2009 年 3 月 のアーカイブ

昼も夜も(インデアン音更)

2009 年 3 月 31 日 火曜日

陰と陽、北斗と南斗など対になるものは結構ある。
太陽と月、それに伴い、昼と夜。

人は夜に文章を書いたときは、朝に見直しなさい、という。
特にラブレターは。夜感情が高まって書いた文章は
昼間(朝)の冷静な状態で見ると、恥ずかしくなることが多いそうだ。

だからだろうか、夜に○○なことが多いのは。
女はムードを求め、男はヌードを眺めた
という言葉もできるくらいだ。
(嘘です。すみません、今作りました。)

そんな夜と昼の違いがありながら、
仏太は今日は昼も夜もインデアンのtake out。
仕事などの関係で、夕食を摂るのが極端に遅くなるか、
摂れないかもしれないと思ったので、
それであれば、カレーを食したい仏太は、
昼のついでにもう一つtake outしちゃおうと思ったのだった。

比較
昼は職場の人達と一緒に頼んだ。
仏太のは、チキン極辛×3
大辛と極辛の中間を頼んだ塾長Gさんのと比べてみたが、
写真にするとあまり色の違いがわからない。
まあ、普通に見ると、仏太の方がオレンジっぽい色なんだけど。

チキン1
入れ物が青く見えることからも推測されるが、
仏太のカメラは、ちょっと違って色が見えるのかもしれない。
デジカメではなく、携帯についてるカメラを使っているのだが、
結構綺麗に撮れてる写真もあると思う。
ただし、プロではないし、写真に精通してるわけではないから、
構図などを含めて素人丸出しだと思う。
写真が眠いと言われても、私も眠いですから、としか言えない。(笑)

チキン2
極辛×3はだいぶ慣れて、ペース良く食せるようになってきた。
近いうちに再度×4にアップしてみようかな。
よく、辛くて味がわからないでしょ、って言われるのだけど、
美味しいと思うからそういう辛さにしてる。つもり。たぶん・・・(笑)
今回もごろんごろんとしたチキンが美味しく、カレー自体も美味しくいただいた。

夕方に食した分は、写真を撮り忘れたが、インデアンカレー極辛×3。
1日で総量として×6分の辛さを摂取したことになるね、と言われたが、なるほど、お腹注意しないとな。(笑)

美味しかった。
また、食そう。

I took out curry of Indian Otofuke branch for lunch and dinner.

インデアン音更店
音更町木野大通東16丁目1
0155-30-2139
http://www.fujimori-kk.co.jp/
10:00-22:00 (LO21:45)
無休

カレーパン月間総括

2009 年 3 月 30 日 月曜日

一日早いのだが、今月の強化月間としてのカレーパン月間を総括したいと思う。
凄くこだわっていたわけではないので、一生懸命自ら求めていったわけではないから、
凄い数食したわけではない。(この強化月間は個人的なもの。おわかりと思うが。)
今月だけで24種類34個のカレーパンを食した
パターン的にはやはりオーソドックスな揚げパンの中にカレーが入ってるタイプが多かったが、
そうじゃないものもあり、色々と楽しめた。
今月最後と思われるカレーパンは、某コンビニのもの。

モッチカレーパン1
あ、このパッケージ見たら、わかる人はわかるね。(笑)

モッチカレーパン2
とんがったところから食していくと食しやすい気がした。

モッチカレーパン3
モッチカレーパンというんだけど、中に餅は入ってなかったと思う。
もっちりしてる、っていう意味なんだろう。

トマトとチキンのカレーパン1
トマトとチキンのカレーパン

トマトとチキンのカレーパン2
よく見ると注意書きがある。
辛いらしい。
しかし、こういうタイプで本当に辛いのに当たったことはない。(笑)

トマトとチキンのカレーパン3
丸くて、中の味がパンに染みてる感じだ。
一口食べてそれを実感。
なんだかこういう美味しさって面白い。

トマトとチキンのカレーパン4
予想通り全然辛くなかった。
が、一般の人には辛いのかな?

