富良野(きち)

富良野
いいところだ。
一言でそれで終わらせてしまうと身も蓋もない。
しかも、なんだかあっさりしすぎて、社交辞令感満載だ。笑
良い所だ。
漢字にしたからなんだと言われたら、
なんとも答えられない。
って、更に身も蓋もないや〜〜ん!

富良野は、我々世代は、北の国からってイメージが強いんだけど、
下の世代、特に30歳より下の人達はどう思っているのだろう?
テレビドラマとしてやっていたのは相当前だが、
その後も特番で、ずーーーーっとやっていて、
確か、遺言で本当に大団円だったはず。
(正直、後半見てないのもあって、大きなことは言えない。)

あとはラベンダーっていう観光的に有名な部分。
実はこれ、中富良野あたりの方が有名だったりする。
と思っているのは仏太だけ?(自信がない)笑

中富良野町は富良野市に隣接して北にある。
有名なラベンダー畑がある。
(まじで名前ど忘れ)
他に上富良野町ってのが更に北にある。
富良野市の南には、そのまんまの南富良野町ってのもある。
だから、富良野ってつく市町村は4つが南北に連なっている。

もういっそのこと、合併して大富良野市ってしちゃえばいいのに。
え?そんな簡単にはいかない?
じゃあ、新富良野市は?
え?名前の問題じゃない?
富良野市はオムカレー、南富良野町はなんぷエゾカツカレーがあるけど、
中富良野町、上富良野町は名物カレーがない?
え?カレーの問題じゃない?
うーん、難しいなあ。
だから、みんな選挙に行かないんじゃないの?
(おいおい、全然違うし、話が全く違う方向にずれてる!)笑

こんなわけだから、富良野って言い所だ。
おい、漢字自体間違っているし!

もとい。
こんなわけだから、富良野って良い所だと思う。
(ってか、どんなわけだよ!?)

日帰りツアーシリーズ。
ってなわけで、今回は富良野にカレーを食しに行く。
簡単に言うと、日帰り富良野カレーツアー!!!!
(そのまんまやん!)

きちに行った。
今回は本当にここだけが目的。
十勝から富良野へ向かう。
早く着きたいので高速を使ってトマムで降りる。
それから右に曲がって(北に向かって)進路を取る。
国道38号線で狩勝峠を越えるのもいいのだが、
なるべく早く、一直線にきちに行きたかったのだ。
今回はそれだけが目的だ。

高速を降りてから、自然がいっぱいの道を進む。
ナビを見ていると、実は線路と並行に走ったり、
時には交差したりする。
途中から、現在使われてない路線の横を通ることになる。
そのうちに国道38号前にぶち当たり、そこから左に曲がると、
南富良野町の市街地に近づく。
落合という地域があり、駅がある。
数年前の大水害で現在この路線は使われてない。
被害の甚大さなどを思い知る。

あ、神様から司令が!
そこを右に曲がりなさい!
そして、曲がったら、橋を渡らずに左に曲がりなさい。
道なりに真っすぐ進んだら、突き当りで車を停めて下りなさい。

あ、Fortune Bagels
え?
本当は真っ直ぐにきちに向かっているはずなのに。
神の啓示には逆らえない!
OPENって書いてある!
うわ!吸い込まれる!
ああ、ベーグルがもう数少ない。
他のお客さんはいない。
全部買いなさいという更なる神の御加護が!
(おいおい!)笑

ふー、神様に言われたらしょうがない。
だから、それを抜きで、真っ直ぐにきちに向かった。

あら?
修行開始時刻の1時間ほど前に着いちゃった。
うーむ。

これは真っ直ぐ行っても開いてないのでしょうがない。
ならば、エクストラということで、フラノマルシェで買い物。
まだ、時間はあるので、ちょっと駅の近くへ。
天上天下なパンを見ようと思ったら、閉まっていた。
隣のカレーの方は大盛況で駐車場が溢れかえっている。
あらら〜。
って、名前を隠すことはなく、唯我独尊という
富良野のカレー修行場で最も有名と思われる所だ。
まあ、カレー修行者でここを知らなければ、
モグリか素潜りかと言われるくらいだ。
ってなわけで、富良野観光をしてしまった。

外観1
それから、ついにきちに行った。
が、まだ修行開始時刻の10分ほど前だった。
3回目にして3度目の列並び。
しかし、今までの2回と大きく違うのは、
自分の前に人がいないということ。
すなわち3度目にして、遂に首席となったのだ。
(なんか表現違う・・・笑)
ふふふ、勝った!(おいおい!)

待っている間に、可愛い女性がメニューを持ってきて、
もうちょっと待って下さいね、と声をかけてくれた。
ありがたい、待っている間に注文を考えることができる。
迷いながらも、過去2回の修行を復習していたので、
比較的簡単に決めることができた。
19年6月9日の日記「記憶の鍵 〜偶然で久しぶりの再会(きち)」
20年9月27日の日記「アイヌコタンとカムイミンタラ(きち)」参照。)
外観2
アートを眺めてほのぼのする余裕さえあった。

時間となり、遂にきちに足を踏み入れた。
おそらく連続テレビドラマなら、
ここでCMに入るか、来週のサザエさんは、状態となっていただろう。

しかし、このブログはやたらダラダラと長いのが特長。
(おい、特長かよ!特徴だろうが!)
終わらずにまだまだ続く。笑

マスターにご挨拶したら、ちょっとびっくりしつつ、
この前カレー気分行ってましたよね。
今旅行中ですか?

