‘ナマステー’ タグのついている投稿

計画的(ナマステー)

2019 年 7 月 21 日 日曜日

外観
ナマステーに行ったのは計画的。
昨日とは全然違うシチュエーション。笑
19年7月20日の日記「突発的(マハラジャ)」参照。)
まだ続く月刊しゅん6月号巡礼だ。
行ける時に行ける範囲でという、
無理のない返済計画みたいな感じ。笑
まあ、借りてないので返すものはないのだが。

スープカレー1
久し振りなので、インド風のカレーを食したくもあった。
19年2月11日の日記「迷わず選んだ豆カレー(ナマステー)」参照。)
しかし、選んだのはスープカレー。
エビ・ホタテ・野菜のスープカレーをサフランライスでいただいた。

スープカレー2
大ぶりのエビホタテナスキノコが入っている。
この甘めなスープがまたいい。
甘めだが辛さはメニューのMAXでいただいた。
very very hotは5番だ。
甘辛な感じが嬉しい。
具の味も引き立つ。
体も引き締まる。
身の毛もよだつ。(意味不明)笑

スープカレー3
黄色いライスはターメリックライスと思う方が多いと思う。
ターメリックも黄色くなるが、このように鮮やかな黄色になるのはサフランだ。
サフランライスをまともにやっている修行場は少ない。
おそらく理由の一つにサフランが高価だということが挙げられるかもしれない。
それだけ、ここナマステーでは手を抜かず
丁寧な仕事をしているという証拠でもあるだろう。
おしとやかに添えられているクミンシードも嬉しい。
そんなわけで月刊しゅん6月号巡礼は、
しゅんに載っているカレーを食した。
今回の巡礼はメニューまで全く同じということにはこだわってはいないが、
その時食したいと思う気分に任せてオーダーすることにしている。
緩やかな巡礼はまだ続く。笑

I went to Namasute for lunch for long time no going. Last time was Feburuary. I ate seafood vegetable soupcurry with very very hot. My wife ordered season vegetable curry. They were all good. Thank you.

ナマステー
帯広市西6条南27丁目4-3
0155-22-7715
11:30-15:00, 17:00-21:00 (LO30分前)
火曜、第3月曜定休
参考:乙華麗様です!第13回

参考サイト
月刊しゅん

迷わず選んだ豆カレー(ナマステー)

2019 年 2 月 11 日 月曜日

外観
ナマステーに行くときは比較的天気がいい気がする。
本日は月曜日だが、建国記念の日ということで
ランチは仕事中ではなく、仕事を終わらせてからいただく。
(1日休みではなく、午前半ドンで午後から休みだった。笑)

黒千石豆のカレー1
今回は迷わず黒千石豆のカレーをセレクトした。
この前来た時に頼んだものと、このカレーを迷ったのだ。
19年1月26日の日記「時を超えた安定の味(ナマステー)」参照。)
だから、今回は迷わず選んだ。
サフランライスをお願いした。
素敵な輝く黄色だ。

黒千石豆のカレー2
黒千石豆たっぷり入っている。
インドには豆カレー(ダルカレー)は多いらしいが、
時々インドに行くママさんが、
それを参考にして作ったカレーだ。
黒千石豆はポリフェノールが豊富で、
生産者がそれほどいなくて希少価値が高いと言われる。
ナマステーで使っているのは大樹町の農家さんが作ったもの。
程よく食感が残る硬さだが、噛みやすく食しやすい。
今回very very hotでいただいたが、
こういう優しい具の時は辛いのが合う気がする。
(っていつも辛いのだろうが!と言われたら、
はい、そのとおりです、と答えるしかない。笑)

I went to Namasute for lunch with my wife. I ate bean keema curry. My wife ate shrimp curry. They were Indian style curries. Mama made them and they were so good. Thank you so much.

ナマステー
帯広市西6条南27丁目4-3
0155-22-7715
11:30-15:00, 17:00-21:00 (LO30分前)
火曜、第3月曜定休
参考:乙華麗様です!第13回

時を超えた安定の味(ナマステー)

2019 年 1 月 26 日 土曜日

長らく行かない場合、いくつかの理由が考えられる。
その修行場の味が合わなくなった。
その修行場のスタイルが合わなくなった。
修行時間と自分の都合のいい時間が合わない。
臨時休業が多く、そのうち足が遠のいてしまう。
遠くて中々行きにくい。
などなどだ。
カレー修行としては、大雑把に言うと、
どこでしても同じは同じだ。
が、色々と考えると、その時その時の理由がある。

外観
ものすごく久し振りにナマステーに行った。
注文した時、ママさんに「元気だった?」と聞かれるくらいだ。
調べたら、なんと去年は訪れてないようだ。
17年5月18日の日記「体は正直(ナマステー)」参照。)
大変失礼してしまった。
今回はメインの理由は、健康面だ。
以前のような修行ができなくなっているので、
自主制限した時に、優先順位があり、
(その順位の付け方が決まっているわけではないが)
行きたいと思いつつ、中々行けないでいた。

