大麻(Suage2、MONKEY MAGIC、麺こいや、パンチ)

注:今回の日記(ブログ)は長い。笑

昨日、宣言していた通り
15年3月13日の日記「多忙」参照。)
本日は、今月随一の楽しみの日
唯一ではなく随一。笑

色々な事情で、完全な連休はこの土日だけ。
他は半日か全日の仕事が入っている。
で、ここだけは外したくないと思ったのが今日3月14日。
ホワイトデー?
いいいや、それはちょっと前にお返しはした。

ももいろクローバーZが映画の舞台挨拶で全国行脚していて、
本日3月14日に江別、札幌に来るという。
映画のタイトルは「幕が上がる」といって、
高校演劇を題材にした映画だ。
前日3月13日は北見、釧路に行っていたのだが、
残念ながら、仏太は仕事で行けなかった。
これは前もってわかっていた。
そう、最初から江別か札幌の選択肢しかなかったのだ。
が、かなりの倍率、競争率だったと思う。
外れた。笑

まあ、当たる人がいれば、外れる人もいる。
しょうがないのだ。
当たった人は楽しんでくれればいいし、
そうじゃない自分は違う形で楽しみを見つける。笑

どちらにしても、映画は見たいと思っていた。
ももいろクローバーZが主演ということもあるのだが、
それを抜きにしても楽しめる映画だという前評判。
まあ、モノノフとしては、ももいろクローバーZを見るためにも
映画自体は必ず観ると決めていた。
(結局そこか。笑)
あ、モノノフってももいろクローバーZのファンのことね。

が、上映場所が、遠い!
帯広ではやってくれないのだ。
ならば、釧路か札幌だよなあ、と考えつつ、
前売り券は購入していた。
舞台挨拶が当たっていたら、それはチケットが別。
なので、その場合2回観るつもりだった。笑

そこへ、更なる情報が入ってきた。
その映画を作っている時の、
メイキング的な、実録映画もやるという。
幕が上がる、その前に」ってタイトル。
しかも、それは北海道は江別だけの上映と。
じゃ、決まり、休みが1日しかないから、
同じ日に続けて映画を観ちゃう!
ってことで、江別で映画を堪能するって決めた。
最初から舞台挨拶全国行脚に行こうと思って取っていた休みの日、
そうそれが今月の特別な日3月14日だ。

同じ部署にいるのに、自分だけ2月14日にもらえず
拗ねているとかそういう特別な日ではない。笑
2月14日は何ももらえなかったから、
3月14日は全然関係ないことをするとかそういうことでもない。
とりあえず、無駄に意地を張ってみる。笑

北見、釧路で当日券が出たという話があり、
江別も期待していたが、
残念ながら、流石札幌の隣、全然空きはなく、
当日券がないことはサイトに既に出ていた。
ちょっと期待していたが、しょうがない。

ポスター3
それでもとりあえず朝早くに行ってしまう。
まあ、映画自体の席を取るためでもあったし、
雰囲気だけでもと思ったり、
まあ、とにかくなかなか行けないところなので、
自分なりに楽しもうと。笑
で、失敗したのは、朝早く行ったんだったら、
グッズ買えばよかったのに、すっかり忘れていた。
映画を観るのは午後からだったので、
その時でいいやとのほほんとしていたら、
パンフ以外で欲しいものが売り切れていた。苦笑

映画は15時過ぎと19時過ぎの席を取ったので、
一緒に見るモノノフ友達に連絡を入れて
(その友達は午前中仕事)
あとは修行することにした。

折角だから江別で行ける所と調べたのだが、
江別市大麻に2軒スープカレーを食せるところがあることがわかった。
もう1つは野幌にある。
上手くやればはしごして・・・・・笑
いやいや、最近3軒はやったことないからムリだろう。
とりあえず、今朝朝食食べてないから、朝食代わりに行こう。

外観
国道12号線沿いにSuage2という修行場がある。
札幌の街中すすきのに本店があり、
以前いただいたことがあるが、
調べたら、もう5年前だった。
09年1月11日の日記「連続カレー談義(すあげプラス)」参照。)
札幌を離れて6年半以上経ってしまったので、
行けてないところが沢山ある。
今回、1人で行ったのでカウンター席に案内された。
テーブル席もあり結構広い。

