2010 年 12 月 のアーカイブ

頭文字S(SONTOKU、SAMA帯広店)

2010 年 12 月 31 日 金曜日

数のことをどうこういうのは好きではない。
と書くと漠然とし過ぎているのだが、
数字だけで判断して中身や現場を見ないのが嫌だということ。
漠然としたものが具体的になってわかりやすくなるから、
目標も立てやすくなるというのはいいが、
そればかりにとらわれて、心を失うようなことは嫌だな

職場でも数字が色々と出てくる。
細かい表になって、その数字についても、
あれやこれやと言われるのだ。
勿論、褒められることもあれば、注意されることもある。
しかし、もっと判断をした上でトップダウンして欲しい。
単に、前日と比べて、先月と比べて、昨年と比べて、
というのは、単なる比較で、それは下っ端でもわかる。
それをどう判断するか、が上の人達の役目だと思うのだが、
そういったことをせずに、単に少ないから頑張れ、では納得できない。
極端なことを言うなら、
数が多い少ないを統計的に見てそうなのか
と言いたくなることもある。
前年比マイナス1と言われたときに、200が199になったマイナス1を
減ったから、と言われると腑に落ちない。
同じくらいじゃん、と思ってしまう。
そして、右肩上がりがずっと続くような発言もおかしいと思う。
本来、見るべきところも見ずに、
あの部署の成績は悪いから発言権はないと陰口をたたいたり、
本来関係ない余計な仕事をだしにして、賞与減額と脅したりは
ヘタしたら法律違反だと思うんだけどなあ。

あ、いけね、数字のことを話しているはずなのに、
第2職業的な愚痴みたいな話になってしまった。(苦笑)

カレーを食した数は問題ではないが、
自分ではしっかり毎年数をつけ続けている。
カレー手帳に記入しているからほぼ正確。
ただし2001年以前はしっかりした記録がない。

2002年274食
2003年381食
2004年353食
2005年426食
2006年781食
2007年607食
2008年651食
2009年614食
2010年619食

健康診断で体重がやや増えて、身長がわずかに縮んだ。
腹囲は明らかに増え、血圧は正常高値、中性脂肪とガンマは正常値を超えてしまった。
メタボだ。
まあ、仏太の食生活を知る人達(ブログをご覧になっている方々を含む。)は
今までそうじゃなかったのが不思議というレベルだったと思う。

来年から本気でダイエットする!

というわけで、今年である今日はしっかり修行
あ、ダイエットとはいっても、
急激なことはしないので、
修行は続けるのだけど・・・(笑)

外観
SONTOKUで新しいスープが出たと聞いた!

メニュー
メニューを見るとスープが確かに3種類。
一番上が今までずっとあるベースのスープ。
次が新しいスープ。
最後が、この前トッピングとしてやっていたスープ。

気まぐれ野菜のスープカリー1
新しい魚介の味と香りの和風スープ気まぐれ野菜のスープカリーをいただいた。
このお盆に載ってくるのがSONTOKU風。
以前の移転前の店舗の時からだ。

気まぐれ野菜のスープカリー2
気まぐれ野菜はマスターが買うときに色々見て決めるようだ。
季節に合わせたものを選んでくれている。

気まぐれ野菜のスープカリー3
半熟卵も嬉しい。

気まぐれ野菜のスープカリー4
紫キャベツの下にも野菜が隠れていた。
大根や人参、ジャガイモだ。

辛さは以前と同じHi辛にした、と思っていたら、
結構辛くて、あれ?今日体調悪いかな、と思った。
後から調べたら、前に頼んだ辛さより辛いものを頼んでいた。

和風スープも美味しい
あっさり系なので仏太の好みだ。
3つとも美味しいスープだから、また色々と食してみたいな。

外観
もう一つ「S」で始まるスープカレー修行場。
SAMAだ。
どちらもSで始まり、大文字のローマ字だ!
ただ、それだけなんだけど。(笑)

エビのキーマカリー1
SAMA風エビのキーマカリーをいただいた。
しかもチキントッピング!

エビのキーマカリー2
エビのキーマカリーは唯一、レギュラーの具に枝豆が入っている。
今のメニューは具材を書いてくれているので、わかりやすい。
トッピングするのに重ならないようにできる。

今年も充実したカレーライフを送ることができた
周りの人に本当に感謝を捧げる。
そして、ブログを支えてくださった読者の皆様にも
心から感謝してます。
本当にありがとうございます。

今年も一年本当にお世話になりました。
だらだらと書き続けた一年、お付き合いいただきありがとうございます。
また、来年もほどほどに頑張った行く所存です。
今後ともよろしくお願いいたします。
皆様に幸せと健康がありますように!
あざっす!あざっす!あざっす!