チキンカレー1
久しぶりなので原点に戻ろうと思った。
インドカレーはチキンカレーが一番オーソドックス。
という、固定観念というか、そんなイメージ。笑

チキンカレー2
形状としてはとてもサラサラしていて
スープカレーと言われたら、
うんそうかも、ってなるかもしれない。
ロコ・ソラーレの可愛い女の子たちだったら、
そだねーと言うかもしれない。

チキンカレー3
ライスが本格的にサフランライスなのだ。
カレー修行場で「黄色いライス」はターメリックライスのことは多い。
殆どかもしれない。
ここはしっかりサフランで黄色くしている。
硬さがちょうどいい。
やや硬めなのがカレーに合っていると思う。
そして、絶妙なのは、程よい粘り気があるってことだ。
これは日本の米の炊き方としてとてもいいと思う。
バスマティライスの場合、どちらかというとパサパサになる傾向がある。
それはそれでそのライスに合った良さが出ている。

チキンカレー4
さて、チキンカレーは、基本具はチキンのみ。
これは本来のインドカレーの流れを正確に引いている。
細かいことを言い出すと、カレーという言葉の定義まで遡り、ややこしくなるので、
ある程度大半の人が思っているであろうイメージに沿って話を進める。笑
日本のカレーは具が数種類入っていることが多いが、
インドでは1種類の具ということが多いそうだ。

チキンカレー5
チキンがスプーンですぐにほぐれる。
珍しくそんな写真を撮ってみた。
勿論、スプーンだけでなくフォークなども一緒に使っても構わないと思う。
単に、スプーンだけでも簡単にほぐれるくらい、
柔らかく調理されているよってことだ。
そして、スープとの相性がいい。
ちなみにここのママさんが調理しているが、
インド人ではなく日本人だ。
本場インドの人に教えてもらっているので、
現地に近い味になっているらしい。

いやあ、やはりいいものはいい!
理由をつけてでも、時々来るべきだな、と改めて思った。

I went to Namaste alone for lunch. I ate chicken curry. There were some kinds of Indian curries and some kinds of soupcurries there. I choiced Indian curry today. It was so good. I got shocked and was so satisfied. Thank you.

ナマステー
帯広市西6条南27丁目4-3
0155-22-7715
11:30-15:00, 17:00-21:00 (LO30分前)
火曜、第3月曜定休
参考:乙華麗様です!第13回

体は正直(ナマステー)

2017 年 5 月 18 日 木曜日

まさに、眠っている体を叩き起こして、とはこのことではないだろうか。

午前中、あまりにも仕事をしっかりやり過ぎて、
ちょっと気がついたら休憩していたという恐ろしいまでの仕事人間
午前中の仕事は効率よく終わらせて、淀みがなかった。
休憩しようと思ったわけではなく、ちょっと一息ついてPCに向かったら、
何故かいつの間にか微睡みの世界へ行っていたのだった。
ふと気づいて、さあ、職員食堂に行こうとなったときに、
冒頭の一行のような気持ちが出てくるくらいの状態となっていたのだった。

仕事の前は、あまりのやる気に、チャキチャキ動きすぎた。
朝目覚まし無しで4時過ぎに目が覚めたのだ。
起きた時、だいぶ明るくなっているねえ。
ってか、なんでこんなに早く起きるんだ?
人生、そんなに張り切っているわけじゃないのだが。
そして、今日とてもハッピーなこととかがあるとか、
とても楽しみにして仕事に行く、ってわけではない気が・・・・・笑

当然、そんな時間だから、朝食まで時間が結構ある。
二度寝しようかとも思ったが、なんとなく起きて色々動き始めた。
すると、お腹が空いてきた。
体は正直だ

スープカレーワンタン1
ちょっと空いた小腹を埋めようということで取り出したるは
伝家の宝刀スープカレーワンタン
お湯を入れて、温めながら新聞を読む。

スープカレーワンタン2
蓋を開けて、匂いがブワッと立ち込める。
ああ、空腹にとても刺激的だ。

スープカレーワンタン3
温かいスープとスパイスの刺激で、発汗する。
体が徐々に活動性を増していくのがわかる。
体は正直だ。

微睡みの後の時間はランチだ。笑

シーフードカレー1
今日の職員食堂シーフードカレーというのはチェックできていた。
サラダがあるのもわかっていた。
しかし、鉛のような体を5階まで引き上げるのに、かなり体力を使った。
やはり今朝目覚めたのが早すぎたのだろう。
体は正直だ

シーフードカレー2
なんかカレーが更に進化した気がする。
これにデスソースとかをかけるのもったいない気がする。
しかし、ついつい辛さを求めてかけてしまう。
他に、チリペッパーフェンネルパウダーなども。
スパイスソース
そして、昨日初導入したスパイスソースも。
17年5月17日の日記「はちきん」参照。)
しかし、デスソースの前では
スパイスソースの香りなどは上手く表現されてない気がする。
まずはスパイスソースだけで食し、その後デスソースを加えればよかった。
う〜〜ん、勉強になる。笑
まあ、いずれにしても、カレーによって体が活性化してきた。
午後の仕事は、午前のようにちゃっかり・・・いや、しっかりやったのだった。

外観
ナマステーに行った。
仕事を頑張った後の自分へのご褒美。
やはりアフターファイブの方が楽しいに決まっている。
久しぶりの知り合いと会った。
なんか楽しそうに近況を教えてくれて、こちらも嬉しくなった。
そのうち、待ち合わせていた後輩が順にやってきた。
後輩2人と一緒に談笑しながらカレーを待つ。
最近会ったばかりの人と、ものすごく久しぶりに会った人と。

スープカレー1
さあ、自分のオーダーしたものがやってきた。
えび・ほたて・野菜のスープカレーだ。
速攻で形を整え、今回はしゅんを忘れずに配置して、写真を撮る。
こうやって流れの中で自然にできるのがいい。
体は正直だ。笑

スープカレー2
エビがぷりぷり。
ホタテがサクサク。(というのか?)
野菜がつやつや。笑
このスープがたまらないよなあ。
独特なスープは、十勝のスープカレーを語る時、一度は食しておきたい。
そして、十勝のカレーの歴史を語る上で、ここナマステーは外せないところだ。
もし、外したら、かなり大きな圧力がかかったと見るべきだろう。笑

スープカレー3
また、ここのサフランライスは丁寧で本格的。
サフランはターメリックと同じように黄色をつけるが、
その鮮やかさは圧倒的に違う。
値段も違うのだからしょうがない。
もし、サフランライスをうたうところがあったら、
色が鮮やかかどうかを確認した方がいい。
またこのサフランライスがカレーと合うのだ。
口に入れたら、ビビビッと来てしまう。
体は正直だ。笑

後輩との話も非常に盛り上がった。
修行者がかなり増えて、席を空けることを考えなければ、
そのままずっと閉店まで話し込んでいたかもしれない盛り上がりだった。

I ate Soupcurry Wang-Tang for breakfast. It made me hotter.www For lunch I ate seafood curry at our worksite restaurant. After working hard I went to Namasute in Obihiro and met my inferiors. Two guys came to Namasute. We enjoyed talking about many things and ate good curries. I selected seafood soupcurry. It was so good.

ナマステー
帯広市西6条南27丁目4-3
0155-22-7715
11:30-15:00, 17:00-21:00 (LO30分前)
火曜、第3月曜定休
参考:乙華麗様です!第13回

参考サイト
帯広・十勝の情報誌【月刊しゅん】

なまら久々(ナマステー)

2017 年 2 月 12 日 日曜日

基本、修行はしているし、
今後も続けなければならない(義務)のだが、
修行だけでは生きていけないので、
やはり他にも色々することとなる。
例えば、仕事。
例えば、会話。
例えば、トイレ。
などなど。(おいおいそんなものか?笑)

外観
ナマステーに行った。
物凄く久しぶりで、
前回このブログに出ていたのは
2015年2月28日で、約2年前だ。
15年2月28日の日記「久々(ナマステー)」参照。)
その時のタイトルでお分かりのように、
その時も久しぶりだったのだが、
今回は更に久しぶりだ。
たまにブログに載せない修行もあるのだが、
この約2年はもしかしたら、
ナマステーでの修行はなかったかもしれない。

季節の野菜カレー1
ナマステーではスープカレーを頼むことが多いのだが、
ここは実際はインドカレーの修行場だ。
ということで、今回は本来の修行とした。笑
季節の野菜カレーだ。
サフランライスの黄色が鮮やかだ。
たまに、黄色いライスをサフランライスと言うと間違って、
ターメリックライスをサフランライスと言って
出すところがあるが、それは間違いだ。
サフランはスパイスの1つ。

季節の野菜カレー2
季節の野菜カレーは野菜がゴロゴロと入っていて嬉しい。
じゃがいもパプリカピーマン
ひよこ豆カリフラワーブロッコリーなどなど。
当然、味が良くなければ、野菜の魅力が伝わらない。
これは野菜好きにはとても嬉しいだろう。
ちなみに辛さはvery very hotにした。
野菜の甘味がまた引き立つというものだ。
じんわりと汗をかいて、満足した。
今度は「久々」とか「なまら久々」にならないようにしないと。笑

I went to Namasute in Obihiro to eat lunch. I ate Indian style vegetable curry. It was so good. Long time no come here but I will come here back again not so long future.wwwww

ナマステー
帯広市西6条南27丁目4-3
0155-22-7715
11:30-15:00, 17:00-21:00 (LO30分前)
火曜、第3月曜定休
参考:乙華麗様です!第13回