後、それと似たようなことがあった。
というか言い争いはしてないのだが、
そういう人からふっかけられた。
当然、適度に流す。
この適度も仏太の中での適度なので、
相手はどう思ったかはわからない。
ムッとしたかもしれないし、
ああ、こいつはダメな奴だと呆れたかもしれない。

言葉遊びとして、色々言う分には付き合う。
しかし、単に難癖つけてくるだけなら、
面倒くさいし、全く有意義なことがないので、
まともに相手にすることはしない。

だから、自分が発するDandy Joke
相手が嫌だったら、無理強いはしない。
多分。笑
相手が嫌がったらモラハラってことか?
まあ、いい。
嫌がることをしないというのは大原則。
ただし、何もかも、全員が全て嫌がらないようにはできない。
それは世の中の道理。

言葉遊びはDandy Jokeだけではない。
色々ある。

小学生、中学生の時、いじめに遭ったことがある。
当時は校内暴力の方が問題視されていて、
いじめという言葉や概念がハッキリしてなかったと記憶している。
まあ、簡単に言うと仲間外れにされたのだ。

仏太少年はその時、一人で言葉遊びをしていた。
何故それをしたのかは覚えてない。
独りでできるってことと、やはり自分では楽しかったのだろう。
具体的なことは忘れたが、英語を漢字に置き換えるってことをやっていた。
それは単にcity→市、book→本ということではなく、
人の名前を勝手に漢字に当ててみる、とかだった。
ブルース・リー→青酢理
ジャッキー・チェン→蛇鍵鎖
シルベスター・スタローン→知部星星呂音
(ブルース・リー、ジャッキー・チェンは英語?というツッコミは今回はなしで)笑
ノートに数十人分を書き留めていた。
もっともそのノートは今はないので、実際にどういう漢字を当てたかは忘れている。

外観
ガネーシャに行った。
ガネーシャはインドの神様。
象の顔をしたあれだ。
おそらく名前を知らずとも、インド料理修行場などで
見たことがある人も多いだろう。
何故か、おそらく関係ないのに、ガネーシャを見ると、
祇園精舎の鐘の音、諸行無常の響きあり
という、昔暗記した一節を思い出す。
もしかしたら、ガネーシャ→鐘舎?笑

シングルカリーセット1
チャイを先に飲んだ。
珍しく先にお願いした。
甘い。

シングルカリーセット2
今回はシングルカリーセットにした。
さっき先に飲んだチャイもセットの一つだ。
シングルカリーというだけあって、
一つのカレーに一点集中だ。
ちょっと前に流行った全集中まではいかない。笑

シングルカリーセット3
ナンが面白い膨らみ方をしていた。
骨なしタンドリーチキン、マライティカという
チキンの組み合わせがまたいい。
違う味わいを楽しめる。

シングルカリーセット4
サラダはいつものやつだ。
なんとなくお好み焼きの味がする。笑

シングルカリーセット5
カレーはいつもよりたっぷりなイメージ。
そうシングルカリーだからか、量が多い。
沢山あるカレーの中から選べる。
一瞬チキンカレーにしてチキンだらけにしようかとも思ったのだが、
やはり好きなものを食そうと気持ちを改めた。
マトンカリーにした。

シングルカリーセット6
ゴロンゴロンと弾力のあるマトンがルーの中にあった。
ラムの柔らかさもいいが、マトンの弾力と滋味深さもいいものだ。

シングルカリーセット7
味変グッズを見つけた。笑
一応辛さのツボなのかもしれない。
が、極端に辛さをアップするものではない。

シングルカリーセット8
それでもかけるとピリッとして、
違った味を楽しめるので嬉しい。
見た目はデスソースに見えなくもないけど、
本当に辛さはたいしたことがない。
辛さがアップしなくても十分美味しいのだが、
辛い方が好みなのでついつい足したくなってしまう。

シングルカリーセット9
そのうち3組ほど修行者が入ってきていた。
若い男性が食べ放題ナンを選んで次々おかわりしていた。
そのパワフルさ、エネルギッシュさ、凄いな。
羨ましい。
さて、そろそろ帰ろうと席を立ったら、
スタッフさんに呼び止められた。
マダデスヨ
シングルカリーセットヨーグルトがあるのを忘れていた。
テヘペロ
心の中でつぶやいて、ヨーグルトをいただいた。
ヨーグルトも甘かった。

I went to Ganesha along to Route 38 in Obihiro. I ate single curry set. There were curry, naan, tandole chicken, malai tika, salad, yogulet and chai. I selected maton curry for this set. My wife ate green vegetable curry and naan, salad. They were all so good. Thank you.

