‘結婚披露宴’ タグのついている投稿

オシャンティなコースにカレーはない

2019 年 8 月 19 日 月曜日

本日8月19日は、俳句の日でバイクの日。
きっと他にもなにかある。笑
それ以上、調べてない。
札幌は暖かかった。
そんな月曜日は平日。
祝日とか振替休日ではない。

知り合いの結婚式・披露宴に出席。

平日の結婚パーティーは2回目。
以前のは確か15年ほど前。
札幌に住んでいる時に、帯広で行うパーティーに呼ばれた。
それは金曜日だったと記憶している。

そして、今回は月曜日。
最近ブラックマンデー法ハッピーマンデー法により
月曜日の休みが増えたが、
本日8月19日は、祝日でなければ、振替休日でもない。
純粋に平日の月曜日だ。

そんな時にパーティーに呼んでもらえる幸せ。
堂々と仕事を休めて、なおかつ出張でもなんでもない。
おお、新郎新婦に感謝しなければ。

今回は十勝に住んでいて、
札幌でのパーティーに呼ばれた。
以前と逆パターン。

札幌での土地勘はほどほどあると思うが、
初めての場所と思われた。
伏見はそんなに行ったことがない。
が、車に搭載した那比芸太くんが存分に力を発揮してくれた。

外観
the Terraceは凄くオシャンティなところで気後れするが、
珍しく仏太も着飾っていったので、
内心ドキドキでも堂々としていた。
まるで、堂々モノノフ宣言!か堂々平和宣言みたいな。笑
ウエルカムボードがとても心を温かくして、緊張を溶かしてくれた。
だからだろうか、じんわりと汗が出てきていることに気づいた。
あ、そうかそれだけ暖かいのか。
そういえば、今朝のテレビの天気予報で29℃って言っていたな。
三三九度か29℃かと言われたら、今回は三三九度でしょ。
って、なかったけど。笑

テーブル1
席につくとテーブルの上がとてもオシャンティ
ある程度着飾ってきてよかった。
というか自分の中では最高のお洒落なのだが、
ここの雰囲気には全然届かない。笑

テーブル2
お子さん用のナプキンは可愛くセットされていた。
きっとあのキャラクターを連想させるものだろう。
人数はかなり限定されていて、
仏太がこの席にいていいのだろうか、
と再び気後れしたのだが、
着飾っていたので、素知らぬ顔をしていた。笑
慣れないスーツで、室内の冷房にも関わらず汗はじんわり。
素敵なパーティーの前に既に緊張。
でも、きっと主役の方が緊張するよなあ。

飲み物1
ノンアルスパークリングで乾杯して、
その後マンゴージュースを飲んだ。
今回は当日のうちに車で帰る予定なので、
アルコールはご法度だ。

食べ物1
自家製牛タンのハムと長ネギのコンフィ
いきなりオシャンティな・・・
って、もう雰囲気でそうだってわかっていたんだけど。
一口でいっちゃったけど、
口の中に幸せが広がった。
新郎新婦の幸せには全然かなわないんだけど。笑
ちなみに、コンフィってよくわかってなくて、
調べたら、オイル漬けってことらしい。

食べ物2
道産海の幸のマリネ 楽園仕立て 白バルサミコ酢とハーブのヴィネグレットソース
ヴィネグレットソース・・・?
よくわからないが、バルサミコ酢が使われているなら、
酸味があるってことでしょ、くらいの軽い気持ちで。笑
調べたら、フレンチドレッシングのことらしい。
なあんだ、それならそうと言ってよ!と
心の中で、田舎者のツッコミ。笑
楽園仕立てという名称が気に入った。笑
いかにも結婚パーティーに合っている名前。
あ、料理が美味しいのは当たり前なので、
いわゆる言うまでもなし!笑

食べ物3
シェフおすすめパン2種のうち一つはくるみパン。
食べ物5
もう一つはシンプルなパン。
ハードなフランスパンを、見た目から予想していたのだが、
予想に反してソフトな感じ。
ああ、そうか、パリパリだと、こぼれ落ちる可能性が高いからか。

飲み物2
飲み物も進む。
ブラッドオレンジジュース
ソフトドリンクの種類も多い。
暖かい日で、スーツで緊張があるから、
結構汗をかいていて水分補給が大切。
最初の勢いだとソフトドリンク全種類を
制覇しちゃうんじゃないかと思っちゃった。笑
(実際は途中で失速して、半分も飲んでない。笑)