たまたま今月はスタートからカレーパン付いていたので、
その場にいって、あれば意識してカレーパンを求めてみた。
しかし、それは無理矢理というわけではなく、自然の成り行きとして考えていた。
たぶん、生まれてこの方最もカレーパンを食した月になっただろう。

2月の強化ものカレーうどんもそうだが、カレーパンもこれで終わりではない。
今後も食し続け、修行を続けるので、その通過点に過ぎない。
また、今後も楽しみだ。
(たいした総括じゃないな。笑)

I ate 24 kinds of curry pan. Total number was 34! It is my best. I’ ve got it.

ツアーの裏側?(トムソーヤ、街の小さなパン屋さん)

2009 年 3 月 29 日 日曜日

白糠浦幌ツアーでは、所々、街を散策したり、
途中でコンビニに寄って休憩したりしてる。

38号線沿いのセイコーマートでカレーパンを購入。
これは行きだったので、食さずに、後々のためにとっておいた。
しかし、当然ながら、修行で梯子の途中や後には
カレーパンといえど、とても食す気にはならず、後日になっている。

白糠の駅前の商店街を散策しているときに見つけたパン屋トムソーヤカレーパンとピロシキをゲット。
外観
国道と並行していて、一本中に入った商店街のハズレ、高架の下くらいにある。
結構地元の人が沢山来ているようだ。
中
カレーパンは普通に揚げたタイプ。
ピロシキと区別するためか、形はやや楕円。(ピロシキは円)
カレーパン1
これもこの時点では食さず。
そして、今日29日に食した。
カレーパン2
作りたてではないが、美味しく感じたので、作りたてだったら尚更美味しかったんだろうな。

外観
浦幌町では偶然知ったちいさな街のパン屋さんへ行った。
ピンクの幟が目立つのでわかりやすい。
本来の入口は住宅街側。大きな通りからも抜けられる。
下調べの時は全く知らず、このようにその場に行って現地の情報をゲットできることは少なくない。
そして、そういう時に予定を変更して簡単にいくことができるのも一人の強みだ。(強がり、かもしれない。)
浦幌町で推進してる?鹿肉を使ったメニューを出している。
ポスター
うらほろもみじ(鹿肉料理食べ歩きマップ)の6つのうちの一つ。
修行したかし和屋でもうらほろもみじのメニューがあり、
うらほろもみじのパンフレットでここのことを知った。
マスターが、看板面白い?と写真を撮っていることに気付いて話しかけてくれた。
鹿は浦幌と池田に多いと、後から来たお姉ちゃんも話に参加して教えてくれた。
もみじカレーパンが仏太の目にとまったものだった。
もみじカレーパン1
普通のカレーパンはないそうだ。
これは形が面白く、また味もよかった。
鹿肉の独特さは抜けてないので、苦手な人はダメかもしれないが、
カレーで臭みが軽減されているので、それほどでもないと思った。
あ、このもみじカレーパンも食したのは今日ね。
もみじカレーパン2
そんなわけで、今日は一般的な修行ではなく、カレーパンに特化した珍しい修行日となった。
今月は偶然から始まったが、カレーパンを本当に良く食している。
今まで生きてきた中で最もカレーパンを食した月となった。
(まだ、終わってないけど。笑)

I ate some curry pan for today’s meals. They were bought yesterday in Shiranuka and Urahoro.

トムソーヤ
白糠町東1条南2丁目
01547-2-3819
8:00-18:00
火曜定休

ちいさな街のパン屋さん
浦幌町住吉町
090-3899-9896

白糠浦幌ツアー(はまなす、かし和家、ムーミン)

2009 年 3 月 28 日 土曜日

うちの実家の街のそば屋にカレーそばありますよ。
そう教えてくれたのは、職場の美人Kさん。

まだ、そこは行ったことのない土地だった。
たぶん、通ったことはある。

6時半に起きた。
目覚ましの前に目が覚めた。
遠足前の子供のように寝れなかったわけではない。
仏太はいつでもどこでも寝るタイプの人間で、鼾がうるさいからかなり嫌がられる。(笑)

早く出発しても修行場が開いてない時間に行ってもしょうがない。
なので、程よいと思われる時間に出る。
ドライブは、寂しく一人で行く。
こういうときは、眠くならないようにしないとならない。

国道38号線を行く。
オービスを何度か見た。
制限速度を破るつもりはないが、注意はしないとな。
気が引き締まる思いだった。
ってことにしておこう。(笑)