的に聞かれてしまった。
実は札幌も富良野も日帰りということを伝えたら、笑ってくれた。
苦笑いとか嘲笑ではなかったと思う。笑

マスターはカレー気分で修行していたことがある。
ってのは前にこのブログでも書いたと思う。
19年6月9日の日記「記憶の鍵 〜偶然で久しぶりの再会(きち)」参照。)
だから、この前カレー気分に行った時に、
きちに行くことを思いついた、というわけではないのだ、実は。

今回、結構突発的に決めた。
尊敬する御大が富良野方面に行ったって話を聞いたので、
それにあやかって佐々木彩夏で決めた。
道の駅巡礼@南富良野&日高/美味しいベーグルを食べながら(山茶花六十郎が行く)参照。)

一番最初の修行者となれたので、
好きな席に座ってよいという特権を得た。
並んでいた時に決めていた注文を伝える。
これで今日のミッションは半分以上は終了だ。
あとは待つだけ。
もうどのくらい待ってもいい。笑
何せ今日のメインはきちなのだから。

スリランカカレー1
今回はほぼ頼むものを決めていた。
あとはトッピングをどうするか、辛さをどうするかだけくらいだった。
まあ、当然、メニューを見て変更するということはありうるが。
が、初志貫徹。
スリランカカレーに色々トッピングした。
今まできちに来てスープカレーは食したことがあったが、
19年6月9日の日記「記憶の鍵 〜偶然で久しぶりの再会(きち)」
20年9月27日の日記「アイヌコタンとカムイミンタラ(きち)」参照。)
スリランカカレーは食したことがなく、
そのうち必ず食したいと思っていたのだ。
今日、その夢がかなった。

スリランカカレー2
スリランカカレーに仏太が選んだトッピングは全部で4つ。笑
辛さをメニューで見た時、あ、もしかして、
スープカレーと設定が違う?と思ったら案の定そうだった。
問い合わせてよかった。
今回は5番の天国にしたが、それはスープカレーだと8〜10くらいだと。
天国という言葉がポイントだった。
前にも食した記憶があり、スープカレーの天国は8番だったのだ。
20年9月27日の日記「アイヌコタンとカムイミンタラ(きち)」参照。)
今回スリランカカレーでは天国は5番。
あれ?と思ってメニューを見直すと、同じ天国でも
スリランカカレーとスープカレーだと違うナンバーだと気づいた。
聞いてよかった。
好みの辛さだった。

スリランカカレー3
素敵なカレーが少し顔を出している。
というのもトッピング類が沢山で鮮やかなので
カレーが見えにくくなっているのだ。
しかし、これはスリランカカレーだ。笑

スリランカカレー4
ニラスパイシーピクルスは期間限定のトッピング。
これだけでも食べられるし、これとご飯だけってのもありだなあ。
が、カレーと組み合わせることで、更にお互いを引き立て合う。
カレーは本当に色々なコラボが可能だ。

スリランカカレー5
富良野野菜がふんだんに使われている。
普段十勝にいると地元の野菜が当たり前と思いがちだ。
実は富良野やその周辺も色々な野菜の産地となっていて、
きちではそういうのをしっかりと丁寧に使っている。

スリランカカレー6
玉ねぎのアチャール、大好き。
ってか、なんでも大好きなんだけどね。笑
パプリカも細かく刻まれていい感じだ。

スリランカカレー7
あ、トッピングの一つはトマトのアチャールで、これは別皿で来た。
元々そういう提供の仕方なのか、仏太のトッピングオーダーが多すぎるのか
それはあえて追求しなかった。笑

スリランカカレー8
玉子は半熟の目玉焼き
ああ、幸せ。
そこを堺にカレーが2種類。
それ最初気づいてなかった。苦笑
色々な変化を楽しめる。

スリランカカレー9
パパドという豆の煎餅はそのままパリッといただくのも良いが
握るように崩してふりかけのようにライスにかけていただくのも良い。
全体に色合いもいいし、崩すのはなんとなく気が引けるかもしれないが、
スリランカカレーの醍醐味は混ぜ混ぜだ。
最初からライスが見えにくかったが、パパドをふりかけることで更に混沌とした。
いいねえ。
ガツガツといただいた。
混ぜ混ぜといただいた。

コーヒー
もの凄いベストタイミングでコーヒーが運ばれてきた。
え?と一瞬言葉を失いかけたくらいだ。
「ありがとうございます!」の後に、
「あまりにもタイミングが良すぎてびっくりしました」
とお礼を伝えた。
まさに食し終わって1分経たないうちに出てきたのだ。
感動しながら飲んだ食後のコーヒーは美味しくないわけがない。
素敵なホスピタリティー美味しいカレーも思い返して、満足な気分にひたった。

I went to Furano with my wife on day trip by car. Our purpose was Kichi, a curry shop in Furano. I think it is the best curry shop in Furano and around. I ate Sri Lanka Curry and my wife ate Nira Keema Age Soupcurry. I ordered toppings on the curry which was sunny side up, papad, tomato and nira. My wife ordered sunny side up as a topping. My hotness was No.5 named Tengoku means heaven. It was just my favorite hotness. The curry was so good. We were so satisfied with our curries. Thank you very much.

きち
富良野市幸町9-29
0167-56-7366
https://www.facebook.com/%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%81%8D%E3%81%A1-121461318518834/
11:30-14:30, 17:00-19:30LO(月曜、金曜、日曜はランチライムのみ)
土曜、第1,3金曜定休

タグ: , ,

コメントをどうぞ