食べ物4
帯広産折笠農場「さやあかね」のヴィシソワーズ
ヴィシソワーズはわかるよ!
ビシソワーズって普段言っていたけど。笑
ってことは、さやあかねは山本彩ではなく、じゃがいもなんだね。笑
帯広ってところに惹かれた。
そうそう新婦さんは十勝出身。
って、多分折笠農場は正確には帯広じゃなくて幕別だよな。
と思って、幕別在住の友達に連絡したら、
予想外にすぐ返事が来た。
あれ?月曜日だよな・・・
仕事してるか?笑
あ、ビシソワーズは冷製じゃがいもスープのこと。
サイボーグ003ではない。
(って、わからない人のほうが多いか・・・笑)

食べ物6
近海鮮魚のポワレ 瀬棚産岩のりのブイヤベース
なんかこれもオシャンティだよねえ。
いいなあ、こういうの。
上品な味わい。
あ、これスープカレーにしたら良さそう。笑

飲み物3
グレープジュースを飲む時に、
目の前の人達が席を立ったので、
シャッターチャンス!とばかりに
オシャンティな様子を一緒に撮ってみた。

食べ物7
ガーデンバーベキューが用意されていた。
会場のすぐ外にそれ用の庭、すなわち、ガーデンがあって、
シェフやスタッフさんたちが用意してくれていた。
そして、笑顔でおいで〜!と迎えてくれた。
ほんの少しだが、動くこともできた。
楽しんでいて、体の動きが少ないと、
体が固まってくるし、
食べてばかりでお腹が膨れてくる。

食べ物8
それをプレートに盛り付ける。
このあたりはセルフでやるので、
今までの料理と見た目の印象が違うのは当たり前。笑
バーベキューの他にサラダや焼き野菜も。
そして、このバーベキュー、焼き加減が足りなければ、
シェフのところに持っていけば、更に焼いてくれる。
外のガーデンテラスで食べることもできるが、
みんなそちらで食べていたので、
雰囲気だけ味わって、中に持っていって食べた。

食べ物9
それと並行して、スタッフさん達が、
デザート&おつまみビュッフェを用意してくれていた。
ビュッフェというくらいだから、
色々な種類のデザートがある。

食べ物10
そして、おつまみもあり、
甘党にも辛党にも対応したビュッフェだ。
もし、仏太がアルコールを飲んでいたら、
おつまみに手を出したであろうが、
デザートも美味しそうで、
アルコールを飲んでなかったので、
今回はおつまみは取らなかった。
何より、お腹いっぱいになっていた。
メニュー構成はわかっていたのだが、
結構しっかり、ガッツリいただいていた。

食べ物11
ってことで、デザートだけ。
好きなガトーショコラと、
夏らしいゼリーをいただいた。

食べ物12
そして、コーヒーとともにケーキ
これはさっき新郎新婦に入湯されたもの。
あ、違う、乳頭
え?
そういうのではない!
入刀だ!
それとファーストバイトという素敵なことを
とても楽しそうにやっていた。
そのケーキをいただく。
本当に素敵で心が和み、楽しく、嬉しい、感動の
オシャンティな式、パーティーだった。
必然的にこのブログの表現もオシャンティになるというものだ。笑

さて、こういうオシャンティな料理コースで、
カレーがあったの?
って思っちゃうでしょ?
「仏太さんに申し訳ないんだけど、今日カレーがないんです。」
と新郎新婦にお断りされていた。笑
とても気を使ってくれているなあ、と申し訳なく思ったが、
逆にとても嬉しく思ったりもした。

じゃあ、今回のブログは「カレー」なしで終わり?
単にコース料理を紹介したいだけ?
などと思われるかもしれない。
確かにここまではカレーが出てない。

しかも、このパーティーが終わった後、
直ぐに車で帰路についたのだった。
ってことは、途中でカレーを食して帰った?
昔ならそうしたかもしれない。
しかし、これだけガッツリ食して、
しかもデザートも結構きつかったことを考えると
流石に帰り途中でカレー(スープカレー)を食すことは
極論すると自殺行為に等しい。笑

