マンスリー1(SONTOKU、ぱすた・パスタ、帯広白樺通りスープカレー本舗)

ネットが盛んになり、ブログが沢山ありすぎる状態だと思う。
日々の生活のことを書く日記タイプのものもあれば、
自分の興味あることを徹底的に掘り下げて書いているものもある。
グルメ評論家気取りで食のことを書いているものもある。
いや、実際にグルメ評論家やグルメライターもいるのだろう。

自分もそうなろうとしていた時期があったし
今でもそういうような文章を書いちゃう時があるが、
自分で上手にできているわけじゃないと思っている。
また、あまりに同じようなブログが氾濫しすぎて、
天の邪鬼、ひねくれ者、アウトローな自分としては、
自分のスタイルを築きたくなった。
読み物的なものを目指している、
というか、自分としては形は出来上がっている。
プロではないので、文章が稚拙でも、言い訳になる。笑

要するに、それで金を稼いで食っていこうと思っているわけじゃないってこと。
書いて公開しているのだから、見ていただけたら嬉しいというのは当然あり、
アクセス数なども気になるのは間違いない。
あまり数ばかり気にしていてもしょうがないとも思うのだけど。

アウトローって法律に外れたとかって意味か。
今気づいた。笑
野球のインハイとかの逆かと思った。
外側低め。苦笑
外側にあるから、社会と外れている、
アウトローみたいに考えていた。笑
out lowとout lawか。

文句、批判を書いているブログも見る。
しかし、それは一方的な話だし、本来あまり良いことではないような気がする。
もし、グルメライターが飲食関係のことにそういう発言があるのだったら、
ちょっと考えものじゃないかと思う。
実際のプロは「美味しい」「まずい」とはっきりいうことは少ないと思われる。
ってかないんじゃないか。
考えると、その雑誌を見て、「美味しい」って書いてあったとしたら、
それを見たから行って、不味かったとか文句が出るかもしれない。
ヘタするとそういう抗議をされかねない。
言葉は結構大変だ。
だから、プロは他の表現で如何に「美味しそうに」書くかが決め手だろう。
「不味そうに」書いたら、今度は店側から抗議を受けるだろう。

グルメライターや食関係の仕事に就いている人が
そう言われるのを嫌がったり、FBで文句などを書いちゃったり
ってのを見ることがある。
FBって仕事で使っている人もいれば、完全にプライベートに限っている人もいる。
でも、多くはあまり区別してなかったりする。
ってことは、仕事関係の人も見る可能性があるところで、
仕事内容、もしくは仕事関連のことについて書くことは、
危険を伴う可能性もあるのだから、細心の注意が必要なことは言うまでもない。
マンスリーや限定などの宣伝をせず、最終日とかに行ってそれを書くというのも見る。
見ている人は、終わったのはわかるけど、
限定ならもっと早く知りたかったってなりそうなものだよなあ。

まあ、仏太は文句を多々言うつもりはないけど、
一生懸命限定ものを宣伝するつもりもない。
(毎度やっているほどの情報収集能力がないのだ。)
仕事にしてしまって、やれば、もしかしたらできるのかもしれないが、
やっぱりその自信はないし、カレーを楽しむことができなくなりそうで嫌だ。笑

外観
SONTOKUに行く。
時々短期間限定で出る限定カレーが
かなり興味をそそるものがあって行きたいのだが、
突発的に出て、期間も短いのでなかなか行けないでいる。

マンスリーカレー1
炙りチーズにら玉と納豆チキンのスープカレー
スタミナスープチョイHi辛でいただいた。
ライスSの半分。
今月のマンスリーカレーだ。

マンスリーカレー2
にら玉の上にチーズが乗っている。
これだけ見たら、にら玉丼と言われてもわからない。
チーズがやや焦げていて、炙られているのはわかる。

マンスリーカレー3
ちょっとにら玉をひっくり返すと
そこにはチキンと納豆、そして、他にも野菜根菜が入っていた。
うん、これ宝探しみたいだね。

幼稚園か小学生の時を思い出した。
男子数人と女子1人で宝探しをしたのだ。
隠すのは女子の役目。
で、男子が頑張って探すのだが、
女子は決まって1人の男子(仮にA君としよう)にヒントを出す。
A君はそのたびに、猛ダッシュして、宝をゲット。
それが何回か繰り返されると、B君以下他の男子は面白くない。
たぶん、その女子はA君に惚れていたのだと思うが、
仏太、いや、B君はそんなにその女子に好きという感情はなかった。
単に、えこひいきが嫌だった。
嫉妬していたわけではないはずだ。笑