アスパラベーコンカレー1
おすすめカレー(限定カレー)の
道産お豆入りアスパラとコロコロベーコンのカレーにした。
物凄く早く出てきてびっくりした。
写真の時間を見たらだいたい4分位で出てきている。
(外観写真を撮っているので、だいたいわかる)

アスパラベーコンカレー2
サイコロ切りのベーコンもたっぷり。
初めて入ったところはラム(羊)のカレー、
なければポークというのがマイルールなのだが、
今回はルールを気にすることなくこれを選んだ。

アスパラベーコンカレー3
ベーコンも好きだし、アスパラも好きだからという
単純な理由だったのだが、
なんとなく特別な日で特別な感覚を抱いていたから。
(これが後から、なんとなくってのが・・・・・と思うことになる。笑)
串に刺した野菜を素揚げしているのがここの大きな特徴。
スープも飲んだ時に、ああ、Suageのスープだ!と思い出した。
満足。

お腹も程よいし、予定通りはしごしよう。
後でこのはしご、しっかり順番を考えるべきだった、と
かなり後悔することになる。笑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大麻は「おおあさ」と読む。
たいまではない。
いや、たいまって読むんだけど、地名はおおあさ。
小学生の時に新聞を読んでいて、
「◯◯(芸能人)、大麻で捕まる」って書かれたのを
「お母さん、◯◯って大麻(おおあさ)に来ていたんだね!」
って報告した(気になっていた)ら、
「ああ、それはね、大麻(たいま)っていって・・・」
と説明してもらった覚えがある。

さっき修行したSuage2はJR大麻駅の南側になる。
大学や高校がたくさんあり、地名もそのまま大麻文京だ。
(細かいのは省略。笑)
比較的新しい。
道立図書館を横に見ながら、アンダーパスを通り抜けると、
北側に出ていく。
こちらの方が住宅街としては古い。
いわゆる札幌のベッドタウンとして形成されたところだ。

懐かしい風景が広がる。
子供の頃暮らしたところだ。
何年ぶりだろう。
次の修行場があるところは住所だけで予想出来ていたし、
ネットで調べて、だいたいの見当はついていた。
やはりすぐに見つかった。

景色1
商店街が東町ニュープラザという名前だということはわかってなかった。
ここは銀座商店街だと思っていたのだ。
子供の頃は賑わっていたのが今ではとても閑散としている。
とても広いところだと思っていたが、
あっという間に歩ききってしまった。
ノートや鉛筆、小学◯年生という雑誌などを買った文房具屋がなくなっていた。
幼稚園の頃にアイスクリームを買食いして怒られたマーケットも違うものになっていた。
あ、バイトした新聞屋がまだある。笑
薬局は開いていた。
パチンコ屋は潰れたのだろうか。

景色2
更に歩を進めて、別の商店街へ。
ああ、こちらが銀座商店街だ。
残念ながら、かつての賑わいは、少なくとも今日は感じられない。
ざぎんには程遠い。
みんなが集まってゲームしたり、プラモを買ったりした所、
金太郎って言ったっけな。
あら、こちらもあっという間に通り抜けてしまった。
思い出せないところもあるが、
青果店、薬局、ふとん屋、お菓子屋・・・・・
懐かしいところも沢山。

お菓子
ああ、お土産になるな。
今日、これから会う友達へのお土産とともに
自分へのお土産としても買っていこう。
大麻万歳って知らない人が見たらやばいけど、
こういうセンス好きだなあ。笑
あ、宝来軒ってのがお店の名前ね。

外観
散歩して腹もこなれた(はずの)頃、
最近できたと情報の入ったMONKEY MAGICへ行く。
東町ニュープラザの外向きにある。
ああ、思い出した。
横に珠算塾のドアがある。
そうか、その1階なんだ。
中に入ると、造りやスタッフのお兄さん2人の出で立ちが
なんとなくラーメン屋風。笑
しっかりスパイシーな香りがプンプン。
年配の方々が数人いる
へえ、こういうのスープカレー好きとしては嬉しいな。

ポーク角煮1
ポーク角煮にした。
はしごする時、好きな辛さを続けると、胃腸関係がやばくなることを学んでいるので、
辛さを控えめにして、今回は8番の辛口を選択。
調度良かった。
ライスは小。
ハシゴの基本。笑

ポーク角煮2
野菜たっぷり・・・・・
あれ?角煮は?