楽をしたい怠け者気質的には
パーティーが終わったら、
もう1泊してから帰る、というのがいいのだが、
今回は平日で翌日仕事があること、
月曜日で夜ラジオがあること、
などが理由で、その日のうちに帰ることにした。
しかも、こういうパーティー(披露宴)に出た時に
おそらく初めての経験だが、
アルコールを飲まず、ソフトドリンクで通したのだった。
あ、話が少しずれた。笑

直ぐ帰るのは前々から決めていたことだったし、
帰りがけにスープカレーを食して帰るという選択肢はなかった。

家に帰り、汗だくになった衣類を片付ける。
(洗濯に出したり、クリーニングに出す準備をしたり。)
ラジオの準備は概ね終わっている。
そして、荷物も整理。
いただいた引き出物を開ける。
おおお!!!
なんと、カレーセットだった。
もしかして、この組み合わせだと、
きっと一人一人違う引き出物を用意したんだ!
そうか、パーティーの時に新郎新婦のところに行って
挨拶した時に、何か含みのあることを言われたのだが、
その答えがこれだ!
うあああ、無茶苦茶嬉しい!
数種類あるうち、知らないものもあり、益々嬉しくなった。
こういう素敵なことをしてくれるって凄い!
気持ちが伝わる!
勿論、新郎新婦をお祝いするのが一番だから、
カレーの有る無しは全く関係ない。
ただ、メニューの中にあったらbetterってだけ。
今回は引き出物にカレーがあり、サプライズだった。
サプライズも色々ある。

嬉しい事だらけだった。
一番はやはり新郎新婦の幸せそうな姿だった。
華麗なる結婚式、披露宴。
本当におめでとう!
末永くお幸せに!
あざっす!あざっす!あざっす!

I took part in a wedding party of our friend. It was held at the Terrace in Fushimi, Sapporo. It was very nice and a groom was so gentle, a bride was so beautiful. Foods were so good, so fashionable, so stylish and so cool. Our stomachs were so full. After the ceremony back to home I found curries of thier gifts. Thank you very much. Very Happy Wedding!

the Terrace
札幌市中央区伏見1丁目1番27号
011-215-0125
https://www.the-terrace.jp/
11:00-19:00 (土日祝9:00-)
火曜定休

ディナー

2018 年 3 月 10 日 土曜日

英語のdinnerって、
夕食と勘違いしている日本人は少なくないと思う。
という仏太も正確には覚えていないが、
dinnerは1日の中で最も豪華な食事を言うらしい。
だから、夕食がそれにあたることが多いという。
それでdinner=夕食という間違った(正確ではない)知識となってしまうようだ。
まあ、日本人だからそのあたりはどーでもいい、っていう意見もあるかと思う。
この点に関しては、どーでもいいと思っている。
海外生活をするにあたって、必要な時に必要に応じて覚えればいいと思う。
日本での食生活でdinnerという概念をしっかりさせる必要はないと思うからだ。
もっともこれはあくまで個人的な意見で、
これからの国際社会を生き抜いていく中で、
絶対知っておかなければならないことだという主張があったら、
それはそれでいいんだと思う。
その人にとっては重要なんだろうし、
こんな時代にそういう意見が出てもおかしくないと思うからだ。
が、強要はよくない。笑

辛節かけすぎカレーうどん1
今朝の朝食。
不健康に思われるかもしれないが、
今日はディナーがあることはわかっているので、
それに備えて粗食にする。

辛節かけすぎカレーうどん2
とはいえ、この辛節かけすぎカレーうどん
結構仏太の好みで、インスタントではなかなかない。
スープカレーワンタンをこのブログによく載せるので
おわかりと思うが、インスタントではそれが一番のお気に入り。

辛節かけすぎカレーうどん3
で、最近、この辛節かけすぎカレーうどんを食して、
スープカレーワンタンの次に好きかもと思っている。

辛節かけすぎカレーうどん4
インスタントの、嫌な後味がないように思えるのだ。
それって辛さでわからなくなっているか?

