‘cafe’カラ奏音’ タグのついている投稿

びっくり(cafe’カラ 奏音)

2021 年 9 月 17 日 金曜日

数日前に予約した。
4丁目プラザビルに行った。
あれ?
なんだか暗いぞ・・・・
あれ?なくなってる???
携帯で検索。
あれ?住所は合ってそうな・・・
電話してみた。
移転したと。
ガビーン。
そうか、近くで良かった。
だから、住所も合ってそうな感じなんだな。

外観1
ってなわけでcafe’カラ奏音
ビルから一軒家に移転していたのだった。
電話はあっさり通じたが、そりゃ当たり前か。
移転にはびっくりしたが、近くで良かった。

外観2
奏音は一軒家をリフォームした形なので、
玄関から靴を脱いで上がっていく。
うわ、広い、明るい。
カウンター席に座った。
あ、ちなみに、奏音はかなねと読む。

中
今回はメガネが曇ってないので
厨房にいる美人さん2人がよくわかった。
21年1月15日の日記「初修行がtake out(cafe’カラ 奏音)」参照。)
小学生からの幼馴染なんだそうだ。
仏太にはそういう友達がいないので、
ある意味びっくりするとともに
すごいなあと尊敬。

スープカレー1
スープカレーはすぐに出てきた。
元々予約してあったのと、
場所確認で電話したので、
まもなく来るというのがわかって
用意してくださっていたのだろう。
ありがたいことだ。

スープカレー2
ああ、いい匂いがする。
take outで持っていく人もいて、やはり人気だ。
何せこのスープカレー第3金曜日のみの限定だ。
そう月1回だけなのだ。
専門ではないから、というのもあるかもしれないが、
それよりも仕込むのに2日間かかると。
本格的だ。
びっくりした。
だから、これだけ美味しいんだ。

スープカレー3
今回、ママさんと結構お話ができた。
というのも前回スープカレーをtake outしたことを覚えていてくださったのだ。
21年1月15日の日記「初修行がtake out(cafe’カラ 奏音)」参照。)
当初は、ここ来るの初めてか聞かれ、
最初は冬にtake outしたことを伝えた。
take outのみでちょっとの時間しか接してないので、
覚えてないだろうと思ったから、
ママさんが思い出した時にびっくりした。
凄い記憶力だ。
あ、眼鏡が曇ってよく見えないって言っていた・・・・と。
ママさんはお客さんをよく覚えているそうだ。
ありがたいような恥ずかしいような。

スープカレー5
あ、念の為に書いておくが、
お互い喋る時はマスクして。笑
食す時は黙食で。
その間、ママさんが話をしてくれた。
ランチタイムも佳境を超えて、ちょっと余裕があったようだ。
スープカレーを待っている間、
仏太が最初にここ奏音に来るきっかけになったことを伝えた。
スープカレーを食している時に、
ママさんがスープカレーを始めたきっかけを教えてくれた。
明るいママさんで、なるほどこれは先生に向いているなあと思った。
ママさんは歌の先生もしていて、隣の部屋でカラオケできるのだと。
前はカラオケと食事は一緒のスペースだが、
ここに移転する時、部屋を完全に分けたと。

スープカレー5
沢山の野菜が入っていて、野菜好きとしては嬉しい。
さっきチキンがゴロンと乗っていたが、
形態としてはチキン野菜スープカレーだ。
これね、コスパ無茶苦茶いいと思う。

スープカレー6
大きな具材のスープカレーという、
昔ながらのオーソドックススタイル。
奥に隠れている野菜も徐々に顔を出す。
食べているうちに、次々と出てくるのがまた嬉しい。
器が程々深いのだ。
この前take outした時も器が深めで
沢山の野菜が入っていたが、
21年1月15日の日記「初修行がtake out(cafe’カラ 奏音)」参照。)
今回は更に多いような気がした。
あ、季節もあるかもしれない。

