十勝帯広麺(十勝帯広麺)

新たな試みをしていくのはエネルギーがいるが、
それがとても楽しみなことでもある。
義務感にかられると苦痛になるかもしれないが、
目標として、自分の楽しみの一つとしてするとまた違ってくる。
新たなことを快く思わない人もいるけど、
素敵なこととしてとらえ、いい方向に持っていく場合もある。

スープカレーは食の中ではまだ新しい方で、
まだまだ進歩する余地があるのではないかと思っている。
カレーライス自体は歴史はかなり古くなっているが、
それでも日本での始まりは明治だ。
本当に歴史ある食に比べるとまだまだひよっこだ。
そういったカレー文化はまだまだ今後色々と新しいことが出てくるだろう。
カレー好き、いや、カレーキチガイとして、注目だ。

イージーダイナーでの冷やしカレー
玄葉での冷やしカレーそばなど、
注目すべき新しいことが次々と出てきていて、
それらは少しずつ広まってくれれば面白いと思っている。
仏太は道産子の例にもれず新しい物好きだ。
念のために断っておくけど、
「新しい、物好き」ではなく「新しいもの、好き」だからね。(笑)

外観1
帯広競馬場通りにあるところ。
外観でおわかりの人もいるかと思う。
建物は潮華というタイ料理と中華料理の修行場・・・。

外観2
窓に貼り紙・・・昼始めました
その斜め下に、つけ麺カレーぶっかけ!

外観3
ドアに貼り紙・・・昼の店が変わりました
そう、昼は潮華ではなく、十勝帯広麺という名前で
形態が変わり、メニューも全然違うのだ。
だからさっき「建物は・・・」と言ったのだ。

メニュー
マスターが独自に開発した新しい麺を堪能するのに、
既にメニューは数種類に上っている。
以前から考えられていたようだが、麺だけに色々な応用が利くのだろう。
それはルールに縛られず、無限の可能性を秘めていることを意味する。

十勝帯広麺カレーぶっかけ1
最初に頼むのは当然のようにカレー!(笑)
本当は麺自体を楽しみたかったので、
他のものにしたかったのは山々。
が、仏太はマイルールに縛られてしまった。
昔流行った(?)規則は破られるためにある、を
ここで採用すべきだったかもしれない。(笑)

十勝帯広麺カレーぶっかけ2
ルーは昔ながらの懐かしい味わいだった。
ドロッとした感じが幅広の麺に絡みついていい感じだ。
麺を楽しんでもらうために、あえてオーソドックスなカレーをぶっかけたという。

十勝帯広麺カレーぶっかけ3
そのマスターが長年かけて、新しいタイプのものを開発し、
日本初もしかしたら世界初だそうだ。
こんなに幅広くてしかも長さもある程度ある。
薄いので持ち上げたら切れるのではないかと思っていたが、
全然そんなことはなかった。
逆にマイ箸でその重さにすべるすべる。(笑)
この写真はテーク13くらいだ。(笑)
それだけコシがある証拠だろう。
現在温かいメニューはカレーのみ。
今後、秋冬に向けて新しいメニューを増やしたいとのこと。
仏太は次冷たいメニューもいただきたいな。

I went to Tokachi Obihiro Men, a brand new noodle shop in Obihiro. It was built along Keibajo Dori. The building is one of Choka. The new type noodle Tokachi Obihiro Men was very original. I was very interesting and felt good.

十勝帯広麺
帯広市西10条南9丁目12-2
0155-27-0031
http://taisukii.blog32.fc2.com/
12:00-14:00
月曜定休
(夜は「潮華」として営業)

タグ: , ,

コメントをどうぞ