昼過ぎ、仕事が終わって速攻で着替えた。
わがままで身勝手な人の対応にも追われたが、
今日は遅刻はできないので、とにかく急いだ。
時間に余裕があれば、バスで行くところなのだが、
程よい時間帯だったので、タクシーで会場へ向かった。
ノースランドホテルだ。
そう、ランチがディナーな日なのだ。

ディナー1
海の幸と野菜のカルパッチョ
ライムの香りを添えて

月並みだが、ホタテが良かった。
メニュー(献立というのか?)があって、
そこに書かれているものを見た時、
あ、スープが先じゃないんだ、と思った。

ディナー2
帆立入り 絹笠茸のスープ
で、スープがその次。
まあ、こういうのは決まった順番というのはないのかもしれないな。
ある程度決まっていても、バリエーションが色々とあるのかもしれない。
最初、メニューを見ずに、スープが来た時、
フカヒレのスープ!?と思って、少し舞い上がった。笑

ディナー3
鮑とハタのブラックビーンズソース
十勝産の長芋とともに

今回のホテルコースの中で、
仏太が一番気に入ったのは、この
フォークとナイフを使うのは久しぶりで、
最初上手く切れなかったが、徐々に勘を取り戻した。
うん、歯ごたえがいい。
長芋や魚が柔らかいだけに尚更。

ディナー4
柚子のシャーベット
お口直しとして、このシャーベット良かった。
スキッとして、甘みと酸味もほどほどの食べやすさ。

ディナー5
十勝産牛ロースのグリル
十勝産マッシュルームのソースとともに

THE肉!
これ非常に食べやすかった。

ディナー6
紅白の祝いの花寿司
まあ、もうだいたい気づいていたと思うが、
結婚披露宴に呼ばれて出席したのだった。
をかたどったものづくしみたいな感じで、
ああお祝いしているなあと実感。笑

ディナー7
ハートのフレーズムースと
バニラのアイスクリーム

形も色も綺麗で、もったいなくて食べにくい。
ここでもったいなくて食べられないと言おうものなら、
同じテーブルにいる美人さんたちがフォークをのばしてくるだろう。笑

人前式の挙式があり、多分3回目くらいなのだが、
これはこれで素敵なものだった。
花嫁さんがとても綺麗だった。
純白のドレスと真っ赤なドレス。
どちらも似合っていた。
新郎の姿を覚えてないくらい見とれた。笑

大雪と大雨が続いた影響で、
当日が十勝晴れだったにも関わらず、
札幌方面などから出席できない人が数人いた。
最近の予想を超える気象状況には色々とやられる。

素敵な式&披露宴で、昼間っから幸せ気分で酔っ払うことができた。
新郎新婦に感謝するとともに、末永い幸せを祈る。

素敵なディナーであっても、
ちょうどよいランチタイムにいただいたので、
当然、夕方になればお腹がすく。笑

カレー鍋
本日の夕食はカレー鍋
そう、夜もディナーだ。笑
後から友達に指摘されたが、
豆乳が入っていて、豆腐もあるから、親子鍋だねと。
これで納豆もあったら三世代鍋だと。
なるほどなあ、今度そうするか!笑
鍋は色々な具材をいただけるので、
栄養もいいし、お腹もいっぱいになる。
昼間の幸せとは違う心地よい満足感が広がった。

I ate an instant cup curry udon. It was one of I liked. It was breakfast. I worked hard so much in the morning. Then I went to Hotel North Land to join a wedding party. There were so many happiness in the room. We enjoyed a beautiful bride. And we ate good foods. It was today’s dinner. After a party I went back to my house and took a rest. In the evening I ate another dinner, curry nabe. It was so good. Thanks so much for my wife.

参考サイト
ホテル日航ノースランド帯広

Wedding Party(KiRiちゃん)

2017 年 8 月 26 日 土曜日

午前中、友達からメールが来た。
お前の名前を見つけたぞ、というような内容。
友達は、北海道ホテルでバイト(?)をしている。
登呂仏太という名前は珍しい。
だから、友達がどこかで名前を見つけてくれた時、
連絡をくれたらほぼ間違いなく自分のことだ。