外観
夜には淡い?苦い?想い出は忘れていた。
ぱすた・パスタへ行くのは2回目。
時間ギリギリだったので申し訳なかったが、
快く迎え入れてくれたマスターに感謝。

マンスリーパスタ1
ここは一人前が結構な量がある。
それから、今月のパスタというのがある。
今月は十勝鶏と香味野菜のカレーソースだ。
カレーと聞けば、それは捨て置けない。笑

マンスリーパスタ2
皿が大きいので、普通に見えてしまうが、
しっかり量はあって、麺だけで300gとのこと。
カレーソースはこのくらいがちょうどいい量だろう。

マンスリーパスタ3
麺も好みの硬さになっている。
偶然だろうが、自分の好みだと嬉しいものだ。
マスターが顔色を見て判断してくれたのかもしれない。
こいつ固めが好みだな、と。笑
チキンや野菜がたっぷり入っていて
かつソースの量が過不足なく非常に嬉しかった。
カレーじゃない普通のパスタも試してみないと。

外観
今回のマンスリーシリーズ第1弾の最後は
帯広白樺通りスープカレー本舗
自転車が結構あるってことは、高校生かそれ以下が友達と来てるってことか。
なんだか若い世代もスープカレーに馴染んでくれると嬉しいなあ。
勿論、若い人たちだけじゃなく、老若男女広く広まってほしい。

マンスリーカレー1
マンスリー狙いなので、注文は決まっている。笑
十勝産野菜と梅ささみのスープカレー
あっさりサラ旨スープ8マジ辛でいただいた。
ライス小は今回ライスオントッピングなし。

マンスリーカレー2
ささみは中に長芋が入っていて、
柔らかいささみの次にシャキッとした心地良い感触がつづく。

マンスリーカレー3
は大葉と一緒に別皿になっていて、
そのままいただくもよし、ライスと一緒もよし、
スープに入れてもよし、ささみと一緒にいただいてもいい。
色々な使い道がある。
これをじーっと見て、口が酸っぱくなってから、
カレーを食すってのだってありだろう。
食し方は人それぞれ自由なんだから。笑

マンスリーカレー4
アスパラはいい時期だよね。
カレーに入れても美味しい。

仏太が調べた限り、あと2つはマンスリーカレーを扱っているところがあるので、
そのうちマンスリーシリーズ第2弾ができればいいなあ。

さて、明日のラジオではカレーの話をするけど、マンスリーカレーの話をしようっと!

I went to SONTOKU to eat lunch. I ate good soupcurry there. Monthly curry was like a jack-in-the box or a treasure box. Egg covered soupcurry. I took it off I could see chicken, natto and vegetables. It was a good idea. Of course the soupcurry was so good. In the evening I went to Pasta Pasta. I ate curry pasta used Tokachi chicken and vegetables. It was also good. I like it, too. Then I ate dinner at Obihiro Shirakaba Dori Soupcurry Honpo. This time also I ordered a monthly soupcurry. It had chicken, too. I was so satisfied with limited curries.

SONTOKU
帯広市西16条南5丁目
0155-35-9722
http://www.mytokachi.jp/sontoku/
11:00-15:00 (LO14:30), 17:30-21:30 (LO21:00)
不定休
参考:乙華麗様です!第9回

ぱすた・パスタ
帯広市西21条南4丁目 土・日肉のびっくり市内
0155-35-7929
11:30-15:00, 17:00-20:00
火曜定休

帯広白樺通りスープカレー本舗
帯広市西12条南9丁目10-3
0155-67-0630
http://www.shirakabadori.com/
11:00-22:00 (LO21:30)
無休

参考サイト
FM WING
仏太とRYOの食KING食QUEEN十勝

タグ: , , , , , , , , , ,

コメントをどうぞ