幕別町でいくつか下見をした。
ムーミンというカレーハウスを見つけた。
森脇というそば屋さんは見つけることができなかった。
(このそば屋さんにはカレーそばがあるという情報がある。)

国道38号線沿いにドライブインを見つけた。
ポロモシリというところで「カレー」
八重洲というところで「ビーフカレー」の文字が見えた。
これらはそのうち行かないとな。

豊頃町は、まんぷく十勝(グルメ情報誌)で少し見ていたが、
その範囲でカレーはなさそうだったので、さらっと市街地を見ただけで終わった。
今回の目的地が違うので、本当にちょっと見ただけ。

浦幌到着。
今回の目的地の一つだ。
そして、冒頭のKさんが教えてくれたところだ。
ちょっと散策。
ある程度見つけた。
そば屋、かし和家を立て続けに見つけてさい先がいい。
JRの駅をちょっと見て、その前にあるコージーハウスにカツカレーがあることを発見。
写真を撮って、Kさんにメールでクイズ。
ここはどこでしょう?(笑)
ピノキオ1
下水口にピノキオが入ってる。へえ、と思っていたら、結構あった。
ピノキオ2
シャッターにも。
そして、写真は撮らなかったが、店の窓にも描かれてるところもあった。
ピノキオが結構使われてるのは何故だ?
Kさんに聞けばわかると思っていたが、知らなかったようだ。
次回、この町に来たときに聞いてみよう。(今回はKさんに期待して聞かなかった。笑)
まだ、修行場が空く時間ではなかったので、この時間帯は下見だけ。

更に東へ進む。

白糠に着いたのは出発してから2時間ちょっと。
寄り道たくさんしたからでもあるが、我ながら安全運転だ。(笑)
一度行きすぎてしまい、戻って道を聞いた。(笑)

看板
確かに、はまなすはわかりやすい。
なのに、なんで通り過ぎてしまったのだろう?寝てたか?(笑)
しかし、前情報の11時ではなく11時半からとなっていた。
慌ててもしょうがない。
予定通り行かないのも、ツアーの醍醐味だ。
それを楽しんでこそ、価値が上がるというものだ。
ということで、白糠の駅周辺を散策。
カレー関係のものを探していくつか見つかった。(笑)
タンタカタン
駅前のこの看板は、宣伝になってるよなあ。
鍛高譚が白糠のものだということをすっかり忘れていたのだが、
はっきりと思い出すことができた。(笑)

外観
はまなすはメニューが沢山。
その月のラッキーメニューがある。結構お得なようだ。メニュー多くて迷う。
マスターのブログをプリントしたものが置いてある。
暇つぶしになる。主にメニューについて書かれてる。

5種類マメのスープカレー1
注文時、ちょっとわがままを言った。
本来スペシャルメニューであるラムボールをトッピングとして他のカレーに入れることはできないか、と。
オーケーが出て、仏太が最近気に入ってる豆のカレーをベースにしてお願いした。
5種類豆のスープカレーラムボールをトッピング

5種類マメのスープカレー2
スープカレー極楽は仏太の辛さ2。ホールカルダモンが入っていた。
サイトでは極楽を食さないと次の段階に行けない、となっていて、
相当辛いんだな、と覚悟していた。
修行場のスタッフでスープカレー好きがいるということで、
それも知って尚更気を引き締めないと、と思ったのだった。(笑)
でも、辛さは全然問題なく、まだまだ行ける感じだった。次回はレベルアップしよう。
美味しい。豆はキドニービーン、ひよこ豆、レンズ豆?、グリーンピースあたりかな?
詳しくないので、詳しい方教えてくだチャイ。
キーマはラムの挽肉で、トウモロコシが一緒に入っていた。
満足した。
帰り際には満席になっていた。凄い。家族連れや団体が多いな。

当初、修行開始が遅れたので、浦幌の修行は、予定通りいかないだろうと思っていた。
しかし、はまなすで食し終わったときに、時間的に大丈夫だということがわかった。
このあたり、過密スケジュールながら、自分的に余裕のある予定を組むので、
途中でだいたい修正されることが多い。

速攻で浦幌へ。(笑)
Kさんの情報はそば屋にカレーそばがあるというものだった。
が、そば屋の名前は忘れた、と。(笑)
仏太が事前に調べた時には2件のそば屋があり、
どちらに、もしくはどちらにも、カレーそばがあるかわからなかった。
それならば・・・・・