午前中は仕事
色々あって、ランチはササッと済ませた。笑
普段車で移動するところを、今回はバス移動も絡むので、
時間を上手く使わなければならなかった。

バスで街中へ。
そこから、FM WINGへ歩く。
ラジオパーソナリティー登呂仏太として、
ももいろクローバーZ応援番組
堂々モノノフ宣言!を放送させてもらった。

ズボンは既に履いていたのだが、着替えをしてスーツ姿になる。
一度家に帰ると時間的ロスが大きいので、今日は家に帰らず移動だ。
その分荷物は多くなる。

帯広駅まで歩き、少々飲み物を補給したところで、
同じ職場で、同じ披露宴に参加する人達と会った。
タクシーを乗り合わせて、北海道ホテルへ。

ホテルで受付をして、待機していた。
受付では、登呂仏太の名前で登録されていた。
すると先程メールをくれた友達に会った。
友達がなんと隣の披露宴の手伝いをしていたのだった。
これで、仏太の名前を見つけたということとつながった。

そのうち、徐々に参加者が集まってきた。
いつもの可愛い女性がいつも以上に可愛かったり、
メガネを外して着物を来たら誰かわからないくらい綺麗になっていたり、
男性も普段見ることない姿でやはりこういうパーティーはきらびやかになる。

テーブル2
部屋に入ると、おそらく一番いいテーブルに案内された。
高砂の直ぐ近くだ。
こんなにいい席は、披露宴ではないが、
三遊亭ときん師匠真打ち昇進のお祝いの時以来だ。
17年2月24日の日記「真打ち昇進披露宴(ダバ・インディア、ダルマサーガラ)」参照。)
こんな大したことない者をいい席に案内してくれる新郎新婦に感謝。
新郎新婦が2人とも大好きな肉の名前がそれぞれのテーブルについていて、
仏太が座ったところは最上級のサーロイン!
これはたまたまなんだそうだ。
後から聞いたら、実は牛の体の部位とだいたい同じになるような配置だそうだ。

テーブル1
そして、席を見つけると、そこには、本日の献立と2次会の案内もあった。
なんとなく黄色基調が嬉しい。笑
何よりも本名を使ってくれていたことに吃驚して喜んだ。笑
乾杯の挨拶をお願いされていたのだが、
その時の紹介もカレーブロガー登呂仏太だった。

飲み物1
乾杯の後は、テーブルに配られたビールを飲む。
所々に温かい手作り感あふれることがあったが、
スライドで挨拶があった中に、
今日は飲み放題だから沢山飲んでいってくださいってのがあり、
新郎新婦らしいと笑った。

食べ物1
先付けというのか
これは日本酒だな、というものがいきなり出てきた。
祝い肴
海老雲丹和へ 笹小川 子持ち昆布
伊達真丈 子持ち鮎昆布巻き

こういう時にメニューがあると嬉しい。笑

飲み物2
すると、ケーキ入刀の代わりに、樽酒の鏡割りがあった。
ああ、このイベントいいなあ。
新郎がとても日本酒が好きというのを知っていたので、なるほどと思った。

飲み物3
そして、注いでもらったで呑める喜び。
いい匂いの呑みやすい酒だ。

食べ物2
雲丹とか金粉が乗っている。
なんか豪華だなあ。
お椀
海草豆腐 蒸しうに じゅん菜 金箔 ゆず

この後に
お造り
鮪 牡丹海老 鯛 妻一式

があったのだが、なんと写真を撮り忘れた。
他のことに気を取られていたためだ。
食べたのは覚えている。笑

食べ物3
白身魚の香草パン粉焼き
有頭エビと北寄貝と共に 葉野菜を彩り

一瞬ももクロ色か?と疑ったが、そうではないようだ。笑
実はスーツ姿ではあったが、途中でももクロのライブの時に着る
パーカーを羽織った時間帯があった。
ラジオの時に持っていったというのもあるのだが、
半分はこのパーティーで着ようと思っていた。

食べ物4
牛フィレ肉とリードヴォーのソテー 夏野菜を添えて
余興が1つあったのだが、職場の人間で芸達者というか、
そういうのが好きな人たちがトリオを組んで、
てんとう虫のサンバを踊っていた。
振り付けはあいつがしたんだろうなとわかるもので笑った。
しっかり衣装を作っているのも凄いと思った。
新郎新婦の人望が表れている。