I went to SONTOKU to eat vegetable soupcurry and to SAMA Obihiro branch to eat shrimp keema soupcurry. They were very good.

SONTOKU
帯広市西16条南5丁目
0155-35-9722
11:00-15:00 (LO14:30), 17:30-21:30 (LO21:00)
不定休
参考:乙華麗様です!第9回

SAMA帯広店
帯広市西21条南3丁目27-12
0155-34-9477
http://www.hb-sama.com/
http://blogs.yahoo.co.jp/hb1999shu
11:30-15:30(LO15:00)、17:00-22:00(LO21:30)
第2水曜定休
参考:乙華麗様です!第8回

朝早くにすること

2010 年 12 月 30 日 木曜日

朝早く起きたときには、時間を得したような気になって
色々なことをしたくなるのだけど、
実際は「時間は限られている」ので、
なんでもできるわけではない。
それで遅刻しそうになったこともある・・・(笑)

料理
パソコン
事務仕事
運動
読書

当然、全部できるわけではないのだけど、
次々と思いついてしまう。(苦笑)

朝食1
料理はもっと向上したいと思いつつ、
ちょっと怠け気味の年だったと思う。
主に玄米を食していたが、普通になったなあ。
玉子焼きはフライパンでひっくり返すのを目標にしていた。
最近できるようになったと思って、いい気になっていた。
今回、へへ〜〜ん、という感じでやっていたら、
思いっきりフライパンから飛び出して慌ててしまった。(笑)
キャベツの千切り・・・これも上手くなりたいなあ。

朝食1
朝でも重たいものも作ってしまう。(笑)
アフリカンチキンと仏太が命名したものを
今回初めてカレー味にしてみた。
うん、思っていたとおりこれいける。
なぜなら、トマトや玉ネギはカレーに合うからだ。
アフリカンチキンは、仏太がアフリカ旅行したときに覚えたもの。
もう20年くらい前、まだ学生だった仏太は東アフリカを旅行した。
その時に現地で覚えたものだから当然シンプルで簡単なのだ。
でないと覚えてられない。(笑)

あ、これレシピ集に載せよう!(笑)
温めた鍋に油をしく。
クミンシードでスタータースパイス。(※)
チキンのぶつ切りを炒める。
火が通ったら、玉ネギを一緒に炒める。
トマトを入れて炒める。
ローリエを入れて煮込む。(※)
塩、胡椒で味を調える。
カレーパウダーもしくはガラムマサラを加える。(※)
状況により、バジルで香りづけしてもいいな。(※)

(現地で教えてもらったものは(※)部分がない。)

今年131回目の料理にして113回目のカレー。
カレーの野菜炒めが一番多かったと思う。(数えてないのだが)
ルーカレーやスープカレーももっと作りたい。
また、自炊自体今後増やしてもっと料理を上手くなりたい。
健康のためにも。

うさぎ(bar NOISE、あっけらかん)

2010 年 12 月 29 日 水曜日

知り合いに「あそこにカレーあったよ」と教えてもらった。
それは数ヶ月前。
あ〜・・・「あ」で始まる名前だったな。(苦笑)
がびーん、忘れちゃった。
でも、場所は覚えている。
藤丸の駐車場出口とコンビニ711との間の中小路を北上したらある。
イメージはできている。
そして、美味しい牛すじカレーだということ。
聞いて記憶が新しいうちに行かないと忘れちゃうのに、
すぐ行かないなんて駄目ダメだなあ。(苦笑)

さて、数日前、端野萬造さんにメールした。
今年のうちに会えるかな?
お忙しい方だから無理だろうなあ・・・
意外にも、大丈夫というお返事が返ってきた。
萬造さんも私に会いたいという雰囲気の出ているメールだった。
ただし、お互いに恋愛感情は持ってないことを念のために断っておく。(笑)

折角だから、この前潮華でご一緒させてもらった山茶花四十郎さんもお呼びしたいと思った。
(潮華でご一緒したときについては10年12月5日の日記「長ったらしい日記(今日の出来事と考え事)(シェルプール)」参照。)
メールを2回ほど入れたのだが、お返事がない。
これは、お忙しいか、御予定があるか、携帯をなくしたか、はたまた嫌われたか。(笑)
当日現地に突然現れることも考えられた。
が、山茶花さんはどうやら別のところで1年を振り返ってらっしゃったようだった。

お待たせするつもりはなく、一番乗りで行こうと思っていたら、
思いっきり仕事(第2職業)で引っかかってしまい、
余裕があると考えた待ち合わせ時刻20時ギリギリの到着になった。