ポーク角煮3
スープを少し飲んで、
ああ、やや酸味があっていい感じかも、と思って、
またスプーンを入れると、重たい。
あ、スープに隠れていた。

ポーク角煮4
角煮は柔らかく、スプーンですぐに切ることができた。
ああ、やっぱりスープカレーいいね!

ちなみに、仏太は子供の頃そろばんを習っていたことはない。
珠算塾の思い出はある。
といっても、見学に行ったわけでもない。笑
中学生の時、バスケ部に所属していた。
女子卓球部から男子バスケ部にパーティーしない?ってお誘いがきた。
その会場がその珠算塾だった。
どちらかのメンバーの親が塾をやっている人だったから、
借りることができたんだと思う。
持ち寄りで、お菓子やジュースなどを楽しんでいたが、
途中から、親のを持ってきた、と梅酒を呑み始め、
他の友達もみんな追随する形となった。
盛り上がって、結構仲が良くなった。

さて、翌日、学校にバレて、男女別々に呼び出しを食らった。
幸いだったのは一人一人ではなく全員だった。
男子は、事情を聴かれた後、若い体育教師のケツバットが待っていた。
しかも、バットは逆に持ってだったので、痛い!
そう細いほうが力が集中するのだ。
叩かれるのは順番だったが、みんなが悲鳴を上げて倒れていく中、
不安と怖れでケツを突き出して待っているのはかなり嫌だった。
気合入れろ!
あ、きた、俺の番だ・・・・・
ゴツッ!

う、

うわあああああ!

いてえ!
痛いってもんじゃない!


今となってはいい思い出だ。
昔の話だから、そうやって笑い話にできるが、
現在だったら、体罰という社会問題になってもおかしくはないのだろう。

仏太は、何でもかんでも体罰だ、暴力だ、と言ってしまうのは、
逆にそれは乱暴じゃないかと思ってしまう。
仏太はその時はそうとう痛くて大変だったけど、
とても感謝しているし、それで良かったと思っている。
今でも。
悪いことは悪いと言葉でわからない、理解できないことだってあるわけだから。

さて、カレーはケツの心配することなく、美味しくいただいた。笑

その場所に行くと、色々なことが思い出されて、懐かしく面白い。
お腹には少し余裕があり、もう一つ調べていた野幌にあるチュッタに行くかどうか迷った。
とりあえず、少し休もう。
友達から連絡が入るかもしれないし。

自分が通った小学校や中学校、通学路などを中心に
色々と動き回った。
車で行ったり、時には車を置いて歩いてみたりした。
なんとなく感傷に浸る。
結構、色々思い出せるな。
普段は思い出せないようなことも出てきた。
多分、ちょっと普段の自分は記憶をセーブしているんじゃないかな、など
変なことを考えたりするくらい。笑

そうか折角、大麻に来たんだから、
ブログのタイトルは大麻にして、
徹底的に大麻を楽しもう!
さっき銀座商店街を歩いている時に見つけたところで修行しよう!
(結局、修行かい!笑)

外観
麺こいやというラーメン屋だ。
ここは当初調べてない。
よく歩いていて修行場を見つける
っていうことをしていたのを思い出した。
ネット情報は限界がある。
かなり便利にはなっているけど、
やはり自分の足や鼻で掴んだ情報も大切だ。

看板
さっき歩いた時にこの立て看板を見ていて、ちょっと迷っていたのだった。
カレーしょうゆって書いてあるでしょ。笑
極上えべチュンラーメンのもう一つミルクみそも気になったのだが、
やはりここはカレーでしょ。
あ、ミルク味噌カレーラーメンもいいなあ。
って、メニューにはないんだけど、それ提案すれば良かった。笑

カレーしょうゆ1
極上えべチュンラーメンカレーしょうゆに煮玉子をトッピングした。
もう調理している段階で匂いが良かったので、期待通りで良かった。
また、量的にもはしごにちょうどよく、
はしごしているのを知っていたのではないかと疑ったくらいだ。笑

カレーしょうゆ2
江別の小麦を使った、菊水製麺直伝のえべチュンラーメン
インスタントが売っていたので、買おうと思って忘れてしまった。
衝撃的なメールが来たからだった。

この後、映画を一緒に見る友達から、
「今どこにいる?」
「大麻で修行中!」
しおりん、Suageに行ってる!
「え?ちょっと待って。それ大麻?札幌?」
「大麻!」
ももいろクローバーZのマネージャーのTwitterで
その情報が流れたのだ!
おそらくそれを流す時はもう既に店を出た後だろう。
ということは・・・・
アドレナリンが一気に出てきて、計算が早くなる。
ああ、きっとMONKEY MAGICにいる時くらいだ・・・・

あああああああ!
順番間違った!

