‘茶淹香’ タグのついている投稿

暑い日のカレーとお茶(茶淹香)

2022 年 6 月 26 日 日曜日

天気予報は最近良く当たる。
子供の頃は外れるというのが常識だったのだが。
やはりデータが蓄積されて、細かい分析がされているのだろう。
それとコンピューターの能力も上がっているからだろう。
おそらく格段に。

昨日から明日にかけて最高気温が30℃を超えると。
それまで20℃あるかないかだったから、
本当に真夏日になるのか?と疑った人も多いだろう。
仏太もその1人だった。
しかし、しっかりと30℃超えている。

家にいる時はそれほど感じない、直射日光という、
素敵なジリジリ感は、車を運転していても感じる。
空気の湿り具合も、なんとなく息苦しいレベルだ。
ああ、日に焼けるかもと思いながら、
でも、すぐに頭の中は行き先への経路へと変わっていった。

何度も行ったことがあるので、ナビを使う必要はない。
国道38号から弥生通りに入り、まもなく左手に見えてきた。
あ、車が少ないというか、まだない。
そして、看板やソフトクリームの模型が出ている。

外観
茶淹香ちゃいこうと読む。
自分の持っているデータは11時オープンなのだが、
このご時世、実際にどうなのかは、
行ってみるか電話などで確認するしかない。
が、あえて、突撃してみる。
やってなかったら他のところを探すというのもあり。
駐車場の線が見えにくくて、何度かやり直してしまった。
その間に小さな子供がいる家族が先に入っていった。
消毒、検温の後、中に入ると、
先程の子供達が嬉しそうにソフトクリームを選んでいた。
子供の笑顔は、こちらも元気をもらう。

タンドリーチキンプレート1
もう、ここに来ると、このタンドリーチキンプレートはほぼ間違いがない。
何度か来ていて、これ以外のメニューを頼んだ記憶がない。笑
何度か訪れる修行場は、色々なものをオーダーすることが多いのだが、
それは何種類かカレーがある時なのだろうな。
などと、自分を客観視してみる。
実際にここの他のメニューもとても美味しそうだから、
試してみればよいのだが、やっぱりこれにしてしまう。笑
まあ、好きなものを食せばよいのだ。
プレートにはサラダマッシュかぼちゃも乗っていて
彩りも綺麗だし、健康的。
スープも優しいお味で、ここの雰囲気にピッタリだった。

タンドリーチキンプレート2
いわゆるカレー味なのだが、このタンドリーチキンが美味いのだ。
実際はタンドールがないと思われるので、
ヨーグルトやスパイスに漬け込んだチキンを調理するのだろうが、
それでも、この美味しさはタンドリーチキンで構わない。
勝手に認定。笑
でも、きっとタンドール風なので、チキンカレーにも認定。笑

タンドリーチキンプレート3
そして、パッと見た目、玄米に見えなくもないが、
実はこれお茶ごはんだ。
ほうじ茶で炊いていると。
贅沢だが、流石お茶屋さんというところだ。
ここは本当にお茶にこだわっている。
カウンター席に座ったお客さんとマスターが会話しているのが聞こえてきたが、
かなりマニアック(に聞こえた)なお茶話に花を咲かせていた。
わからないことが多いが、ディープな話は興味深い。
そして、このお茶ごはん、サラダやタンドリーチキンとも合う。

冷茶
タンドリーチキンプレートと同時にオーダーして、
出しやすい時にお願いしていた冷茶が来た。
オーダー時、いつ出すかと聞かれたのだが、
時間的に急いでいるわけでもないし、
飲む時間帯にこだわりもなかった。
食している途中で来たので、
実際に食事中にいただいたりもした。
冷茶はやぶきたという種類だったのだが、他にも何種類かあった。
流石、お茶屋さんだ。
一度お茶を淹れて、それを冷して出してくれていると。
ああ、飲みやすく、非常に美味しい。
ペットボトルで飲むのとはわけが違うのだな。
改めて感じた。

満足なランチだった。
ふと我に返ると、また明るい青空の下へ戻り、
暑さと湿気を存分に味わうこととなった。
まあ、元々夏の短い北海道だ。
修行同様に、暑さも楽しもう。笑

I went to Chaikou in Hakurindai, Obihiro, for lunch with my wife. I ate tandol chicken plate and drank a glass of cold green tea. My wife ordered rice ball plate and cold green tea. The tandol chicken was not real. Maybe a chef cooked it with pan, not tandol. So it was like tandol chicken. But I didn’t mind it. It was like tandol chicken, so it was tandol chicken.www On the plate there were salad and special rice, too. The rice was steamed with hoji tea. It was great, too. Thank you very much.