ガネーシャ
帯広市西11条北1丁目2
0155-35-7706
11:00-15:00, 17:00-21:30 (土日祝11:00-22:00)
木曜定休

パラックパニール

2022 年 2 月 21 日 月曜日

パラックパニール1
夕食は軽めに。
軽いの!笑
レンチンしたカレーハンバーガー風のサンドイッチ牛乳たんかんサラダだ。

パラックパニール2
カレーは無印良品のミニカレーシリーズのもの。
あ、正確には小さめカレーというのか。
パラックパニールはパラクパニールとも言われる。
まあ、日本語表記の問題だろう。
palakはほうれん草、paneerはカッテージチーズのこと。
だから、厳密に直訳すると
パラックパニールpalak paneerは
ほうれん草カッテージチーズということになる。

パラックパニール3
しかし、しっかりスパイスが入ってカレーなのだ。
だから、パラックパニールでもパラクパニールでも、
palak paneerでもカレーの一種ということになる。
紛れがないように、パッケージでは
Palak Paneer Curryという表記も書かれていた。
さて、お味は・・・・
おお、しっかりとパラックパニール。
インドカレー修行場でいただいたことのあるあれだ。
レトルトものはチーズの関係で、カレー自体がしょっぱく感じることがある。
しかし、このパラックパニールはそんなことはなかった。
また、この量は軽めに食す時に丁度いい。
なんてこったい、そんなところに目をつけるとは!

I ate an instant curry for dinner with sandwich, salad and so on. The sandwich was made by my wife. It was so good. Thank you very much. The curry was palak paneer of Mujirushi Ryohin. It was so good. It was better than I thought. And it was small quantity. So I felt eighty percent full stomach after eating. Of course the tste was so good. It was like one of Indian curry shops. Thank you.

参考サイト
無印良品
小さめカレー パラックパニール(無印良品)

take outのクオリティと楽しみ(四つ葉apart)

2022 年 2 月 18 日 金曜日

外観
四つ葉apartやってるかなあ、と思いつつ
数日前に電話したら、ラッキーなことに
take outできるという答えが返ってきた。
ってなわけで、予約していた夕食を取りに行く。
あら、貼り紙してある。
そうか、やはり縮小営業なのだな。
そんな時にtake outさせてもらえるのはありがたい。

バターチキンカレー1
take outして家で食す時は豪華にすることもできる。
バターチキンカレーシーザーサラダ煮小豆納豆ひじき煮みかんだ。
バターチキンカレーとシーザーサラダがtake outしてきたもの。
あとは家で用意したもの。

バターチキンカレー2
バターチキンカレーは、ワンプレート。
カフェな感じがする。
いや、四つ葉apartはカフェだから、
当たり前といえば当たり前なのかもしれない。
しかし、eat inとtake outは様相が変わることが多い。
勿論、これもeat inとは違うのだが、
カフェの雰囲気を保っているのは凄いと思った。
オシャレだ。
ワンプレートにカレーと一緒にライスとサラダ。
ドーム状にもられたライス。
別容器に入ったサラダ。
実はカレーとサラダの容器がペーパーで仕切られている。
そういう細かな心遣いも凄い。

バターチキンカレー3
当然、美味しいカレー。
バターチキンカレーだから、チキンが入っているのだが、
その量と質がtake outを超えている気がした。
しっかりスパイシーなインド風。
本格派バターチキンカレー。
夢中で食した。
正直、辛さは仏太的にはまだまだホットにしたいところ。
しかし、それを忘れて、一気にがっつくくらいの美味しさ。
満足。
修行場で食すのもいい。
take outもまた違って一面を見ることができる。
そして、家で他のものをサイドメニューとして一緒にいただける。
take out、それはそれで楽しみもある。

I took out butter chicken curry, a lunch box and salad from Yotsuba apart in Memuro. They were our dinner today. I ate butter chicken curry and my wife ate a lunch box. We shared salad. Butter chicken curry was so good. I forgot it was taken out. I felt I was in Yotsuba apart while eating. It was good. Thank you very much. And my wife prepared other foods. Imediately it changed to be gorgeous. Thank you very much.

四つ葉apart
芽室町東4条1丁目8-2
0155-40-9254
https://yotsubaapart.com/
https://www.facebook.com/yotsuba.apart/
11:00-16:00, 18:00-22:00
月曜、第1,3日曜定休

また行っちゃった(SANSARA)

2021 年 9 月 20 日 月曜日

外観
ラジオ前に夕食。
迷った挙げ句、SANSARAにした。
fecebookで見た限定モノにそそられたのだ。
マスターに挨拶したら、座って落ち着く。
注文をして、マスターにニヤニヤしてもらったら、
あとは漫画を読んで待つだけ。
数回に渡って読んできた全3巻の漫画を読み切った。

