好きな具材のカレーで幸せな一時を(シャンバラ天竺)

カレーが素敵な理由は色々ある
カレー自体が美味しい。
その修行場の雰囲気がいい。
スタッフに可愛い女の子がいる。
マスターの仕事が好き、などなど。

仏太はそのどれでもいいと思うが、
修行場の人のことはあまり知られてないし、
知りたいことも結構あるので、
それがわかるともっともっと親しみが湧いて
美味しく感じられるのではないかな?
そう思って始めたのが、乙華麗様です!だ。

以前ネットが広まる前は、グルメ雑誌が頼りだった。
が、フリーペーパーの台頭で、
素敵なグルメ雑誌が次々と廃刊に追い込まれた。
勿論、それは社会事情も絡んでくるのだろうが。
グルメ雑誌では、特集である店(修行場)について
深く掘り下げた記事を見ることがあった。
が、そういうのが減ってしまった。

最近のグルメ雑誌は、
何かあるとランキングだったり、
単なる羅列だったりして、
魅力ある部分の紹介があまりされてないような気がしていた。
また、ブログやサイトもなんとなく
そういうのに似た形になってしまうのは否めない。
プロは似たようなものを作るだろうし、
素人はわからないからなんとなく真似のようになってしまうだろう。

それでも、一部では店(修行場)の紹介をすることはある。
が、そこに関わる人達にスポットをあてたもの
ほとんど見たことがない。
雑誌でそういうのを見ても、字数が限られたりしていて、何か物足りない。
本当はもっと魅力的なことがあるだろうに、と思ったりしていた。

で、それを自分でやってしまったのが、乙華麗様です!だ。
しかも仕事としてではなく、まさに素人作業。
自分が知りたいことを徹底的に聞いてまとめる、という
まさに興味をそのままかたちにしたものだ。
勿論、聞いた話を全て載せられるわけでもないし、
予想外に話が発展することもある。
作る人と食す人の対峙だ。
というわけで、乙華麗様です!を見ていただき、
その人達を深く知ることで、魅力を感じてもらいたいと思う。

また、食事自体に目を向けることもあるだろう。
それは仏太の場合はカレーなのだが、
カレーそのものだったり、
具材だったり、時には、ライスやナン、
またはサイドディッシュだったりするかもしれない。
普段食しているカレーでも、ちょっと光る具材が入っていることもある。
そういうのを見つけるのもとても幸せになれる気がする。

外観
シャンバラ天竺に行く。
少し暗くなると写真が弱くなる。
もともと上手じゃないし、携帯電話のカメラだから
写真の上手下手を語れるわけではないのだけど。
「眠い」って言われちゃう!(笑)

夏野菜とエビのカリー1
最近は暑い日が結構あり、寝苦しいときもある。
とはいえ、きっと内地よりはずっと過ごしやすい夏なのだろうけど。
ということで(どういうことで?笑)マンスリーの
夏野菜とえびのカリーをいただく。

夏野菜とエビのカリー2
今年は色々なところでアイスプラントを食べている。
これ美味しいんだよなあ。

夏野菜とエビのカリー3
今回は、前回なかったゴーヤーも入っていた。
以前は沖縄でしか食べたことないけど、
最近、北海道でも見るようになった。
好きなので嬉しい。

チャイ
最後はチャイを飲んでゆったりとする。
美味しいカレーと美味しいチャイ。
幸せだ。

I was very happy because I had a good soupcurry and a cup of good chai at Shambhara Tenjiku.

シャンバラ天竺
音更町木野西通12丁目1-4
0155-30-6617
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=16tenjiku
11:30-14:30LO, 17:30-20:30LO
水曜、第3木曜定休
参考:乙華麗様です!第2回

タグ: , , , ,

コメントをどうぞ