シベスコ

ポークカレー1
職員食堂でランチにポークカレーをいただく。
サラダには茹玉子が入っていた。
バナナを入れる皿が見つからなかった。
まあ、それは大きな問題ではない。
そして、今回新しく導入するシベスコ

ポークカレー2
ポークカレーの具は本日特に目立つ気がした。
結構ふんだんに入っているからだろうか。
今まで気づいてなかったからだろうか。
写真の問題か?笑
いずれにしても食していてポークも口の中でゴロゴロしていた。

ポークカレー3
そしてシベスコをかけると、
一瞬デスソースをたっぷりかけたような
ある意味恐ろしいヴィジュアルとなった。
しかし、このシベスコ全然辛くない。
いや、辛いのだろうが、味わいがあって、
無茶苦茶辛いわけではない。
色から想像する、ある意味暴君的な辛さではない。

士幌の高校生が企業とコラボして作り出したものの一つだ。
シベスコって名前からしびれて辛いで激辛と思っていた仏太だが、
実は原材料にシーベリーが使われていると知り、
ああそこから来ている名前なんだと妙に納得した。

これはこの前、上士幌・士幌に行った時、帰り際、
士幌の道の駅で買ったものだった。
21年4月18日の日記「中村とにじいろ、上士幌と士幌(中村屋、にじいろ食堂)」参照。)
いいものを見つけた。

参考サイト
シベスコ~怒りのシーベリー~(十勝の食卓)

タグ: , , ,

コメントをどうぞ