そこからのサプライズ
新郎が仕掛けたもので、会場の中で新婦だけが知らない状態だった。
職場の人間は数日前から練習をしていた。
新郎も新婦も同じ職場なので、バレないようにするのが大変だった。
しかし、後から聞いたら、新婦が怪しいと思ったのは、新郎の行動だったようだ。笑
それでも全容は知られることなく本番になったので、吃驚して驚いてくれて成功だった。
新婦の好きなゆずのタッタという曲を新郎ともう一人が歌い、
会場全員が踊るというものだった。
連絡が上手くできない人達はその日に知らされるという大胆なアイディア。
仏太はその時にももクロのパーカーを着て踊ったのだった。
ゆずの公式MVを見ると、結構カラフルな衣装で踊っていたからだ。

食べ物5
寿司は好きなマグロやいくらもあり、これまた満足。
新郎の出身地が広尾(十勝の広尾町)ということで、
その名産の1つがカニであることからカニが真ん中にいるってのも乙だ。
新婦の出身が小樽で2人とも実は漁師町だなあと思った。
お食事
生寿し三種(鮪・ずわい蟹・いくら)

食べ物6
シェフ特製デザートは再びももクロ色?と一瞬勘違い。
お上品で食べるのがもったいない。
でも、もったいないからこそ食べないと!笑

本当に素敵なパーティーだった。
新婦の最後の親への挨拶も素敵だった。
沢山の人が泣いていた。
いい場面でお決まりとはわかっていても、
手紙の内容をよく聞いていると泣かずにはいられない。
感動というのはいいものだ。

Harry’s Rod Cafeで撮った写真は全部人が写っていて、
加工するのが大変という理由で載せない。笑
飲み物、料理の写真はあまり撮ってなくて、
撮っていてもボケていたりして、とても不本意。苦笑
2次会自体はとても盛り上がった。
新郎新婦がリラックスして、
でも、色々な人達に挨拶したり喋ったりしていた。
やはりは人気があるということがよくわかった。笑
飲み放題だったが、カレーは入ってなかった。
カレーは飲み物、っていうウガンダ師匠の言葉をわかってもらいたかった。笑
16年5月31日の日記「カレー忌(インデアン音更店)」
14年5月31日の日記「カレー忌(カトマンドゥ)」参照。)

色々盛り上がったが、当然のように、
楽しい時間もどこかで区切りが来る。
解散となって、仏太はその後1人行動。

酒1
北の屋台に行くと、相変わらずの混み具合だ。
そして、その中の1つ煙陣に久しぶりに入ることができた。
北の屋台自体に来る頻度も減ってしまったのだが、
大人気の煙陣は中々入ることができない。
本日は1人だったので、どうにか席を作ってくださった。

食べ物
黄金のししゃもを酒の肴にした。

酒2
写真を撮る時ピースしてくれるお茶目なバイトさん。
そのバイトさんが、「あ!」と外を見ると、
屋台の通路を知っている人が通り抜けようとしていた。
仏太の知り合いでもあった。
その人は美女を沢山引き連れていた。
羨ましい。笑
美女達も知り合いで少し話すことができたが、
一緒に飲むことはできなかった。笑

外観
酔っぱらいは怖い。
まだ、〆をする元気があるんだ。
ってか、自分のことなんだけど。笑
KiRiちゃんに行った。

カレーラーメン1
カレーラーメンを食したくなったのだ。
ラーメンではなく、カレーラーメンが良かった。

カレーラーメン2
ガッツリと麺を持ち上げ、
豪快にズズズッといただいた。
猫舌だから、かなりフーフーしたけど。笑
お腹も収まり、精神的にもとても良くなった。
今日の披露宴は本当に良かった!

I participated an inferiors’ wedding party at Hokkaido Hotel. It was very interesting. There were many good foods and drinks but no curry. I was sorry a little. A new couple were seemed so happy. Next we went to second stage at Harry’s Rod Cafe. We drank and ate and talked. Then I went alone to Engine in Kita no Yatai. I drank more.wwwww At last I went to KiRi-chan to eat the finish, Curry Ramen. It was good. Today was so a good day. I was happy, too.