茶淹香
帯広市柏林台北町1丁目15
0155-40-7179
https://www.instagram.com/nihonchacafe.chaikou/
https://twitter.com/cafe_chaikou
https://www.facebook.com/nihonchacafe.chaikou
11:00-18:00
火曜、第1,3月曜定休(祝日営業、翌日休み)

風(茶淹香)

2021 年 12 月 26 日 日曜日

正直、この文章は2021年に書き始めたが、
書き終わるのは2022年。笑
で、紅白歌合戦を見た後に付け足している、というか
半分以上を2022年に書いている。

先にネタバレ的な書き方をするが、
仏太はももクロのしおりん(玉井詩織)推し。
で、しおりんが女子的生活というドラマに出た時、
小芝風花も可愛いと思っていた。
あ、今も可愛いと思うんだけど。
21年4月18日の日記「中村とにじいろ、上士幌と士幌(中村屋、にじいろ食堂)」
19年11月9日の日記「通常?修行再開(将)」
19年5月5日の日記「ドラマとカレー」参照。)

ラジオで、知ってるパーソナリティーが
藤井風がいいと言っていた。
ただ、それは女性としていい男という風にしか聞こえなかった。笑
アーティストとして素晴らしいってことも言っていたのだが。
数ヶ月前の話で、珍しい名前だと印象的に思っていた。
車を運転中だったので、その後忘れて調べなかった。
すると、紅白歌合戦に出ているではないか。
しかも、司会者にも内緒のサプライズで。
歌も演奏も演出も素晴らしかった。
MISIAとの共演も。

さて、時を戻そう。
(ぺこぱの真似ができればいいのだが。笑)
本日は12月26日だ。

外観
思い立ってランチを茶淹香で。
随分久し振りだと思ったら、
そう思った中ではそれほどでもなかった。
まあ、でも、久し振りなんだけど。笑
21年3月6日の日記「お茶(茶淹香)」参照。)
このご時世のせいにしてしまうが、
実際に久し振りになった修行場は沢山ある。

タンドリーチキンプレート1
タンドリーチキンプレートにした。
カフェな感じで、ワンプレートにライスサラダも。
同じお盆にスープもついている。
これもカフェ風。
というか、カフェ。笑
ただ、茶淹香という名前から
お茶を淹れるってことで、日本茶を連想する。
実際にここは沢山の日本茶を提供してくれる。
なので、カフェと言うより喫茶店と言うのが
字面的には合っているが、
でも、ここは雰囲気的にカフェという方が合っている気がする。

タンドリーチキンプレート2
タンドリーチキンは本来タンドリーを使って作るもの。
しかし、日本には本格的なタンドリーは殆どない。
だから、タンドリーチキンという名前がついているものの
殆どは本当はそうじゃないと言われる。
が、それはどうでもいい。
タンドリー風チキンというのが正しいのだろうが、
はなくてもいい。
風は藤井風か小芝風花に。笑
これは文句を言っているのではなく、
普通に美味しければ名前はまあ二の次的なところ。
ただ、本来のものを知るのも大切ってことで。
で、このタンドリーチキン、インド風チキンカレーみたいだ。
ってことは、インド風チキンカレー風タンドリーチキンってことか?笑
あ、名前はどうでもいいんだった。
後から茶淹香のマスターに聞いたら12種類のスパイスを使って
独自の配合、分量で作っているとのこと。
即ちオリジナルだ。
この美味しさ、どこかの修行場で修業したのかと思っての質問だった。

タンドリーチキンプレート3
さて、よくよく見ると、ライス、あ、いや、ご飯は真っ白じゃない。
まあ、メニューには、
タンドリーチキンプレート
豚肉のトマト照り焼きプレート
って2つが併記されていた。
んで、その上には
お茶ごはんプレート
煎茶やほうじ茶で炊いたごはんのプレートです。

って書かれていた。
そう、即ち、お茶ごはんプレートの1つが
タンドリーチキンプレートってこと。
なので、実はこのライスお茶で炊いたってことはわかっていた。
そういう目で見ると、薄グリーン、あ、いや、薄緑な感じ。
プレートを持ってきてくれた時、
玉露茶で炊いたという説明があった。
この和風なご飯はこれだけでも十分美味しいが、
やはり修行者としては、タンドリー風チキン、
あ、いや、タンドリーチキンと一緒というのがいい。
きっとまた次回もタンドリーチキンプレートを頼むだろうな。

I went to Chaiko with my wife for lunch. I ate Tandoor Chicken Plate and my wife ate Onigiri Plate. Its tandoor chicken was not real, I thought. Because real tandoors are not so much in Japan. But this tandoor chicken of Chaiko was so good. A master said he used twelve spices making the chicken. On the plate there were tandoor chicken, salad and rice. The rice was steemed with Japanese tea. I was sure to come here again and eat Tandoor Chicken Plate again. Thank you so much.