どっちにも行くでしょ!!!(笑)
そば屋っていう名前のそば屋さん。
そばは細くてコシがある。
500円メニューというのがあり、その中に宝永の餃子がある!!!
(宝永の餃子は音更なんだよ!)
カレーそばはなく、ネバネバ系のそばにした。

外観
もう一つはかし和家
創業70年を超える老舗。緑色の更科そばはクロレラの色らしい。
前情報はそのくらい。

看板
この駅前通の商店街はみんな共通してこのような看板をつけてる。
統一感があって、かっこいい。
ピノキオも恐らくその一貫なのだろう。

入口
こののれんの字は色々なそば屋で見るけど、相変わらず読めない。(笑)
誰か知ってる人いる?
月曜日から金曜日の14時から16時は2割引になる。
全体の造りが和という感じで、店内には琴の音楽が流れる。
車はすぐ目の前に路駐しておいたが、聞いた方がいいのかもしれない。

きのこカレー南蛮1
Kさんが教えてくれたカレーそばはこちらだった。
きのこカレー南ばんはゆるいルーがかかってる。

きのこカレー南蛮2
キノコはシメジとエノキなど数種類。
仏太の辛さ0。卓上の一味をかけてもたいして辛くならず、そういう美味しさなのだろう。
ひどくくどい甘さではないので、食し終わったら、水をがぶがぶ飲むというほどではない。
が、ティッシュがなくて鼻水に困った。(笑)

きのこカレー南蛮3
そばは緑色。茶そばとは違う感じのなめらかな緑色。前情報通りだ。
コシがあって美味しい細麺。

他に普通のカレー南ばんもあり、また、うらほろもみじ(鹿肉)を使ったカレーもあった。
それはメニューの近くにあったパンフレットで初めて知ったので、
既に注文した後だった。
そして、うらほろもみじを使ったものが全部で6つあり、
なんとなく、それを制覇したい気になった。(笑)
いや、今日は無理。(笑)
一つ、もみじカレーパンというのが、買って行けそうだと思い、
こういうときは即行動。

ちいさな街のパン屋さんという、そのまんまやん!っていうところで買える。
外観はそんなに小さくないが、店の中はこぢんまりとやっている。
形も今まで見たカレーパンとは違うもので面白い。
試しに一つ買ってみた。
しかし、今日は食せないな・・・。

山菜工房で、漬け物を買ったのだが、
最近自炊してない仏太はちょっと迷ったが、
これをきっかけにまた料理熱を呼び戻そう。

帰りながら、幕別に寄る。
本当は森脇というそば屋でカレーそばがあるという情報があり、
探したのだが、見つけられなかった。
アホかもしれない。(笑)

で、誰からの情報だったか忘れたが、ムーミンというカレーハウスがあると聞き、
今朝下見で見つけていたところへ恐る恐る向かった。
外観
最初行ったとき、間違って図書館の方に行ってしまったが、実際は90度方向が違っていた。
でも、もう間違えない。
国道38号線から曲がってきたら、その道沿いにある。

ムーミンという名前から想像されるのは、もうこれしかない。
看板
ムーミンだ。(笑)
中
中にもムーミンがいた。
古いカメラや鉄道の模型などがあり、ちょっとした趣味の世界も展開されているようだ。

おばちゃんが一人でやっているこぢんまりとした修行場。
一見、カウンター席だけだと思ったら、奥はカウンター状だが座るところが畳という斬新なスタイル。
お子さん連れとかにはいいのかもしれない。
数種類のカレーライスの他にラーメンもある。

チキンカレー1
チキンカレーは普通のルーだが、お袋の味、的な美味しさがあり、
辛さはないけど、このくらいがほんわかとしていいのだろう。

チキンカレー2
ムネ肉がほぐされて入っていて、なるほどこういうのもありだな、と思った。
ただ、これはスープカレーではやりにくいな。

らっきょと福神漬け
添え物としてらっきょ福神漬けがあったが、仏太はらっきょのみを選択。
入れ物の国旗は、どちらもあまり好きではない国だというのも手伝ったか?
とくに福神漬けの方のは最低に近いくらいの国だと思っている。
ま、個人的な意見なのだけど。