Harry’s Rod Cafe
帯広市西2条南9丁目20-2-2F
0155-21-0727
https://ja-jp.facebook.com/HarrysRodCafe/
18:00-28:00 (日-24:00)
無休

煙陣
帯広市西1条南10丁目7番地 北の屋台一番街
090-9087-3171
http://www.kitanoyatai.com/yatai5ki/3.enjin.htm
18:00-24:00
日曜定休

ラーメンKiRiちゃん
帯広市大通南8丁目いなり小路
080-1867-3115
https://www.facebook.com/kirichan.08018673115
20:00-26:00(なくなり次第終了)
日祝定休

参考サイト
北海道ホテル
FM WING
ももいろクローバーZ
三遊亭ときんの落語製作所
ゆず Official Website/a>

フランス語は難しい(Bar51)

2011 年 11 月 26 日 土曜日

素敵な結婚披露宴は、とても盛大だった。
ありきたりかもしれないが、言葉がそれ以外に思い浮かばないので、
あえて普通に表現するが、かっこいい新郎と可愛い新婦だった。
新婦が職場の関連深い部署に所属していて、それで呼ばれた。

入り口
北海道ホテルは初めて(披露宴は)だったのだが、
予想通り盛大な素晴らしいものだった。
スタッフや演出、司会者など、
ああ、一緒に盛り上げてくれてるんだな、そういう思いを抱かせてくれた。

食べ物1
お料理も美味しかった。
残念ながらカレーはなかったが。
メニューは日本語も書いてあるのだが、
多分フランス語も併記されていた。
フランス語は難しくて全然わからない。
フレンチの料理名は長いのが多くて覚えれない。(笑)

インテリア
新婦(仮名Aちゃん)は学生時代に、
Aちゃんに嫌われたら人間じゃない、とまで言われるほど、
人の好き嫌いがなく、笑顔の素敵な対応だったと。
なるほどな、と思った。

食べ物2
旦那さんは実は何度か見かけたことがあった。
かっこいいと思っていたのだが、
実際に近くである程度の時間を見ていて、
ああ、やっぱりかっこいい、と思った。
ただし、仏太が惚れることはない。(笑)

食べ物4
職場には、白鵬がいるのだが、
その容姿と食いっぷりから、
そういう名前がつけられている。
本人もまんざらではないし、喜んでいる。

食べ物3
ガツガツとむさぼり食べる姿は写真に収めたが、
それを公開するのは、ちょっとはばかられるので、
機会があったら、お見せすることにする。

上司とはぐれ(笑)、可愛い女の子にバイバイをして、
酔っ払いながら、メールを受け取った。
知り合いが、今飲んでるからおいで、と呼んでくれたのに
ふらふらと行ってみた。(笑)

長屋の白ひげで、そんなに酔っ払ってない状態でお互いに会う。
男三人は、実は一昨日、一緒に飲んだばかり。(笑)
仏太がスーツを着ているのは、
なんまら珍しく、想像がつかないようで、
かなり注目されてしまった。
で、髪の毛を切ったのを気付かれずにしばらく時間が過ぎた。(笑)

外観
前に話していたところにつれていくよ、
と言われ、ひょこひょこ後をついていった。
先日飲んだ時に、広小路にあるバーの話になったのだ。
51と書いて、サンカンティアンと読む。フランス語だ。
なんでわかったかというとフランス語の1,2,3がアン、ドゥ、トゥロワだからだ。

中2
名前の由来は、そういう名前のリキュールがあるそうで、
そのまま51(サンカンティアン)で、フランスのものだそうだ。
棚に51があり、カード(トランプ)が見える。
スタッフがマジック上手なんだそうだ。
一緒に行った友達がマジックをしてくれた。
それはカードではなく、千円札を使ったものだった。

お通し
ウイスキー水割りチャームをいただく。
酔っ払っているのだが、
食べないと、胃腸が調子悪くなる。
そんなに酒に強くないので、
翌日の二日酔いも心配だから、食べれる時は食べる。
(じゃ、飲み過ぎなければいいじゃん、と言われたらそれまでなのだけど。笑)

中1
黒板メニューに魅力的な文字を見つけた。
焼きカレー
ひき肉のカレー
ニヤリ!

挽肉のカレー
でも、みんなお腹いっぱいのようで、
3人で一つの皿をシェア。
今回はひき肉のカレーにした。
お、これ美味しい!
酔いが覚めるくらいの美味しさだ!
酔っぱらい3人がガツガツと回し食い。
でも、友達の一人は覚えてないんだろうなあ・・・。(笑)

I went to bar 51 with my friends after a wedding ceremony I had took part in. I drunk a glass of whiskey and then ate keema curry. It was good. A mama of 51 was not 51 and very pretty. Next time I want to eat grilled curry, another curry there.