スープカレー7
この時期嬉しくなるカボチャもお出まし。
スープは独特でオリジナルだろう。
サラッとしていて好み。
辛さ設定はないが、この優しい味に打ちのめされる。
ああ、美味しい
旨い!とか、美味い!ではなく、
ああ、美味しい、というイメージだ。笑

昆布茶
食後のサービスに飲み物がつくと!
びっくり仰天!
普通、100円引きとかじゃない?
あまりの嬉しさに昆布茶を頼んだ。(意味不明)笑
ああ、おいちい
水を入れたグラスにThank Youと書かれているのだが、
こちらこそこんな美味しいスープカレーをありがとうだ。

猫舌なので昆布茶を飲むのに時間がかかる。笑
その間、ママさんに話を聞くことができた。
以前はカレーはそれほど好みではなかったそうだ。
しかし、ある時、スープカレーを食して、ハマったそうだ。
札幌とかかなあ、と思ったら、帯広だという。
それ、凄いな!
SAMA帯広本店で食したと。
しかも、初めてのスープカレーで、納豆が入っているのを食したと。
カレーに納豆というのは十勝ではまだ馴染みのない文化だと思われる。
そんなに得意ではないものだから、だからこそ珍しいものを
ってことで納豆が入っているにしたと。
凄いチャレンジャー精神びっくり
おそらく軟骨納豆カリーだと思われた。
ちょうど1ヶ月ほど前に仏太も食していたし、
21年8月9日の日記「満足な夕食(SAMA帯広本店)」参照。)
カレーに納豆が合うということは以前から主張しているので、
なんとなくすぐに思い浮かんだ。
そして、更に凄いのは、その衝撃だけで(だけじゃないかもしれないが)
自分でスープカレーを作ってしまったということ。
しかも、美味しいのを。
(味はSAMAとは違うよ。)
色々試行錯誤があって、この美味しいオリジナルにたどり着いたと。
流石プロだなあ。
カレーのプロじゃなく料理のプロだが、
美味しいスープカレーを作るのはやはりプロの仕事だ。

そう言えば、衝撃的なことと言えば、
結構人の出入りがあって、
花とかプレゼントとかって・・・
もしかして・・・
と思ったら、ママさんのお誕生日だった!
当然、全く知らずに予約をしている。
言葉だけだったが、心からお祝いした。
ママさん、お誕生日、おめでとう!!!!

さて、大きな問題が。笑
このスープカレー、第3金曜日のみの超限定メニューだ。
今回は強制的に取らなければならない有給休暇のおかげで食すことができた。
次の強制的有給消化はいつになるか?笑
あ、強制じゃなく、自ら取得すればいいのか。

ママさんとスタッフさん、お二人の美人さんは
仏太のブログを知っているって言っていたなあ。笑
読んでもらうの恥ずかしいかも。
お知らせするの止めようかな。笑
この時点で、ブログは最近1ヶ月遅れって言っていて、
今回もおそらくアップする時はほぼ1ヶ月遅れだろうなあ。笑

美味しいスープカレー、あざっす!あざっす!あざっす!

I went to Kanane with my wife to have Friday lunch. Today we took rests of each work. Kanane serves soupcurry only on the third Friday. Special limited menu. I ate it the second this time. My wife the first. There were chicken and many kinds of vegetables. It was a very good cost performance. Its taste was so good, of course. We were so satisfied with the soupcurries and talking to mama whose birthday was just today. Thank you very much.

cafe’カラ 奏音
音更町大通5丁目2番地25
0155-29-1391
11:30-15:00(LO14:30), (金のみ)19:00-23:00
水曜、日曜定休

参考サイト
でぶっちょ ハルのレストランガイド

初修行がtake out(cafe’カラ 奏音)

2021 年 1 月 15 日 金曜日

cafe’カラ 奏音・・・・かふぇから・・・なんて読むんだろう?
確かインスタで情報をゲットしたと思う。
奏音・・・奏でる(かなでる)に音だから、
かなねかなあ。
合っていた。
で、区切り方もよくわからなくて、
最初「カフェ からかなね」だと思っていた。
が、「かふぇから かなね」という区切り方らしい。