どちらを先に行くか、当初迷っていたが、
あまり考えずになんとなく行ってしまった。
そうか、普通によく考えれば良かった。江別から次に札幌に行くのはわかっていた。
(舞台挨拶の日程は発表されていて、3月14日は午前江別、午後札幌)
車だろうことも予想できた。
ってことは、普通に国道12号線使うじゃん!
江別で舞台挨拶終わったら移動中に食事するじゃん!

がああああああん!

は!
冷静さを失った。笑
しおりんは玉井詩織ちゃん、ももいろクローバーZの黄色担当で、仏太の推しメン。
もう1人、今回は紫担当のれに(高城れに)ちゃんも一緒で、
2人がSuage2で、モノノフと一緒に写真に写っているのをtwitterで確認した。
う、羨ましい!

ま、まあ、ネタになるさ。

あああああ、会いたかったあああああ!
しかもカレー修行場で!!!!!

気を取り直して、友達と待ち合わせ。
ちなみに友達はピンクのあーりん(佐々木彩夏ちゃん)推し。
だから、まだ仏太ほどは悔しがってなかった。
しかも仕事していたし。

今回の映画「幕が上がる」はモノノフの間ではかなり前から話題になっていて、
モノノフだけでなく、映画・舞台関係でも取り上げられていた。
原作者が舞台で有名な平田オリザ
全然知らない人だったが、調べるとかなり有名だということがわかった。
やはり興味ない、もしくは、薄い分野だとこんなにもわからないんだと思った。

公開前にかなり時間のある映画っていうのは久しぶりで、
しかも興味の持ち方も尋常ではない(笑)ので、
仏太の癖(いいのか悪いのかは別にして)で、
色々と調べたくなり、実際に本・雑誌を買いあさった。

本雑誌
ここに写真を載せた以外にもあるのだが、
平田オリザの演劇入門なども読み、
ももクロの5人が実際に受けたワークショップのさわりを知ろうとした。笑
内容的には演劇のことなのだが、
演劇を全く知らない人間としてはなるほどと思うことが沢山だった。
そして、映画は、高校演劇部が題材になっていて、
主人公の高橋さおりが高校の弱小演劇部で全国を目指すってものだ。
その魅力などについて、雑誌で沢山書かれていた。
普段はここまでしない。
が、やるなら徹底的にやるっていう姿勢で、がっつり予習した。
全く知らない状態で映画を観るという楽しみ方もある。
普段はそういうことが多い。
が、今回はこんなに予習した。
学校の勉強もこんだけ予習すれば違うんだろうけどな。笑
(あ、もう学生からは20年以上離れてるけど。笑)

CD
また、CDも買って、曲もある程度聴いておいた。
しかし、これはあまり時間がなかった。
映画公開は2月28日、CD(ももクロ、サントラ共に)発売が3月11日、
(舞台挨拶などで、少し早めに公開されているところもあったが、ロードショーとしては2月28日)
そして、仏太の幕が上がるのが3月14日。
(モノノフはこの映画のタイトルになぞって、映画を初めて観ることを「幕が上がる」と表現する。笑)

チケット
チケットは同じ会場ではしごをするということと
内容的におそらく、普通に映画を観てからメイキングの順がいいだろうと思った。
(メイキングというよりは、映画撮影のドキュメントというのが正しいか。)

ポスター1
幕が上がる、良かった。
正直、モノノフだからわかるというネタもある。
だけど、それを抜きにしても、とても純粋ないい映画だと思った。
「アイドル映画」なんだろうけど、そうじゃない視点で観てもいいと思う。
是非、舞台が好きな人、映画が好きな人にも観てもらいたいし、
なんとなく、とか、ももクロ嫌いって言う人にも観てもらいたいと思った。
そういう人の感想も聞いてみたい。
あ、黒木華にかなり鳥肌立った。
個人的には、昔の田中裕子を彷彿させる容貌と
幕が上がるの中での演技(それ以外を知らない)に
かなり興奮したというか、すげえと思った。