カレー1
おまかせ4種プレートなのだが、
最初惹かれたのはターリーだった。
南インド・スリランカをうたうSANSARAでも
時々北インド料理であるターリーが出る。
今回それを食したくなったのだ。
で、行ってみたら、それにプラスしてもう一つのカレーを
追加するセットがあった。
それがこのおまかせ4種プレートなのだ。
きっとそれがなくても、ターリーにもう一つカレーを別注文していたに違いない。
最近3種盛りプレート+もう一つカレーってのをよくやっているから。
それが、今回はサンサーラじゃなくヨンサーラになっちゃうのが最初っからある!
しかし、この写真、実はカレーが一つ隠れてしまっている。

カレー2
スパイス煮玉子(別注文)が来た時に、
大好きなチャパティちゃんに避けてもらって
このスペシャルターリー・おまかせ4種プレート
全容が明らかにされたと言える。(大げさ)笑
チャパティはインドではポピュラーなパンの一種。
ライスはレモンライスに変更するのはいつものこと。
レモンライスの手前にはパコラがあってこれも好き。
インド風天ぷらはどうやら米粉が使われているらしい。
チャパティとレモンライスの向こう側にはアルジラ
ジャガイモのクミン炒めだ。
カレーは後で別にお伝え(ご報告)するので、
そのまま逆サイドに目を移すと、
サブジ(野菜のスパイス炒め)がある。
サブジの手前がズッキーニのピクルス
実は今回、これらを殆ど混ぜ混ぜしないで食してみた。
なんとなくだ。
が、やはり美味しい。
混ぜ混ぜしても美味しいけど、それぞれでも美味しい。
うーん、最強だ。

カレー3
さて、カレーだが、手前から。
ダルカレーは豆のカレー。
今回はムング豆のカレー。
優しい味、口当たり。

カレー4
豆カレーの後ろ(向こう)は南インドエビカレー
そう、ここにオプション的な南インドカレーが入っている。
ターリーのみだったら、これがないということになる。
こういう遊び心がマスターのいいところの一つ。
プリッと大きなエビを食すのがもったいない気持ちになる。
エビの甘みとカレーの辛さが融合して、引き立て合っている。

カレー5
更に奥にはバターチキンカレーだ。
バターチキンは最近局所的ブームで、
カレーヲタクじゃなくても知るところとなった。
嬉しいことだ。
残念なのは、チキンがわかるように写真が撮れてないということだ。笑
でも、しっかり弾力のあるチキンが入っていた。

カレー6
ラムキーマカレーはバターチキンの横にあった。
最も具材が細かいのに、最も具材が主張してくるラムキーマ。

チャイ
マサラチャイを飲みながら、マスターと話をする。
正確には飲む時はマスクを外し、喋る時はマスクをつけて。
だから、飲みながらというのは微妙な表現だ。
この前話した漫画の話の続きがあったり、
最近読んでいる小説のことだったりを話した。
この後、ラジオで喋るので、時間的制約があり、
ある程度で引き上げたが、それでも有意義な時間だった。
マスター、あざっす!あざっす!あざっす!

I went alone to SANSARA before a radio program. I ate curry plate Thali for dinner. A real thali had three curries this time. But I ordered a special one. There were four curries on the plate. But one of them was a Southern India curry. Thali is a Norther India meal set. This time there were dal(bean) curry, shrimp curry, chicken curry and lamb keema curry on the plate. A shrimp curry was the Souhtern India curry. All of them on the plate were very good including lemon rice and side foods. After eating I drank a cup of chai. It was so good, too. Then I talked to a master about comics and novels and so on. Thank you very much, Master.

SANSARA
帯広市西20条南3丁目28-5
0155-35-5799
https://sansara-curry.wixsite.com/sansara-tokachi
https://www.facebook.com/Sansara.obihiro/
http://www.mytokachi.jp/sansara/
11:30-15:00, 17:00-21:00 (土日祝11:30-21:00) (LO30分前)
月曜定休(祝日営業、翌日休み)

仕事熱心のご褒美(SANSARA)

2020 年 9 月 19 日 土曜日

なんてこったい!
そんなサプライズはいらな〜い!
まだ仕事始まったばかりなのに、
12時ピタはなくなった。

あ、待てよ。
17時ピタって言わないな。
5時ピタでしょ。
0時ピタ・・・レジピタか・・・
なんかそれじゃ、レジ打ちの人が優秀でピッタリみたいな感じ。

ってか、そんな話じゃない。
土曜日半ドン。
だが、時間通りに帰れないと予想された。
ランチも遅れること、ほぼ必至。

しかあし!
仕事熱心な仏太くん!
そこは真面目に仕事をこなあす!
(いや、普通だから)笑
あれ?