外観
今回は一次会がいきなりバーという粋な設定。
bar NOISEマスターの鋭い発言も面白い。
ってか、少人数なのでなんでもあり。(笑)
既に萬造さんはカウンター席でたしなまれていた。

チャージ1
なんか匂いしない?
萬造さんとマスターに聞かれたが、
おしぼりのミントの香りがするくらい。(笑)

チャージ2
あ、もしかして、カレー?
チャージの一皿にウマ肉のカレーがあった。
臭みがなく、食しやすい。

おいしいビール
まずは、美味しいビールをいただく。
空きっ腹なので染み渡る。
違う席から、「美味しくないビールってあるのかい?」と
楽しそうな声がとんできた。
「そういう風に注げばね!」(笑)

トマトジュース
トマトジュースが嫌いだという仏太に
マスターがお勧めの美味しいトマトジュースを入れてくださった。
横を向いている間にセッティングされた。
仏太は飲み食べするもので唯一トマトジュースだけは克服できなかった。
苦手なものはかなり少ない方で好き嫌いはほとんどないと自負しているし、
苦手でも飲み込むことができるものばかりで、だいたい大丈夫。
しかし、トマトジュースだけは今まで全く一人前を飲むことができたためしがない。
そして、一番美味しいというトマトジュース。
おえ!
ダメだった・・・。(笑)

味噌パスタ
お腹の空いている我々にお勧めしてくれた味噌パスタ
和と伊の融合。
うん、これ美味しい。
味噌の味わいがきつすぎず、程よいとはまさにこのこと。
そして、麺の硬さが無茶苦茶好み。

ウオッカ
ウオッカにピッキーヌとか青唐辛子をつけ込んだもの。
ピッキーヌ漬けは結構辛い。
青唐辛子漬けは辛いというよりは苦い。
それぞれに味わいがあり、元は同じものとは思えない感じ。

ボウモア
最後はボウモアというシングルモルトウイスキーをいただいた。
この間、話が盛り上がり、萬造さんのブログを閉鎖するに至ったこと
仏太の今までの話など、尽きることはなかった。

残念ながら、山茶花さんは現れなかったが、それはそれ。
その時その時をお互いに楽しみつつ、真剣に話をする。

外観
話が尽きないので、場所を移動することに。
萬造さんがもう20年以上通っているという
あっけらかんという居酒屋へ。
ああ、ここだ!知り合いに教えてもらったところ。
聞いていた場所をイメージトレーニングして考えていたところだ。
ということは、カレーがある!!!(笑)

お通し
お通しのおでんが関西風。
天井にはタイガースが82年に優勝したときにフラッグ。
そう、マスターはばりばりの関西弁。

中
雑然としたように見える中に、
ハッピーターン250%があったりして面白かった。
無茶苦茶混んでいて、その雑然さが更に際立つ。(笑)
いい雰囲気だ。

呉春
萬造さんがここに来るとよく飲むというお酒呉春を一緒にいただいた。
液面とコップを見比べると、傾いているのがよくわかる。
お酒を注いでくださるときにマスターが、手に持って、という意味がわかった。(笑)
グラスの向こうに酔いつぶれてカウンターにうつぶしている人もいる。
こういうところもなんとなく昭和の場末を感じさせていい味出している

牛すじカレー
メニューに見つけた牛すじカレーを早速注文。
来年の干支に合わせてかうさぎさんの形で出してくれた。
赤米と小豆のライスはこの牛すじカレーに合っていた。
牛すじの旨味がルーに溶け込んで幸せになる。
緩いルーがちょっと嬉しい。

あんかけ焼きうどんカレー味
周りはみんな常連さんっぽい感じ。
萬造さんのお知り合いも結構いるみたいだ。
隣の人達があんかけ焼きそばを頼んでいたら、
マスターがとぼけたようなことを言っていた。
なかなか面白い光景で、それに合わせて、
もう一つ見つけたカレーメニュー、
あんかけ焼きうどんのカレー味を注文した。
生卵が載っているのが関西っぽくて嬉しくなった。
萬造さんもいつの間にか関西弁っぽくなっている。

年が変わる前に萬造さんとお話ができてよかった。
やはり間接的に聞いたり、メールなどで知るよりは、
直接話を聞いてニュアンスや相手の様子がわかるのが一番。
まだそんなに数は会ってないけど、
お互いに文章を読んでいたりするしメールのやりとりもあるため、
以前から知っている仲のように思える。
それでも直接話をすると新たな発見があったり、
更に尊敬する部分というのが出てくるものだ。
腹を割って話す、とまでいかなくても、
面と向かって話すことはとても大事だと痛感した。
ちなみに今回は仏太は腹を割って話したつもりだし、
萬造さんも同様に話をしてくれたと思う。