ポスター2
後半に見た、「幕が上がる、その前に」は、
おそらくモノノフにはとても楽しめる内容だと思う。
ただ、モノノフじゃない人はどうなんだろう?
少なくともモノノフじゃない人は、
「幕が上がる」を観てからの方がわかりやすい気がする。
仏太は順番的には、今回合っていたと思う。
それは予習の時点を含めて。笑
人それぞれの楽しみ方があるから、正解はないと思うのだけど、
仏太の楽しみ方としては、仏太は今回良かった。
ちなみに、映画と原作は結構違う所あるから、
どちらが先でも大丈夫だと思う。
仏太は、今回は、完成した時間軸通りに見て、聴いて、観て楽しんだ。
映画はもう一度観たいなあ。(いや、何度も)笑

外観
余韻を持ちながら、友達と一緒に夕食はCurry Power パンチ
そう、またカレー。笑
結構、夜遅くなっていて、大抵のこところは閉まっていた時間だった。

ポスター
猿がMONKEY MAGICとの関連性を感じさせる。
こじつけ・・・・・笑
こじはるじゃない。
こじつけ!

トンタン1
パンチは多分初めて。
今回はルール通り、ポークをいただくことにする。
トンタン梅スープだ。
辛さはお勧めの4番。
辛すぎると梅の風味を壊してしまうようだ。
ライスは少量。
あ、このスープかなり好みだ。

トンタン2
ノンタンじゃない。
トンタン
豚のタンドリー焼きの略かな。
切れ目が入っていて、スプーンでいただけるのは嬉しい。
また、梅のあっさりと酸っぱさが、
タンドリー系の濃いのに上手く合っている。

トンタン3
そして、トッピングしたタンドリーチキン
大満足どころではないのだが、
こんなに食したら、帰り心配でしょ、って感じ。笑
もうこの時点では、映画を観たとか、
色々な満足が錯綜して、帰りはどうでもいいという気持ちになっていた。
(やけくそではなく、なんとかなるでしょ、っていう方。笑)
変に興奮状態だった。
美味しいカレーを食せたというのも大きい。
だから、自分では全然心配してなかった。

が、帰りの高速は3箇所で車を停めて仮眠をとった。笑

I went to Ebetsu, Oasa and Sapporo to watch movies and to eat curries. First I went to a theater in Ebetsu to buy tickets. In my truth I wanted to see Shiorin, a yellow member of Momoiro Clover Z. She came to Ebeteu and Sapporo with a purple member Reni Takagi. But I didn’t.
For lunch I ate three curries in Oasa, Ebetsu city. I ate special soupcurry, asparagus and bacon soupcurry, at Suage2. Then I ate pork soupcurry at MONKEY MAGIC. At last I ate curry ramen at Menkoiya. In Menkoiya I got e-mails from my friend. One of them said ‘Shiorin was at Suage2! Where are you?’ I’ve got very shocked. Probably when I was at MONKEY MAGIC, Shiorin at Suage2. My goodness! If I went to MONKEY MAGIC first and to Suage2 second I was sure to meet Shiorin! I was so sorry.
Then I met my friend and watched movies. Maku ga Agaru was so good. I was impressed and moved and shaken. After it we watched Maku ga Agaru, Sono Mae ni, which was the documentary movie of Maku ga Agaru. It was also so good for us.
With goodness we went to another curry shop Punch. I ate pork soupcurry with topping chicken.
I was so satisfied with today’s all ivents. I was so happy.

Suage2
江別市文京台東町1-18
011-378-4420
11:00-21:30 (LO21:00)
不定休

宝来軒
江別市大麻東町13-12
011-386-8711
9:00-20:30
無休

MONKEY MAGIC
江別市大麻東町15-17
011-387-3222
https://www.facebook.com/SoupCurryMONKEYMAGIC
11:30-15:00, 17:00-21:00
不定休

麺こいや
江別市大麻東町13番地48江別港1階
011-398-9684
https://www.facebook.com/menkoiya
11:00-16:00
日曜定休

Curry Power パンチ
札幌市東区北15条東2-1-40ボックス15 1-D
011-788-6041
http://www.currypower-punch.com/
https://www.facebook.com/currypowerpanchi15
11:00-24:00 (日-21:30) (LO30分前)
不定休

参考サイト
週末ヒロイン ももいろクローバーZ
幕が上がる
イオン江別店
イオンシネマ江別
平田オリザ(青年団)

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメントをどうぞ