‘うどん’ カテゴリーのアーカイブ

神様は許してくれない

2019 年 12 月 20 日 金曜日

なんだか精神的にやられた。
というか、かなりムッとすることがあり、
本日は仕事に身が入らない・・・
予定だった。笑

が、神様は許してくれない
怠けさせてくれないのだ。
そんなのを忘れさせてくれる怒涛の午前中の仕事。
元々予定の仕事も楽なわけではないのだが、
そこに更に追加事項があり、まあ、忙しくなった。
やらざるを得ない
怠けようとしていた、怠惰な気持ちを忘れさせてくれるのに、
十分なだけ一生懸命働いてしまった。笑

むちゃくちゃ集中力を使い、
その時は本当にアドレナリンが出ているのだろう。
終わって落ち着くと、ドッと疲れが来た。
しかし、やりきったという充実感があり、満足している。
眠気が襲う。
しかし、夜まだ仕事がある。
ちょっと空いた時間に仮眠を取った。
カミングスーンって感じだ。(意味不明)笑

起こされて、夜の仕事。
予定の仕事が終わり、さあ、そろそろ帰宅準備。
と言ったところで、再び予定外の
やらざるを得ない、すべき仕事が出てきた。
再びアドレナリン全開
ONE TEAMでミッションに当たる。
一緒にやってくれたチームに感謝。
できること、すべきことはやった。
予定帰宅時間を軽く2時間超えていた。
自己満足の優越感
何に対していではなく、怠惰な自分に対する優越感だろう。

怠惰な気持ちにさせてくれたあのムッとする一件を忘れていた。
さて、この後、どの程度それを思い出し、
今後どの程度怠けるのか、アドレナリンが出るのか?

スープカレーうどん1
取り敢えず帰宅して夕食。
カレーうどんが眩しい。
カレーはスープカレータイプ。
キーマ野菜スープカレーつけうどん。笑
うどんをつけ麺状にして食していたが、
途中から面倒になり(笑)、
スープカレーの中にガバッと入れた。

スープカレーうどん2
ズズズッと豪快にいただく。
ああ、美味い!
やはりやりきった後のカレーは格別だ。
スープカレーうどんで今日の締めくくりというのも乙だ。
明日は明日の風が吹く。
怠惰な風なのか、アドレナリンの風なのか。笑

やるな、無印

2019 年 12 月 10 日 火曜日

ももクロは、ももいろクローバーZの略。
以前はZがつかないももいろクローバーという時期があった。
モノノフ(ももクロファンの呼称)は無印ということがある。
Zがついてないということだ。
略称がももクロというのには変わりないのだが、
ももいろクローバーとももいろクローバーZで、
メンバーが変わって、グループとしても更に飛躍し始めたので、
モノノフはとても意味のある特別なときとして捉えている。

さて、本日のランチは久しぶりの食事だった。
というのは、ラジオの時は食べないこと多くて、
昨日夕食は食べてないのだった。
ラジオの後も色々あり、食べる機会を逸した。笑
昼間、仕事が忙しく間食できずに過ごしたので、
昨日のランチを食べてから、食べずに寝たのだった。
また、健康診断のため、今朝の食事も抜いた。

だから、今日のランチがほぼ24時間ぶりだった。
まあ、そのくらいなら大丈夫。
死にはしない。笑
何かに集中していると、お腹が空いたという感覚もないことがある。
今回はそうだったかもしれない。

以前、ハンガーストライキを決行したことがある。
といっても学生の時の反抗期だ。
親に対して(理由は忘れたが)かなり腹を立て、
10食抜いたことがある。
すなわち3日と1食だ。
学校に行ったんだっけか?
夏休みとかだったっけか?
そのあたりは覚えてないが、
まあ、そのまま死んでもいいくらいの勢いの反抗だった。

お腹すきすぎると、それを通り越して、
そんなにお腹が空いたという感覚はなくなる。
ハンガーストライキのときは、流石に最後お腹が空き過ぎて折れた。笑

また、普通に1日1食の人もいる。
そういう人はそうした方がとても体調がいいと。
しかも一気に大量に食べるわけではなく、
そういう人に限って素食だったりする。
凄いと思う。

あ、やべ、話がそれていく。笑

久しぶりの食事は、いつも以上に美味しさを感じる。
そんなランチだった。

スープカレーうどん1
そして、夕食は更に美味しい。
スープカレーうどんだ。
おかずも沢山あり、お腹いっぱいになる。
幸せだ。

スープカレーうどん2
うどんも好きだがやはりスープカレーも好き。
空腹に満たされるのが幸せだ。
具も、好きなれんこんなど野菜根菜類が入っていて嬉しい。

スープカレーうどん3
今回は無印良品で買ったレトルトを使った。
根菜のスパイシースープカレーだ。
これ、レトルトって知らなかったら、
普通に「どうやって作った?」って聞くレベル。
レトルトを感じさせない美味しさ。
無印やるな!