Bar 51
帯広市西1条南9丁目2
0155-23-5151
20:00-27:00 (金土-28:00)
日曜定休

参考サイト
北海道ホテル(公式サイト)

仏陀(Buddha)

2009 年 11 月 23 日 月曜日

昨日11月22日は「いい夫婦の日」。
それだからというわけではないだろうが、
ちょうど連休が重なることもあり、後輩が結婚披露宴をして、
結婚式と披露宴に呼んでくれた。
嬉しいものだ。

食べ物1
式も披露宴も笑いあり涙ありで素敵なものだった。
ちょっとだけ背景を知っている仏太としても泣けるところがあった。

食べ物2
新郎と一緒に密に働いたことがあり、
それで呼んでもらえたのだと思うが、
新婦も一緒に働いていたことがある。
どちらもとても頑張り屋さんで、とても心優しい。
もの凄くお似合いだと思う。

食べ物3
こういう披露宴のいいところは、
お祝いをすることでみんながとても幸せな気持ちになれるってことだ。
その気持ちを持ち続けることが、世界平和にも繋がると思う。

食べ物4
美味しい料理を堪能し、
知り合いのお祝いをする。
そして、世界平和を考える。
なんと素晴らしいことか!

食べ物5
そして、しばらく会ってなかった知り合いに会えるのもとても嬉しいことだ。
年月が経っても、みんな大きく変わることはない。
楽しく大笑いして、お祝いをした。

食べ物6
主役のお二人には、本当にお祝いを心から贈りたい。
末永くお幸せに!

テーブル
仏太の後輩は屋久島に何度か行っていて、
その屋久島は屋久杉というほど杉が有名だ。
確か世界遺産?
で、その杉も色々と名前があり、今回各テーブルの名前は杉の名前になっていた。
そして、仏太の座った席はこれ。
仏陀杉!!!
こんなのあるの?
テーブルに座った人達はみんな仏太のことを知っているから笑っていた。
ネットで調べたら、あったよ。
実在するんだねえ。

あ、一応断っておくよ。
仏太は「ぶった」で、低俗で現在生きている
仏陀は「ぶっだ」で、高尚な昔の方
だからね。
仏太のプロフィール参照。)

外観
お祝いの余韻を引きずって、翌日の今日、もう酔いが醒めた頃に
豊平区にあるBuddhaに行った。
これは仏陀のことだね。
仏太とは関係ないよ。
また、名寄のブッダとも関係ないらしい。

ラムカレー1
既にラムカレーがあることを知っていたので、
それを頼むことにしていたが、
メニューを一応確認したら、なんとラムが二つあるじゃないか!!!
熟成生ラムと粗挽きラム。
そういえば、修行場前の看板に熟成生ラムって書いてあったなあ。
あ、どちらも熟成なのかな?(笑)

ラムカレー2
温かい陽射しを受けながら、迷いに迷って、
2分くらいで出した結論は、相変わらずの欲張り!(笑)

ラムカレー3
普通のラム(熟成生ラム)を

ラムカレー4
粗挽きラム肉と豆腐のカレーにトッピングしてもらった。
粗挽きラムはちょっと新感覚という印象を受けた。
粗挽きじゃないラムは、ブロックなのだが、一つ一つが小さく、
個人的な好みでいうと、ガッツリ食したいときにはちょっと物足りないかな。

チャイ
チャイを飲みながら、一緒に行ったカレー仲間のTさんと美味しかったね、と話をした。

ゆずシャーベット
すると、ゆずシャーベットのサービスが来た。
この時ちょうどサービス期間だったようだ。
それは調べてなかった。(笑)
Tさんはゆずシャーベットが好きな人の話を教えてくれた。
Tさんも結構甘いものが好きなようで喜んでいた。

今回の札幌はブッダ続きだった。
人生を少し考えながらカレー修行した

I went to Sapporo to take part in a wedding celemony of my inferior. The table name was Buddha Sugi. Next day I went to Buddha, a curry shop in Sapporo. I ate lamb soupcurry.

soupcurry Buddha
札幌市豊平区月寒東3条19丁目1-50
011-855-3464
http://www.currybuddha.com/
11:30-15:00, 17:00-21:00
月曜定休