そして、今回とても印象的だったことは、
萬造さんは人の話を聞くときにじっくり聞いているということだ。
相手がしゃべり終わるまで、しっかり聞いている。
人の話を途中で割り込んだりしない。
思い起こすと、以前もそうだったのだが、
今回サシで話して改めて思った。
話し上手は聞き上手という言葉があるが、
まさにその通りだと思った次第。

翌日、二人とも仕事があるので、ここで解散となったが、
もしかしたら、萬造さんはその後まだ食して帰るのかも・・・
なんて思いながらタクシーに乗った。
本当に行ったみたいだ・・・(笑)
凄い・・・
別の意味でも尊敬だ。

尊敬の念を込めて、気持ちが盛り上がったので、
以下の文章を一気に仕上げた。
コラム de 仏太第36稿「グルメに関する考え」
かなり長いのと、引用が多いので、真剣に全部読もうとすると、
かなり時間を食うのでそのつもりでご覧いただきたい。

I went to bar NOISE with Mr. Hatano Manzo to talk about each other and have good drinks and foods. Next we went to Akkerakan, an izakaya bar, felt like Showa period. We enjoyed so much.

bar NOISE
帯広市西2条南10丁目20WAKO HANA HANA 2F
0155-27-5620
http://www.mytokachi.jp/barnoise/
19:00-27:00
日曜、祝日定休

あっけらかん
帯広市西2条南7丁目19-1
0155-24-1205
18:00頃-last

気合い(インデアン音更店)

2010 年 12 月 28 日 火曜日

人間気合いが入ると凄いことをやってのけるし、
やりすぎることもある。
どんなことも適度がいいのだろうが、
気合いを入れて頑張らないときもある。

外観
年末のインデアンは無茶苦茶混んでいた。
ダントツで行く音更店
take outを頼んだら、結構待つかも、と言われた。
うわ、そうかあ、混んでるもんなあ。
店長さんかなり忙しそうだ。

シーフードカツカレー
シーフードカツカレーの辛さ極辛の5倍にした。
まず吃驚したのは、その量の多さ!なんだかいつもより多い気がする
サービスはありえない。
そして、食してみて・・・おおおおおお!
いつもより気合いの入った辛さだ!
これはこちらも気合いを入れて食さないと!!!
店長さんの気合いを感じた一品だった。

I went to Indian Otofuke branch to take out seafood cutlet curry. It was rather more and rather hotter than ordinary. I felt a master’s shout of his soul. I ate it with my shout of soul.

インデアン音更店
音更町木野大通東16丁目1
0155-30-2139
http://www.fujimori-kk.co.jp/
10:00-22:00 (LO21:45)
無休
参考:乙華麗様です!第5回

年末年始

2010 年 12 月 28 日 火曜日

主な修行場の年末年始の営業予定です。(2010年年末〜2011年年始)
仏太が調べた範囲ですので、間違いがあるかもしれません。
確実に行きたい場合などは、それぞれ修行場に確認してください。
なお、確認できてないところ、不明なところは載せてません。
情報ありましたら、コメント欄にご記入いただくか、メール下さい。
よろしくお願いいたします。

あんだらや 休業中
アパッチ 12月31日〜1月1日まで休み
イージーダイナー 12月29日〜1月3日まで休み
インデアン長崎屋店、ドンキ店 無休
インデアン他のところは元旦のみ休み(31日は15時もしくはルーがなくなり次第終了)
カトマンドゥ 12月31日〜1月3日まで休み
カレーリーフ 12月30日〜1月3日まで休み
ぎっちょ 12月31日〜1月2日まで休み
SAMA帯広店 1月1日のみ休み(31日はランチ営業のみ、2日は20時まで)
シャンバラ天竺 12月31日〜1月2日まで休み(30日は14時半までの営業)
スパイスガーデン 無休
SONTOKU 1月1日〜1月2日まで休み(31日はランチタイムのみ営業)
タイランド 12月31日〜1月3日まで休み(本来4日火曜日は定休日だが営業。)
  12月31日はオードブルのみの提供。
潮華(十勝帯広麺) 12月30日〜1月4日まで休み(12月中は夜のみの営業)
ナマステー 12月30日〜1月3日まで休み(本来29日と4日の火曜日は定休日だが、営業。)
ふじや 12月29日〜1月4日まで休み(スープが残っていたら、29日も営業)