今は便利な時代で、ネットで予め場所を調べることができることが多い。
それでも近くまで行って、どこだろう?となった。
駐車場も一緒に探しているからというのもあるだろう。
A-COOP、とりせいなどなんだか懐かしい。

外観
あ、なるほど、ここか。
4丁目PLAZA・・・札幌になかったっけ?笑
あ、そうか音更町の大通4丁目なのか。

2Fへ上がると・・・外観はスナック・・・?
ミュージックスクールって書いてる。
そこでなんだか繋がった。
cafeとカラオケでcafe’カラってことか!

ドアを開けようとすると、なんだか声が聞こえてきた。
中に入ると目の前に声の主がスープカレーを食していた。
常連さんのようだ。

造りはスナック・・・と思っていたら、
眼鏡が曇って全然状況が把握できなくなった。
「予約していた仏太です。」
直ぐに用意されたものが出されて、お金を払った。

眼鏡が曇ってよく見えないので、
眼鏡を外してお金を出す。
カウンター席に2015.11.20と書いたものが置いてあった。
可愛らしい感じのもので、ウッドクラフトだろうか。
きっとオープン日なんだろうな。
そんなに前からあったのか、知らなかった。

そして、ママの他にも女性がいたような気がする。
ああ、せっかくのチャンスに眼鏡が・・・・
take outなので、曇りが収まるまで待つ必要がなかった。
「またよろしくお願いします。」
元気な声で送り出された。
次回はできることなら、ここで修行したい。
女性(ママやスタッフさん)の顔を見たい、ではない。笑

問題は平日の休みが取りにくいということ。
奏音のスープカレーは毎月第3金曜日に提供される。
しかも20食限定のようだ。
電話予約できてよかった。
あっという間に売り切れたようだから。

スープカレー1
スープカレーは思ったよりたっぷりだった。
匂いがたまらない。
車の中で匂いを我慢するのが大変だった。

スープカレー2
野菜たっぷりで、ゴロンゴロンとしているのが嬉しい。
こんなにたっぷりの野菜を楽しめるって嬉しすぎ。
器のことも考えると、まずビジュアルでやられる。

スープカレー3
チキンも食しごたえがある。
程よい弾力と、食しやすい柔らかさ。
チキン野菜スープカレーというところだ。
ピーマンもシャキシャキして甘みがある。
スプーンですくい、カレースープと一緒に
ピーマンをいただくと益々美味しい。
後から気づいたのだが、チキンの下にじゃがいもがあった。
この写真だと、チキンの左、ナスの下、ほうれん草の右だ。

スープカレー4
ナスの飾り切りも綺麗で嬉しい。
そして、これは食しやすいので、ありがたい。
玉ねぎがスプーンですくいにくい。
そっか、それで箸もつけてくれたのか。
ただ、悔しいのでスプーンだけで頑張ろうともがいた。
が、それ以上に玉ねぎが大きい。
負けた・・・箸を使った。笑

スープカレー5
かぼちゃは食しやすい大きさだ。
3切れあると思ったら、なんと手前は人参だった。
ナスが乗っているので気づいてなかったのだが、
人参の大きさが半端なかった。
全体的に野菜の大きさが素晴らしい。
またしっかりと美味しく火が通っている。

スープカレー6
ほうれん草も嬉しい。
こうやって考えると、野菜全般的に好きだが、
ほうれん草はその中でも好きな方かも。
とても満足な修行だった。
本当は修行場での修行が一番だと思うが、
take outもしっかりと満足のいくものだった。

I took soupcurry out from Kanane for lunch. I ate it at home. There were many vegetables and chicken in it. Vegetables were big. I felt it very good. Thank you so much.

cafe’カラ 奏音
音更町大通4丁目2 4丁目PLAZA 2F
0155-29-1391
11:30-15:00(LO14:30), (金のみ)19:00-23:00
水曜、日曜定休