通常業務にプラスアルファされるのは
単純に考えて、仕事時間が増えるということ。
通常業務のスピードアップをはかればいいのだろうが、
慌ててミスするよりは、通常運行で正確に。
ああ、なんて仕事熱心!
無駄にアピール!!!!笑

まあ、このあたりはやりくりの問題。
こういう時は、何故かアドレナリンが出る。
集中力は良い方だと思うが、更にアップ!

1時間30分オーバーで仕事終了!
すなわち90分オーバー!
それは3600秒オーバー!
あ、多分、正確には3845秒位のオーバー!
ってか、それどーでもいい。

充実した仕事は、
お腹の空く理由のトップ10に入っている。
当社調べで。

終わったら、当然のように
自分へのご褒美は修行!

外観
SANSARAへ迷わずに向かった。
ここで、ボーッとして、
気がついたら家についていた、
ってなったら悲劇だ。
最悪だ。
だから、迷わずにSANSARAに着いたのはラッキー!
うん、今日の仏太はついている!笑

カレー1
自分へのご褒美は贅沢に、
ターリーラムローガンジョシュ

カレー2
さて、まずターリーをいただいた。
週末スペシャルでターリーがあったのだ。
ここで「ん?」と思ったあなたはインド料理をわかってらっしゃる!笑
ターリーは主に北インド方面のもの。
SANSARAは南インド・スリランカ料理を提供。
ってことは、定食タイプはミールスが正しい。
が、そこはムロツヨシ並みに遊び心があるマスターのこと。
たまには、矛先を変えるのも良いものだ。
カレー3
バターチキンカレーは
北インドのカレーとしてはとても人気が高く、
最近ではレトルトカレーでもよく見るものとなった。
が、レトルトとは違う本物の味。

カレー4
エビカレーエビはぷりぷり。
エビ好きも是非この味わいを楽しんでいただきたい。
とはいえ、今回のは限定もの。
でも、普段のレギュラーメニューとしても
南インド、スリランカのカレーとしてエビカレーも提供される。

カレー5
ダルカレーもかなり認知度が高まっているだろう。
のカレーだ。
ダルカレーはもっと広まって欲しいカレーの一つ。
そして、ここSANSARAのも良い。

カレー6
レモンライスはライスを変更した。
おそらくこれは北インドと言うよりは南側。笑
でも、そこを臨機応変に対応してくれるのも嬉しい。
レモンライスは最初食した時物凄い衝撃を受けて、
以来9割がたライスはレモンライスに変更するという。
ちょっと(かなり?)酸味も好みなのだ。

カレー7
特に、ナンではなくチャパティーで提供されたのが嬉しかった。
仏太はナンよりもチャパティーが好き。
このシンプルさが好き。

カレー8
パコラも入っていた。
インド風天ぷらだ。

カレー9
じゃがいもサブジ
仏太がサブジとして知った最初のもの。
サブジといえば、ジャガイモ料理と
当初勘違いしていたくらいだ。
このサブジも好き。

カレー10
大根ピクルスも色々と混ぜながらいただいた。
ピクルス自体はだいたいなんでも好き。
ちょっと違う味わいを楽しめるのも良い。

カレー11
ラムローガンジョシュ
いつもの欲張り症候群の現れ。笑
ターリーだけでも満足なのだけど、
羊関係のカレーがあるとそれは
殆ど義務感に駆られて頼んでしまう。笑

カレー12
やはり羊系のカレーはとても好きだなあ。
今回も素敵な、好みな味で大満足。
ラムローガンジョシュもいつもあるわけではないので、
そういう限定ものに弱いということもあるが、
それが羊だと尚更だ。

カレー13
ハモのパコラ
ハモ(鱧)好き。
それがインド風天ぷら、パコラになるとは!
嬉しい!
そうターリー、ラムローガンジョシュを食している間に
マスターが揚げてくれた。

食し終わったら、少しだけマスターと話をすることができた。
奇跡的に、次の修行者が来るまでに、話す時間が出来たのだ。
カレーのことだったり、健康のことだったり、
近況だったり、他にも色々と話したいことはあるが、
次の修行者が来たら、マスターは残念ながら、
トークからは離脱せざるをえない。
泣く泣くお会計を済ませて、SANSARAを後にしたのだった。笑
今回のマスターのかっこいいセリフが心に残った。
義務はないけど義理はある。
うん、かっこいい。

I went to SANSARA for late lunch after hard work. It a self gift for myself. I ate thali and lamb rogan josh. They were so good. Thank you very much. I was so satisfied with its taste and master’s talking.

SANSARA
帯広市西20条南3丁目28-5
0155-35-5799
https://sansara-curry.wixsite.com/sansara-tokachi
https://www.facebook.com/Sansara.obihiro/
11:30-15:00, 17:00-21:00 (土日祝11:30-21:00) (LO30分前)
月曜定休