修行者物語 其の三 違う角度からの刺客

カレーうどん1
今日は拙者1人で修行だから、ゆるりとできるな。
なんだか古(いにしえ)を感じるな、どん兵衛カレーうどんレンジ専用

カレーうどん2
水からチンって考案が究極でござるよなあ。
文明の利器と言おうか・・・。
まさに絵に描いたようなズボラ。笑
ふふふ、これで修行と言えるのだろうか・・・。苦笑

カレーうどん3
ちょっと古くなってないか不安だったが、匂いは大丈夫でござるな。
さて、本格的に修行に入るか・・・。

カレーうどん4
ふむ、
ずずずっ・・・
うむ、
が思っていたよりいい。
前にも食しているはずだが、覚えてないとは・・・不覚・・・

みかん2
まあ、よい、デザートにみかんでもいただくか。
この時期にみかんをいただけるのも幸せなことだ。
まあ、カレーうどんはそれほど辛くなく、
新年の修行としてはいいものだっただろう。
そこにこのみかん。
おお、これは結構な甘さ。
やるでござるな。
ふぁっはっはっはっは!

はっ!
拙者1人で何をやっているでござるか。
これでは、まるで一人芝居
阿呆と言われてもしょうがないではないか!

みかん1
お兄さん、独り言が多いようだけど、頭は大丈夫かしら。

むむ、お主は何者?

あら、知らないの?
私は三ヶ日みかんのみかちゃんよ。
私を知らないなら、みかんのことは詳しくないわね。

何を言う、こう見えても、
今回は紀伊の国のみかんと遠江国(とおとうみのくに)のみかんを
比べ、吟味した上で、選定したのだぞ。

あら、修行者さんね。
カレーはお詳しくても、みかんはどうかしら。

今回は正月だから、さんがにちみかんを選んだのだが。

あら、「三ヶ日」はみっかびって読むのよ、修行者さん。

何?

私、自己紹介したでしょ。三ヶ日みかんのみかちゃんよ。よろしくね!

な、何を馬鹿なことを。
さ、三が日の間に食べるから、さんがにちみかんと言っただけで、
だ、誰も三ヶ日のことをさんがにちとは言ってないだろう。
ぶ、ぶ、無礼者!

ふふふ、みかんも楽しんでね、修行者さん。

な、なんて奴だ・・・。
くそう・・・・。
(続く・・・かな?笑)

修行者物語 もくじ参照。
13年12月4日の日記「お主、・・・・・修行者か?(味千拉麺帯広店)」
13年12月25日の日記「修行者物語 其の二(満龍駅前通店)」参照。)

I ate curry udon of cupmen. It was made from with cold water. We can put water in a cup and let it hot with a range. Its udon was rather better I thought. It was good.

参考サイト
三ヶ日みかん(JAみっかび)
ミカちゃんマークの三ヶ日みかん(JAみっかび 三ヶ日町柑橘出荷組合)
三ヶ日みかん(Wikipedia)
三ヶ日町(Wikipedia)

タグ: , , ,

コメントをどうぞ