流石に、お腹がきつく、我ながらよく4食も梯子したものだと感心しながら、休憩した。
もっとも、麺類が入ると梯子はしやすくなるから、カレーばかり4食とは違うのだけど。
相変わらず、バカやってます。すんません。

当然のように夕食は食べず、そのままだらだらと過ごしたのだった。
また、白糠も浦幌も幕別も行きたいな。

I went to Hamanasu, a restaurant in Shiranuka, Kashiwaya, a soba shop in Urahoro, and Moomin, a curry shop in Makubetsu. I ate soupcurry at Hamanasu, mashroom curry soba at Kashiwaya, and chicken curry rice at Moomin. All were good for me. I want to go there again in a near future.

はまなす
白糠町東2条南2丁目1-26
01547-2-2188
http://hamanasu1990.web.fc2.com/
11:00-14:30, 17:00-21:00 (LO20:30)
水曜定休

かし和家
浦幌町本町73
015-576-2438
11:00-19:00 (日-14:00)
無休

ムーミン
幕別町宝町73
0155-54-6363
11:30-20:00
月曜定休

スープカレー修行場でスープカレーではないもの(シャンバラ天竺)

2009 年 3 月 27 日 金曜日

カレー修行場でレギュラーメニュー以外に、期間限定のメニューが出ることがある。
それをールーチン化して、修行者を引き入れようということもあるだろうが、
季節のものというのがあり、それをうまく具に取り入れたりすることで
また美味しいカレーを提供してくれていたりもする。

また、サイドメニューというものもあり、
それは飲み物だったり、サラダだったり、スイーツだったり色々ある。

マンスリーのメニューはすなわち月替わりメニューで、
アイディアがないと結構大変だと思う。
毎月毎月違うものを考えるのは大変だと思う。

今月のマンスリーをこのブログに載せてから、
職場の人数人からそのうち食しに行きたいという話を何度か聞いていた。
09年3月3日の日記参照。)
09年3月18日の日記参照。)

仏太は送別会で仕事で忙しく中々その後来れないでいたのと
違うメニューも食したかったので、久しぶりにやってきた。
外観
シャンバラ天竺はスープカレー屋なのに、他のメニューも美味しい。
いや、「なのに」は失礼だろう。
結構行ってるのに、まだ全メニューを制覇してないのは
お気に入りのものを何度も頼んでしまったり、
マンスリーに心を奪われてしまったり、と理由はいくつかある。

キーマカリー1
仏太が気に入ってるメニューの一つはこの道産豚とひよこ豆のキーマカリー
正直最初は敬遠していたのだが、キーマ、豆というあたりが仏太の心を刺激した。
親自虐親父ギャグ的に言うなら、刺激ーマカリーってとこだ!(苦笑)

キーマカリー2
多分、最初にこのメニューを食したのは昨年の6月末、
十勝に移り住んですぐだったと思う。
08年6月30日の日記参照。)

インド風のカレーは、スープカレーを出す修行場では珍しい。
だからというわけではないが、スープカレー修行場に行くとなったら、
スープカレーを食すという頭で行くから、他のカレーはあまり頼むことはない。
が、何回か行っていてメニューを見ていてると、やはり気になっていた。
豆はガルバンゾー、挽肉は豚。
2月のマンスリーでは豚の代わりにラムでやってくれたのも、ラム好きとしては嬉しかった。

スープカレーが苦手な人を誘うときは、違うカレーもあるよ、と誘うこともできる。

食し終わって帰ると、同じ職場の人からメールが来た。
今、念願の春キャベツとベーコンのスープカリーを食してると!!!
おお!その人がいの一番にマンスリーの話に食いついてきた人だった。
あれから3週間・・・(笑)
マンスリーだから終わっちゃうよ!!!(笑)
更に、チャイが美味しかったと。
自分で作りたい、とも。
カレーももちろんだけど、サイドメニューや、メインじゃないメニューにも目を向けてみるのも面白いかも。
すっかりその人もカレー部の部員だ。

I went to Shambhara Tenjiku to eat dinner. I choiced pork and garbanzo keema curry. It is not soupcurry but good.

シャンバラ天竺
音更町木野西通12丁目1-4
0155-30-6617
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=16tenjiku
11:30-14:30LO, 17:30-21:30LO
水曜、第3木曜休み