茶淹香
帯広市柏林台北町1丁目15
0155-40-7179
https://www.instagram.com/nihonchacafe.chaikou/
https://twitter.com/cafe_chaikou
https://www.facebook.com/nihonchacafe.chaikou
11:00-18:00
火曜、第1,3月曜定休(祝日営業、翌日休み)

お茶(茶淹香)

2021 年 3 月 6 日 土曜日

子供の頃はお茶が好きではなかった。
いわゆる緑茶の類だ。
特に抹茶は苦くて苦手だった。
茶道とか全然理解できなかった。
大人になると変わるもので、
味覚の変化もあるが、気持ちにも変化が出た。
自分でやることはないが、茶道というもの自体に興味は出た。
徐々にお茶を自分で入れて飲んだりもするようになった。

コンビニでペットボトルを買う時は
麦茶の他に、緑茶、ほうじ茶、ジャスミン茶など、
色々なお茶を選ぶようになった。

また、洋風な(笑)紅茶類も嗜むこともある。
紅茶専門店で楽しんだり、
スイーツとともに飲んだりもする。

カレーを食した後にチャイを飲むこともあり、
これは茶葉は紅茶と同じものだ。
実際に紅茶の産地のスリランカでも紅茶とともに
チャイも嗜好品として飲まれている。
隣の国のインドでも。
本場で飲んでみたいと思う。

外観
タンドリーチキンを食すことができる
という情報をゲットして、
本日のランチは茶淹香に行った。
ちゃいこうと読むようだ。
文字通りに解釈すると、お茶を淹れる時の香りってことか。
中に入ると左側が雑貨などを売っているスペースで、
右側が飲食の茶淹香だ。
雑貨スペースはお店が違うようだ。
席はカウンター席とテーブル席。
テーブル席はパーティションがしっかりしていて感染対策がなされている。
マスク入れを出してくれた。
ちょっとしたこういうサービスが嬉しい。
ホスピタリティも穏やかで心地よい。

タンドリーチキンプレート1
タンドリーチキンプレートを予定通り選んだ。
タンドリーチキンは単品ではなく、
プレートメニューの一つだったのだ。
お茶ごはんプレートの一つで、他にもプレートメニューが幾つかあった。
どれも美味しそうで、迷うメニューもあったのだが、
やはりここはしっかり修行すべきと迷いを断ち切った。

タンドリーチキンプレート2
タンドリーチキンは当然のように主役だ。
本来ならタンドールという専用の窯を使って作るのだが、
タンドールは高価で、場所を取るなどがある。
だから、大抵のところは、正確に言うとタンドール風チキンなのだが、
でも、食していて、全然違和感がないと思うので、
仏太はそこは修行場ごとに名前をつけていいと思う。
チキンをスパイスとヨーグルトでマリネして
おそらくフライパンか鍋で炒めるのだろう。
かなり大雑把に言うとカレー味チキンだ。笑
うん、これいいね!

タンドリーチキンプレート3
そして、ライスは玄米とか黒米、古代米ではない。
この色はお茶で炊いた色なのだそうだ。
だから、お茶ごはん
これを載せたお茶ごはんプレートが2種類ほどあって、
その一つがこのタンドリーチキンプレートだった。
お茶の主張はそれほどでもないが、
口に運んだ時、噛んでいる時に、
口や鼻にお茶の香りが広がる。
なんだか落ち着く。
素敵な修行となった。

スパイシー三昧1
夕食はおおきでお惣菜などを買ってきた。
〆鯖、おでん、黒豆などなど。
サラダは別に用意。
スパイシー三昧というカレー味のスナックも。
これはバレンタインデーの贈り物として
チョコの代わりにくれた人がいた。
ありがたい。

スパイシー三昧2
そのスパイシー三昧お茶と一緒にいただく。笑
やはりスナック菓子と言うとお茶というイメージ。
あれ?
お茶の瓶に純米大吟醸十勝って文字が見える。笑

スパイシー三昧3
スパイシー三昧のようなカレー味のスナックも好き。
いい感じに酔っ払いながらボリボリといただく。
あれ?
お茶なのに、酔っ払う?
あれ?
ああ、いい気分。
うん、美味しい。笑

I ate tandol chicken plate at Chaikou in Obihiro. It was a cafe. We can eat something good. I selected tandol chicken plate. There were tandol chicken, salad and tea rice on it. Tea rice was steamed with tea. On eating it smells so good. It was nice. Of course tandol chicken was so good. It was the curry taste. I was so satisfied with it. My wife ate Onigiri Plate. She said it was so good. After eating we drank Japanese green tea. They were good, too. It was very useful. Thank you.

茶淹香
帯広市柏林台北町1丁目15
0155-40-7179
https://www.instagram.com/nihonchacafe.chaikou/
https://twitter.com/cafe_chaikou
https://www.facebook.com/nihonchacafe.chaikou
11:00-18:00
火曜、第1,3月曜定休(祝日営業、翌日休み)

手造り惣菜と生鮮の店 おおき
帯広市西20条南5丁目1-11
0155-33-2150
https://www.instagram.com/ookistore/
8:30-19:00
日曜定休