I ate soupcurry udon for dinner made by my wife. She used an instant soupcurry by Mujirushi-Ryohin. It was very good. Thank you so much.

参考サイト
週末ヒロイン ももいろクローバーZ
MUJI 無印良品

曖昧の中の優しいカレーうどん(是空)

2019 年 11 月 12 日 火曜日

飲み会の後、後輩が行きたいと言った。
はず・・・。

後輩の写真が残ってないので、
もしかしたら・・・

外観写真も残ってない・・・

あれ?

写真を見て、
あ、行った!
と思い出した。

記憶が怪しい
体は無事で、風邪もひかず、
普段どおりの生活を送れているところを考えると、
大事はなかったと考える。

カレーうどん1
カレーうどんをいただいた。
この写真のカレーを見て、口の中に味の記憶が広がった。

カレーうどん2
そう、ここは是空だ。
帯広街中で飲んでいたからなあ。
うどんのスープが程よい醤油味。

カレーうどん3
うどんは柔らかいが、
夜中に食すならこのくらいがいい。
普段は硬めが好みだが、
こういう柔らかいのも優しさがあって嬉しい。

記憶が定かならなお良いのだが・・・

I went to Zekuu maybe with my inferiors after drinking. My memory was not good.www But I saw photos and I remembered somethings.www I ate curry udon there. My outside hard disc have my memories.www

是空
帯広市西1条南9丁目20
090-6269-2261
20:00-26:00
日曜定休

うどん(十勝うまげ屋)

2019 年 10 月 13 日 日曜日

外観
久し振りに十勝うまげ屋に行った。
温泉に行く時に横は通るのだが、
入るのは久し振り。
駐車場は停められたが、中は混んでいた。
凄く人気あるんだなあ。

カレーうどん
和風ビーフカレーうどんにした。
多分、これ期間限定な気がする。
というのは前に来た時はなかったような。
あ、でも、メニューには辛さプラスもできるって
書いてあるから定番なのか。
まあ、どちらにしてもカレーうどんがあるのは嬉しい。
ピリ辛でいい感じのカレーは
やはりビーフを使うと王道。
卓上にある七味や胡麻をかけて
味の変化を楽しみながらいただいた。
うどんは、もちもちというよりぐにゅっという感じ。
コシがあるけど、柔らかさも兼ね備えている感じ。
十勝でこのタイプのうどんを食せるのは幸せだ。
福神漬けは食べても少しで、だいたい避けちゃうので申し訳ない。
温玉トッピングは別皿なんだな。
垣間見える厨房の大将も、ホール対応してくれるスタッフさんも忙しそう。

I went to Tokachi Umage-ya to eat lunch. I ordered Curry Udon with topping an egg without pickles. I was so sorry but there was pickkles on it and they forgot an egg. Udon was good but…..

十勝うまげ屋
幕別町札内西町30番地10
0155-29-1063
http://www.mytokachi.jp/tetsuhiko/
https://www.facebook.com/tocachlumageya/
11:00-15:00
月要定休

素晴らしき修行でマッチするもの

2019 年 9 月 17 日 火曜日

カレーうどん1
夕食はカレーうどん
カレーライスとか、カレーそばとか、カレーラーメンとかではない。
ナストマトひよこ豆など具も嬉しい。

カレーうどん2
ほらね。笑
ってか、最初の写真にも
しっかりうどんは写っているか。笑

カレーうどん3
この黄色い唐辛子は、黄色が好きってこともあるけど、
無茶苦茶辛いってのもポイントが高い。
以前に、競馬場のところにある、とかちむらの市場で買ったことがあり、
無茶苦茶辛くて、非常に優秀な唐辛子だとわかっていた。
だから、今回も買い物した時に見つけて、すぐにかごに入れた。
それをこのカレーうどんと一緒にいただく。
この刺激がカレーと非常にマッチした。
素晴らしい修行となったのは間違いない。
決して、口の中が麻痺していたり、
お腹に、特に胃に、衝撃だったわけではない。
素敵な修行だったということだ。

I ate curry udon for my dinner with yellow hot pepper. It was very good. I like them.